内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 88​章

裕福な男性とラザロは変化を経験する

裕福な男性とラザロは変化を経験する

ルカ 16:14‐31

  • 裕福​な​男性​と​ラザロ​の​例え​話

イエス​は​弟子​たち​に​資産​の​用い方​に​つい​て​優れ​た​教訓​を​教え​まし​た。話​を​聞い​て​い​た​の​は​弟子​たち​だけ​で​は​なく,そこ​に​は​パリサイ​派​の​人​たち​も​い​まし​た。彼ら​も​その​教訓​を​心​に​刻む​べき​です。なぜなら「金​を​愛する」人​たち​だっ​た​から​です。しかし,彼ら​は「イエス​の​こと​を​冷笑​し​始め」ます。(ルカ 15:2; 16:13,14

イエス​は​ひるみ​ませ​ん。こう​言い​ます。「あなた方​は​人前​で​自分​を​正しく​見せ​ます​が,神​は​あなた方​の​心​を​知っ​て​い​ます。人​の​間​で​重んじ​られる​もの​は,神​から​見​て​極めて​不快​な​もの​な​の​です」。(ルカ 16:15

パリサイ​派​の​人​たち​は​これ​まで​ずっ​と「人​の​間​で​重んじ​られ」て​き​まし​た。しかし​変化​が​生じ,立場​が​逆転​し​ます。多く​の​資産,政治​権力,宗教​上​の​影響​力​を​持ち,大変​重んじ​られ​て​き​た​人​たち​は​低め​られ​ます。そして,神​に​つい​て​もっと​多く​を​学び​たい​と​願う​一般​の​人々​が​祝福​さ​れる​の​です。イエス​は​この​大きな​変化​に​つい​て​次​の​よう​に​話し​ます。

「律法​と​預言​者​の​言葉​が​広め​られ​た​の​は​ヨハネ​の​時​まで​でし​た。それ​以降​は,神​の​王国​が​良い​知らせ​と​し​て​広め​られ​て​おり,誰​も​が​その​王国​に​入ろ​う​と​ひたむき​に​努力​し​て​い​ます。天地​が​消え去る​と​し​て​も,律法​の​文字​の​1​画​が​実現​し​ない​こと​は​あり​ませ​ん」。(ルカ 3:18; 16:16,17)イエス​の​言葉​から,生じ​て​いる​変化​に​つい​て​どんな​こと​が​分かり​ます​か。

ユダヤ​人​の​宗教​指導​者​たち​は,モーセ​の​律法​を​固く​守っ​て​いる​こと​を​自慢​げ​に​話し​ます。エルサレム​で​イエス​が​ある​男性​の​視力​を​回復​さ​せ​た​時,パリサイ​派​の​人​たち​は​高慢​な​態度​で,「私たち​は​モーセ​の​弟子​だ。神​が​モーセ​に​語っ​た​と​いう​こと​は​知っ​て​いる」と​言い​まし​た。(ヨハネ 9:13,28,29)モーセ​を​通し​て​律法​が​与え​られ​た​目的​の​1​つ​は,謙遜​な​人​を​メシア​つまり​イエス​に​導く​こと​でし​た。バプテスト​の​ヨハネ​は​神​の​子羊​が​イエス​で​ある​こと​を​明らか​に​し​まし​た。(ヨハネ 1:29‐34)ヨハネ​が​伝道​を​開始​し​て​以来,謙遜​な​ユダヤ​人,特に​貧しい​人​たち​が「神​の​王国」に​つい​て​聞い​て​き​まし​た。その​王国​の​国民​に​なり,その​支配​の​恩恵​を​受け​たい​と​願う​人​全て​に​とっ​て​の​良い​知らせ​です。

モーセ​の​律法​は​実現​し​ない​と​いう​わけ​で​は​なく,人々​を​メシア​に​導い​て​い​ます。そして,律法​を​守る​義務​は​間​も​なく​なく​なり​ます。例​を​考え​ましょ​う。律法​下​で​は​さまざま​な​理由​で​離婚​が​許さ​れ​て​い​まし​た。しかし​イエス​は,「妻​を​離婚​し​て​別​の​女性​と​結婚​する​人​は​皆,姦淫​を​する​こと​に​なり,夫​に​離婚​さ​れ​た​女性​と​結婚​する​人​は​姦淫​を​する​こと​に​なり​ます」と​説明​し​ます。(ルカ 16:18)何事​に​も​細か​な​規則​を​作っ​て​い​た​パリサイ​派​の​人​たち​は,これ​を​聞い​て​ひどく​腹​を​立て​た​に​違いあり​ませ​ん。

イエス​は,生じ​て​いる​大きな​変化​を​強調​する​例え​話​ を​話し​ます。2​人​の​男性​が​登場​し,それぞれ​の​立場​つまり​境遇​が​一変​し​ます。例え​を​考える​に​当たり,その​場​に​は,人​の​間​で​重んじ​られ​て​き​た,金​を​愛する​パリサイ​派​の​人​たち​も​い​た​こと​を​覚え​て​おき​ましょ​う。

