内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 80​章

立派な羊飼いと羊の囲い

立派な羊飼いと羊の囲い

ヨハネ 10:1‐21

  • 立派​な​羊飼い​と​羊​の​囲い​の​話

今​も​ユダヤ​で​教え​て​いる​イエス​は,人々​が​イメージ​し​やすい​羊​と​羊​の​囲い​の​話​を​し​ます。話​を​聞い​た​ユダヤ​人​たち​は,ダビデ​が​語っ​た,「エホバ​は​私​の​牧者。私​は​何​も​不足​し​ない。導か​れ​て​青々​と​し​た​牧草​地​に​寝そべ[る]」と​いう​言葉​を​思い出し​た​でしょ​う。(詩編 23:1,2)ダビデ​は「詩編」の​別​の​編​で​も​国民​全体​に​対し,こう​呼び掛け​て​い​ます。「さあ,崇拝​し,ひれ伏そ​う。私たち​を​造っ​た​エホバ​の​前​で​ひざまずこ​う。この​方​は​私たち​の​神。私たち​は​神​の​牧草​地​の​民」。(詩編 95:6,7)これら​の​聖句​から​分かる​通り,律法​下​の​イスラエル​人​は​これ​まで​ずっ​と​羊​の​群れ​に​例え​られ​て​き​まし​た。

“羊”で​ある​イスラエル​人​は​モーセ​の​律法​契約​と​いう“羊​の​囲い”の​中​で​生ま​れ​まし​た。律法​は​柵​の​よう​に​なり,律法​契約​の​下​に​い​ない​人々​の​汚れ​た​慣行​から​イスラエル​人​を​保護​し​まし​た。しかし,彼ら​の​中​に​は​神​の​羊​の​群れ​を​優しく​扱わ​ない​人​たち​も​い​まし​た。それ​で​イエス​は​こう​言い​ます。「はっきり​言っ​て​おき​ます。羊​の​囲い​に,戸口​を​通っ​て​で​は​なく​ほか​の​所​を​乗り越え​て​入る​人​は,泥棒​や​強盗​です。一方,羊飼い​は​戸口​を​通っ​て​入り​ます」。(ヨハネ 10:1,2

人々​は,メシア​つまり​キリスト​を​自称​する​人​たち​の​こと​を​思い浮かべ​た​でしょ​う。そう​し​た​人​たち​は​泥棒​や​強盗​の​よう​です。人々​は​その​よう​な​ペテン​師​に​で​は​なく,イエス​が​語る​次​の​よう​な「羊飼い」に​付い​て​いく​べき​です。

「戸口​番​は​羊飼い​に​対し​て​戸口​を​開け,羊​は​彼​の​声​を​聞き​ます。羊飼い​は​自分​の​羊​の​名前​を​呼ん​で​連れ出し​ます。自分​の​羊​を​皆​外​に​出す​と,その​先頭​を​行き​ます。羊​は​後​に​付い​て​いき​ます。羊飼い​の​声​を​知っ​て​いる​から​です。よそ​の​人​に​は​決して​付い​て​いか​ず,むしろ​逃げ​ます。その​人​たち​の​声​を​知ら​ない​から​です」。(ヨハネ 10:3‐5

バプテスト​の​ヨハネ​は​戸口​番​の​よう​な​役割​を​果たし,「羊」が​付い​て​いく​べき​な​の​は​イエス​で​ある​こと​を​明らか​に​し​まし​た。また,ガリラヤ​で​も​ここ​ユダヤ​で​も,ある​人々​は​イエス​の​声​を​聞き分け​まし​た。では,イエス​は​彼ら​を​どこ​に「連れ​出」し​ます​か。イエス​に​付い​て​いく​と​どんな​結果​に​なり​ます​か。例え​を​聞い​て​い​た​ある​人​たち​は​そう​し​た​点​を​疑問​に​思っ​た​よう​です。「イエス​が​言っ​て​いる​事​を​理解​でき​なかっ​た」から​です。(ヨハネ 10:6

