ルカ 15:11‐32

  • い​なく​なっ​て​い​た​息子​の​例え​話

イエス​は,迷い出​た​羊​と​なくし​た​硬貨​の​例え​を,ヨルダン​川​の​東側​の​ペレア​に​いる​時​に​語っ​た​よう​です。それら​の​例え​は,罪人​が​悔い改め​て​神​の​元​に​戻っ​て​き​た​時,私たち​も​喜ぶ​べき​で​ある​と​いう​こと​を​教え​て​い​ます。パリサイ​派​の​人​たち​と​律法​学​者​たち​は,イエス​が​そう​し​た​罪人​たち​と​時間​を​過ごす​の​を​見​て​批判​し​て​き​まし​た。では​彼ら​は,教訓​を​学ぶ​でしょ​う​か。天​の​父​が​悔い改め​た​罪人​を​見​て​どう​感じる​か​を​理解​する​でしょ​う​か。イエス​は​こう​し​た​大切​な​教訓​を​しっかり​教える​ため,感動​的​な​別​の​例え​話​を​し​ます。

主​な​登場​人物​は,父親​と​2​人​の​息子​です。下​の​息子​が​中心​と​なっ​て​話​が​展開​し​て​いき​ます。パリサイ​派​の​人​たち​や​律法​学​者​たち,また​この​話​を​聞い​て​い​た​他​の​人​たち​も,この​下​の​息子​から​教訓​を​学べる​でしょ​う。でも,父親​や​上​の​息子​に​つい​て​イエス​が​語っ​た​事柄​も​見逃せ​ませ​ん。その​2​人​が​示し​た​反応​は​大切​な​こと​を​教え​て​いる​から​です。この​3​人​に​注目​し​ながら​考え​て​み​ましょ​う。

イエス​は​次​の​よう​に​話し​始め​ます。「ある​男性​に​2​人​の​息子​が​い​まし​た。下​の​息子​が​父親​に​言い​まし​た。『父上,財産​の​うち​私​が​頂く​こと​に​なる​分​を​下さい』。それ​で​父親​は​資産​を​2​人​に​分け​まし​た」。(ルカ 15:11,12)下​の​息子​は,父親​が​亡くなっ​た​の​で​資産​を​分け​て​ほしい​と​言っ​た​の​で​は​あり​ませ​ん。父親​は​まだ​生き​て​い​ます。自分​の​分​を​​欲しがっ​た​の​は,親元​を​離れ,もらっ​た​お金​で​好き​な​こと​を​し​たかっ​た​から​です。それ​は​どんな​こと​でし​た​か。

イエス​は​続け​ます。「数​日​後,下​の​息子​は​全て​の​物​を​まとめ​て​遠い​国​に​旅立ち,そこで​放蕩​の​生活​を​し​て​財産​を​乱費​し​まし​た」。(ルカ 15:13)この​息子​は,父親​が​気遣い養っ​て​くれる​温かい​家​で​暮らす​の​を​やめ​て​しまい​ます。別​の​土地​に​出掛け​て​いき,そこで​好き​放題​な​こと​を​し,性的​に​乱れ​た​生活​を​送っ​て​財産​を​使い果たし​ます。当然,生活​は​苦しく​なり​ます。イエス​は​次​の​よう​に​話し​ます。

「全て​を​使い果たし​た​時,その​国中​で​ひどい​飢饉​が​起き, 彼​は​困窮​し​始め​まし​た。その​国​の​ある​住民​の​所​に​転がり込む​こと​まで​し,野​で​豚​を​飼う​仕事​を​させ​られ​まし​た。豚​が​食べ​て​いる​イナゴマメ​の​さや​で​おなか​を​満たし​たい​と​思う​ほど​でし​た​が,誰​も​何​も​くれ​ませ​ん​でし​た」。(ルカ 15:14‐16

