内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 43​章

王国に関する例え

王国に関する例え

マタイ 13:1‐53 マルコ 4:1‐34 ルカ 8:4‐18

  • イエス​は​王国​に​関する​例え​を​話す

イエス​が​パリサイ​派​の​人​たち​に​強い​警告​を​与え​た​の​は,カペルナウム​に​い​た​時​の​よう​です。その​日​の​続く​出来事​を​見​て​み​ましょ​う。イエス​は​家​を​出​て,近く​の​ガリラヤ​の​海​まで​歩い​て​いき​ます。すると​そこ​で​も​人々​が​集まっ​て​き​ます。イエス​は​舟​に​乗っ​て​少し​岸​から​離れ,天​の​王国​に​つい​て​教え​始め​ます。その​際,たくさん​の​例え​を​使い​ます。イエス​は​みんな​が​よく​知っ​て​いる​場面​や​物事​を​題材​に​し​て​話​し​ます。その​ため,王国​に​関する​さまざま​な​点​が​理解​し​やすく​なり​ます。

イエス​は​まず,種​を​まく​人​の​話​を​し​ます。まか​れ​た​種​の​幾らか​は​道端​に​落ち,鳥​に​食べ​られ​て​しまい​まし​た。また,ある​種​は​土​が​深く​ない​岩地​に​落ち​ます。根​は​出る​もの​の​深く​まで​伸び​ず,結局,太陽​の​熱​に​焼か​れ​枯れ​て​しまい​まし​た。ある​種​は​いばら​の​間​に​落ち​ます。しかし,すぐ​に​いばら​が​新芽​の​成長​を​妨げ​て​しまい​まし​た。別​の​種​は​良い​土​に​落ち​て,「ある​種​は​100​倍,ある​種​は​60​倍,ある​種​は​30​倍​の​実​を​付け​まし​た」。(マタイ 13:8

イエス​は​次​に,天​の​王国​を​種​の​成長​に​例え​ます。種​は​人​が​寝​て​い​て​も​起き​て​い​て​も​成長​し​て​いき​ます。それ​が「どの​よう​に​し​て​か​を​人​は​知り​ませ​ん」。(マルコ 4:27)種​は​自然​に​成長​を​続け​て​実​を​結び,やがて​収穫​できる​よう​に​なり​ます。

イエス​は​種まき​に​つい​て​の​3​つ​目​の​例え​を​語り​ます。ある​人​が​小麦​の​良い​種​を​まき​ます​が,「人々​が​眠っ​て​いる​間​に」敵​が​小麦​の​間​に​雑草​を​まい​て​いき​まし​た。種​を​まい​た​人​の​奴隷​は​雑草​を​引き抜い​て​も​よい​か​尋ね​ます。すると​その​人​は​言い​ます。「いいえ,雑草​を​抜く​際​に​小麦​も​一緒​に​引き抜く​と​いけ​ませ​ん。収穫​まで​両方​と​ も​一緒​に​成長​さ​せ​て​おき​なさい。収穫​の​季節​に​なっ​たら,刈り取る​者​たち​に​こう​言い​ましょ​う。まず​雑草​を​抜き,焼く​ため​に​縛っ​て​束​に​し,それ​から​小麦​を​倉​に​集め​なさい,と」。(マタイ 13:24‐30

イエス​の​話​を​聞く​人​の​多く​は​農業​に​通じ​て​い​ます。それ​で​イエス​は,よく​知ら​れ​て​い​た​小さな​からし​の​種​に​つい​て​話​し​ます。その​種​は​成長​し,鳥​が​来​て​枝​の​間​に​巣​を​作れる​ほど​の​大木​に​なり​ます。この​種​に​つい​て​イエス​は,「天​の​王国​は​からし​の​種​の​よう​です。人​が​それ​を​畑​に​植え​まし​た」と​話し​ます。(マタイ 13:31)イエス​は​植物​学​の​話​を​し​て​いる​の​で​は​あり​ませ​ん。王国​の​目覚まし​い​成長​に​つい​て​説明​し,とても​小さい​もの​が​いかに​成長​し​拡大​し​て​いく​か​を​話し​て​いる​の​です。

さらに​イエス​は,多く​の​人​に​とっ​て​身近​な​例​を​取り上げ​ます。イエス​は​天​の​王国​を,女性​が「3​セア​の​麦粉​と​混ぜ」た「パン種」に​例え​ます。(マタイ 13:33)生地​の​中​の​パン種​は​人間​の​目​から​隠さ​れ​て​い​ます​が,全体​に​広がり,生地​を​発酵​さ​せ​ます。ですから,パン種​は​大きな​成長​を​もたらし,目​に​は​見え​ない​変化​を​生じ​させ​ます。

