内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 51​章

誕生パーティーの裏で行われた殺人

誕生パーティーの裏で行われた殺人

マタイ 14:1‐12 マルコ 6:14‐29 ルカ 9:7‐9

  • ヘロデ​は​バプテスト​の​ヨハネ​を​斬首​刑​に​する

イエス​と​使徒​たち​が​ガリラヤ​で​伝道​を​行っ​て​いる​間​も,イエス​を​神​の​子羊​と​し​て​紹介​し​た​バプテスト​の​ヨハネ​は​釈放​さ​れ​て​い​ませ​ん。牢屋​に​入れ​られ​て​から​2​年​が​たと​う​と​し​て​い​ます。

ヨハネ​は,王​ヘロデ​・​アンテパス​が​異母​兄弟​フィリポ​の​妻​ヘロデア​を​奪い取っ​て​結婚​し​た​こと​は​間違い​で​ある,と​大胆​に​非難​し​まし​た。ヘロデ​は​ヘロデア​と​結婚​する​ため​に​最初​の​妻​を​離婚​し​た​の​です。ヘロデ​が​従う​と​主張​し​て​いる​モーセ​の​律法​で​は,そう​し​た​結婚​が​姦淫​と​され​て​おり,禁じ​られ​て​い​ます。ヨハネ​の​非難​を​聞い​た​ヘロデ​は​彼​を​牢屋​に​入れ​ます。ヘロデア​が​そう​要求​し​た​の​でしょ​う。

「人々​が​ヨハネ​を​預言​者​と​見なし​て」いる​ため,ヘロデ​は​ヨハネ​を​どう​し​たら​よい​もの​か​と​考え​て​い​ます。(マタイ 14:5)しかし,ヘロデア​は​ためらい​ませ​ん。「恨み​を​抱き」,何​と​か​ヨハネ​を​殺し​たい​と​思っ​て​い​ます。(マルコ 6:19)そして​ついに,機会​が​訪れ​ます。

西暦​32​年​の​過ぎ越し​の​直前,ヘロデ​は​自分​の​盛大​な​誕生​パーティー​を​開き​ます。ヘロデ​に​仕える​高官​や​士官​たち​全て,また​ガリラヤ​市民​の​中​の​有力​者​たち​が​招待​さ​れ​ます。宴会​が​進ん​だ​ところ​で,ヘロデア​と​その​以前​の​夫​フィリポ​の​間​に​生ま​れ​た​若い​娘​サロメ​が,客​の​ため​に​踊り​ます。男​たち​は​その​踊り​に​夢中​です。

ヘロデ​も​サロメ​の​踊り​に​とても​喜び,「何​で​も​欲しい​もの​を​言い​なさい。それ​を​あげ​よう」と​約束​し​ます。しかも,「欲しい​もの​が​何​で​あっ​て​も,王国​の​半分​で​も,あげ​よう」と​まで​誓っ​た​の​です。サロメ​は​まず​母親​の​所​に​行き,「何​を​求め​たら​いい​でしょ​う​か」と​聞き​ます。(マルコ 6:22‐24

ヘロデア​が​待ち​に​待っ​た​チャンス​が​やっ​て​来​まし​た。即座​に,「バプテスマ​を​施す​者​ヨハネ​の​首​を」と​答え​ます。サロメ​は​すぐ​ヘロデ​の​所​に​戻り,「バプテスト​の​ヨハネ​の​首​を​大皿​に​載せ​て​今​すぐ​お与え​ください​ます​よう​に」と​願い出​ます。(マルコ 6:24,25

ヘロデ​は​かなり​うろたえ​ます。しかし,客​は​皆,自分​が​誓っ​た​の​を​聞い​て​い​ます。たとえ​無実​の​男性​を​殺す​こと​で​あっ​た​と​し​て​も,サロメ​の​願い​を​聞か​ない​の​は​きまり​が​悪い​こと​です。それ​で​護衛​に​ぞっ​と​する​よう​な​命令​を​与え,牢屋​に​遣わし​ます。間​も​なく​護衛​は​ヨハネ​の​首​を​大皿​に​載せ​て​持っ​て​き​ます。ヘロデ​は​それ​を​サロメ​に​与え,サロメ​は​ヘロデア​に​大皿​を​渡し​ます。

これ​を​聞い​た​ヨハネ​の​弟子​たち​は,やっ​て​来​て​遺体​を​引き取り,葬り​ます。それ​から​イエス​に​報告​し​ます。

後​に,イエス​が​人々​を​癒やし​たり​邪悪​な​天使​を​追い出し​たり​し​て​いる​こと​を​聞い​た​ヘロデ​は,不安​に​なり​ます。バプテスト​の​ヨハネが「生き返」り,そう​し​た​こと​を​行っ​て​いる​の​で​は​ない​か​と​思っ​た​の​です。(ルカ 9:7)それ​で​イエス​に​会っ​て​み​たい​と​考え​ます。イエス​の​メッセージ​を​聞き​たい​と​思っ​た​の​で​は​あり​ませ​ん。自分​の​心配​し​て​いる​こと​が​本当​か​どう​か​確かめ​たかっ​た​の​です。