内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 111​章

使徒たちはしるしについて尋ねる

使徒たちはしるしについて尋ねる

マタイ 24:3‐51 マルコ 13:3‐37 ルカ 21:7‐38

  • 4​人​の​弟子​が​しるし​に​つい​て​尋ねる

  • イエス​が​話​し​た​しるし​は​1​世紀​と​それ​以降​に​実現​する

  • 私たち​は​注意​を​払っ​て​い​なけれ​ば​なら​ない

ニサン​11​日​火曜​日​が​暮れ​て​いき​ます。イエス​の​地上​で​の​忙しい​活動​期間​に​も​終わり​が​近づい​て​い​ます。ここ​しばらく​イエス​は,昼​は​神殿​で​教え,夜​は​エルサレム​市​の​外​に​泊まっ​て​い​まし​た。イエス​は​人々​の​関心​の​的​と​なり,「神殿​で​イエス​の​話​を​聞こ​う​と​し​て​朝早く​来」る​人​も​大勢​い​まし​た。(ルカ 21:37,38)しかし,そう​し​た​日々​も​終わり​を​迎え​まし​た。イエス​は​4​人​の​使徒​たち,ペテロ,アンデレ,ヤコブ,ヨハネ​と​一緒​に​オリーブ​山​に​座っ​て​い​ます。

4​人​は​自分​たち​だけ​で​イエス​の​所​に​やっ​て​来​ます。神殿​の​石​が​このまま​石​の​上​に​残る​こと​は​ない​と​いう​予告​を​聞い​て,神殿​の​こと​が​気​に​なっ​て​いる​の​です。でも,知り​たい​こと​は​ほか​に​も​あり​ます。イエス​は​以前,「用意​を​し​て​い​なさい。思っ​て​も​い​ない​時刻​に​人​の​子​は​来る​から​です」と​言い​まし​た。(ルカ 12:40)また,「人​の​子​が​現れる​日」に​つい​て​話​し​た​こと​も​あり​ます。(ルカ 17:30)そう​し​た​言葉​も,神殿​に​つい​て​先​ほど​聞い​た​事柄​と​何​か​関係​が​ある​の​でしょ​う​か。使徒​たち​は​知り​たく​て​うずうず​し​て​い​ます。それ​で​イエス​に​こう​頼み​ます。「教え​て​ください。その​よう​な​こと​は​いつ​ある​の​でしょ​う​か。そして,あなた​の​臨在​と​体制​の​終結​の​しるし​に​は,何​が​あり​ます​か」。(マタイ 24:3

彼ら​は,目​の​前​に​見え​て​いる​神殿​が​滅びる​時​の​こと​を​考え​て​いる​よう​です。また,人​の​子​の​臨在​に​つい​て​も​質問​し​て​い​ます。きっと,「ある​高貴​な​生まれ​の​男性​が,王権​を​確立​し​て​戻る​ため」に​旅行​に​出​た,と​いう​イエス​の​例え​話​を​思い出し​た​の​でしょ​う。(ルカ 19:11,12)さらに,「体制​の​終結​の​しるし」に​も​関心​が​あり​ます。

イエス​は​それら​の​質問​に​詳しく​答え​ながら,エルサレム​と​神殿​が​終わる​時​を​見分ける​しるし​を​明らか​に​し​て​いき​ます。しかし,その​しるし​は,将来​の​クリスチャン​に​とっ​て​も​重要​です。それら​クリスチャン​が,イエス​の「臨在」期間​中​に​生き​て​おり,地上​の​体制​全て​の​終わり​が​近い​こと​を​識別​する​助け​に​なる​から​です。

やがて,使徒​たち​は​イエス​の​預言​が​実現​し​て​いく​の​を​目撃​し​ます。彼ら​が​生き​て​いる​間​に,予告​さ​れ​て​い​た​多く​の​こと​が​起こり​始める​の​です。その​ため,37​年​後​の​西暦​70​年​に​生き​て​いる​クリスチャン​たち​は,ユダヤ​人​の​体制​と​神殿​が​滅びる​時​に​不意​を​突か​れる​こと​なく,準備​を​整え​て​いる​こと​が​でき​ます。と​は​いえ,イエス​が​予告​し​た​こと​全て​が,西暦​70​年​と​それ​まで​の​期間​に​実現​する​わけ​で​は​あり​ませ​ん。では,イエス​が​王国​の​支配​を​開始​し​て​臨在​する​時​の​しるし​に​は,どんな​もの​が​ある​の​でしょ​う​か。イエス​は​使徒​たち​の​質問​に​答え​ながら​明らか​に​し​ます。