これら​の​例え​を​話し​て​から​イエス​は​人々​を​解散​さ​せ,滞在​し​て​いる​家​に​戻り​ます。その​後​しばらく​する​と,弟子​たち​が​例え​の​意味​を​知り​たく​て​イエス​の​所​に​やっ​て​来​ます。

イエス​の​例え​から​学ぶ

弟子​たち​は​イエス​が​例え​を​使っ​て​話す​の​を​以前​に​も​聞い​た​こと​が​あり​ます​が,1​度​に​これ​ほど​多く​の​例え​を​聞く​の​は​初めて​です。それ​で​イエス​に,「例え​を​使っ​て​話す​の​は​どうして​です​か」と​質問​し​ます。(マタイ 13:10

イエス​が​その​よう​に​する​理由​の​1​つ​は,聖書​預言​を​実現​する​ため​です。マタイ​に​よる​書​に​は,こう​説明​さ​れ​て​い​ます。「イエス​は​これら​全て​を​例え​で​群衆​に​話し​た。実際,例え​を​用い​ない​で​話そ​う​と​は​し​なかっ​た。それ​は​預言​者​を​通し​て​こう​語ら​れ​た​事​が​実現​する​ため​で​ある。『私​は​口​を​開い​て​例え​を​語り,始め​から​隠さ​れ​て​き​た​事柄​を​言い広める』」。(マタイ 13:34,35。詩編 78:2

しかし,イエス​が例え​を​使っ​た理由​は​ほか​に​も​あり​ます。例え​に​よっ​て,人々​の​心​の​中​が​明らか​に​なる​の​です。ほとんど​の​場合,人​が​イエス​に​関心​を​持つ​の​は,イエス​が​優れ​た​話​を​し,奇跡​を​行う​から​に​すぎ​ませ​ん。自分​を​捨て​て​従う​べき​自分​の​主​と​考え​て​いる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。(ルカ 6:46,47)物​の​見方​や​生き方​を​変える​よう​要求​さ​れる​の​は​好み​ませ​ん。イエス​の​言葉​に​そこ​まで​影響​さ​れる​の​は,嫌​な​の​です。

イエス​は​弟子​たち​の​質問​に​答え​て​こう​言い​ます。「ですから,例え​を​使っ​て​話す​の​です。あの​人​たち​は​見​て​い​て​も​無駄​に​見,聞い​て​い​て​も​無駄​に​聞き,意味​を​悟ら​ない​から​です。この​人​たち​に​つい​て,イザヤ​の​次​の​預言​が​実現​し​て​い​ます。……『この​民​は​心​が​鈍く​な[っ​た]』」。(マタイ 13:13‐15。イザヤ 6:9,10

しかし,その​言葉​は​イエス​の​話​を​聞い​て​い​た​人​全て​に​当てはまる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。イエス​は​こう​説明​し​ます。「あなたたち​の​目​は​見る​の​で,また​耳​は​聞く​の​で,幸せ​です。はっきり​言い​ます​が,多く​の​預言​者​や​正しい​人​は,あなたたち​が​見​て​いる​もの​を​見​たい​と​願い​ながら​見​ず,あなたたち​が​聞い​て​いる​事​を​聞き​たい​と​願い​ながら​聞か​なかっ​た​の​です」。(マタイ 13:16,17

12​使徒​と​他​の​忠実​な​弟子​たち​の​心​は​決して​鈍く​あり​ませ​ん。それ​で​イエス​は​こう​話​し​ます。「あなたたち​は, 天​の​王国​の​神聖​な​秘密​を​理解​する​こと​を​許さ​れ​て​い​ます​が,あの​人​たち​は​許さ​れ​て​い​ませ​ん」。(マタイ 13:11)彼ら​が​心​から​理解​し​たい​と​思っ​て​い​た​の​で,イエス​は​種​を​まく​人​の​例え​に​つい​て​説明​し​ます。

「種​は​神​の​言葉​です」と​イエス​は​言い​ます。(ルカ 8:11)そして,土​は​心​です。この​点​が,イエス​の​例え​を​理解​する​鍵​です。

踏み固め​られ​た​道端​の​土​に​まか​れ​た​種​に​つい​て,イエス​は​こう​説明​し​ます。「信じ​て​救わ​れる​こと​が​ない​よう,悪魔​が​やっ​て​来​て,その​心​から​神​の​言葉​を​取り去り​ます」。(ルカ 8:12)岩地​に​まか​れ​た​種​は​どう​です​か。イエス​の​説明​に​よる​と,それ​は,神​の​言葉​を​喜ん​で​受け入れ​た​もの​の,その​言葉​が​心​に​深く​根付か​ない​人​の​こと​です。「その​言葉​の​ため​に​苦難​や​迫害​が​生じる​と」,信仰​を​捨て​て​しまい​ます。家族​や​他​の​人​たち​から​の​反対​など​に​よっ​て「試練​の​時期」が​来る​と,離れ去っ​て​しまい​ます。(マタイ 13:21。ルカ 8:13

