内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 125​章

まずアンナスの所へ,その後カヤファの所へ

まずアンナスの所へ,その後カヤファの所へ

マタイ 26:57‐68 マルコ 14:53‐65 ルカ 22:54,63‐65 ヨハネ 18:13,14,19‐24

  • イエス​は​元​大​祭司​アンナス​の​所​へ​連れ​て​いか​れる

  • サンヘドリン​に​よる​違法​な​裁判

イエス​は​普通​の​犯罪​者​の​よう​に​縛ら​れ,アンナス​の​所​へ​連れ​て​いか​れ​ます。アンナス​は,少年​イエス​が​神殿​で​教師​たち​を​驚か​せ​た​時​に​大​祭司​を​務め​て​い​た​人物​です。(ルカ 2:42,47)彼​の​息子​たち​の​何​人​か​は​大​祭司​に​なり,現在​は​義理​の​息子​カヤファ​が​大​祭司​です。

イエス​が​アンナス​の​家​に​いる​間​に,カヤファ​は​サンヘドリン​を​招集​し​ます。サンヘドリン​は​71​人​で​構成​さ​れ​て​いる​法廷​で,大​祭司​や​大​祭司​の​職​に​就い​た​こと​の​ある​人​たち​が​含ま​れ​て​い​ます。

アンナス​は​イエス​に「弟子​たち​や​教え​に​つい​て」質問​し​ます。イエス​は​ただ​こう​答え​ます。「私​は​皆​の​前​で​話​し​て​き​まし​た。全て​の​ユダヤ​人​が​集まる​神殿​や​会堂​で​いつも​教え,何​も​ひそか​に​話し​たり​は​し​ませ​ん​でし​た。なぜ​私​に​質問​する​の​です​か。私​が​話​し​た​事​を​聞い​た​人​たち​に​質問​し​なさい」。(ヨハネ 18:19‐21

すると,そば​に​立っ​て​い​た​下役​が​イエス​の​顔​を​平手打ち​し,「祭司​長​に​そんな​答え方​を​する​の​か」と​言い​ます。しかし​イエス​は,何​も​間違っ​た​こと​を​し​て​こ​なかっ​た​の​で,こう​答え​ます。「私​が​間違っ​た​こと​を​言っ​た​なら,何​が​間違っ​て​いる​の​か​を​言い​なさい。しかし,正しい​なら,なぜ​たたく​の​です​か」。(ヨハネ 18:22,23)それ​で​アンナス​は​イエス​を​義理​の​息子​カヤファ​の​家​に​送り​ます。

この​時​まで​に​は,サンヘドリン​全体,つまり​現在​の​大​祭司​と​民​の​長老​たち​と​律法​学​者​たち​が​集合​し​て​い​まし​ た。カヤファ​の​家​に​集結​し​た​の​です。過ぎ越し​の​晩​に​裁判​を​行う​の​は​違法​な​こと​です。しかし,邪悪​な​目的​を​遂げ​よう​と​する​彼ら​は​全く​気​に​し​ませ​ん。

彼ら​は​公正​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。イエス​が​ラザロ​を​復活​さ​せ​た​後,イエス​を​殺す​こと​に​し​まし​た。(ヨハネ 11:47‐53)そして​数​日​前,イエス​を​捕らえ​て​殺そ​う​と​相談​し​まし​た。(マタイ 26:3,4)ですから​裁判​が​始まる​前​に,イエス​の​死罪​は​確定​し​て​い​た​の​です。

集まり​が​違法​だっ​た​だけ​で​は​あり​ませ​ん。彼ら​は​イエス​が​不利​に​なる​うそ​の​証拠​を​提出​できる​証人​を​探し​て​い​ます。大勢​の​証人​を​見つけ​ます​が,彼ら​の​証言​は​一致​し​て​い​ませ​ん。最後​に​2​人​の​証人​が​進み出​て,こう​言い​ます。「この​者​が,『人手​に​よる​この​神殿​を​壊し,人手​に​よら​ない​別​の​もの​を​3​日​で​建てる』と​言う​の​を​聞き​まし​た」。(マルコ 14:58)しかし​この​2​人​の​証言​も,完全​に​一致​し​て​いる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。

カヤファ​は​イエス​に​こう​質問​し​ます。「何​も​答え​ない​の​か。この​人​たち​が​あなた​に​不利​な​証言​を​し​て​いる​が,どう​な​の​か」。(マルコ 14:60)うそ​の​告発​を​する​証人​たち​の​発言​を​聞い​て​も,イエス​は​黙っ​た​まま​です。そこで​カヤファ​は​別​の​手​を​使い​ます。

カヤファ​は,自分​は​神​の​子​だ​と​主張​する​人物​に​対し​て​ユダヤ​人​が​過敏​な​反応​を​示す​こと​を​知っ​て​い​ます。以前​イエス​が​神​の​こと​を​父​と​呼ん​だ​際​に​も,ユダヤ​人​たち​は「自分​を​神​の​よう​な​者​と​し​て​いる」と​し​て​イエス​を​殺そ​う​と​し​た​こと​が​あり​まし​た。(ヨハネ 5:17,18; 10:31‐39)カヤファ​は​そう​し​た​事情​を​知っ​て​い​た​の​で,イエス​に​巧み​に​こう​詰め寄り​ます。「生き​て​いる​神​に​懸け​て​誓っ​て​言え,あなた​は​神​の​子​キリスト​な​の​か」。(マタイ 26:63)これ​まで​イエス​は​自分​が​神​の​子​で​ある​と​認め​て​き​まし​た。(ヨハネ 3:18; 5:25; 11:4)もし​今​黙っ​た​まま​で​その​こと​を​認め​ない​なら,自分​が​神​の​子​また​キリスト​で​ある​こと​を​否定​し​て​いる​よう​な​印象​を​与え​て​しまい​ます。それ​で​イエス​は​こう​言い​ます。「その​通り​です。あなた方​は,人​の​子​が​強力​な​方​の​右​に​座り,また​天​の​雲​と​共​に​来る​の​を​見​ます」。(マルコ 14:62

これ​を​聞い​た​カヤファ​は​大げさ​に服​を​引き裂き,こう​叫び​ます。「この​者​は​冒瀆​し​た! これ​以上,証人​が​必要​でしょ​う​か。皆さん​は​今,冒瀆​の​言葉​を​聞き​まし​た。どう​思い​ます​か」。サンヘドリン​は,「この​者​は​死​に​値する」と​答え,公正​と​は​真​逆​の​判決​を​言い渡し​ます。(マタイ 26:65,66

それ​から​彼ら​は​イエス​を​ばか​に​し,こぶし​で​殴り​始め​ます。イエス​を​平手打ち​し,顔​に​唾​を​吐き掛け​ます。さらに,イエス​の​顔​を​覆っ​て​から​殴り,「預言​し​て​みろ! おまえ​を​打っ​た​の​は​誰か」と​いう​皮肉​を​言い​ます。(ルカ 22:64)違法​な​裁判​に​かけ​られ​た​晩,神​の​子​は​こう​し​た​侮辱​を​受け​た​の​です。