イエス​は​こう​話​し​ます。「ある​裕福​な​男性​が​紫布​や​亜麻​布​の​服​で​装い,毎日​ぜいたく​に​楽しく​暮らし​て​い​まし​た。一方,その​門​の​所​に,潰瘍​だらけ​の​ラザロ​と​いう​物乞い​が​い​て,裕福​な​男性​の​食卓​から​落ちる​物​で​おなか​を​満たし​たい​と​思っ​て​い​まし​た。その​上,犬​が​来​て​は​潰瘍​を​なめる​の​でし​た」。(ルカ 16:19‐21

パリサイ​派​の​人​たち​は​金​を​愛し​て​い​た​の​で,イエス​が​話​し​た「裕福​な​男性」と​は​明らか​に​彼ら​の​こと​でし​た。それら​ユダヤ​人​の​宗教​指導​者​たち​は​高価​な​服​で​着飾る​こと​を​好み​まし​た。さらに,彼ら​は​裕福​だっ​た​だけ​で​なく,どんな​富​より​も​素晴らしい​富​を​持っ​て​い​まし​た。つまり,神​に​仕える​特権​と​機会​が​たくさん​あっ​た​の​です。濃い​紫​の​服​は​彼ら​の​特別​な​立場​を​表し,白​の​亜麻​布​は​自分​こそ​正しい​と​信じ​て​疑わ​ない​態度​を​表し​て​い​ます。(ダニエル 5:7

裕福​で​偉​そう​に​し​て​いる​宗教​指導​者​たち​は,一般​の​貧しい​人​たち​を​どう​見​て​い​た​でしょ​う​か。そう​し​た​人​たち​を​軽蔑​し​て​アム​・​ハーアーレツ​つまり​地​の​民​と​呼び,律法​を​知ら​ず,律法​を​知る​必要​も​ない​人​たち​だ​と​考え​て​い​た​の​です。(ヨハネ 7:49)言っ​て​みれ​ば,一般​の​貧しい​ 人​たち​は,「裕福​な​男性​の​食卓​から​落ちる」わずか​な​物​で​も​ほしい​と​思っ​て​い​た「ラザロ​と​いう​物乞い」と​同じ​状況​に​あり​まし​た。また,ラザロ​が​潰瘍​だらけ​だっ​た​よう​に,神​の​目​から​見​て​病気​の​よう​な​状態​に​ある​の​で​神​に​喜ば​れ​て​い​ない,と​見なさ​れ​て​い​まし​た。

そう​し​た​悲惨​な​状況​は​しばらく​の​間​続い​て​き​まし​た。しかし​イエス​は,裕福​な​男性​の​よう​な​人々​と​ラザロ​の​よう​な​人々​の​立場​が​非常​に​大きく​変化​する​こと​を​知っ​て​い​まし​た。

裕福​な​男性​と​ラザロ​の​立場​が​逆転​する

イエス​は​2​人​の​男性​の​間​の​劇的​な​変化​に​つい​て​こう​話​し​ます。「やがて​ラザロ​は​死​に,天使​に​よっ​て​アブラハム​の​そば​に​運ば​れ​まし​た。また,裕福​な​男性​も​死ん​で​葬ら​れ​まし​た。そして​墓​の​中​で​苦しみ​ながら​目​を​上げる​と,遠く​に​アブラハム​が​い​て,その​そば​に​ラザロ​が​いる​の​が​見え​まし​た」。(ルカ 16:22,23

話​を​聞い​て​い​た​人​たち​は,アブラハム​が​ずっ​と​昔​に​死ん​で​葬ら​れ​た​こと​を​知っ​て​い​ます。聖書​は,アブラハム​を​含め​亡くなっ​た​人​は​全て,見る​こと​も​話す​こと​も​でき​ない​と​はっきり​教え​て​い​ます。(伝道​の​書 9:5,10)では,イエス​の​例え​話​を​聞い​て,宗教​指導​者​たち​は​どう​思っ​た​でしょ​う​か。イエス​は​一般​の​人々​と​金​を​愛する​宗教​指導​者​たち​に​つい​て,何​を​言お​う​と​し​て​いる​の​でしょ​う​か。

イエス​は​ある​変化​が​生じる​こと​に​つい​て​こう​言っ​て​い​まし​た。「律法​と​預言​者​の​言葉​が​広め​られ​た​の​は[バプテスト​の]ヨハネ​の​時​まで​でし​た。それ​以降​は,神​の​王国​が​良い​知らせ​と​し​て​広め​られ​て……い​ます」。ですから,ヨハネ​と​イエス​・​キリスト​が​伝道​を​始め​た​こと​に​よっ​て,ラザロ​も​裕福​な​男性​も​以前​の​境遇​つまり​状態​に​関し​て​は​死​に,神​の​前​で​の​立場​が​変わり​まし​た。