イエス​の​予告​に​よる​と,「戦争​の​こと​や​戦争​の​知らせ」が​あり,「国民​は​国民​に,王国​は​王国​に​敵対​し​て​立ち上​が」り​ます。(マタイ 24:6,7)また,「大きな​地震​が​あり,あちら​こちら​で​食糧​不足​や​流行​病​が​あり​ます」。(ルカ 21:11)イエス​は​弟子​たち​に,「人々​は​あなたたち​を​捕らえ​て​迫害」する,と​も​警告​し​ます。(ルカ 21:12)さらに,偽​預言​者​が​現れ,多く​の​人​を​惑わし​ます。不法​な​こと​が​増え,大半​の​人​の​愛​が​冷え​ます。それ​から​イエス​は,「王国​の​良い​知らせ​は,全て​の​国​の​人々​が​聞ける​よう​ に​世界​中​で​伝え​られ​ます。それ​から​終わり​が​来​ます」と​も​話​し​ます。(マタイ 24:14

イエス​の​預言​の​うち​幾つ​か​の​点​は,ローマ​軍​に​よっ​て​エルサレム​が​滅ぼさ​れる​時​や,その​滅び​が​生じる​まで​の​期間​に​実現​し​ます。しかし,イエス​の​預言​は​ずっ​と​後​の​時代​に,もっと​大きな​スケール​で​実現​し​ます。では,この​重要​な​預言​が​現代​に​実現​し​て​いる​と​いう​証拠​が​あり​ます​か。

イエス​が​自分​の​臨在​の​しるし​と​し​て​挙げ​た​もの​の​1​つ​に,「荒廃​を​もたらす​極めて​不快​な​もの」の​出現​が​あり​ます。(マタイ 24:15)西暦​66​年,この​極めて​不快​な​もの​は​ローマ​人​の「陣営​を​張っ​た​軍隊」と​し​て​出現​し​ます。その​軍​に​は​偶像​視​さ​れ​て​い​た​軍旗​が​あり​まし​た。ローマ​軍​は​エルサレム​を​包囲​し,城壁​の​土台​を​崩し​始め​ます。(ルカ 21:20)ユダヤ​人​の「聖​なる​場所」に,立っ​て​は​なら​ない「極めて​不快​な​もの」が​立っ​て​い​た​の​です。

イエス​は​さらに,「世界​の​始め​から​今​まで​起き​た​こと​が​なく,いえ,二​度​と​起き​ない​よう​な​大​患難​が​ある」と​予告​し​ます。西暦​70​年,ローマ​軍​は​エルサレム​を​滅ぼし​ます。ユダヤ​人​の「聖都」は​神殿​もろとも​破壊​され,何十万​も​の​人​が​殺害​さ​れ​た​ため,まさに​大​患難​と​なり​ます。(マタイ 4:5; 24:21)ユダヤ​人​と​エルサレム​の​歴史​上,これ​ほど​破壊​的​な​出来事​は​あり​ませ​ん​でし​た。それ​まで​何百​年​も​続い​て​き​た​ユダヤ​人​の​崇拝​の​体制​も​終わり​を​告げ​ます。ですから,イエス​の​預言​が​将来​もっと​大​規模​に​実現​する​時,それ​は​恐ろしい​もの​で​ある​に​違いあり​ませ​ん。

体制​の​終結​に​おける​確信

イエス​が​王​と​し​て​臨在​する​しるし​と,体制​の​終結​の​しるし​に​つい​て,イエス​は​話し​続け​ます。イエス​は「偽​キリスト​や​偽​預言​者」に​振り回さ​れ​ない​よう​警告​を​与え​ます。彼ら​は,「できれ​ば​選ば​れ​た​者​たち​を​さえ​惑わそ​う」と​する​でしょ​う。(マタイ 24:24)しかし,選ば​れ​た​者​たち​は​惑わさ​れ​ませ​ん。偽​キリスト​は​目​に​見え​ます​が,イエス​の​臨在​は​目​に​見え​ない​の​です。

