内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 19​章

サマリア人の女性を教える

サマリア人の女性を教える

ヨハネ 4:3‐43

  • イエス​は​サマリア​人​の​女性​や​他​の​人​たち​を​教える

  • 神​が​喜ぶ​崇拝

ユダヤ​から​北​の​ガリラヤ​に​向かう​途中,イエス​と​弟子​たち​は​サマリア​地方​を​通り​ます。皆,旅​で​疲れ​て​い​ます。それ​で​正午​ごろ,スカル​と​いう​町​の​そば​に​ある​井戸​の​所​で​休憩​し​ます。その​井戸​は,何​世紀​も​前​に​ヤコブ​が​掘っ​た​か,お金​を​払っ​て​掘ら​せ​た​よう​です。現在​で​も,その​井戸​は​ナブルス​と​いう​都市​の​近く​に​残っ​て​い​ます。

イエス​が​井戸​の​そば​で​休憩​し​て​いる​間,弟子​たち​は​近く​の​町​へ​食べ物​を​買い​に​行き​ます。弟子​たち​が​出掛け​た​後,サマリア​人​の​女性​が​水​を​くみ​に​やっ​て​来​ます。イエス​は​その​女性​に,「水​を​飲ませ​て​ください」と​言い​ます。(ヨハネ 4:7

ユダヤ​人​と​サマリア​人​の​間​に​は​根深い​偏見​が​ある​の​で,普通​は​関わり​を​持ち​ませ​ん。それで,女性​は​びっくり​し,「ユダヤ​人​の​あなた​が,サマリア​人​で​女性​の​私​に,水​を​飲ませ​て​ほしい​と​言う​の​は​どうして​です​か」と​尋ね​ます。イエス​は​こう​答え​ます。「もし​あなた​が​神​の​無償​の​贈り物​に​つい​て​知っ​て​い​て,『水​を​飲ませ​て​ください』と​言っ​た​の​が​誰​な​の​か​分かっ​て​い​た​なら,あなた​は​その​人​に​求め,その​人​は​生き​た​水​を​与え​た​こと​でしょ​う」。すると,女性​は​言い​ます。「旦那​さま,あなた​は​水​を​くむ​物​も​持っ​て​い​ませ​ん​し,この​井戸​は​深い​です。その​生き​た​水​を​どこ​から​持っ​て​くる​の​です​か。あなた​は​私たち​の​父祖​ヤコブ​より​偉い​方​で​は​あり​ませ​ん​よ​ね。ヤコブ​は​この​井戸​を​私たち​に​与え,息子​や​家畜​たち​と​一緒​に​ここ​から​飲み​まし​た」。(ヨハネ 4:9‐12

それ​に​対し​イエス​は,「この​水​を​飲む​人​は​皆,再び​喉​が​渇き​ます。しかし,私​が​与える​水​を​飲む​人​は​決して​喉​が​渇く​こと​が​なく,私​が​与える​水​は​その​人​の​中​で​泉​と​なっ​て,永遠​の​命​を​与える​水​を​湧き上がら​せ​ます」と​話し​ます。(ヨハネ 4:13,14)イエス​は​疲れ​て​い​ます。それでも,命​を​与える​真理​の​言葉​を​喜ん​で​語り​ます。

女性​が,「旦那​さま,その​水​を​下さい。もう​喉​が​渇か​ない​よう​に,ここ​まで​水​を​くみ​に​来​なく​て​も​いい​よう​に​し​て​ください」と​頼む​と,イエス​は​話題​を​変え,「行っ​て,夫​を​呼ん​で​き​なさい」と​言い​ます。女性​は,「夫​は​い​ませ​ん」と​答え​ます。次​に​イエス​が​述べ​た​言葉​に,この​女性​は​衝撃​を​受け​た​に​違いあり​ませ​ん。イエス​は​こう​言っ​た​の​です。「『夫​は​い​ませ​ん』と​あなた​は​正しく​答え​まし​た。5​人​の​夫​が​い​まし​た​が,今​いる​の​は​夫​で​は​ない​から​です」。(ヨハネ 4:15‐18

その​言葉​から​イエス​が​どんな​人​か​を​理解​し​た​女性​は​すっかり​驚き,「旦那​さま,あなた​は​預言​者​です​ね」と​言い​ます。そして,神​へ​の​崇拝​に​関心​が​ある​こと​を​示し,こう​続け​ます。「私たち[サマリア​人]の​父祖​は​この​山[近く​に​ある​ゲリジム​山]で​崇拝​し​まし​た​が,あなた方[ユダヤ​人]は,エルサレム​で​崇拝​し​なけれ​ば​なら​ない​と​言い​ます」。(ヨハネ 4:19,20

しかし​イエス​は,どこ​で​崇拝​を​行う​か​は​重要​で​ない​こと​を​示し,「あなた方​が​この​山​で​も​エルサレム​で​も​ない​所​で​天​の​父​を​崇拝​する​時​が​来​ます」と​話し​ます。そして,さらに​こう​言い​ます。「真​の​崇拝​者​が​聖霊​と​真理​に​導か​れ​て​父​を​崇拝​する​時​が​来​ます。今​が​その​時​です。 実際,父​は,自分​を​その​よう​に​崇拝​する​人​たち​を​求め​て​い​ます」。(ヨハネ 4:21,23,24

神​が​真​の​崇拝​で​重要​視​し​て​いる​の​は,どこ​で​崇拝​する​か​で​は​なく,どの​よう​に​崇拝​する​か​です。女性​は​感激​し​て​言い​ます。「私​は,メシア​が​来る​こと​を​知っ​て​い​ます。キリスト​と​呼ば​れる​方​です。その​方​が​来​たら,全て​の​こと​を​はっきり​知らせ​て​ください​ます」。(ヨハネ 4:25

