内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 32​章

安息日に関する正しい見方

安息日に関する正しい見方

マタイ 12:9‐14 マルコ 3:1‐6 ルカ 6:6‐11

  • 安息​日​に​男性​の​手​を​癒やす

イエス​は​別​の​安息​日​に,ある​会堂​に​行き​ます。それ​は​ガリラヤ​の​会堂​だっ​た​よう​です。イエス​は​そこで,右手​の​まひ​し​た​男性​を​見掛け​ます。(ルカ 6:6)律法​学​者​と​パリサイ​派​の​人​たち​は​イエス​を​じっ​と​見​て​い​ます。その​理由​は,彼ら​の​次​の​質問​で​明らか​に​なり​ます。「安息​日​に​病気​を​治す​の​は​正しい​こと​でしょ​う​か」。(マタイ 12:10

ユダヤ​教​の​宗教​指導​者​たち​は,安息​日​に​治療​が​許さ​れる​の​は​命​が​危険​な​場合​だけ​で​ある​と​考え​て​い​ます。例えば,安息​日​に​は​骨折​の​手当て​を​し​て​は​なら​ない,捻挫​し​た​所​に​包帯​を​し​て​は​なら​ない,と​いっ​た​規定​が​あり​まし​た。律法​学​者​と​パリサイ​派​の​人​たち​が​イエス​に​質問​し​た​の​は,右手​の​まひ​し​た​男性​を​気遣っ​て​いる​から​で​は​あり​ませ​ん。イエス​を​非難​する​口実​を​見つけ​よう​と​し​て​いる​の​です。

しかし​イエス​は,彼ら​の​考え方​が​ゆがん​で​いる​こと​を​知っ​て​い​ます。彼ら​は,安息​日​に​し​て​は​なら​ない​と​される​仕事​に​何​が​含ま​れる​か​に​つい​て,極端​で​聖書​から​ずれ​た​見方​を​し​て​い​ます。(出エジプト​記 20:8‐10)イエス​が​行っ​た​良い​事柄​に​対する​見当​違い​の​批判​は​これ​まで​も​あり​まし​た。それ​で​イエス​は,この​問題​に​正面​から​切り込む​こと​に​し,右手​の​まひ​し​た​男性​に,「立っ​て,中央​に​来​て​ください」と​言い​ます。(マルコ 3:3

イエス​は​律法​学​者​と​パリサイ​派​の​人​たち​の​方​を​見​て,「あなた方​の​中​で,飼っ​て​いる​1​匹​の​羊​が​安息​日​に​穴​に​落ち​た​場合,つか​ん​で​引き出さ​ない​人​が​いる​でしょ​う​か」と​質問​し​ます。(マタイ 12:11)羊​は​貴重​な​収入​源​な​の​で,次​の​日​まで​穴​の​中​に​放置​する​こと​は​あり​ませ​ん。そんな​こと​を​すれ​ば​羊​は​死ん​で​しまう​か​も​しれ​ず,損​を​する​の​は​自分​だ​から​です。さらに,聖書​に​は,「正しい​人​は​自分​の​家畜​を​大切​に​する」と​あり​ます。(箴言 12:10

イエス​は​分かり​やすい​比較​を​し,「人​は​羊​より​ずっ​と​価値​が​ある​の​で​は​ない​でしょ​う​か。それで,安息​日​に​立派​な​こと​を​する​の​は​正しい​こと​です」と​話し​ます。(マタイ 12:12)ですから,イエス​が​その​男性​を​癒やし​た​と​し​て​も​安息​日​を​破る​こと​に​は​なら​ない​の​です。宗教​指導​者​たち​は​その​よう​な​論理​的​で​思いやり​深い​見方​に​反論​でき​ませ​ん。黙り込ん​で​しまい​ます。

イエス​は​彼ら​の​誤っ​た​見方​に​心​を​痛め,憤り​を​感じ​つつ,周り​を​見回し​ます。そして​その​男性​に,「手​を​伸ばし​なさい」と​言い​ます。(マタイ 12:13)男性​が​まひ​し​た​手​を​伸ばす​と,まひ​は​すっかり​なくなり​ます。男性​は​大喜び​し​ます​が,イエス​を​陥れ​よう​と​たくらん​で​い​た​人​たち​は​どう​する​でしょ​う​か。

パリサイ​派​の​人​たち​は​男性​の​手​が​治っ​た​こと​を​喜ば​ず,その​場​から​出​て​いき,すぐ​に「ヘロデ​党​の​人​たち​と​協議」し​ます。「イエス​を​殺そ​う​と​し​て」です。(マルコ 3:6)ヘロデ​党​の​中​に​は,サドカイ​派​と​呼ば​れる​グループ​の​人​たち​も​いる​よう​です。サドカイ​派​と​パリサイ​派​は​対立​し​て​い​ます​が,イエス​に​敵対​する​ため​に​団結​し​ます。