内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 101​章

ベタニヤのシモンの家で食事をする

ベタニヤのシモンの家で食事をする

マタイ 26:6‐13 マルコ 14:3‐9 ヨハネ 11:55–12:11

  • イエス​は​エルサレム​近く​の​ベタニヤ​に​戻る

  • マリア​は​イエス​に​香油​を​注ぐ

イエス​は​エリコ​を​出​て​ベタニヤ​に​向かい​ます。途中,険しい​山道​を​20​㌔​も​歩い​て​登ら​なけれ​ば​なり​ませ​ん。エリコ​は​海面​より​250​㍍​ほど​低い​所,ベタニヤ​は​海面​より​600​㍍​以上​高い​所​に​あり​ます。ラザロ​は​2​人​の​姉妹​たち​と​ベタニヤ​の​小さな​村​で​暮らし​て​い​ます。エルサレム​から​約​3​㌔​離れ​た,オリーブ​山​の​東​斜面​に​ある​村​です。

過ぎ越し​を​祝う​ため,多く​の​ユダヤ​人​が​すでに​エルサレム​に​到着​し​て​い​ます。死体​に​触っ​たり​する​と​汚れ​て​しまう​の​で,「儀式​上​の​清め​を​する​ため​に」早く​来る​の​です。(ヨハネ 11:55。民数記 9:6‐10)早く​着い​て​神殿​に​集まっ​て​いる​人​たち​は,イエス​が​過ぎ越し​の​祭り​に​来る​か​どう​か​予想​し​合っ​て​い​ます。(ヨハネ 11:56

いろいろ​な​意見​が​飛び交い​ます。宗教​指導​者​の​中​に​は,イエス​を​捕まえ​て​殺し​たい​と​思っ​て​いる​人​も​い​ます。実際​彼ら​は,イエス​の​居​場所​が​分かっ​た​なら​通報​する​よう​命令​し​て​い​まし​た。「イエス​を​捕まえる​ため」です。(ヨハネ 11:57)彼ら​は​以前​に​も,ラザロ​を​復活​さ​せ​た​後​に​イエス​を​殺そ​う​と​し​た​こと​が​あり​ます。(ヨハネ 11:49‐53)それで,そもそも​イエス​が​人​の​大勢​いる​所​に​現れる​か​どう​か​分から​ない,と​考える​人​も​い​ます。

イエス​は「過ぎ越し​の​6​日​前」の​金曜​日​に,ベタニヤ​に​到着​し​ます。(ヨハネ 12:1)日没​と​同時​に​新しい​日(ニサン​8​日,安息​日)が​始まる​の​で,イエス​は​金曜​の​夕方​まで​に​この​旅​を​終え​て​い​まし​た。金曜​の​日没​から​土曜​の​日没​まで​は​安息​日​で​あり,安息​日​の​旅行​は​ユダヤ​人​の​律法​で​禁じ​られ​て​い​まし​た。ですから,イエス​が​その​間​に​エリコ​から​ベタニヤ​まで​旅​を​し​た​と​は​考え​られ​ませ​ん。ベタニヤ​で​は,以前​と​同じ​よう​に​ラザロ​の​家​に​行っ​た​もの​と​思わ​れ​ます。

ベタニヤ​に​住む​シモン​が​イエス​と​友人​たち​を​土曜​の​夕食​に​招待​し​ます。ラザロ​も​招か​れ​て​い​ます。シモン​は「重い​皮膚​病​だっ​た」と​され​て​い​ます。きっと​イエス​に​癒やし​て​もらっ​た​の​でしょ​う。働き者​の​マルタ​は,彼女​らしく​客​たち​に​こまやか​な​心配り​を​し​て​い​ます。マリア​は​と​いう​と,イエス​に​特別​の​気遣い​を​示し​ます。しかし,今回​は​それ​が​きっかけ​で,ある​議論​を​引き起こし​ます。

マリア​は,「香油,純粋​の​ナルド[が]1​ポンド」入っ​て​いる​雪花石こう​の​容器,つまり​小さな​つぼ​の​ふた​を​開け​ます。(ヨハネ 12:3)この​香油​は​大変​高価​な​もの​で,値段​は​1​年​分​の​給料(300​デナリ)に​相当​し​ます。その​香油​を​マリア​は​イエス​の​頭​と​足​に​注ぎ,髪​の​毛​で​拭き​ます。すると​家中​に​良い​香り​が​広がり​ます。

ところ​が​弟子​たち​は​腹​を​立て​て,「この​香油​を​どうして​無駄遣い​する​の​か」と​言い​ます。(マルコ 14:4)ユダ​・​イスカリオテ​も,「どうして​この​香油​を​300​デナリ​で​売っ​て,貧しい​人​たち​に​施し​を​し​なかっ​た​の​か」と​批判​し​ます。(ヨハネ 12:5)ユダ​が​そう​言っ​た​の​は,貧しい​ 人​たち​の​こと​を​本当​に​気​に​掛け​て​い​た​から​で​は​なく,自分​が​管理​し​て​い​た​弟子​たち​の​金箱​から​お金​を​盗ん​で​い​た​から​です。

イエス​は​マリア​を​かばい,こう​言い​ます。「なぜ​この​女性​を​困らせ​よう​と​する​の​です​か。私​に​立派​な​こと​を​し​て​くれ​た​の​です。貧しい​人​たち​は​ずっ​と​い​ます​が,私​は​ずっ​と​いる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。この​女性​が​この​香油​を​私​の​体​に​付け​た​の​は,私​が​葬ら​れる​時​の​ため​の​準備​です。はっきり​言い​ます​が,世界​中​どこ​で​も​この​良い​知らせ​が​伝え​られる​所​で​は,この​女性​が​し​た​こと​も​語ら​れ,思い起こさ​れ​ます」。(マタイ 26:10‐13

イエス​は​ベタニヤ​で​一​晩​を​過ごし​ます。イエス​の​滞在​が​知れ渡る​と,大勢​の​人​が​イエス​や「生き返らさ​れ​た​ラザロ」を​見る​ため​に​シモン​の​家​に​やっ​て​来​ます。(ヨハネ 12:9)それ​を​知る​と​祭司​長​たち​は,イエス​も​ラザロ​も​殺そ​う​と​相談​し​ます。ラザロ​が​生き​て​いる​と,たくさん​の​人​が​イエス​に​信仰​を​抱い​て​しまう​と​考え​て​いる​の​です。本当​に​邪悪​な​人​たち​です。