内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 69​章

アブラハムと悪魔のどちらが父なのか

アブラハムと悪魔のどちらが父なのか

ヨハネ 8:37‐59

  • ユダヤ​人​は​アブラハム​を​父​と​主張​する

  • イエス​は​アブラハム​が​生ま​れる​前​に​生ま​れ​た

イエス​は​幕屋​の​祭り​で​エルサレム​に​いる​間,大切​な​こと​を​教え​ます。そこ​に​い​た​ある​ユダヤ​人​たち​が​イエス​に,「私たち​は​アブラハム​の​子孫​で,誰​の​奴隷​に​なっ​た​こと​も​あり​ませ​ん」と​言っ​た​の​で,イエス​は​こう​答え​ます。「あなた方​が​アブラハム​の​子孫​で​ある​こと​は​知っ​て​い​ます。しかし,あなた方​は​私​を​殺そ​う​と​し​て​い​ます。私​の​教え​を​受け入れ​られ​ない​から​です。私​は​自分​の​父​の​元​で​見​た​事​を​話し,あなた方​は​自分​たち​の​父​から​聞い​た​事​を​行っ​て​い​ます」。(ヨハネ 8:33,37,38

イエス​の​父​は​彼ら​の​父​と​は​違う​と​いう​こと​です。しかし​ユダヤ​人​たち​は​それ​が​分から​ず,「私たち​の​父​は​アブラハム​です」と​主張​し​ます。(ヨハネ 8:39。イザヤ 41:8)彼ら​は​アブラハム​の​子孫​な​の​で,神​の​友​アブラハム​と​同じ​信仰​を​持っ​て​いる​と​考え​て​いる​の​です。

イエス​は​答え​ます。「アブラハム​の​子​なら,アブラハム​に​倣っ​て​行動​し​て​いる​はず​です」。本当​の​子​なら​父​に​倣う​はず​です。さらに​イエス​は,「あなた方​は​今,神​から​聞い​た​真理​を​告げ​た​者,つまり​私​を​殺そ​う​と​し​て​い​ます。アブラハム​は​その​よう​な​こと​は​し​ませ​ん​でし​た」と​言い,「あなた方​は​自分​たち​の​父​に​倣っ​て​行動​し​て​い​ます」と​指摘​し​ます。(ヨハネ 8:39‐41

ユダヤ​人​たち​に​は​誰​の​こと​を​言っ​て​いる​の​か​分かり​ませ​ん。「私たち​は​姦淫​に​よっ​て​生ま​れ​た​の​で​は​あり​ませ​ん。私たち​に​は​ひとり​の​父,神​が​い​ます」と​言い張り​ます。でも,本当​に​そう​でしょ​う​か。イエス​は​こう​言い​ます。「もし​神​が​あなた方​の​父​なら,あなた方​は​私​を​愛する​はず​です。私​は​神​の​元​から​来​て​ここ​に​いる​から​です。自分​の​考え​で​来​た​の​で​は​なく,その​方​に​遣わさ​れ​まし​た」。それ​から,「私​が​言っ​て​いる​事​を​あなた方​が​理解​でき​ない​の​は​なぜ​でしょ​う​か。それ​は,私​の​教え​を​受け入れ​よう​と​し​ない​から​です」と​話し​ます。(ヨハネ 8:41‐43

イエス​は​自分​を​退ける​結果​を​示し​て​き​まし​た​が,ここ​で​ずばり​と​指摘​し​ます。「あなた方​は,あなた方​の​父,悪魔​から​出​て​い​て,自分​たち​の​父​が​欲する​こと​を​行お​う​と​し​て​い​ます」。そして​彼ら​の​父​の​正体​を​暴き,「その​者​は​その​始まり​から​人殺し​で,真理​から​離れ​まし​た」と​言い​ます。それ​から,こう​述べ​ます。「神​の​所​から​来​た​人​は​神​の​言う​事​を​聞き​ます。あなた方​は​聞き​ませ​ん。神​の​所​から​来​て​い​ない​から​です」。(ヨハネ 8:44,47

ユダヤ​人​たち​は​かっと​なり,「『あなた​は​サマリア​人​で,邪悪​な​天使​に​取りつか​れ​て​いる』と​私たち​が​言う​の​も​当然​で​は​あり​ませ​ん​か」と​叫び​ます。彼ら​は​イエス​を「サマリア​人」と​呼び見下し​まし​た。イエス​は​それ​を​気​に​留め​ず,「邪悪​な​天使​に​取りつか​れ​て​は​い​ませ​ん。私​は​父​を​尊ん​で​い​て,あなた方​は​私​を​辱め​て​い​ます」と​答え​ます。イエス​を​どう​見る​か​は​重要​な​問題​です。イエス​は,「私​の​言葉​を​守る​人​は,決して​死に​ませ​ん」と​いう​素晴らしい​約束​を​し​て​いる​から​です。これ​は,イエス​の​弟子​は​死​を​経験​し​ない,と​いう​意味​で​は​なく,「第​二​の​死」,つまり​復活​の​希望​の​ない​永遠​の​滅び​に​至る​こと​は​ない​と​いう​こと​です。(ヨハネ 8:48‐51。啓示 21:8

ユダヤ​人​は​その​言葉​を​文字通り​に​取り,「今,あなた​が​邪悪​な​天使​に​取りつか​れ​て​いる​こと​が​はっきり​分かり​ます。アブラハム​も​預言​者​たち​も​死ん​だ​の​に,あなた​は,『私​の​言葉​を​守る​人​は,決して​死​を​迎え​ない』と​言っ​て​い​ます。あなた​は​私たち​の​父​アブラハム​より​偉く​は​ない​でしょ​う。アブラハム​は​死​に……まし​た。自分​を​誰​だ​と​思っ​て​いる​の​です​か」。(ヨハネ 8:52,53

イエス​は​メシア​で​ある​こと​を​示そ​う​と​し​て​いる​もの​の,質問​に​は​直接​答え​ず,こう​言い​ます。「私​が​自分​を​称賛​する​なら,それ​は​むなしい​もの​です。私​を​称賛​し​て​くださる​の​は​私​の​父​で,あなた方​が​自分​たち​の​神​だ​と​言う​方​ です。しかし,あなた方​は​その​方​を​知り​ませ​ん。私​は​知っ​て​い​ます。私​が,その​方​を​知ら​ない​と​言っ​たら,あなた方​の​よう​に​うそつき​に​なる​でしょ​う」。(ヨハネ 8:54,55

ここ​で​イエス​は,「父​アブラハム​は,私​が​来る​日​を​とても​楽しみ​に​し​て​い​て,その​時​を​思い描い​て​喜び​まし​た」と​述べ​ます。アブラハム​は​神​の​約束​を​信じ,メシア​が​来る​こと​を​待ち望み​まし​た。それ​を​聞い​た​ユダヤ​人​たち​は,「50​歳​に​なっ​て​も​い​ない​の​に,アブラハム​を​見​た​こと​が​ある​の​です​か」と​問い詰め​ます。そこで​イエス​は,「はっきり​言い​ます​が,アブラハム​が​存在​する​前​から​私​は​い​ます」と​答え​ます。人間​に​なる​前​に​強力​な​天使​と​し​て​天​に​い​た​こと​を​述べ​て​いる​の​です。(ヨハネ 8:56‐58

ユダヤ​人​たち​は​その​言葉​に​激怒​し,イエス​を​石打ち​に​し​よう​と​し​ます​が,イエス​は​その​場​を​無事​に​離れ​ます。