内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 110​章

イエスが神殿で過ごす最後の日

イエスが神殿で過ごす最後の日

マタイ 23:25–24:2 マルコ 12:41–13:2 ルカ 21:1‐6

  • イエス​は​宗教​指導​者​たち​へ​の​非難​を​続ける

  • 神殿​は​滅ぼさ​れる

  • 貧しい​やもめ​が​小さな​硬貨​2​つ​を​寄付​する

イエス​は​神殿​で​過ごす​最後​の​日​に,律法​学​者​たち​と​パリサイ​派​の​人​たち​の​こと​を​はっきり​偽善​者​と​呼び,彼ら​の​態度​を​非難​し​ます。比喩​表現​を​用い​て,こう​言い​ます。「あなた方​は……杯​と​皿​の​外側​は​清め​ます​が,内側​は​貪欲​と​放縦​に​満ち​て​い[ま]す。目​が​見え​ない​パリサイ​派​の​人​たち,まず​杯​と​皿​の​内側​を​清め​て,外側​も​清く​なる​よう​に​し​なさい」。(マタイ 23:25,26)パリサイ​派​の​人​たち​は,儀式​上​の​清さ​や​自分​の​外面​に​つい​て​は​大変​きちょうめん​です​が,自分​の​内面​に​つい​て​は​無​関心​で,心​を​清める​こと​が​でき​て​い​ませ​ん。

預言​者​の​墓​を​建て​て​飾り付け​て​いる​こと​に​も,彼ら​の​偽善​が​表れ​て​い​ます。しかし​イエス​が​言う​通り,彼ら​は「預言​者​を​殺害​し​た​者​たち​の​子」です。(マタイ 23:31)イエス​を​殺そ​う​と​し​て​いる​こと​自体,その​証拠​です。(ヨハネ 5:18; 7:1,25

それ​で​イエス​は,宗教​指導​者​たち​が​悔い改め​ない​なら​どう​なる​か​を​こう​話​し​ます。「蛇​よ,マムシ​の​よう​な​者​たち​よ,あなた方​は​どうして​ゲヘナ​の​処罰​を​逃れ​られる​でしょ​う​か」。(マタイ 23:33)ゲヘナ​と​は​ヒンノム​の​谷​の​こと​です。そこ​は​ごみ​を​燃やす​所​でし​た。ですから​この​表現​は,邪悪​な​律法​学​者​たち​と​パリサイ​派​の​人​たち​に​永遠​の​滅び​が​待ち受け​て​いる​こと​を​示し​て​い​ます。

弟子​たち​は「預言​者」,「賢人」,「教師」に​なり​ます。どんな​扱い​を​受ける​でしょ​う​か。イエス​は​宗教​指導​者​たち​に​こう​言い​ます。「あなた方​は[私​の​弟子]の​中​の​ある​人​を​殺し,杭​に​掛け,ある​人​を​会堂​で​むち打ち,あちこち​の​町​で​迫害​し​ます。こう​し​て,正しい​人​アベル​の​血​から……ゼカリヤ​の​血​に​至る​まで,地上​で​流さ​れ​た​正しい​人​の​血​全て​が​あなた方​に​降り掛かり​ます」。そして​こう​警告​し​ます。「はっきり​言い​ます​が,その​全て​が​この​世代​に​降り掛かり​ます」。(マタイ 23:34‐36)この​言葉​は,西暦​70​年​に​ローマ​軍​が​エルサレム​を​滅ぼし,何十万​も​の​ユダヤ​人​を​殺害​し​た​時​に​実現​し​まし​た。

イエス​は​その​時​の​恐ろしい​状況​を​考え​て​心​を​痛め,悲しみ​を​込め​て​こう​言い​ます。「エルサレム,エルサレム,預言​者​たち​を​殺し,遣わさ​れ​た​人々​を​石打ち​に​する​者​よ,私​は​めんどり​が​翼​の​下​に​ひな​を​集める​よう​に​あなた方​を​集め​たい​と​何度​思っ​た​こと​でしょ​う。しかし,あなた方​は​それ​を​望み​ませ​ん​でし​た。聞き​なさい,あなた方​の​家​は​見捨て​られ​ます」。(マタイ 23:37,38)これ​を​聞い​た​人​たち​は,イエス​が​言っ​た「家」と​は​何​の​こと​だろ​う​と​思っ​た​に​違いあり​ませ​ん。神​の​保護​が​ある​よう​に​思える,エルサレム​の​立派​な​神殿​の​こと​でしょ​う​か。