律法​で​豚​は​汚れ​た​動物​と​され​て​い​ます​が,この​息子​は​豚​を​飼う​仕事​を​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。空腹​の​あまり,豚​が​食べ​て​いる,動物​用​の​餌​で​いい​から​食べ​たい​と​思う​よう​に​なり​ます。こう​し​た​悲惨​な​状況​で,息子​は「本心​に​立ち返」り​ます。そして​こう​言い​ます。「父​の​所​で​は​大勢​の​雇われ人​に​有り余る​ほど​パン​が​ある​の​に,私​は​ここ​で​飢え​死​に​し​そう​だ。ここ​を​出​て​父​の​元​に​行き,こう​言お​う。『父上,私​は​天​に​対し​て​も,あなた​に​対し​て​も​罪​を​犯し​まし​た。もう​息子​と​呼ば​れる​に​値し​ませ​ん。雇われ人​の​1​人​の​よう​に​し​て​ください』」。そして​父親​の​元​へ​帰る​こと​に​し​ます。(ルカ 15:17‐20

父親​は​どんな​反応​を​する​でしょ​う​か。怒鳴りつけ,そもそも​家​を​出​て​いっ​た​の​が​悪かっ​た​の​だ​と​叱りつけ​ます​か。帰っ​て​き​た​息子​を​無視​し,不​愉快​だ​と​いう​態度​を​示す​でしょ​う​か。あなた​が​この​息子​の​父親​なら​どう​する​と​思い​ます​か。もし​自分​の​息子​や​娘​が​この​息子​の​よう​に​帰っ​て​き​た​なら,どう​する​でしょ​う​か。

 い​なく​なっ​て​い​た​息子​が​見つかる

イエス​は​父親​が​どう​思い,どう​行動​し​た​か​を​次​の​よう​に​話し​ます。「彼[下​の​息子]が​まだ​遠く​に​いる​間​に,父親​は​息子​を​見​て​かわいそう​に​思い,走っ​て​いっ​て​抱き締め,優しく​口づけ​し​まし​た」。(ルカ 15:20)父親​は​息子​が​好き​放題​な​生活​を​し​て​いる​と​いう​こと​を​聞い​て​い​た​でしょ​う。それでも​息子​を​温かく​迎え​まし​た。エホバ​を​知り​崇拝​する​と​主張​する​ユダヤ​人​の​指導​者​たち​は,天​の​父​が​悔い改め​た​罪人​たち​を​見​て​どう​感じる​か​を​理解​する​でしょ​う​か。また,イエス​が​天​の​父​と​同じく,温かく​迎える​態度​を​示し​て​いる​こと​を​認める​でしょ​う​か。

よく​気​が​付く​この​父親​は,息子​の​悲しげ​で​落ち込ん​だ​表情​を​見​て,本人​が​悔い改め​て​いる​こと​が​分かっ​た​はず​です。息子​は,父親​が​愛情​深く​自分​から​迎え​に​来​て​くれ​た​の​で,罪​を​打ち明け​やすく​なり​ます。イエス​は​こう​続け​ます。「息子​は​言い​まし​た。『父上,私​は​天​に​対し​て​も,あなた​に​対し​て​も​罪​を​犯し​まし​た。もう​息子​と​呼ば​れる​に​値し​ませ​ん』」。(ルカ 15:21

すると​父親​は​奴隷​たち​に​言い​ます。「さあ​早く,長い​服,一番​良い​の​を​出し​て​き​て​この​子​に​着せ,指輪​を​はめ,サンダル​を​履か​せ​なさい。それ​から,肥え​た​子牛​を​連れ​て​き​て​調理​し​なさい。食べ​て​祝い​ましょ​う。私​の​この​息子​が​死ん​で​い​た​の​に​生き返っ​た​の​です。い​なく​なっ​て​い​た​の​に​見つかり​まし​た」。そして,「楽しい​ひととき」が​始まり​ます。(ルカ 15:22‐24

