内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 44​章

海の嵐を静める

海の嵐を静める

マタイ 8:18,23‐27 マルコ 4:35‐41 ルカ 8:22‐25

  • イエス​は​ガリラヤ​の​海​で​嵐​を​静める

イエス​は​1​日中​働い​て​疲れ​て​い​ます。その​日​の​夕方,弟子​たち​に,「向こう​岸​に​渡り​ましょ​う」と​言い​ます。今​いる​カペルナウム​の​向こう​側​の​場所​です。(マルコ 4:35

ガリラヤ​の​海​の​東側​は​ゲラサ​人​の​地域​です。この​地域​は​デカポリス​の​一部​です。デカポリス​は​ギリシャ​文化​の​中心​でし​た​が,ユダヤ​人​も​たくさん​住ん​で​い​まし​た。

イエス​が​カペルナウム​から​出発​する​と,人々​は​それ​に​気付き,ほか​の​舟​に​乗っ​て​後​に​続き​ます。(マルコ 4:36)向こう​岸​まで​は​それ​ほど​遠く​あり​ませ​ん。ガリラヤ​の​海​は​大きな​淡水​湖​で,長さ​が​約​21​㌔,幅​は​一番​広い​所​で​12​㌔​ほど​あり,深さ​も​かなり​あり​ます。

イエス​は​完全​な​人​です​が,忙しく​伝道​し​た​の​で​疲れ​て​い​ます。その​ため​舟​が​岸​を​離れる​と,舟​の​後部​で​横​に​なり,枕​を​使っ​て​眠っ​て​しまい​ます。

使徒​たち​の​中​に​は​舟​の​扱い​に​慣れ​て​いる​人​も​い​ます​が,今日​は​どうも​大変​な​こと​に​なり​そう​です。ガリラヤ​の​海​は​山​に​囲ま​れ​て​い​て,湖面​の​温度​が​かなり​上がり​ます。それで,山​から​の​冷たい​風​が​温か​な​湖面​に​吹き下ろす​と,突然​に​猛烈​な​暴風​が​生じる​こと​が​あり​ます。まさに​今,その​状況​です。波​が​激しく​ぶつ​かり,舟​は「水​を​いっぱい​かぶっ​て​危険​な​状態​に​なっ​て」き​ます。(ルカ 8:23)それでも,イエス​は​眠っ​た​まま​です。

使徒​たち​は​これ​まで​嵐​を​切り抜け​て​き​た​経験​を​生かし​て,必死​に​舟​を​操り​ます。しかし,この​嵐​は​ただ事​で​は​あり​ませ​ん。弟子​たち​は​命​の​危険​を​感じ​て​イエス​を​起こし,こう​叫び​ます。「主​よ,助け​て​ください。死ん​で​しまい​そう​です!」(マタイ 8:25)溺れ​て​しまう​の​で​は​ない​か​と​心配​し​て​いる​の​です。

イエス​は​目​を​覚まし​て​弟子​たち​に,「なぜ​そんな​に​怖がっ​て​いる​の​です​か。信仰​の​少ない​人​たち」と​言い​ます。(マタイ 8:26)それ​から​風​と​海​に​向かっ​て,「静まれ! 静か​に​なれ!」と​命じ​ます。(マルコ 4:39)すると​暴風​は​やみ,海​は​穏やか​に​なり​ます。(マルコ​と​ルカ​も​この​印象​的​な​出来事​を​記録​し​て​い​ます​が,イエス​が​嵐​を​奇跡​的​に​静め​た​こと​を​まず​強調​し,その​後,弟子​たち​の​信仰​の​なさ​に​つい​て​述べ​て​い​ます。)

弟子​たち​が​どんな​反応​を​し​た​か​想像​し​て​み​て​ください。荒れ狂っ​て​い​た​海​が​すっかり​静まっ​た​の​です。彼ら​は​大変​な​畏れ​を​感じ,「一体​どう​いう​方​な​の​だろ​う。風​や​湖​さえ​従う​の​だ」と​口々​に​言い​ます。その​後,無事​に​向こう​岸​に​到着​し​ます。(マルコ 4:41–5:1)一緒​に​出発​し​た​ほか​の​舟​は​西側​の​岸​に​戻っ​て​いっ​た​の​か​も​しれ​ませ​ん。

神​の​子​が自然​界​を​コントロール​する​力を​持っ​て​いる​と​いう​の​は,本当​に​心強い​こと​です。イエス​が​王国​で​支配​し,地上​に​深い​関心​を​払う​時,全て​の​人​が​安心​し​て​暮らせ​ます。自然​災害​は​なくなる​から​です。

もっと調べる

神からの良い知らせ

神の王国とは何ですか

神の王国の王はだれですか。その王国は何を成し遂げますか。

エホバに近づきなさい

『神の力なるキリスト』

イエス・キリストの奇跡と教えから,エホバについてどんなことが分かりますか。