内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 25​章

思いやりに動かされて重い皮膚病の人を癒やす

思いやりに動かされて重い皮膚病の人を癒やす

マタイ 8:1‐4 マルコ 1:40‐45 ルカ 5:12‐16

  • イエス​は​重い​皮膚​病​の​人​を​癒やす

イエス​と​4​人​の​弟子​たち​が「ガリラヤ​中​の​会堂」で​伝道​し​て​いく​に​つれ,イエス​が​素晴らしい​こと​を​行っ​て​いる​と​いう​ニュース​が​広まっ​て​いき​ます。(マルコ 1:39)その​ニュース​は,重い​皮膚​病​を​患う​1​人​の​男性​に​も​伝わり​ます。医師​ルカ​は,その​人​が「全身​重い​皮膚​病」だっ​た​と​記し​て​い​ます。(ルカ 5:12)この​病気​は​進行​する​と,体​の​各部​が​だんだん​崩れ​て​いき​ます。

男性​は​悲惨​な​病状​に​苦しん​で​おり,人​から​離れ​て​生活​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。さらに,他​の​人​が​自分​に​近づい​て​病気​に​感染​し​ない​よう,「汚れ​て​いる,汚れ​て​いる!」と​叫ぶ​こと​も​求め​られ​て​い​ます。(レビ​記 13:45,46)ところが,この​人​は​イエス​に​近づい​て​ひれ​伏し,こう​言っ​た​の​です。「主​よ,あなた​は,お望み​に​なる​だけ​で,私​を​癒やす​こと​が​でき​ます」。(マタイ 8:2

イエス​に​対する​何​と​立派​な​信仰​でしょ​う。病気​の​せい​で​痛々しい​姿​を​し​て​い​た​はず​です。イエス​は​どの​よう​に​反応​する​でしょ​う​か。あなた​が​その​場​に​い​た​なら​どう​し​まし​た​か。イエス​は​思いやり​に​動かさ​れ,手​を​伸ばし​て​相手​に​触れ​ます。そして,「そう​望み​ます。良く​なり​なさい」と​言い​ます。(マタイ 8:3)すると,信じ​にくい​こと​か​も​しれ​ませ​ん​が,その​重い​皮膚​病​は​すぐ​に​消え​た​の​です。

イエス​の​よう​に​思いやり​に​あふれる​有能​な​人​が​王​に​なっ​て​くれ​たら​素晴らしい​と​思い​ませ​ん​か。この​男性​に​対する​イエス​の​接し方​から,次​の​点​を​確信​でき​ます。それ​は,イエス​が​地球​全体​を​支配​する​時,「立場​が​低い​人​や​貧しい​人​を​哀れ​に​思い,貧しい​人​の​命​を​救う」と​いう​預言​が​実現​する​と​いう​こと​です。(詩編 72:13)その​時,イエス​は​苦しむ​人​たち​全て​を​助け​たい​と​いう​自分​の​心​から​の​願い​を​果たし​ます。

重い​皮膚​病​の​男性​を​癒やす​前​から,イエス​の​伝道​活動​は​人々​の​関心​を​集め​て​い​ます。今回​の​目覚まし​い​奇跡​に​つい​て​の​知らせ​も​広まる​でしょ​う。しかし​イエス​は,人々​が​うわさ​で​聞い​た​こと​だけ​を​基​に​信仰​を​持っ​て​ほしく​ない​と​考え​て​い​ます。また,「通り​で​自分​の​声​が​聞か​れ​ない​よう​に​する」と​述べ​て​いる​預言​も​知っ​て​い​ます。つまり​世間​を​騒が​せ​たく​ない​の​です。(イザヤ 42:1,2)それで,癒やし​た​男性​に​次​の​よう​な​命令​を​与え​ます。「誰​に​も​話さ​ない​よう​に​し​なさい。ただ​自分​を​祭司​に​見せ​に​行き,モーセ​が​指定​し​た​供え物​を​ささげ​なさい」。(マタイ 8:4

しかし,この​男性​は​うれしさ​の​あまり,何​が​起き​た​か​を​話さ​ず​に​は​いら​れ​ませ​ん。去っ​て​いき,いろいろ​な​場所​で​話​し​て​回り​ます。人々​の​好奇​心​は​ますます​かき立て​られ​ます。イエス​は​町​に​入れ​ば​人目​に​つく​の​で,誰​も​住ん​で​い​ない​場所​に​しばらく​の​間​とどまる​こと​に​し​ます。それでも​人々​は,イエス​から​教え​を​聞く​ため,また​癒やし​て​もらう​ため​に,あちこち​から​やっ​て​来​ます。