内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 81​章

父と一つであっても神ではない

父と一つであっても神ではない

ヨハネ 10:22‐42

  • 「私​と​父​と​は​一つ​です」

  • 自分​を​神​と​し​た​と​いう​非難​の​間違い​を​証明​する

イエス​は​エルサレム​で​の​献納​の​祭り(または​ハヌッカ)に​来​て​い​ます。これ​は​神殿​の​再​献納​を​記念​する​行事​です。100​年​以上​前,シリア​の​王​アンティオコス​4​世​エピファネス​は,神殿​の​大​祭壇​の​上​に​別​の​祭壇​を​築き​まし​た。後​に,ユダヤ​人​の​祭司​の​子孫​が​エルサレム​を​奪い返し,エホバ​に​神殿​を​再​献納​し​ます。それ​以来​毎年,キスレウ​の​25​日​から​祭り​が​開か​れ​て​いる​の​です。キスレウ​の​月​は​現在​の​11​月​後半​から​12​月​前半​の​時期​に​相当​し​ます。

それ​は​寒い​冬​の​時期​です。イエス​が​神殿​に​ある​ソロモン​の​柱廊​を​歩い​て​いる​と,ユダヤ​人​が​イエス​を​取り囲み,「いつ​まで​私たち​を​迷わせる​の​です​か。あなた​が​キリスト​なら,はっきり​そう​言っ​て​ください」と​言い​ます。(ヨハネ 10:22‐24)イエス​は,「私​は​言い​まし​た​が,あなた方​は​信じ​ませ​ん」と​答え​ます。井戸​の​所​で​サマリア​人​の​女性​に,イエス​は​自分​が​キリスト​で​ある​と​言い​まし​た​が,ユダヤ​人​たち​に​直接​そう​言っ​た​こと​は​あり​ませ​ん。(ヨハネ 4:25,26)しかし​以前,イエス​は​自分​が​どんな​者​か​を​明らか​に​し,「アブラハム​が​存在​する​前​から​私​は​い​ます」と​話し​た​こと​が​あり​ます。(ヨハネ 8:58

イエス​の​願い​は,自分​の​活動​と,キリスト​が​行う​と​予告​さ​れ​て​い​た​事柄​と​を​比較​し,イエス​こそ​キリスト​で​ある​と​いう​結論​を​各自​が​下す​こと​です。その​ため,自分​が​メシア​で​ある​こと​を​誰​に​も​話さ​ない​よう​弟子​たち​に​命じ​て​き​た​の​です。でも​イエス​は​ここ​で,自分​に​敵意​を​抱い​て​いる​相手​に​はっきり​こう​言い​ます。「父​の​名​に​おい​て​私​が​行っ​て​いる​事柄​を​見れ​ば,私​が​誰​か​は​明らか​です。しかし​あなた方​は​信じ​ませ​ん」。(ヨハネ 10:25,26

イエス​が​キリスト​で​ある​こと​を​彼ら​が​信じ​ない​の​は​なぜ​でしょ​う​か。イエス​は​こう​説明​し​ます。「あなた方​は​信じ​ませ​ん。私​の​羊​で​は​ない​から​です。私​の​羊​は​私​の​声​を​聞き​ます。私​は​彼ら​を​知っ​て​おり,彼ら​は​私​に​付い​て​き​ます。私​は​彼ら​に​永遠​の​命​を​与え,彼ら​は​決して​滅ぼさ​れ​ませ​ん。誰​も​私​の​手​から​彼ら​を​奪う​こと​は​あり​ませ​ん。天​の​父​が​私​に​与え​て​くださっ​た​羊​は,ほか​の​全て​の​もの​より​大切​で[す]」。そして,自分​と​父​の​絆​が​どれ​ほど​強い​か​を​示し,「私​と​父​と​は​一つ​です」と​言い​ます。(ヨハネ 10:26‐30)イエス​は​地上​に​おり,父​は​天​に​い​ます​が,同じ​目的​を​持っ​て​一致​し​て​行動​し​て​いる​の​です。

