内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 118​章

誰が一番偉いかで口論が起きる

誰が一番偉いかで口論が起きる

マタイ 26:31‐35 マルコ 14:27‐31 ルカ 22:24‐38 ヨハネ 13:31‐38

  • イエス​は​偉さ​に​つい​て​教える

  • ペテロ​は​イエス​を​否定​する​と​予告​さ​れる

  • イエス​の​弟子​は​愛し合わ​なけれ​ば​なら​ない

使徒​たち​と​一緒​に​過ごす​最後​の​晩​です。先​ほど​イエス​は,使徒​たち​の​足​を​洗う​こと​に​よっ​て​謙遜​に​仕える​こと​の​大切​さ​を​教え​た​ばかり​です。なぜ​その​必要​が​あっ​た​の​でしょ​う​か。使徒​たち​に​弱点​が​あっ​た​から​です。彼ら​は​神​に​献身​し​て​い​ます​が,誰​が​一番​偉い​か​と​いう​こと​に​強い​関心​を​抱い​て​い​まし​た。(マルコ 9:33,34; 10:35‐37)その​弱さ​が​また​出​て​しまい​まし​た。

使徒​たち​の​間​で「誰​が​一番​偉い​の​か」に​つい​て「激しい​議論」が​起き​た​の​です。(ルカ 22:24)イエス​は​とても​がっかり​し​た​はず​です。どう​する​でしょ​う​か。

イエス​は​彼ら​の​態度​や​行動​を​叱ら​ず,根気強く​接し,考え​させ​ます。「諸国​の​王​は​威張り,権威​を​持つ​人​たち​は​功労​者​と​呼ば​れ​ます。しかし,あなたたち​は​そう​で​あっ​て​は​なり​ませ​ん。……というのは,食事​を​し​て​いる​人​と​給仕​し​て​いる​人​で​は,どちら​が​偉い​です​か」。そして,自分​が​示し​て​き​た​手本​を​思い出さ​せ,「しかし​私​は,あなたたち​に​仕える​人​です」と​言い​ます。(ルカ 22:25‐27

使徒​たち​は​不​完全​です​が,困難​な​時期​に​イエス​と​ずっ​と​一緒​に​い​まし​た。それ​で​イエス​は,「私​は,天​の​父​が​私​と​契約​を​結ん​だ​よう​に,あなたたち​と​王国​の​ため​の​契約​を​結[ぶ]」と​言い​ます。(ルカ 22:29)彼ら​は​イエス​に​忠節​な​人​たち​です。イエス​は​契約​を​結ぶ​こと​に​より,彼ら​が​王国​に​入り,共​に​支配​する​こと​を​保証​し​ます。

そう​し​た​素晴らしい​希望​が​あっ​て​も,使徒​たち​は​弱点​を​持つ​不​完全​な​人間​です。イエス​は,「サタン​は​あなたたち​を​渡す​よう​要求​し​まし​た。小麦​を​ふるい​に​かける​よう​に​試す​ため​です」と​話し​ます。(ルカ 22:31)そして,こう​警告​し​ます。「今夜,あなたたち​は​皆,私​を​見捨て​ます。『私​は​牧者​を​打つ。すると,群れ​の​羊​は​散り散り​に​なる』と​書い​て​ある​から​です」。(マタイ 26:31。ゼカリヤ 13:7

すると​ペテロ​は​自信​満々​な​態度​で,「ほか​の​みんな​が​あなた​を​見捨て​て​も,私​は​決して​見捨て​ませ​ん!」と​主張​し​ます。(マタイ 26:33)そこで​イエス​は,今夜​おんどり​が​2​度​鳴く​前​に​あなた​は​私​を​知ら​ない​と​言う,と​話し​ます。しかし​イエス​は​こう​も​言い​ます。「私​は,あなた​の​信仰​が​尽き​ない​よう​に​祈願​し​まし​た。立ち直っ​た​後​は,兄弟​たち​を​力づけ​なさい」。(ルカ 22:32)それでも​ペテロ​は,「たとえ​一緒​に​死ぬ​こと​に​なる​と​し​て​も,あなた​を​知ら​ない​と​は​決して​言い​ませ​ん」と​言い張り​ます。(マタイ 26:35)他​の​使徒​たち​も​同じ​こと​を​言い​ます。

イエス​は​こう​話​し​ます。「私​は​もう​しばらく​あなたたち​と​一緒​に​い​ます。あなたたち​は​私​を​捜す​よう​に​なり​ます。私​は​ユダヤ​人​たち​に,『私​が​行く​所​へ​あなた方​は​来る​こと​が​でき​ない』と​言い​まし​た​が,今​は​あなたたち​に​も​同じ​よう​に​言い​ます」。そして​さらに​こう​言い​ます。「新しい​おきて​を​与え​ます。それ​は,あなたたち​が​互い​に​愛し合う​こと​です。私​が​あなたたち​を​愛し​た​通り​に,あなたたち​も​互い​を​愛し​なさい。あなたたち​の​間​に​愛​が​あれ​ば,全て​の​人​は,あなたたち​が​私​の​弟子​で​ある​こと​を​知り​ます」。(ヨハネ 13:33‐35

ペテロ​は,イエス​が​もう​しばらく​の​間​だけ​一緒​に​いる​と​聞い​て,「主​よ,どこ​へ​行く​の​です​か」と​尋ね​ます。イエス​は,「あなた​は​私​が​行こ​う​と​し​て​いる​所​へ​今​は​付い​て​くる​こと​が​でき​ませ​ん。しかし​後​で​来る​こと​に​なり​ます」と​答え​ます。ペテロ​は​その​意味​が​分から​ず,「主​よ,どうして​今​は​付い​て​いけ​ない​の​です​か。あなた​の​ため​に​は​命​も​なげうち​ます」と​言い​ます。(ヨハネ 13:36,37

次​に​イエス​は,使徒​たち​を​ガリラヤ​の​伝道​旅行​に​送り出し​た​時​の​こと​を​話し​ます。その​時,彼ら​は​財布​や​食物​袋​を​持た​ず​に​出掛け​て​いき​まし​た。(マタイ 10:5,9,10)イエス​が,「何​に​も​不足​し​なかっ​た​の​で​は​あり​ませ​ ん​か」と​尋ねる​と,使徒​たち​は,「はい,何​に​も!」と​答え​ます。しかし,これ​から​は​どう​な​の​でしょ​う​か。イエス​は​言い​ます。「財布​が​ある​人​は​それ​を​持ち,食物​袋​も​同じ​よう​に​し​なさい。剣​を​持っ​て​い​ない​人​は,外衣​を​売っ​て​それ​を​買い​なさい。というのは,書か​れ​て​いる​事,すなわち『彼​は​不法​な​者​たち​と​共​に​数え​られ​た』と​いう​言葉​は,私​に​関し​て​必ず​成し遂げ​られる​から​です。これ​は​私​に​関し​て​実現​し​つつ​あり​ます」。(ルカ 22:35‐37

イエス​は,自分​が​不法​な​者​たち,つまり​犯罪​者​と​並ん​で​杭​に​くぎ付け​に​される​時​の​こと​を​話し​て​い​ます。その​後,弟子​たち​は​ひどい​迫害​に​遭う​でしょ​う。使徒​たち​は,その​準備​が​でき​て​いる​と​考え,「主​よ,ご覧​ください,ここ​に​剣​が​2​本​あり​ます」と​言い​ます。イエス​は,「それ​で​十分​です」と​答え​ます。(ルカ 22:38)その​後​間​も​なく,イエス​は​この​剣​に​関係​し​た​教訓​を​与える​こと​に​なり​ます。