内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 36​章

百人隊長の立派な信仰

百人隊長の立派な信仰

マタイ 8:5‐13 ルカ 7:1‐10

  • 士官​の​奴隷​が​癒やさ​れる

  • 信仰​が​ある​人​は​祝福​さ​れる

イエス​は​山上​の​垂訓​の​後,カペルナウム​の​町​に​行き​ます。すると,ユダヤ​人​の​長老​たち​が​近づい​て​き​ます。ローマ​軍​の​士官​で​ある百​人​隊長から​派遣​さ​れ​た​の​です。

その​士官​の​大切​な​召し使い​が​重い​病気​で​死​に​かかっ​て​い​ます。士官​は​異国​人​です​が,イエス​に​助け​を​求め​て​い​ます。ユダヤ​人​の​長老​たち​は,士官​の​召し使い​が「体​が​まひ​し​て​家​で​寝込ん​で​おり,ひどく​苦しん​で」いる​と​話し​ます。きっと​激しい​痛み​が​ある​の​でしょ​う。(マタイ 8:6)長老​たち​は​イエス​に,士官​は「私たち​の​民​を​愛し​て,会堂​を​建て​て​くれ」た​の​で,ぜひ​この​人​を​助け​て​あげ​て​ほしい​と​頼み​ます。(ルカ 7:4,5

イエス​は​長老​たち​と​一緒​に​士官​の​家​に​向け​て​すぐ​に​出発​し​ます。イエス​が​家​の​近く​まで​来​た​時,士官​は​次​の​よう​に​伝える​ため​友人​たち​を​派遣​し​ます。「閣下,わざわざ​私​の​よう​な​者​の​家​に​来​て​いただく​に​は​及び​ませ​ん。それ​に,私​は​あなた​の​元​に​伺う​に​は​ふさわしく​ない​者​だ​と​思い​まし​た」。(ルカ 7:6,7)士官​は​人​に​命令​する​こと​に​慣れ​て​いる​はず​です​が,何​と​謙遜​な​の​でしょ​う。普通​ローマ​人​は​奴隷​を​厳しく​扱い​ます​が,この​人​は​違っ​て​い​ます。(マタイ 8:9

士官​は,ユダヤ​人​が​別​の​人種​の​人​と​交友​を​持た​ない​こと​を​知っ​て​いる​の​でしょ​う。(使徒 10:28)その​ため​と​思わ​れ​ます​が,士官​は​友人​たち​を​通し​て​イエス​に​こう​頼み​ます。「ただ​一言​言っ​て​くださり,私​の​召し使い​が​癒やさ​れる​よう​に​し​て​ください」。(ルカ 7:7

イエス​は​とても​驚き,「あなたたち​に​言い​ます​が,イスラエル​で​も​これ​ほど​の​信仰​は​見​た​こと​が​あり​ませ​ん」と​言い​ます。(ルカ 7:9)士官​の​家​に​戻っ​た​友人​たち​は,重体​だっ​た​奴隷​が​無事​に​回復​し​た​こと​を​知り​ます。

イエス​は​この​癒やし​を​行っ​た​後,ユダヤ​人​で​は​ない​人​たち​の​信仰​が​報わ​れる​こと​を​次​の​よう​に​保証​し​ます。「大勢​の​人​が​東​や​西​から​来​て,天​の​王国​で​アブラハム,イサク,ヤコブ​と​共​に​食卓​に​着い​て​横​に​なり​ます」。不​忠実​な​ユダヤ​人​は​どう​なり​ます​か。イエス​に​よる​と,彼ら​は「外​の​闇​に​放り出さ​れ,そこで​泣き悲しん​だり​歯ぎしり​し​たり​し​ます」。(マタイ 8:11,12

ユダヤ​人​は​キリスト​と​共​に​王国​の​一員​と​なる​機会​を​最初​に​与え​られ​まし​た。しかし,それ​を​受け入れ​ない​なら,神​から​退け​られ​ます。その代わり​に,異国​人​が「天​の​王国​で」いわば​食卓​に​着い​て​横​に​なり​ます。