イエス​は,現在​の​体制​の​終わり​に​生じる,もっと​大​規模​な​患難​に​つい​て​こう​話​し​ます。「太陽​は​暗く​なり,月​は​光​を​放た​ず,星​は​天​から​落ち,天​の​力​は​揺り動かさ​れ​ます」。(マタイ 24:29)使徒​たち​は​こう​し​た​予告​を​聞い​て​も,具体​的​に​何​が​起きる​の​か​分かり​ませ​ん。それでも,間違い​なく​恐ろしい​時​と​なる​でしょ​う。

そう​し​た​患難​は​人間​に​どんな​影響​を​与え​ます​か。イエス​は​こう​言い​ます。「人々​は,世界​を​襲う​事柄​に​対する​恐れ​と​予想​から​気​を​失い​ます。天​の​力​が​揺り動かさ​れる​から​です」。(ルカ 21:26)イエス​の​言葉​通り,人間​が​これ​まで​経験​し​た​こと​が​ない​よう​な​悲惨​な​時​を​迎える​の​です。

イエス​は,「人​の​子​が​力​と​大きな​栄光​を​帯び​て」来る​時​に,全て​の​人​が​嘆く​わけ​で​は​ない,と​話し​て​使徒​たち​を​元気づけ​ます。(マタイ 24:30)イエス​は,「選ば​れ​た​者​たち​の​ため​に」神​が​行動​を​起こす​と​述べ​て​い​まし​た。(マタイ 24:22)では,イエス​が​話​し​た​衝撃​的​な​予告​が​実現​し​て​いく​時,忠実​な​弟子​たち​は​何​を​す​べき​でしょ​う​か。イエス​は​こう​勧め​ます。「これら​の​事​が​起き​始め​たら,真っすぐ​に​立ち,頭​を​上げ​なさい。あなたたち​の​救出​が​近づい​て​いる​から​です」。(ルカ 21:28

その​期間​に​生き​て​いる​弟子​たち​は,終わり​が​近い​こと​を​どの​よう​に​し​て​知る​の​でしょ​う​か。ここ​で​イエス​は​イチジク​の​木​の​例え​を​話し​ます。「若枝​が​柔らかく​なっ​て​葉​を​出す​と,すぐ​に,夏​が​近い​こと​が​分かり​ます。同じ​よう​に,これら​全て​を​見​たら,人​の​子​が​近づい​て​戸口​に​いる​こと​を​知り​なさい。はっきり​言い​ます​が,これら​全て​が​起きる​まで,この​世代​は​決して​過ぎ去り​ませ​ん」。(マタイ 24:32‐34

弟子​たち​は,しるし​の​さまざま​な​特色​が​実現​する​の​を​見る​時,終わり​が​近い​こと​に​気付か​なけれ​ば​なり​ませ​ん。イエス​は,将来​その​重要​な​時代​を​生きる​弟子​たち​に​向け​て​こう​語り​ます。

 「その​日​と​時刻​に​つい​て​は​誰​も​知り​ませ​ん。天使​たち​も​子​も​知ら​ず,父​だけ​が​知っ​て​い​ます。人​の​子​の​臨在​の​時​は​ちょうど​ノア​の​時代​の​よう​に​なり​ます。洪水​前​の​その​時代,ノア​が​箱舟​に​入る​日​まで,人々​は​食べ​たり​飲ん​だり,結婚​し​たり​し​て​い​まし​た。そして,洪水​が​来​て​全て​の​人​を​流し去る​まで​注意​し​ませ​ん​でし​た。人​の​子​の​臨在​の​時​も​その​よう​に​なり​ます」。(マタイ 24:36‐39)イエス​は​話​を​聞い​て​いる​人​たち​に,地球​全体​に​影響​を​与え​た,ノア​の​時代​の​大​洪水​の​こと​を​思い起こさ​せ​て​い​ます。

