内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 31​章

安息日に穀物をむしる

安息日に穀物をむしる

マタイ 12:1‐8 マルコ 2:23‐28 ルカ 6:1‐5

  • 弟子​たち​が​安息​日​に​穀物​を​むしる

  • イエス​は「安息​日​の​主」

イエス​と​弟子​たち​は​北​の​ガリラヤ​に​向かっ​て​い​ます。春​な​の​で​畑​に​は​穀物​が​実っ​て​い​ます。おなか​が​すい​た​弟子​たち​は​穂​を​むしっ​て​実​を​食べ​ます。その​日​は​安息​日​で,パリサイ​派​の​人​たち​が​イエス​と​弟子​たち​を​見張っ​て​い​ます。

少し​前,エルサレム​の​ユダヤ​人​たち​は,イエス​が​安息​日​を​破っ​た​と​非難​し,イエス​を​殺そ​う​と​し​まし​た。この​日​も,パリサイ​派​の​人​たち​は​弟子​たち​の​行動​を​見​て,こう​言い​ます。「見​なさい,あなた​の​弟子​たち​は​安息​日​に​し​て​は​いけ​ない​こと​を​し​て​い​ます」。(マタイ 12:2

穀物​を​むしり,手​で​こす​って​食べる​の​は​収穫​と​脱穀​に​当たる​と​いう​の​が,パリサイ​派​の​人​たち​の​主張​です。(出エジプト​記 34:21)もともと​安息​日​は​信仰​を​強める​爽やか​な​日​で​ある​べき​でし​た。でも,彼ら​は​何​が​仕事​に​含ま​れる​か​に​つい​て​厳し過ぎる​見方​を​し​て​い​た​の​で,安息​日​は​大変​うっとうしい​もの​に​なっ​て​い​まし​た。エホバ​が​取り決め​た安息​日​の​律法は​その​よう​に​厳しい​もの​で​は​あり​ませ​ん。イエス​は​その​こと​を​示す​ため,幾つ​か​の​例​を​使っ​て​彼ら​の​見方​が​間違っ​て​いる​こと​を​指摘​し​ます。

まず​イエス​は,ダビデ​と​その​部下​の​例​を​挙げ​ます。彼ら​は​空腹​だっ​た​時,幕屋​に​立ち寄っ​て​供え物​の​パン​を​食べ​まし​た。その​パン​は​すでに​新しい​もの​と​取り換え​られ,エホバ​の​前​から​取り下げ​られ​た​もの​で,普通​は​祭司​たち​が​食べ​まし​た。しかし,その​時​は​特別​に,ダビデ​と​部下​は​食べる​こと​を​許さ​れ​まし​た。(レビ​記 24:5‐9。サムエル​第​一 21:1‐6

次​に​イエス​は​別​の​例​を​挙げ,「安息​日​に​神殿​に​いる​ 祭司​たち​が​安息​日​を​守ら​なく​て​も​罪​に​なら​ない​こと​を,律法​の​中​で​読ん​だ​こと​が​ない​の​です​か」と​言い​ます。祭司​は​安息​日​で​も​神殿​で​犠牲​の​ため​の​動物​を​殺し​たり​し​ます。イエス​は​こう​続け​ます。「しかし​あなた方​に​言い​ます​が,神殿​より​偉大​な​者​が​ここ​に​い​ます」。(マタイ 12:5,6。民数記 28:9)つまり,イエス​は​神​の​大​祭司​な​の​で,安息​日​を​破る​こと​など​心配​せ​ず​に​自分​の​仕事​を​行う​こと​が​できる​の​です。

イエス​は​大切​な​ポイント​を​強調​する​ため,もう​1​つ​の​聖句​を​引用​し,こう​言い​ます。「あなた方​は,『私​が​望む​の​は​憐れみ​で​あっ​て,犠牲​で​は​ない』と​いう​こと​の​意味​を​理解​し​て​い​た​なら,罪​の​ない​人​を​断罪​し​たり​は​し​なかっ​た​でしょ​う」。そして​最後​に,「人​の​子​は​安息​日​の​主​な​の​です」と​言い​ます。イエス​は​ここ​で,自分​が​行う​1000​年​間​の​平和​な​王国​支配​に​つい​て​述べ​て​い​まし​た。(マタイ 12:7,8。ホセア 6:6

人類​は​長い​間,サタン​の​支配​する​世​で​戦争​や​暴力​に​苦しめ​られ​ながら​生活​し​て​き​まし​た。しかし,安息​日​の​主​キリスト​は,私たち​が​ずっ​と​待ち焦がれ​て​き​た​安心​できる​時代​を​実現​する​の​です。