内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 73​章

本当の隣人となったサマリア人

本当の隣人となったサマリア人

ルカ 10:25‐37

  • 永遠​の​命​を​受ける​に​は​何​を​す​べき​か

  • 親切​な​サマリア​人

イエス​が​エルサレム​の​近く​に​いる​期間​中,たくさん​の​ユダヤ​人​が​会い​に​やっ​て​来​ます。ぜひ​何​か​学び​たい​と​思っ​て​いる​人​だけ​で​なく,イエス​を​試そ​う​と​思っ​て​いる​人​も​い​ます。律法​に​通じ​た​ある​男性​も​その​1​人​で,イエス​に​こう​質問​し​ます。「先生,永遠​の​命​を​受ける​に​は​何​を​する​必要​が​ある​でしょ​う​か」。(ルカ 10:25

イエス​は​その​人​の​質問​に​は​裏​が​ある​こと​を​見抜き​ます。ユダヤ​人​が​怒る​よう​な​こと​を​イエス​に​答え​させ​よう​と​し​て​いる​の​です。さらに​イエス​は,相手​が​すでに​正しい​答え​を​知っ​て​いる​こと​に​気付き​ます。それで,の​考え​が​明らか​に​なる​仕方​で​巧み​に​返事​を​し​ます。

イエス​は,「律法​に​は​何​と​書い​て​あり​ます​か。どう​読み​ます​か」と​尋ね​ます。その​男性​は​律法​を​よく​学ん​で​いる​の​で,申命記 6​章​5​節​と​レビ​記 19​章​18​節​を​引用​し​て​こう​答え​ます。「『あなた​は,心​を​尽くし,力​を​尽くし,知力​を​尽くし,自分​の​全て​を​尽くし​て,あなた​の​神​エホバ​を​愛さ​なけれ​ば​なら​ない』,そして,『隣人​を​自分​自身​の​よう​に​愛さ​なけれ​ば​なら​ない』」。(ルカ 10:26,27)しかし,これ​は​その​男性​が​願っ​て​い​た​答え​でし​た​か。

イエス​は,「その​通り​です。それ​を​行い​続け​なさい。そう​すれ​ば​命​を​得​ます」と​言い​ます。会話​は​まだ​続き​ます。男性​は​ただ​正解​が​欲しい​の​で​は​あり​ませ​ん。「自分​の​正しさ​を​示」し​たい,つまり​自分​の​考え​や​他​の​人​へ​の​接し方​は​正しい​と​いう​確証​を​得​たい​と​思っ​て​いる​の​です。それで,「私​の​隣人​と​は​いったい​誰​でしょ​う​か」と​質問​し​ます。(ルカ 10:28,29)簡単​な​質問​の​よう​で​実​は​深い​意味​が​あり​ます。どう​いう​こと​でしょ​う​か。

ユダヤ​人​は,「隣人」と​いう​言葉​は​自分​たち​の​伝統​を​守る​人​に​しか​当てはまら​ない​と​考え​て​い​て,レビ​記 19​章​18​節​を​その​根拠​に​し​て​い​た​よう​です。別​の​人種​と​交友​を​持つ​の​は「許さ​れ​ない」と​まで​主張​する​人​も​い​ます。(使徒 10:28)ですから,この​男性​は,仲間​の​ユダヤ​人​に​親切​に​接し​て​いれ​ば​自分​は​正しい​と​考え​て​い​ます。イエス​の​弟子​たち​の​中​に​も​そう​考える​人​が​い​た​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,この​男性​も​弟子​たち​も,別​の​人種​の​人​を​不​親切​な​仕方​で​扱っ​て​い​た​可能​性​が​あり​ます。そういう​人​は「隣人」で​は​ない​と​いう​わけ​です。

