内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 12​章

バプテスマを受ける

バプテスマを受ける

マタイ 3:13‐17 マルコ 1:9‐11 ルカ 3:21,22 ヨハネ 1:32‐34

  • イエス​は​バプテスマ​を​受け,油​を​注が​れる

  • エホバ​は​イエス​を​自分​の​子​で​ある​と​宣言​する

バプテスト​の​ヨハネ​が​伝道​を​始め​て​から​約​半年​が​たち​まし​た。イエス​は​およそ​30​歳​に​なっ​て​い​ます。そして,ヨルダン​川​に​いる​ヨハネ​の​所​へ​やっ​て​来​ます。何​の​ため​でしょ​う​か。ただ​ヨハネ​の​所​に​立ち寄っ​た​の​で​も,その​活動​の​進み​具合​を​見​に​来​た​の​で​も​あり​ませ​ん。バプテスマ​を​受け​よう​と​し​て​来​た​の​です。

当然​の​こと​ながら​ヨハネ​は,「私​こそ​あなた​から​バプテスマ​を​受ける​必要​が​ある​の​に,あなた​が​私​の​所​に​来​られる​の​です​か」と​言っ​て,イエス​を​止め​ます。(マタイ 3:14)ヨハネ​は​イエス​が​神​の​子​で​ある​こと​を​知っ​て​い​ます。母親​エリサベツ​の​おなか​の​中​に​い​た​ヨハネ​は,イエス​を​妊娠​し​た​マリア​が​訪ね​て​来​た​時,喜ん​で​跳びはね​まし​た。ヨハネ​は,その​こと​を​エリサベツ​から​教え​て​もらっ​た​に​違いあり​ませ​ん。また,ガブリエル​が​マリア​に​イエス​の​誕生​を​予告​し​た​こと​や,イエス​が​生ま​れ​た​晩​に​天使​たち​が​羊飼い​に​現れ​た​こと​も​聞い​た​でしょ​う。

ヨハネ​は​自分​の​バプテスマ​が​罪​を​悔い改め​た​人​の​ため​の​もの​で​あり,イエス​に​罪​が​ない​こと​を​知っ​て​い​ます。それ​で​ヨハネ​が​止め​て​も,イエス​は​譲ら​ず,「この​たび​は​そう​させ​て​ください。この​よう​に​し​て,正しい​こと​を​全て​果たす​の​は,私たち​に​とっ​て​ふさわしい​こと​です」と​言い​ます。(マタイ 3:15

イエス​が​バプテスマ​を​受ける​の​は​なぜ​正しい​こと​です​か。イエス​の​バプテスマ​は,罪​を​悔い改め​た​こと​で​は​なく,エホバ​の​意志​を​行う​ため​に​自分​を​差し出す​こと​を​表し​て​い​ます。(ヘブライ 10:5‐7)イエス​は​これ​まで​大工​でし​た。しかし,伝道​を​始める​時​が​来​た​の​です。それ​は,天​の​父​が​イエス​を​地上​に​遣わし​た​本来​の​目的​です。ヨハネ​は,イエス​に​バプテスマ​を​施す​際​に​何​か​特別​な​こと​が​起きる​の​で​は​ない​か,と​期待​し​て​い​ます。なぜ​でしょ​う​か。

ヨハネ​は​後​に​次​の​よう​に​語り​まし​た。「水​で​バプテスマ​を​施す​よう​に​私​を​遣わし​た​神​が​言い​まし​た。『聖霊​が​下っ​て​誰​か​の​上​に​とどまる​の​を​見​たら,それ​こそ​聖霊​で​バプテスマ​を​施す​者​で​ある』」。(ヨハネ 1:33)つまり​ヨハネ​は,自分​が​バプテスマ​を​施す​誰か​に​聖霊​が​下る​こと​を​予想​し​て​い​た​の​です。ですから,イエス​が​水​から​上がっ​た​時​に「神​の​聖霊​が​ハト​の​よう​に​下っ​て​イエス​の​上​に​来る​ の​を」見​て​も,驚か​なかっ​た​でしょ​う。(マタイ 3:16

しかし​この​時,別​の​こと​も​生じ​ます。「天​が​開[い​た]」の​です。これ​は,イエス​が​バプテスマ​の​時​に,天​で​の​記憶​を​取り戻し​た​こと​を​意味​し​て​いる​よう​です。イエス​は,地上​に​来る​前​に​神​から​教え​られ​た​真理​や,天​で​どんな​生活​を​送っ​て​い​た​か​を​思い出し​まし​た。

さらに,天​から,「これ​は​私​の​愛する​子,私​は​この​子​の​こと​を​喜ん​で​いる」と​宣言​する​声​が​聞こえ​まし​た。(マタイ 3:17)イエス​は​ヨハネ​の​目​の​前​に​い​た​の​で,イエス​の​声​で​は​あり​ませ​ん。それ​は​神​の​声​でし​た。ですから​イエス​が​神​の​子​で​あり,神​で​ない​こと​は​明らか​です。

地上​に​い​た​時​の​イエス​は,アダム​と​同じ​で,神​の​子で​あっ​て​も​人間​でし​た。弟子​ルカ​は,イエス​の​バプテスマ​に​つい​て​書い​た​後,こう​記し​て​い​ます。「イエス​は​活動​を​開始​し​た​時,およそ​30​歳​で,人々​の​意見​で​は,ヨセフ​の​子​で​あっ​た。ヨセフ​の​父​は​ヘリ​で,さかのぼる​と,……ダビデ……アブラハム……ノア……アダム​に​至る。そして​アダム​は​神​の​子​で​あっ​た」。(ルカ 3:23‐38

イエス​は​アダム​と​同じく,「神​の​子」で​あり​人間​で​も​あり​まし​た。しかし,バプテスマ​を​受け​た​時​に,神​と​の​新しい​関係​に​入り,聖霊​に​よっ​て​生み出さ​れ​た​神​の​子​に​なり​まし​た。その​よう​な​わけ​で,イエス​は​神​の​真理​を​教え,命​へ​の​道​を​示す​の​に​ふさわしい​方​です。この​後​イエス​は,罪深い​人類​の​ため​に,自分​の​人間​と​し​て​の​命​を​犠牲​と​し​て​差し出す​道​を​歩み​始め​ます。