オリーブ​山​で​イエス​の​話​を​聞い​て​い​た​使徒​たち​は,注意​を​払い​続け​なけれ​ば​なら​ない​と​気付い​た​はず​です。イエス​は​こう​言い​ます。「食べ過ぎ​や​飲み過ぎ​や​生活​上​の​心配事​で​心​が​圧迫​さ​れ​ない​よう​注意​し​て​い​なさい。そう​で​ない​と,その​日​が​全く​突然​に​訪れ​ます。わな​の​よう​に​です。その​日​は​地上​の​全て​の​人​に​訪れ​ます。それで,必ず​起きる​この​全て​の​事​を​逃れ​て​人​の​子​の​前​に​立つ​こと​が​できる​よう,常​に​祈願​を​し​つつ,ずっ​と​目​を​覚まし​て​い​なさい」。(ルカ 21:34‐36

イエス​は​ここ​数十​年​の​間​に​起きる​出来事​や,エルサレム​の​都市​または​ユダヤ​国民​だけ​に​影響​を​及ぼす​出来事​を​預言​し​て​い​た​の​で​は​あり​ませ​ん。もっと​スケール​の​大きな​こと,「地上​の​全て​の​人​に​訪れ」る​変化​に​つい​て​話​し​て​い​た​の​です。

イエス​は,弟子​たち​が​注意​を​払い,見張っ​て​い​て,用意​を​整え​て​い​なけれ​ば​なら​ない​と​教え​ます。そして,その​こと​を​別​の​例え​で​強調​し​ます。「1​つ​の​こと​を​知っ​て​おき​なさい。家​の​主人​は,泥棒​が​どの​夜警​時​に​来る​か​を​知っ​て​い​た​なら,目​を​覚まし​て​い​て,家​に​押し入ら​せ​は​し​なかっ​た​でしょ​う。ですから,あなたたち​も,用意​が​でき​て​いる​こと​を​示し​なさい。人​の​子​は​予期​し​ない​時刻​に​来る​から​です」。(マタイ 24:43,44

イエス​は​ここ​で,弟子​たち​に​心配​し過ぎ​ない​で​よい​理由​を​示し​ます。それ​は,これ​まで​話​し​て​き​た​預言​が​実現​する​時,注意​を​払い​つつ​よく​働く「奴隷」が​いる,と​いう​こと​です。イエス​は​使徒​たち​が​イメージ​し​やすい​次​の​よう​な​場面​を​話し​ます。「主人​が,時​に​応じ​て​召し使い​たち​に​食物​を​与える​ため,彼ら​の​上​に​任命​し​た,忠実​で​思慮深い​奴隷​は​いったい​誰​でしょ​う​か。主人​が​来​て,そう​し​て​いる​ところ​を​見る​なら,その​奴隷​は​幸せ​です! はっきり​言い​ます​が,主人​は​自分​の​全て​の​持ち物​を​管理​さ​せる​ため​に​その​奴隷​を​任命​し​ます」。しかし,もし​その「奴隷」が​邪悪​な​態度​を​表し,他​の​人​を​ひどい​仕方​で​扱う​なら,主人​は「最も​厳しく​彼​を​罰し」ます。(マタイ 24:45‐51。ルカ 12:45,46​と​比較。)

イエス​は,弟子​たち​の​ある​グループ​が​邪悪​な​態度​を​示す​よう​に​なる​と​言っ​て​い​た​の​で​は​あり​ませ​ん。では,どんな​教訓​を​弟子​たち​に​残し​たかっ​た​の​でしょ​う​か。それ​は,注意​を​払い​つつ​よく​働く​べき​で​ある​と​いう​こと​です。その​こと​を​さらに​別​の​例え​で​教え​ます。

もっと調べる

「ものみの塔」(研究用)

「わたしたちにお話しください。そのようなことはいつあるのでしょうか」

マタイ 24章と25章のイエスの預言が成就する時に関して,理解が調整されました。どのように?

聖書は実際に何を教えていますか

今は「終わりの日」ですか

世の中で見られる人々の行ないや態度は,聖書の予告どおり今が「終わりの日」である証拠です。なぜそう言えますか。

聖書 ― どんなメッセージを伝えていますか

イエスは全世界にかかわる預言を述べる

イエスが使徒たちに述べたしるしには,どんな意味がありますか。