イエス​は,ユダヤ​人​を​怒らせる​こと​なく,どの​よう​に​見方​を​正す​でしょ​う​か。次​の​例え​話​を​語り​ます。「ある​男性​が​エルサレム​から​エリコ​に​下っ​て​いく​途中​で,強盗​に​襲わ​れ​まし​た。強盗​は​服​を​剝ぎ,殴り,半殺し​に​し​て​去っ​て​いき​まし​た。たまたま,ある​祭司​が​その​道路​を​下っ​て​いき​まし​た​が,男性​を​見る​と,反対​側​に​寄っ​て​通り過ぎ​まし​た。同じ​よう​に,ある​レビ​族​の​人​も,そこ​に​来​て​彼​を​見る​と,反対​側​に​寄っ​て​通り過ぎ​まし​た。ところが,その​道路​を​通っ​て​い​た​ある​サマリア​人​は​そこ​に​来​て​彼​を​見る​と,かわいそう​に​思い​まし​た」。(ルカ 10:30‐33

イエス​に​質問​し​た​男性​は,大勢​の​祭司​と​神殿​で​祭司​を​補佐​する​レビ​族​の​人​たち​が​エリコ​に​住ん​で​いる​こと​を​知っ​て​い​た​でしょ​う。神殿​から​エリコ​に​戻る​に​は,23​㌔​ほど​の​道​を​下っ​て​いか​なけれ​ば​なり​ませ​ん。その​ルート​は​強盗​が​隠れ​て​いる​場合​が​あり,危険​でし​た。例え​話​の​祭司​や​レビ​族​の​人​は,悲惨​な​目​に​遭っ​た​仲間​の​ユダヤ​人​を​見掛け​た​時​に​助ける​べき​な​の​に,そう​し​よう​と​し​ませ​ん。その​人​を​助け​た​の​は,ユダヤ​人​から​軽蔑​さ​れ​て​い​た​サマリア​人​だっ​た​の​です。(ヨハネ 8:48

サマリア​人​は​けが​を​し​た​ユダヤ​人​を​どの​よう​に​助け​た​でしょ​う​か。イエス​は​こう​続け​ます。「それ​で​近寄り,傷​に​油​と​ぶどう​酒​を​注い​で​包帯​を​し​て​あげ​まし​た。それ​から​彼​を​自分​の​家畜​に​乗せ,宿屋​に​連れ​て​いっ​て​世話​を​し​まし​た。次​の​日,2​デナリ​を​取り出し,宿屋​の​主人​に​渡し​て​言い​まし​た。『この​人​の​世話​を​し​て​ください。もっと​ 費用​が​かかっ​たら,戻っ​て​き​た​時​に​払い​ます​から』」。(ルカ 10:34,35

この​後,優れ​た​教師​で​ある​イエス​は​男性​に​次​の​よう​に​尋ね,考え​させ​ます。「この​3​人​の​うち​誰​が,強盗​に​襲わ​れ​た​人​に​とっ​て​隣人​に​なっ​た​と​思い​ます​か」。この​人​は「サマリア​人​です」と​言い​たく​なかっ​た​よう​で,「その​人​に​対し​て​憐れみ深く​行動​し​た​人​です」と​答え​ます。イエス​は​この​話​の​教訓​を​はっきり​さ​せ,こう​勧め​ます。「行っ​て,あなた​も​同じ​よう​に​し​なさい」。(ルカ 10:36,37

何​と​優れ​た​教え方​でしょ​う。イエス​が,別​の​人種​の​人​も​隣人​で​ある​と​話す​だけ​だっ​た​なら,男性​や​他​の​ユダヤ​人​たち​は​納得​し​なかっ​た​でしょ​う。しかし,聞い​て​いる​人​が​すぐ​に​イメージ​で​きる​シンプル​な​例え​話​を​用い​て,「私​の​隣人​と​は​いったい​誰​でしょ​う​か」と​いう​質問​の​答え​を​見事​に​出し​た​の​です。の​隣​と​は,聖書​が​命じ​て​いる​愛​や​親切​を​行い​で​示す​人​な​の​です。