ユダヤ​人​たち​は​その​返事​を​聞い​て​激怒​し,またもや​石​を​拾っ​て​殺そ​う​と​し​ます。でも​イエス​は​恐れる​こと​なく,「私​は,天​の​父​が​命じ​た​立派​な​行い​を​あなた方​の​前​で​数多く​し​まし​た。その​うち​どの​行い​の​ため​に,私​を​石打ち​に​する​の​です​か」と​質問​し​ます。すると​彼ら​は,「石打ち​に​する​の​は,立派​な​行い​の​ため​で​は​なく,冒瀆​の​ため​だ。……自分​を​神​と​する​から​だ」と​答え​ます。(ヨハネ 10:31‐33)イエス​は​自分​の​こと​を​神​だ​と​は​一度​も​言っ​て​い​ない​の​に,なぜ​この​よう​に​非難​さ​れる​の​でしょ​う​か。

それ​は​イエス​が,ユダヤ​人​が​神​に​しか​ない​と​信じ​て​い​た​力​を​持っ​て​いる​こと​を​話し​た​から​です。例えば,「羊」に​つい​て​話​し​た​際,「私​は​彼ら​に​永遠​の​命​を​与え」る​と​言い​まし​た。それ​は​人間​に​は​でき​ない​こと​です。(ヨハネ 10:28)でも​ユダヤ​人​たち​は,イエス​が​父​から​権威​を​与え​られ​て​いる​と​はっきり​述べ​て​いる​こと​を​真剣​に​受け止め​て​い​ませ​ん​でし​た。

イエス​は​彼ら​の​非難​が​間違い​で​ある​こと​を​示し,こう​言い​ます。「律法[詩編 82​編​6​節]の​中​に,『私​は​言っ​た。「あなた方​は​神​だ」』と​書か​れ​て​い​ませ​ん​か。神​に​とがめ​られ​た​人​たち​が『神』と​呼ば​れ,……父​が​神聖​な​もの​と​し​て​世​に​遣わし​た​私​が,自分​は​神​の​子​だ​と​言う​と,『神​を​冒瀆​し​て​いる』と​言う​の​です​か」。(ヨハネ 10:34‐36

聖書​は,不​公平​な​裁判​人​の​こと​を​さえ「神」と​呼ん​で​い​ます。ですから,イエス​が「自分​は​神​の​子​だ」と​言っ​て​も​罪​を​問わ​れる​理由​に​は​なり​ませ​ん。イエス​は​彼ら​を​こう​論破​し​ます。「私​が,父​が​望む​こと​を​行っ​て​い​ない​ なら,私​を​信じ​て​は​なり​ませ​ん。しかし​行っ​て​いる​なら,たとえ​私​を​信じ​ない​と​し​て​も,その​行い​を​信じ​なさい。そうすれば,父​と​私​が​結び付い​て​いる​こと​が​分かり,さらに​よく​分かる​よう​に​なり​ます」。(ヨハネ 10:37,38

すると​ユダヤ​人​たち​は​イエス​を​捕まえ​よう​と​し​ます​が,イエス​は​逃げ​ます。そして​エルサレム​を​去っ​て​ヨルダン​川​を​渡り,4​年​近く​前​に​ヨハネ​が​バプテスマ​を​施し​始め​た​地域​に​行き​ます。そこ​は​ガリラヤ​の​海​の​南端​から​それ​ほど​遠く​ない​場所​の​よう​です。

そこ​で​も​大勢​の​人​たち​が​イエス​の​所​に​やっ​て​来​て,「ヨハネ​は​しるし​を​一つ​も​行わ​なかっ​た​が,ヨハネ​が​この​人​に​つい​て​言っ​た​こと​は​全て​本当​だっ​た」と​言い​ます。(ヨハネ 10:41)そして,たくさん​の​ユダヤ​人​が​イエス​に​信仰​を​抱く​よう​に​なり​ます。

もっと調べる

「ものみの塔」

イエスと父はどんな意味で一つですか

神とみ子が別個の存在であると言えるのはなぜですか。

聖書は実際に何を教えていますか

父,子,聖霊に関する真理

多くの人が三位一体は聖書の教えだと考えています。本当にそうなのでしょうか。