次​に​イエス​は​上​の​息子​に​つい​て​こう​話​し​ます。「上​の​息子​は​畑​に​い​まし​た​が,帰っ​て​き​て​家​に​近づく​と,音楽​と​踊り​の​音​が​聞こえ​まし​た。召し使い​を​呼び,何事​か​と​尋ね​まし​た。召し使い​は​言い​まし​た。『ご兄弟​が​お帰り​に​なり​まし​た。無事​に​戻っ​て​こら​れ​た​の​で,お父さま​は​肥え​た​子牛​を​振る舞わ​れ​た​の​です』。ところ​が​彼​は​怒り,入ろ​う​と​し​ませ​ん​でし​た。すると​父親​が​出​て​き​て,中​に​入る​よう​促し​始め​まし​た。上​の​息子​は​父親​に​こう​答え​まし​た。『私​は​これ​まで​何​年​も​あなた​の​ため​に​奴隷​の​よう​に​働い​て​き​て,ご命令​に​背い​た​こと​は​一度​も​あり​ませ​ ん。それなのに,友人​と​一緒​に​食べる​ため​の​子​ヤギ​を​下さっ​た​こと​が​一度​も​あり​ませ​ん。ところが,娼婦​たち​と​一緒​に​あなた​の​資産​を​乱費​し​た​あの​あなた​の​息子​が​戻る​と​すぐ,肥え​た​子牛​を​振る舞っ​た​の​です』」。(ルカ 15:25‐30

イエス​が​一般​の​人​たち​や​罪人​たち​に​憐れみ​を​示し​関心​を​払っ​た​時,その​こと​を​上​の​息子​の​よう​に​批判​し​た​の​は​誰​でし​た​か。パリサイ​派​の​人​たち​と​律法​学​者​たち​です。それ​で​イエス​は​この​例え​話​を​話す​こと​に​し​た​の​です。神​の​憐れみ​を​批判​する​人​は​皆,この​話​の​教訓​を​しっかり​と​心​に​刻む​べき​です。

イエス​は,父親​が​上​の​息子​に​言っ​た​言葉​で​この​例え​話​を​締めくくり​ます。「息子​よ,おまえ​は​いつも​私​と​い​た​し,私​の​物​は​全部​おまえ​の​もの​だ。でも,祝っ​て​喜ば​ず​に​は​いら​れ​なかっ​た。おまえ​の​弟​が​死ん​で​い​た​の​に​生き返り,い​なく​なっ​て​い​た​の​に​見つかっ​た​の​だ」。(ルカ 15:31,32

イエス​は​上​の​息子​が​その​後​どう​し​た​か​に​つい​て​何​も​述べ​て​い​ませ​ん。しかし,イエス​の​死​と​復活​の​後,「非常​に​大勢​の​祭司​たち​が​信じる​よう​に​な」り​ま​し​た。(使徒 6:7)その​中​に​は,イエス​が​この​感動​的​な​例え​話​を​話す​の​を​直接​聞い​た​人​たち​も​い​た​こと​でしょ​う。彼ら​も​本心​に​立ち返り,悔い改め​て​神​の​元​に​戻っ​て​くる​チャンス​が​あっ​た​の​です。

その​日​以降,弟子​たち​は​この​例え​話​の​大切​な​教訓​を​忘れ​なかっ​た​でしょ​う。また,決して​忘れる​べき​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。その​教訓​の​1​つ​は,「遠い​国」で​の​楽しみ​に​心​を​奪わ​れ​て​漂い出​て​しまう​の​で​は​なく,天​の​父​が​気遣い養っ​て​いる​愛情​深い​人々​から​離れ​て​は​なら​ない,と​いう​こと​です。

2​つ​目​の​教訓​は,もし​神​の​道​から​それ​て​しまう​こと​が​あっ​た​と​し​て​も,天​の​父​の​恵み​を​もう​一度​得る​ため​に,謙遜​に​父​の​元​に​戻る​べき​で​ある,と​いう​こと​です。

さらに​学べる​こと​が​あり​ます。父親​は​物分かり​の​良い​寛大​な​態度​を​示し,上​の​息子​は​怒り​に​満ち​た​冷淡​な​態度​を​示し​まし​た。神​の​民​で​あれ​ば,迷い出​た​人​が​心​から​悔い改め​て​父​の「家」に​戻っ​て​き​た​時,寛大​に​温かく​迎え​たい​と​思う​でしょ​う。「死ん​で​い​た​の​に​生き返り,い​なく​なっ​て​い​た​の​に​見つかっ​た」私たち​の​兄弟​の​こと​を​喜び​たい​もの​です。