内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 64​章

許すことの大切さ

許すことの大切さ

マタイ 18:21‐35

  • 許す​の​は​7​回​まで​か

  • 思いやり​の​ない​奴隷​の​例え

ペテロ​は,仲間​と​の​間​で​難しい​問題​が​生じ​た​なら,まずは​一対一​で​解決​する​よう​に​と​いう​イエス​の​アドバイス​を​聞き​まし​た。しかし,そう​し​た​努力​を​何​回​くらい​す​べき​なん​だろ​う​と​思っ​て​いる​よう​です。

それ​で​ペテロ​は​こう​尋ね​ます。「主​よ,兄弟​が​私​に​罪​を​犯す​とき,何​回​許す​べき​でしょ​う​か。7​回​まで​です​か」。ある​宗教​指導​者​たち​は​3​回​まで​は​許す​よう​に​と​教え​て​い​ます。ペテロ​は,「7​回​まで」許す​と​言っ​た​自分​は​とても​心​が​広い​と​考え​た​か​も​しれ​ませ​ん。(マタイ 18:21

しかし,回数​を​数える​と​いう​考え方​は,イエス​の​教え​と​は​違っ​て​い​ます。イエス​は​ペテロ​に,「あなた​に​言い​ます​が,7​回​で​は​なく​77​回​まで​です」と​教え​ます。(マタイ 18:22)これ​は,無​制限​に​許し​なさい​と​いう​こと​です。ペテロ​は​仲間​を​許す​回数​に​制限​を​設ける​べき​で​は​なかっ​た​の​です。

次​に​イエス​は,許す​義務​が​ある​こと​を​例え​を​使っ​て​教え,ペテロ​と​弟子​たち​の​心​を​動かし​ます。その​例え​は,思いやり​の​ある​主人​で​ある​王​と​同じ​態度​を​示さ​なかっ​た​奴隷​に​つい​て​の​話​です。王​は​奴隷​たち​に​借金​の​清算​を​求め​ます。そこ​へ​1万​タラント(6000万​デナリ)と​いう​巨額​の​借金​を​抱え​た​奴隷​が​連れ​て​こら​れ​ます。しかし,その​奴隷​は​返す​お金​が​あり​ませ​ん。それ​で​王​は​その​奴隷​に,自分​と​妻​と​子供​たち​を​売っ​て​返済​する​よう​命じ​ます。すると​奴隷​は​王​の​足元​に​ひれ​伏し,「もう​しばらく​ご辛抱​ください。全て​を​お返し​し​ます​から」と​頼み込み​ます。(マタイ 18:26

王​は​かわいそう​に​なり,思いやり​深く​も​その​巨額​の​借金​を​取り消し​て​あげ​ます。王​に​そう​し​て​もらっ​た​後,奴隷​は​出​て​いき,自分​から​100​デナリ​を​借り​て​いる​奴隷​を​見つけ​ます。そして​その​人​を​捕まえ​て​首​を​絞め​始め,「借金​を​全部​返せ」と​迫り​ます。相手​の​奴隷​は​ひれ​伏し,「もう​しばらく​ご辛抱​ください。返し​ます​から」と​嘆願​ し​ます。(マタイ 18:28,29)しかし,王​に​借金​を​取り消し​て​もらっ​た​奴隷​は​王​と​同じ​態度​を​示そ​う​と​し​ませ​ん。自分​から​はるか​に​少ない​額​しか​借り​て​い​ない​相手​を,借金​を​返す​まで​牢屋​に​入れ​て​しまい​ます。

この​思いやり​の​ない​仕打ち​を​見​た​他​の​奴隷​たち​は​王​の​所​に​行き,報告​し​ます。すると​王​は​怒り,奴隷​を​呼ん​で​こう​言い​ます。「邪悪​な​奴隷​よ,あなた​が​嘆願​し​た​時,私​は​負債​を​全て​取り消し​て​あげ​まし​た。私​が​あなた​に​憐れみ​を​掛け​た​よう​に,あなた​も​仲間​の​奴隷​に​憐れみ​を​掛ける​べき​で​は​あり​ませ​ん​でし​た​か」。そして​王​は,借金​を​全て​返す​まで,その​奴隷​を​牢番​に​引き渡し​ます。イエス​は​最後​に​こう​言い​ます。「もし​あなたたち​各自​が​兄弟​を​心​から​許さ​ない​なら,天​の​父​も​この​主人​と​同じ​よう​に​行動​し​ます」。(マタイ 18:32‐35

許す​こと​の​大切​さ​が​本当​に​よく​分かる​例え​です。私たち​は​神​から​巨額​の​借金​の​よう​な​罪​を​許さ​れ​て​き​まし​た。その​罪​に​比べれ​ば,仲間​が​私たち​に​対し​て​犯す​罪​は​はるか​に​小さな​もの​です。さらに​私たち​は​神​から​1​度​だけ​で​なく​数え切れない​ほど​許し​て​もらっ​て​い​ます。ですから,たとえ​不満​を​感じる​と​し​て​も,仲間​を​許す​べき​で​は​ない​でしょ​う​か。イエス​が​山上​の​垂訓​で​教え​た​通り,神​は,「私たち​に​罪​を​犯し​た​人​たち[いわば​負債​が​ある​人​たち]を​私たち​が​許」す​時,「私たち​の​罪​を」許し​て​ください​ます。(マタイ 6:12