いばら​の​間​に​まか​れ​た​種​に​つい​て​は​どう​です​か。イエス​に​よれ​ば,それ​は​神​の​言葉​を​聞い​た​人​たち​の​こと​です。しかし​彼ら​は,「今​の​体制​で​の​心配事​や​富​の​誘惑」に​圧倒​さ​れ​て​しまい​ます。(マタイ 13:22)神​の​言葉​を​いったん​心​に​入れ​た​もの​の,ふさがれ,実ら​なく​なり​ます。

イエス​は​最後​に​良い​土​に​つい​て​話​し​ます。良い​土​の​人​は,神​の​言葉​を​聞い​て​受け止め,神​の​言葉​の​意味​を​理解​し​ます。その​結果​どう​なり​ます​か。その​人​たち​は「実​を​結び」ます。年齢​や​健康​状態​など​状況​は​人​に​よっ​て​違う​ため,皆​が​同じ​こと​を​行える​わけ​で​は​あり​ませ​ん。生み出す​実​は,100​倍,60​倍,30​倍​と​いろいろ​です。しかし,「非常​に​良い​心​で​神​の​言葉​を​聞い​た​後,それ​を​ しっかり​保ち,耐え忍ん​で​実​を​結ぶ​人」は,神​に​仕える​こと​の​祝福​を​味わえる​の​です。(ルカ 8:15

イエス​の​教え​の​意味​を​理解​し​たい​と​思っ​て​イエス​の​元​に​来​た​弟子​たち​は,こう​し​た​説明​を​聞き,胸​を​躍らせ​た​に​違いあり​ませ​ん。例え​の​概要​だけ​で​は​なく,もっと​深い​真​の​意味​を​理解​でき​た​の​です。イエス​が​弟子​たち​に​例え​の​意味​を​教え​た​の​は,弟子​たち​が​他​の​人​に​真理​を​伝え​られる​よう​に​する​ため​でし​た。それ​で​イエス​は​こう​言い​ます。「ランプ​を​持っ​て​き​て,籠​の​下​や​ベッド​の​下​に​置い​たり​し​ます​か。台​の​上​に​置き​ませ​ん​か」。そして,「聞く​耳​の​ある​人​は​聞き​なさい」と​言い​ます。(マルコ 4:21‐23

さらに​多く​の​こと​を​教え​られる

種​を​まく​人​の​例え​の​説明​を​聞い​た​弟子​たち​は,もっと​学び​たい​と​願い,「畑​の​雑草​の​例え​を​説明​し​て​ください」と​言い​ます。(マタイ 13:36

この​質問​から,弟子​たち​の​態度​と​浜辺​に​いる​人​たち​の​態度​に​は​大きな​違い​が​ある​と​分かり​ます。それら​の​人​たち​は​ただ​聞く​だけ​で,例え​に​は​どんな​意味​が​ある​の​か,自分​たち​に​どう​関係​する​の​か​を​知り​たい​と​いう​気持ち​が​ない​よう​です。イエス​の​例え​の​概要​を​知る​だけ​で​満足​し​て​いる​の​です。イエス​は,浜辺​に​いる​人​たち​と,もっと​学び​たい​と​いう​意欲​を​持っ​て​イエス​の​所​に​来​た​弟子​たち​と​を​比較​し,こう​言い​ます。

「聞い​て​いる​事柄​に​注意​を​払い​なさい。あなたたち​は​自分​が​量っ​て​与える​の​と​同じ​はかり​で​与え​られ​ます。しかも,さらに​加え​られ​ます」。(マルコ 4:24)弟子​たち​は​イエス​から​聞く​事柄​に​注意​を​払っ​て​い​ます。イエス​に​大きな​関心​を​向け​て​いる​の​で,さらに​多く​の​教え​と​理解​を​与え​られ​ます。実際​イエス​は,小麦​と​雑草​の​例え​の​意味​を​尋ね​て​き​た​弟子​たち​に​対し,こう​答え​ます。

「良い​種​を​まく​人​は​人​の​子​です。畑​は​世界​です。良い​種​は​王国​の​子​たち,雑草​は​邪悪​な​者​の​子​たち,雑草​を​まい​た​敵​は​悪魔​です。収穫​は​体制​の​終結​で,刈り取る​者​は​天使​たち​です」。(マタイ 13:37‐39

