内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 129​章

ピラトは「見なさい,この人だ!」と宣言する

ピラトは「見なさい,この人だ!」と宣言する

マタイ 27:15‐17,20‐30 マルコ 15:6‐19 ルカ 23:18‐25 ヨハネ 18:39–19:5

  • ピラト​は​イエス​を​釈放​し​よう​と​する

  • ユダヤ​人​たち​は​バラバ​を​釈放​する​よう​求める

  • イエス​は​ばか​に​され​虐待​さ​れる

ピラト​は​イエス​の​死​を​望む​人々​に​こう​言い​ます。「あなた方​が​訴え​て​いる​よう​な​罪​は​全く​見つから​なかっ​た。それ​は​ヘロデ​も​同じ​だ」。(ルカ 23:14,15)そして,イエス​を​助け​よう​と​し​て​別​の​方法​を​試み,人々​に​こう​尋ね​ます。「あなた方​の​習慣​に​従っ​て,過ぎ越し​の​時​に​1​人​を​釈放​する​こと​に​なっ​て​いる。ユダヤ​人​の​王​を​釈放​し​て​ほしい​か」。(ヨハネ 18:39

ピラト​は,強盗,扇動​家,殺人​犯​と​し​て​有名​な​バラバ​と​いう​囚人​を​知っ​て​い​ます。それ​で​こう​質問​し​ます。「どちら​の​人​を​釈放​し​て​ほしい​の​か。バラバ​か,それ​と​も​キリスト​と​いわ​れる​イエス​か」。祭司​長​たち​に​あおら​れ​た​人々​は​バラバ​を​釈放​する​よう​求め​ます。ピラト​は​もう​一度,「2​人​の​うち​どちら​を​釈放​し​て​ほしい​の​か」と​質問​し​ます。人々​は,「バラバ​を」と​叫び​ます。(マタイ 27:17,21

ピラト​は​動揺​し,「では,キリスト​と​いわ​れる​イエス​の​方​は​どう​し​たら​よい​か」と​聞き​ます。人々​は,「杭​に​掛けろ!」と​わめき​ます。(マタイ 27:22)彼ら​は​無実​の​男性​の​死​を​求め​た​の​です。ピラト​は​さらに​こう​訴え​ます。「この​男​が​どんな​悪事​を​し​た​と​いう​の​か。死​に​値する​こと​は​何​も​見つから​なかっ​た。それで,彼​を​懲らしめ​て​から​釈放​する」。(ルカ 23:22

ピラト​は​何​度​も​粘り​ます​が,怒り狂っ​た​群衆​は,「杭​に​掛けろ!」と​叫び​続け​ます。(マタイ 27:23)人々​は​宗教​指導​者​に​よっ​て​あおら​れ,狂っ​た​よう​に​イエス​を​殺そ​う​と​し​ます。犯罪​者​や​殺人​犯​の​死​を​求め​て​いる​の​で​は​あり​ませ​ん。無実​の​男性,しかも​たっ​た​5​日​前​に​は​王​と​し​て​エルサレム​に​迎え入れ​られ​た​人​を​殺そ​う​と​し​て​いる​の​です。もし​イエス​の​弟子​たち​が​その​場​に​い​た​なら,黙っ​て​目立た​ない​よう​に​し​て​い​た​でしょ​う。

ピラト​は​いくら​訴え​て​も​無駄​で​ある​こと​に​気付き​ます。それで,叫び声​が​大きく​なる​中,そば​に​あっ​た​水​で​人々​の​前​で​手​を​洗い,「この​人​の​血​に​つい​て​私​は​潔白​だ。あなた方​自身​が​責任​を​負わ​なけれ​ば​なら​ない」と​言い​ます。その​言葉​を​聞い​て​も,人々​は​静まり​ませ​ん。むしろ​彼ら​は,「彼​の​血​は​われわれ​と​われわれ​の​子​に​降り掛かっ​て​も​よい」と​まで​言い​ます。(マタイ 27:24,25

ピラト​は​何​が​正しい​か​は​分かっ​て​い​ます​が,民​を​満足​さ​せ​たい​と​いう​気持ち​に​負け​て​しまい​ます。彼ら​の​声​に​従っ​て​バラバ​を​釈放​し,イエス​の​服​を​剝い​で​むち​で​打た​せ​ます。

残酷​な​むち打ち​が​終わる​と,兵士​たち​は​イエス​を​総督​の​邸宅​に​連れ​て​いき​ます。そして​全​部隊​が​集まり,イエス​ に​さらに​虐待​を​加え​ます。まず,いばら​で​編ん​だ​冠​を​イエス​の​頭​に​押し付け​ます。そして​イエス​の​右手​に​アシ​を​持たせ,王​が​着る​よう​な​紫​の​長い​衣​を​着​させ​ます。それ​から​ばか​に​し​て,「ごあいさつ​申し上げ​ます,ユダヤ​人​の​王​よ!」と​言い​ます。(マタイ 27:28,29)また​イエス​に​唾​を​掛け,顔​を​平手打ち​し​ます。イエス​が​持っ​て​いる​丈夫​な​アシ​を​取っ​て​イエス​の​頭​を​たたき​ます。イエス​を​侮辱​する​冠​の​鋭い​とげ​は,頭皮​を​突き破っ​て​深く​刺さっ​た​でしょ​う。

こう​し​た​虐待​を​受け​て​も​イエス​が​威厳​と​強さ​を​保っ​て​いる​こと​に​ピラト​は​とても​感銘​を​受け​ます。そして​イエス​を​処刑​する​責任​を​何​と​か​免れ​よう​と​し​て​別​の​手​を​試し,ユダヤ​人​たち​に​こう​言い​ます。「さあ,彼​を​あなた方​の​前​に​連れ出す。何​の​過失​も​見つけ​られ​ない​の​だ」。傷​だらけ​で​血まみれ​に​なっ​た​イエス​を​見れ​ば,彼ら​も​少し​は​おとなしく​なる​と​ピラト​は​思っ​た​の​でしょ​う​か。ピラト​は​イエス​を​非情​な​民​の​前​に​連れ出し,「見​なさい,この​人​だ!」と​宣言​し​ます。(ヨハネ 19:4,5

ピラト​の​その​言葉​に​は​敬意​と​同情​心​が​感じ​られ​ます。イエス​は​痛め​つけ​られ​傷​だらけ​に​なっ​て​も,ピラト​が​認め​ざる​を​得​ない​ほど,静か​な​威厳​と​穏やか​さ​を​保っ​て​い​た​の​です。