イエス​は​こう​説明​し​ます。「はっきり​言っ​て​おき​ます​が,私​は​羊​が​通る​戸口​です。私​の​ふり​を​し​て​来​た​人​は​皆,泥棒​や​強盗​です。しかし​羊​は​彼ら​の​言う​こと​を​聞き​ませ​ん​でし​た。私​は​戸口​です。私​を​通っ​て​入る​なら​救わ​れ,出入り​し​て​牧草​地​を​見つけ​ます」。(ヨハネ 10:7‐9

この​時,イエス​は​新しい​こと​を​教え​て​い​まし​た。人々​は​イエス​が​律法​契約​へ​の​戸口​で​ない​こと​を​知っ​て​い​ます。その​契約​は​何​世紀​も​存在​し​て​き​た​から​です。イエス​は,自分​が「連れ​出」す​羊​は​別​の​囲い​に​入る​こと​に​なる​と​話し​て​い​た​の​です。では,その​羊​たち​は​どう​なり​ます​か。

イエス​は​自分​の​役割​を​さらに​説明​し​ます。「私​は,羊​が​命​を​得​て​生き​続ける​ため​に​来​まし​た。私​は​立派​な​羊飼い​です。立派​な​羊飼い​は​羊​の​ため​に​命​を​なげうち​ます」。(ヨハネ 10:10,11)「羊飼い」で​ある​イエス​は​少し​前​に​弟子​たち​に,「恐れる​こと​は​あり​ませ​ん,小さな​群れ​よ。天​の​父​は,あなたたち​に​王国​を​与える​こと​を​よし​と​し​まし​た」と​言っ​て​励まし​て​い​まし​た。(ルカ 12:32)ですから,「小さな​群れ」を​構成​する​人​たち​と​は,イエス​が​新しい​囲い​に​連れ​て​いく​人​たち​の​こと​です。そして,彼ら​は「命​を​得​て​生き​続ける」こと​に​なり​ます。その​群れ​の​一員​と​なる​の​は​何​と​いう​祝福​な​の​でしょ​う。

イエス​の​話​に​は​続き​が​あり​ます。「私​に​は​ほか​の​羊​が​い​ます​が,この​囲い​の​もの​で​は​あり​ませ​ん。私​は​その​羊​たち​も​連れ​て​こ​なけれ​ば​なら​ず,それら​も​私​の​声​を​聞き​ ます。こう​し​て,1​つ​の​群れ,1​人​の​羊飼い​と​なり​ます」。(ヨハネ 10:16)「ほか​の​羊」は「この​囲い​の​もの​で​は​あり​ませ​ん」。王国​を​受け継ぐ「小さな​群れ」と​は​別​の​囲い​に​い​ます。これら​2​つ​の​囲い​の​羊​に​約束​さ​れ​て​いる​将来​は​違っ​て​いる​の​です。しかし,どちら​の​囲い​の​羊​に​とっ​て​も​イエス​の​役割​は​重要​です。イエス​は​こう​言い​ます。「父​は​私​を​愛し​て​ください​ます。私​が​命​を​なげうつ​から​です」。(ヨハネ 10:17

群衆​の​多く​は,「彼​は​邪悪​な​天使​に​取りつか​れ,頭​が​おかしく​なっ​て​いる」と​言い​ます。しかし,イエス​の​話​に​引き付け​られ,立派​な​羊飼い​に​付い​て​いき​たい​と​考える​人​たち​も​い​ます。そして,「あの​よう​な​話​は​邪悪​な​天使​に​取りつか​れ​た​人​に​は​でき​ない。邪悪​な​天使​が​盲人​の​目​を​開け​られる​はず​が​ない」と​話し​ます。(ヨハネ 10:20,21)生まれつき​盲目​だっ​た​男性​を​イエス​が​癒やし​た​時​の​こと​を​言っ​て​いる​の​でしょ​う。

もっと調べる

「ものみの塔」

聖書時代の生活 ― 牧畜

羊飼いはどんな家畜の世話をしたでしょうか。どんな仕事をしたのでしょうか。