内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 29​章

安息日に良いことを行えるか

安息日に良いことを行えるか

ヨハネ 5:1‐16

  • イエス​は​ユダヤ​で​伝道​する

  • イエス​は​池​で​病気​の​男性​を​癒やす

イエス​は​ガリラヤ​で​の​広範囲​に​わたる​伝道​で​多く​の​こと​を​成し遂げ​まし​た。それでも,「私​は​ほか​の​町​に​も​神​の​王国​の​良い​知らせ​を​広め​な​けれ​ば​なり​ませ​ん」と​言い​ます。ガリラヤ​以外​に​も​目​を​向け​て​い​た​の​です。それで,イエス​は「ユダヤ​の​会堂​で​伝道」し​て​いき​ます。(ルカ 4:43,44)これ​に​は​もっとも​な​理由​が​あり​まし​た。春​に​なり,エルサレム​で​の​祭り​が​近づい​て​い​た​から​です。

ガリラヤ​で​の​伝道​と​比べる​と,ユダヤ​で​の​活動​の​こと​は​福音​書​に​あまり​記録​さ​れ​て​い​ませ​ん。ユダヤ​の​人々​が​無​関心​だっ​た​から​か​も​しれ​ませ​ん。それでも​イエス​は​熱心​に​伝道​を​続け,どこ​へ​行っ​て​も​良い​こと​を​し​た​に​違いあり​ませ​ん。

間​も​なく​イエス​は,西暦​31​年​の​過ぎ越し​を​祝う​ため,ユダヤ​の​主要​な​都市​エルサレム​に​向かい​ます。エルサレム​の​羊​の​門​の​近く​に​ある​人通り​の​多い​場所​に,柱廊​の​ある​大きな​池​が​あり​ます。そこ​は​ベツザタ​と​呼ば​れ​て​い​ます。この​池​に​は,病人​や​盲人​や​足​の​不​自由​な​人​が​たくさん​やっ​て​来​ます。水面​が​揺れる​時​に​池​に​入る​なら​癒やさ​れる,と​人々​は​信じ​て​いる​から​です。

安息​日​に​イエス​は,38​年​間​も​病気​の​男性​に​池​の​そば​で​会い,「良く​なり​たい​です​か」と​質問​し​ます。男性​は​こう​答え​ます。「旦那​さま,私​に​は,水​が​揺れる​時​に​池​に​入れ​て​くれる​人​が​い​ませ​ん。私​が​行こ​う​と​する​と,ほか​の​人​が​先​に​降り​て​しまい​ます」。(ヨハネ 5:6,7

そこで​イエス​は,この​男性​だけ​で​なく​誰​も​が​びっくり​する​よう​な​こと​を​言い​ます。「起き上がり,その​敷物​を​持っ​て,歩き​なさい」。(ヨハネ 5:8)すると,すぐ​に​その​男性​は​癒やさ​れ,敷物​を​持っ​て​歩き​始め​ます。

ところが,ユダヤ​人​たち​は​起き​た​奇跡​を​喜ぶ​の​で​は​なく,「安息​日​だ​から,敷物​を​運ん​で​は​いけ​ない」と​男性​に​厳しく​注意​し​ます。男性​は,「治し​て​くださっ​た​方​が,『敷物​を​持っ​て,歩き​なさい』と​言い​まし​た」と​答え​ます。(ヨハネ 5:10,11)それら​の​ユダヤ​人​は​安息​日​に​癒やし​を​行っ​た​人物​を​批判​し​ます。

彼ら​は,「『それ​を​持っ​て,歩き​なさい』と​言っ​た​の​は​誰​だ」と​男性​に​尋ね​ます。なぜ​でしょ​う​か。イエス​は「その​場​の​群衆​に​紛れ込ん​で」しまっ​て​い​た​から​です。その​男性​も​イエス​の​名前​を​知り​ませ​ん​でし​た。(ヨハネ 5:12,13)でも​この​男性​は​もう​一度​イエス​に​神殿​で​会う​こと​が​でき​まし​た。そして,誰​が​池​の​そば​で​自分​を​癒やし​て​くれ​た​の​か​を​知り​ます。

男性​は,癒やし​た​の​は​誰か​と​聞い​て​き​た​ユダヤ​人​たち​を​見つけ,その​人​が​イエス​だっ​た​と​知らせ​ます。これ​を​聞い​た​ユダヤ​人​たち​は​イエス​の​所​に​行き​ます。どう​やっ​て​その​人​を​癒やし​た​の​か​を​知る​ため​で​は​なく,安息​日​に​癒やし​を​行っ​た​こと​で​イエス​を​非難​する​ため​です。そして,イエス​を​迫害​し​始め​ます。