内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 105​章

イチジクの木を使って信仰について教える

イチジクの木を使って信仰について教える

マタイ 21:19‐27 マルコ 11:19‐33 ルカ 20:1‐8

  • 枯れ​た​イチジク​の​木​から​信仰​に​つい​て​教える

  • イエス​の​権威​が​批判​さ​れる

イエス​は​月曜​日​の​午後​に​エルサレム​を​出​て,オリーブ​山​の​東​斜面​に​ある​ベタニヤ​に​戻り​ます。友人​の​ラザロ​と​マリア​と​マルタ​の​家​に​泊まる​よう​です。

ニサン​11​日​の​朝​を​迎え​まし​た。イエス​と​弟子​たち​は​再び​エルサレム​に​向かい​ます。イエス​が​神殿​で​過ごす​の​は​今回​が​最後​です。また,人々​に​伝道​する​の​も​この​日​が​最後​です。その​後​しばらく​し​て,過ぎ越し​を​祝い,自分​の​死​の​記念​式​を​制定​し,裁判​を​受け​て​処刑​さ​れる​こと​に​なっ​て​い​ます。

ベタニヤ​から​オリーブ​山​を​通っ​て​エルサレム​に​向かう​途中,ペテロ​が​あの​イチジク​の​木​に​気付き​ます。昨日​の​朝​イエス​から​災い​を​宣告​さ​れ​た​木​です。それで,「ラビ,見​て​ください! あなた​が​災い​を​宣告​し​た​イチジク​の​木​が​枯れ​て​い​ます」と​大声​で​言い​ます。(マルコ 11:21

それにしても,どうして​イエス​は​この​木​を​枯らし​た​の​でしょ​う​か。その​理由​は,次​の​イエス​の​言葉​から​分かり​ます。「はっきり​言い​ます。信仰​を​持っ​て​疑わ​ない​なら,私​が​イチジク​の​木​に​し​た​よう​な​こと​が​できる​だけ​で​なく,この​山​に,『持ち上がっ​て​海​に​入れ』と​言っ​て​も,そう​なり​ます。信仰​を​持っ​て​祈り​求める​もの​全て​を​受ける​の​です」。(マタイ 21:21,22)ここ​で​イエス​は,信仰​は​山​を​も​動か​せる​と​いう​教訓​を​もう​一度​取り上げ​て​いる​の​です。(マタイ 17:20

イエス​は​イチジク​の​木​を​実際​に​枯らす​こと​に​より,神​に​信仰​を​持つこと​の​必要​性​を​教え​まし​た。こう​言っ​て​い​ます。「祈っ​て​求める​こと​は​皆​すでに​与え​られ​た​と​いう​信仰​を​持ち​なさい。そうすれば,それ​を​受ける​こと​に​なり​ます」。(マルコ 11:24)イエス​の​弟子​たち​全て​に​とっ​て​大切​な​教え​です​が,使徒​たち​に​とっ​て​は​まさに​タイムリー​な​もの​でし​た。間​も​なく​試練​に​直面​する​から​です。さらに,枯れ​た​イチジク​の​木​は​信仰​の​質​に​つい​て​別​の​こと​も​教え​て​い​ます。

イスラエル​国民​は​この​イチジク​の​木​の​よう​に,見掛け​と​中身​が​違っ​て​い​まし​た。彼ら​は​神​と​契約​を​結ん​で​おり,律法​を​守っ​て​いる​よう​に​見え​まし​た​が,国民​全体​と​し​て​は​信仰​に​欠け,良い​実​を​結ん​で​い​ませ​ん​でし​た。さらに​神​の​子​を​退ける​こと​まで​し​まし​た。ですから​イエス​は,実​を​結ば​ない​イチジク​の​木​を​枯らす​こと​に​より,実​を​結ば​ない​信仰​に​欠け​た​国民​が​最後​は​どう​なる​か​を​示し​た​の​です。

しばらく​し​て,イエス​と​弟子​たち​は​エルサレム​に​入り​ます。イエス​は​これ​まで​と​同じ​よう​に​神殿​に​行き,人々​を​教え​始め​ます。すると,祭司​長​と​長老​たち​が​やっ​て​来​ます。恐らく,前日​イエス​が​両替​屋​に​対し​て​行っ​た​こと​を​問題​視​し​て​いる​の​でしょ​う。こう​詰め寄り​ます。「どんな​権威​で​こう​し​た​こと​を​する​の​か。こう​し​た​こと​を​する​権威​を​誰​が​あなた​に​与え​た​の​か」。(マルコ 11:28

イエス​は​答え​ます。「1​つ​質問​し​ます。それ​に​答える​なら,私​も​どんな​権威​で​これら​の​こと​を​行う​か​を​言い​ましょ​う。ヨハネ​に​よる​バプテスマ​は​天​から​の​もの​でし​た​か,それ​と​も​人​から​の​もの​でし​た​か。答え​て​ください」。今度​は​反対​者​たち​が​答える​番​です。祭司​長​と​長老​たち​は​どう​答えれ​ば​よい​か​話し合い​ます。「『天​から』と​言え​ば,『では,なぜ​彼​を​信じ​なかっ​た​の​か』と​言う​だろ​う。か​と​いっ​て,『人​から』と​言える​だろ​う​か」。彼ら​は​群衆​を​恐れ​て​い​まし​た。群衆​は,「ヨハネ​は​確か​に​預言​者​だっ​た​と​思っ​て​い​た」から​です。(マルコ 11:29‐32

反対​者​たち​は​良い​答え​が​思い付か​ず,「私たち​は​知ら​ない」と​言い​ます。それ​で​イエス​は,「私​も,どんな​権威​で​これら​の​こと​を​行う​か​を​言い​ませ​ん」と​答え​ます。(マルコ 11:33