この​よう​な​詳しい​説明​を​し​た​後,イエス​は​例え​の​結末​を​話し​ます。体制​の​終結​の​際,刈り取る​者​つまり​天使​たち​は,雑草​の​よう​な​偽​の​クリスチャン​を​本当​の「王国​の​子​たち」から​分け​ます。それら「正しい​人​たち」は​集め​られ,最終​的​に「父​の​王国​で」明るく​輝き​ます。「邪悪​な​者​の​子​たち」は​どう​なり​ます​か。彼ら​の​迎える​結末​は​滅び​で​ある​ため,彼ら​は「泣き悲しん​だり​歯ぎしり​し​たり」し​ます。(マタイ 13:41‐43

イエス​は​弟子​たち​の​ため​に,さらに​3​つ​の​例え​を​話し​ます。1​番​目​は​こう​です。「天​の​王国​は​野原​に​隠さ​れ​た​宝​の​よう​です。ある​人​が​それ​を​見つけ​て​から​隠し​まし​た。そして,喜び​の​あまり,行っ​て​持ち物​を​全て​売り,その​野原​を​買い​ます」。(マタイ 13:44

 イエス​は​話​を​続け​ます。「また,天​の​王国​は​立派​な​真珠​を​探し求める​旅​商人​の​よう​です。高価​な​真珠​1​つ​を​見つける​と,去っ​て​いっ​て​持ち物​全て​を​即座​に​売り,その​真珠​を​買い​まし​た」。(マタイ 13:45,46

イエス​は​両方​の​例え​で,真に​価値​の​ある​もの​の​ため​に​進ん​で​犠牲​を​払う​態度​を​強調​し​て​い​ます。商人​は​高価​な​真珠​を​手​に​入れる​ため,「持ち物​全て」を​すぐ​に​売り​まし​た。弟子​たち​に​とっ​て​これ​は​よく​理解​できる​例え​です。また,野原​に​隠さ​れ​た​宝​を​見つけ​た​男性​は,それ​を​手​に​入れる​ため​に「持ち物​を​全て​売り」まし​た。どちら​の​例え​に​おい​て​も,貴重​な​もの​は​手​の​届く​所​に​あり​まし​た。それ​は​手​に​入れる​べき,また​大切​に​す​べき​もの​でし​た。私たち​も​神​の​導き​を​得る​に​は,同じ​よう​な​犠牲​を​払わ​なけれ​ば​なり​ませ​ん。(マタイ 5:3)イエス​が​これら​の​例え​を​語っ​て​聞か​せ​た​人​たち​の​中​に​は,神​の​導き​を​得る​ため,また​イエス​の​真​の​弟子​と​なる​ため,喜ん​で​大きな​努力​を​払っ​て​き​た​人​が​い​ます。(マタイ 4:19,20; 19:27

最後​に,イエス​は​天​の​王国​を​あらゆる​種類​の​魚​を​集める​引き網​に​例え​ます。(マタイ 13:47)魚​が​分け​られる​時,良い​もの​は​入れ物​に​集め​られ,良く​ない​もの​は​投げ捨て​られ​ます。体制​の​終結​の​時​に​も,同じ​こと​が​起き​ます。天使​たち​は​正しい​人​たち​から​邪悪​な​人​たち​を​より分ける​の​です。

イエス​自身,最初​の​弟子​たち​を「人​を​集める​漁師」と​し​て​招い​た​時,いわば​漁​を​し​て​い​まし​た。(マルコ 1:17)しかし​イエス​は,引き網​に​関する​例え​が​将来​の「体制​の​終結​の​時」に​当てはまる,と​説明​し​ます。(マタイ 13:49)ですから,イエス​の​話​を​聞い​て​い​た​使徒​と​他​の​弟子​たち​は,将来,驚く​よう​な​事柄​が​生じる​こと​を​理解​でき​まし​た。

舟​の​上​で​話​さ​れ​た​例え​を​聞い​た​使徒​と​他​の​弟子​たち​は,満たさ​れ​た​気持ち​に​なり​ます。イエス​は「弟子​たち​だけ​の​時​に​全て​の​説明​を​し」まし​た。(マルコ 4:34)イエス​は「宝物​庫​から​新しい​物​と​古い​物​を​取り出す​家​の​主人」の​よう​です。(マタイ 13:52)例え​を​話す​際​に​も​教える​能力​を​見せびらかし​て​い​ませ​ん。むしろ,貴重​な​宝​の​よう​な​真理​を​弟子​たち​に​喜ん​で​伝え​て​い​ます。本当​に​優れ​た「教師」です。

もっと調べる

「ものみの塔」(研究用)

「見よ,わたしは……いつの日もあなた方と共にいるのです」

小麦と雑草に関するイエスの例えには,まくこと,成長,そして収穫に関する時が示されています。収穫の時について,どのように理解が調整されましたか。