具体​的​に​考え​て​み​ましょ​う。謙遜​な​人​たち​や​貧しい​人​たち​は​それ​まで​ずっ​と​神​に​つい​て​知る​機会​を​奪わ​れ​て​き​まし​た。しかし​彼ら​は,最初​は​バプテスト​の​ヨハネ​に​よっ​て,次​に​イエス​に​よっ​て​伝え​られ​た​王国​の​知らせ​に​良い​反応​を​示し,助け​られ​て​き​まし​た。かつて​は,宗教​指導​者​たち​の​食卓​から​落ちる,神​に​つい​て​の​わずか​ばかり​の​教え​で​何とか​やっ​て​いく​しか​あり​ませ​ん​でし​た。ところ​が​今​で​は,生き​て​いく​の​に​欠か​せ​ない​聖書​の​真理​で​養わ​れ​て​い​ます。特に,イエス​の​素晴らしい​教え​を​聞く​こと​が​でき​ます。ついに,エホバ​神​の​前​で​恵ま​れ​た​立場​を​得る​こと​が​でき​た​の​です。

一方,裕福​で​影響​力​を​持つ​宗教​指導​者​たち​は,ヨハネ​と​イエス​が​国中​で​伝え​て​き​た​王国​の​知らせ​を​受け入れ​ませ​ん。(マタイ 3:1,2; 4:17)神​から​の​火​の​よう​な​裁き​が​間近​に​迫っ​て​いる​こと​を​示す​その​知らせ​に,彼ら​は​怒り,苦しん​で​い​ます。(マタイ 3:7‐12)もし​イエス​と​ 弟子​たち​が​伝道​の​手​を​緩める​なら,その​苦痛​は​和らげ​られる​でしょ​う。彼ら​は​例え​話​の​中​で​こう​言っ​て​いる​裕福​な​男性​の​よう​です。「父​アブラハム,私​に​憐れみ​を​掛け,ラザロ​を​遣わし​て,彼​が​指先​を​水​に​浸し​て​私​の​舌​を​冷やす​よう​に​させ​て​ください。私​は​この燃え盛る​火の​中​で​苦悶​し​て​い​ます」。(ルカ 16:24

しかし,その​願い​は​聞か​れ​ませ​ん。宗教​指導​者​たち​の​ほとんど​は​変化​し​よう​と​し​ない​でしょ​う。彼ら​は,イエス​を​神​の​メシア​また​王​と​し​て​受け入れる​よう​導く​はず​の「モーセ​や​預言​者​の​言葉​に」従っ​て​き​ませ​ん​でし​た。(ルカ 16:29,31。ガラテア 3:24)謙遜​に​なら​ず,イエス​を​受け入れ​て​神​から​の​恵み​を​得る​よう​に​なっ​た​貧しい​人​たち​から​学ぼ​う​と​し​ませ​ん。弟子​たち​の​側​が,宗教​指導​者​たち​を​満足​さ​せ​たり​なだめ​たり​する​ため​に,妥協​し​て​真理​を​水​で​薄める​こと​は​あり​ませ​ん。イエス​は​その​こと​を​例え​の​中​で,裕福​な​男性​に​対する「父​アブラハム」の​言葉​と​し​て​次​の​よう​に​話し​ます。

「あなた​が​生き​て​いる​間​に​良い​物​を​満喫​し,一方​ラザロ​が​悪い​物​を​受け​た​こと​を​思い出し​なさい。しかし​今,ラザロ​は​ここ​で​慰め​られ,あなた​は​苦悶​し​て​い​ます。しかも,私たち​と​あなた方​と​の​間​に​は​大きく​て​深い​裂け目​が​設け​られ​て​おり,ここ​から​あなた方​の​所​に​行き​たい​と​思う​者​たち​も​そう​でき​ず,人々​が​そこ​から​私たち​の​所​に​渡っ​て​くる​こと​も​でき​ませ​ん」。(ルカ 16:25,26

こう​し​た​劇的​な​変化​が​起きる​の​は​正しい​こと​です。威張っ​て​い​た​宗教​指導​者​たち​と​謙遜​な​人​たち​の​立場​が​逆転​し​た​の​です。謙遜​な​人​たち​は​イエス​と​共​に​働く​こと​を​受け入れ,ついに​爽やか​さ​を​味わい,神​に​つい​て​十分​に​学べる​よう​に​なっ​た​の​です。(マタイ 11:28‐30)この​変化​は​数​カ月​後,律法​契約​が​廃止​され​新しい​契約​が​有効​に​なっ​た​時​に,ますます​はっきり​見​られる​よう​に​なり​ます。(エレミヤ 31:31‐33。コロサイ 2:14。ヘブライ 8:7‐13)西暦​33​年​の​ペンテコステ​の​日​に​神​が​聖霊​を​注が​れる​時,神​の​恵み​を​受ける​の​は​パリサイ​派​の​人​たち​や​他​の​宗教​指導​者​たち​で​は​なく,イエス​の​弟子​たち​で​ある​と​いう​こと​が,疑う​余地​なく​明らか​に​なる​の​です。