内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 127​章

サンヘドリンでの裁判の後,ピラトの所へ連れていかれる

サンヘドリンでの裁判の後,ピラトの所へ連れていかれる

マタイ 27:1‐11 マルコ 15:1 ルカ 22:66–23:3 ヨハネ 18:28‐35

  • 朝​に​行わ​れ​た​サンヘドリン​で​の​裁判

  • ユダ​・​イスカリオテ​は​首​を​つっ​て​死の​う​と​する

  • イエス​は​ピラト​の​所​へ​連れ​て​いかれ,訴え​られる

ペテロ​が​イエス​を​知ら​ない​と​3​度​言っ​た​の​は,夜明け​ごろ​でし​た。サンヘドリン​は​形​だけ​の​裁判​を​終え,解散​し​て​い​ます。しかし​金曜​の​朝,彼ら​は​再び​集まり​ます。それ​は,昨晩​の​違法​な​裁判​を​合法​的​に​見せ掛ける​ため​な​の​でしょ​う。イエス​は​サンヘドリン​の​前​に​連れ出さ​れ​ます。

彼ら​は​もう​一度,「もし​あなた​が​キリスト​なら,そう​言い​なさい」と​命じ​ます。それ​に​対し​イエス​は,「たとえ​言っ​て​も,あなた方​は​全く​信じ​ない​でしょ​う。また,質問​し​て​も,あなた方​は​答え​ない​でしょ​う」と​言い​ます。しかし​イエス​は​勇敢​に​も,自分​が​ダニエル 7​章​13​節​で​予告​さ​れ​て​い​た​人物​だ​と​明言​し​ます。「今後,人​の​子​は​強力​な​神​の​右​に​座り​ます」。(ルカ 22:67‐69。マタイ 26:63

すると​彼ら​は,「では,あなた​は​神​の​子​な​の​か」と​念​を​押し​ます。イエス​は,「あなた方​自身​が​私​の​こと​を​そう​言っ​て​い​ます」と​答え​ます。これ​を​根拠​に​し​て​イエス​を​冒瀆​の​罪​で​死刑​に​でき​そう​です。そこで​彼ら​は,「どうして​これ​以上,証言​が​必要​でしょ​う​か」と​言い​ます。(ルカ 22:70,71。マルコ 14:64)それ​から​イエス​を​縛り,ローマ​総督​ポンテオ​・​ピラト​の​所​へ​引い​て​いき​ます。

ユダ​・​イスカリオテ​は​イエス​が​ピラト​の​所​へ​連れ​て​いか​れる​の​を​見​た​の​でしょ​う。イエス​が​有罪​と​され​た​の​を​知り,後悔​と​絶望​の​気持ち​に​襲わ​れ​ます。しかし,心​から​悔い改め​て​神​に​許し​を​求める​こと​は​せ​ず,銀​30​枚​を​返す​ため​祭司​長​たち​の​所​へ​行き​ます。そして,「私​は​無実​の​人​を​裏切っ​て​罪​を​犯し​た」と​言い​ます。すると​彼ら​は​冷酷​な​態度​で,「私たち​の​知っ​た​こと​で​は​ない。あなた​が​始末​す​べき​こと​だ!」と​答え​ます。(マタイ 27:4

それ​で​ユダ​は​銀​30​枚​を​神殿​へ​投げ込み​ます。そして​自殺​を​図り​過ち​を​重ね​ます。首​を​つろ​う​と​し​ます​が,縄​を​結ん​だ​木​の​枝​が​折れ​た​よう​です。ユダ​は​岩​の​上​に​落ち,体​が​裂け​て​しまい​ます。(使徒 1:17,18

 イエス​は​朝早く​ポンテオ​・​ピラト​の​邸宅​に​連れ​て​いか​れ​ます。しかし,イエス​を​連れ​て​き​た​ユダヤ​人​たち​は​中​に​入ろ​う​と​し​ませ​ん。異邦​人​と​接する​なら​身​を​汚し​て​しまう​と​考え​て​いる​から​です。身​を​汚す​なら,無​酵母​パン​の​祭り​の​初日​で​ある​ニサン​15​日​の​食事​が​でき​なく​なる​の​です。その​日​も​過ぎ越し​の​期間​と​され​て​い​まし​た。

それ​で​ピラト​は​出​て​き​て,「どんな​理由​で​この​人​を​訴える​の​か」と​尋ね​ます。ユダヤ​人​たち​は,「この​男​が​悪事​を​し​て​い​なけれ​ば,あなた​に​引き渡し​たり​は​し​ませ​ん」と​言い​ます。ピラト​は​圧力​を​感じ​た​よう​で,こう​言い​ます。「彼​を​連れ​て​いき,自分​たち​の​律法​に​従っ​て​裁き​なさい」。すると​彼ら​は,「私たち​が​人​を​殺す​こと​は​許さ​れ​て​い​ませ​ん」と​言い​ます。彼ら​が​イエス​を​殺し​たい​と​思っ​て​いる​こと​は​明らか​です。(ヨハネ 18:29‐31

もし​祭り​の​期間​に,尊敬​さ​れ​て​いる​イエス​を​殺せ​ば,大騒ぎ​に​なる​でしょ​う。それで,ユダヤ​人​たち​は​責任​を​免れ​よう​と​し​て,ローマ​人​に​彼ら​の​権限​で​イエス​を​政治​犯​と​し​て​処刑​さ​せ​よう​と​考え​ます。

宗教​指導​者​たち​は,自分​たち​が​イエス​を​冒瀆​の​罪​で​有罪​に​し​た​こと​は​話し​ませ​ん。別​の​罪状​を​でっち上げ,こう​言い​ます。「この​男​は[1]私たち​の​民​を​惑わし,[2]カエサル​に​税​を​払う​こと​を​禁じ,[3]自分​が​王​キリスト​だ​と​言っ​て​い​まし​た」。(ルカ 23:2

ローマ​を​代表​する​総督​と​し​て​ピラト​が​知り​たい​の​は,イエス​が​自分​を​王​だ​と​名乗っ​た​と​いう​罪状​です。ピラト​は​邸宅​に​入っ​て​イエス​を​呼び,「あなた​は​ユダヤ​人​の​王​な​の​か」と​尋ね​ます。つまり,あなた​は​カエサル​に​反抗​し​て​自分​が​王​で​ある​と​名乗る​こと​で​ローマ​帝国​の​法​を​破っ​た​の​か,と​いう​こと​です。ピラト​が​どの​程度​の​こと​を​耳​に​し​て​いる​の​か​知る​ため​に,イエス​は,「自分​の​考え​で​そう​尋ね​て​いる​の​です​か。それとも,ほか​の​人​が​私​に​つい​て​告げ​た​の​です​か」と​質問​し​ます。(ヨハネ 18:33,34

ピラト​は​イエス​に​つい​て​何​も​知ら​ない​こと​を​認め​つつ,知り​たい​と​いう​気持ち​を​表し,こう​言い​ます。「私​が​ユダヤ​人​だ​と​でも​言う​の​か。あなた​の​国​の​人々​と​祭司​長​たち​が​あなた​を​私​に​引き渡し​た​の​だ。あなた​は​何​を​し​た​の​か」。(ヨハネ 18:35

イエス​は​自分​が​王​な​の​か​どう​か​と​いう​問題​を​はぐらかそ​う​と​は​せ​ず,ピラト​が​とても​驚く​よう​な​答え​を​し​ます。

もっと調べる

聖書 ― どんなメッセージを伝えていますか

イエス・キリストは処刑される

イエスは,裏切られ杭につけられる前に,どんな新しい式を制定しましたか。