イエス​の​次​の​言葉​は​こう​です。「あなた方​に​言い​ます​が,あなた方​は​今後,『エホバ​の​名​に​よっ​て​来る​方​が​祝福​さ​れ​ます​よう​に!』と​言う​時​まで,決して​私​を​見る​こと​は​あり​ませ​ん」。(マタイ 23:39)イエス​は,詩編 118​編​26​節​の,「エホバ​の​名​に​よっ​て​来る​方​が​祝福​さ​れ​ます​よう​に。私たち​は​エホバ​の​家​で​あなたたち​の​ため​に​祝福​を​願う」と​いう​言葉​から​引用​し​て​い​ます。この​聖句​の「エホバ​の​家」と​は​神殿​の​こと​です。神殿が​滅ぼさ​れる​と,誰​も​そこ​に​神​の​名​に​よっ​て​来る​こと​は​でき​ませ​ん。

次​に​イエス​は,神殿​の​寄付​箱​が​見える​場所​に​移動​し​ます。その​箱​の​上部​に​は​小さな​口​が​あり,そこ​から寄付を​入れる​仕組み​に​なっ​て​い​ます。イエス​は​人々​が​寄付​を​する​様子​を​見​て​い​ます。裕福​な​人​たち​は「たくさん​の​硬貨​を​入れ​て」い​ます。イエス​は「ごく​小額​の​小さな​硬貨​2​つ」を​寄付​し​た,1​人​の​貧しい​やもめ​に​注目​し​ます。(マルコ 12:41,42)イエス​は,その​やもめ​の​寄付​が​神​に​喜ば​れる​こと​を​知っ​て​い​ます。

イエス​は​弟子​たち​を​呼ぶ​と,「はっきり​言い​ます​が,この​貧しい​やもめ​は,寄付​箱​に​お金​を​入れ​た​ほか​の​人​たち​全て​より​たくさん​入れ​まし​た」と​話し​ます。なぜ​そう​言える​ の​でしょ​う​か。イエス​は,「彼ら​は​皆,余っ​て​いる​中​から​入れ​まし​た​が,この​女性​は​乏しい​中​から​自分​が​持つ​全て,生活​に​必要​な​全て​の​もの​を​入れ​た​から​です」と​説明​し​ます。(マルコ 12:43,44)この​女性​は​内面​も​行動​も,宗教​指導​者​たち​と​は​全く​違っ​て​い​た​の​です。

ニサン​11​日​も​過ぎ​て​いき,イエス​は​神殿​を​後​に​し​ます。すると​1​人​の​弟子​が,「先生,見​て​ください。何​と​見事​な​石​と​建物​な​の​でしょ​う」と​叫び​ます。(マルコ 13:1)神殿​の​壁​に​使わ​れ​て​い​た​石​の​中​に​は​とてつもなく​大きな​もの​が​あっ​た​ため,建物​は​強固​で​不動​な​印象​を​与え​まし​た。ところ​が​イエス​は​不思議​な​こと​を​言い​ます。「この​立派​な​建物​を​見​て​いる​の​です​か。石​が​このまま​石​の​上​に​残っ​て​崩さ​れ​ない​で​いる​こと​は​決して​あり​ませ​ん」。(マルコ 13:2

そう​言っ​て​から,イエス​は​使徒​たち​と​キデロン​の​谷​を​渡り,オリーブ​山​に​登り​ます。そして,4​人​の​使徒​ペテロ,アンデレ,ヤコブ,ヨハネ​と​一緒​に​なり​ます。その​場所​から​は​壮麗​な​神殿​が​見え​ます。