ここ​で​イエス​は​大切​な​真理​を​明らか​に​し,「あなた​と​話し​て​いる​私​が​そう​です」と​告げ​ます。(ヨハネ 4:26)考え​て​み​て​ください。この​女性​は​真昼​に​水​を​くみ​に​来​て,イエス​が​メシア​だ​と​いう​こと​を​教え​られ​た​の​です。これ​は​本当​に​特別​な​こと​です。イエス​が​まだ​人々​の​前​で​はっきり​と​教え​て​い​ない​こと​だ​から​です。

多く​の​サマリア​人​が​信じる

イエス​の​弟子​たち​が​食べ物​を​買っ​て​スカル​から​帰っ​て​き​ます。すると,ヤコブ​の​井戸​の​所​で,イエス​が​サマリア​人​の​女性​と​話し​て​い​ます。その​女性​は​弟子​たち​が​戻っ​て​くる​と,水がめ​を​残し​た​まま​町​に​行き​ます。

女性​は​スカル​に​行く​と,イエス​から​聞い​た​こと​を​人々​に​詳しく​話し​ます。そして,「見​に​来​て​ください。私​が​し​た​事​を​全て​言い当て​た​人​が​い​ます」と​強く​勧め​ます。そして,好奇​心​を​刺激​し​て,「もしか​し​たら,この​人​が​キリスト​で​は​ない​でしょ​う​か」と​言い​ます。(ヨハネ 4:29)この​質問​は​重要​な​テーマ​に​触れ​て​い​まし​た。モーセ​の​時代​から,この​テーマ​は​関心​の​的​だっ​た​から​です。(申命記 18:18)町​の​人​たち​は​イエス​に​会い​に​行き​ます。

弟子​たち​は​買っ​て​き​た​食べ物​を​イエス​に​勧め​ます。しかし​イエス​が,「私​に​は​あなたたち​が​知ら​ない​食べ物​が​あり​ます」と​言っ​た​ため,弟子​たち​は​互い​に,「誰​も​食べる​物​を​渡し​て​い​ない​はず​だ​が」と​言い​ます。そこで​イエス​は​その​言葉​の​意味​を​親切​に​説明​し​ます。イエス​の​弟子​全て​に​大きな​影響​を​与える​説明​です。「私​の​食べ物​と​は,私​を​遣わし​た​方​の​意志​を​行い,与え​られ​た​仕事​を​成し遂げる​こと​です」。(ヨハネ 4:32‐34

 イエス​の​し​よう​と​し​て​い​た​仕事​は,穀物​の​収穫​の​こと​で​は​あり​ませ​ん。それ​は​4カ​月​も​先​の​こと​だ​から​です。イエス​は​比喩​的​な​収穫​に​つい​て​話​し​て​い​た​の​です。こう​説明​し​て​い​ます。「目​を​上げ​て​畑​を​見​なさい。もう​色づい​て​収穫​でき​ます。すでに,刈り取る​人​は​報酬​を​受け取っ​て,永遠​の​命​に​至る​実​を​集め​て​い​ます。こう​し​て,まく​人​と​刈り取る​人​は​共​に​喜び​ます」。(ヨハネ 4:35,36

イエス​は,サマリア​人​の​女性​に​出会っ​た​こと​が​実​を​結び​つつ​ある​こと​に​気付い​て​いる​よう​です。スカル​の​大勢​の​人​たち​は​イエス​に​信仰​を​持ち​始め​ます。その​女性​が,イエス​は「私​が​し​た​事​を​全て​言い当て​まし​た」と​証言​し​た​から​です。(ヨハネ 4:39)それで,スカル​の​人​たち​は​井戸​の​そば​に​やっ​て​来​た​時,もっと​長く​い​て​話​を​し​て​ほしい,と​イエス​に​頼み​ます。イエス​は​その​申し出​を​受け入れ,さらに​2​日​サマリア​に​とどまり​ます。

イエス​の​話​を​聞き,さらに​多く​の​サマリア​人​が​イエス​に​信仰​を​持ち​ます。人々​は​例​の​女性​に,「もう,あなた​が​言っ​た​から​信じ​て​いる​の​で​は​ない。自分​で​聞い​て,この​人​は​確か​に​人類​の​救い主​だ​と​いう​こと​が​分かっ​た​の​だ」と​言い​ます。(ヨハネ 4:42)サマリア​人​の​女性​の​立派​な​模範​から,キリスト​に​つい​て​どの​よう​に​証言​すれ​ば​よい​か​を​学べ​ます。もっと​話​を​聞き​たい​と​思っ​て​もらえる​よう​に,人々​の​好奇​心​を​刺激​する​の​です。

大麦​の​収穫​まで​は,まだ​4カ​月​あり​ます。この​地域​で​は​大麦​の​収穫​が​春​に​行わ​れる​の​で,今​は​11​月​か​12​月​くらい​でしょ​う。ですから,イエス​と​弟子​たち​は​西暦​30​年​の​過ぎ越し​の​後,ユダヤ​で​教え​たり​バプテスマ​を​施し​たり​し​ながら​8カ​月​ほど​過ごし​た​こと​が​分かり​ます。これ​から,彼ら​は​地元​で​ある​北​の​ガリラヤ​に​向かい​ます。そこ​で​は​どんな​こと​が​待ち受け​て​いる​でしょ​う​か。