内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 26​章

「あなたの罪は許されています」

「あなたの罪は許されています」

マタイ 9:1‐8 マルコ 2:1‐12 ルカ 5:17‐26

  • イエス​は​体​が​まひ​し​た​男性​の​罪​を​許し​て​癒やす

イエス​の​評判​は​遠く​広く​に​伝わっ​て​い​ます。大勢​の​人​が​イエス​の​教え​を​聞い​たり​強力​な​行い​を​見​たり​する​ため​に,人里​離れ​た​場所​に​まで​やっ​て​来​ます。何​日​か​し​て,イエス​が​活動​の​拠点​で​ある​カペルナウム​に​戻る​と,その​知らせ​が​ガリラヤ​の​海​の​沿岸​に​ある​この​町​全体​に​あっと​いう​間​に​伝わり​ます。その​ため​多く​の​人​が​イエス​の​いる​家​に​押し掛け​ます。中​に​は​ガリラヤ​や​ユダヤ,さらに​は​エルサレム​から​来​た​パリサイ​派​の​人​たち​や​律法​の​教師​たち​も​い​ます。

「大勢​の​人​が​集まっ​た​ため,戸口​の​辺り​に​も​場所​が​なく」なり​ます。そして,「イエス​は​神​の​言葉​を​語り​始め」ます。(マルコ 2:2)目​を​見張る​よう​な​出来事​が​起きる​の​は​これ​から​です。イエス​は​人間​の​苦しみ​の​原因​を​取り除き,全て​の​人​に​健康​を​回復​さ​せる​力​を​持っ​て​い​ます。その​こと​を​確信​できる​出来事​です。

混み合っ​た​部屋​の​中​で​イエス​が​教え​て​いる​と,4​人​の​男性​が​体​の​まひ​し​た​男性​を​担架​に​乗せ​て​やっ​て​来​ます。友達​を​イエス​に​癒やし​て​ほしかっ​た​の​です。でも​あまりに​も​混ん​で​い​て,イエス​の「すぐ​そば​に​連れ​て」いけ​ませ​ん。(マルコ 2:4)がっかり​し​た​はず​です。しかし,彼ら​は​平ら​な​屋根​に​上り,屋根​を​剝がし​て​穴​を​開け​ます。そして,体​が​まひ​し​た​男性​を​乗せ​た​担架​を​部屋​の​中​に​下ろし​た​の​です。

イエス​は​話​の​邪魔​を​され​て​怒る​でしょ​う​か。いいえ,むしろ​その​人​たち​の​信仰​に​感動​し,体​が​まひ​し​た​男性​に​言い​ます。「あなた​の​罪​は​許さ​れ​て​い​ます」。(マタイ 9:2)しかし,イエス​は​本当​に​罪​を​許せる​の​でしょ​う​か。律法​学​者​や​パリサイ​派​の​人​たち​は​その​こと​を​問題​に​し,こう​考え​ます。「この​男​は​なぜ​こんな​こと​を​言う​の​か。神​を​冒瀆​し​て​いる。神​以外​の​誰​が​罪​を​許せる​の​か」。(マルコ 2:7

イエス​は​彼ら​の​考え​を​見抜き,こう​尋ね​ます。「なぜ​その​よう​な​事​を​考え​て​いる​の​です​か。この​まひ​し​た​人​に,『あなた​の​罪​は​許さ​れ​て​いる』と​言う​の​と,『起き上がっ​て,担架​を​持っ​て​歩き​なさい』と​言う​の​と​で​は,どちら​が​簡単​です​か」。(マルコ 2:8,9)イエス​は​自分​が​ささげる​こと​に​なっ​て​い​た​犠牲​に​基づい​て,その​男性​の​罪​を​許す​こと​が​でき​た​の​です。

そこ​に​は​イエス​を​批判​する​人​も​い​まし​た​が,イエス​は​自分​が​地上​で​罪​を​許す​権威​を​持っ​て​いる​こと​を​皆​の​前​で​示し​ます。体​が​まひ​し​た​男性​を​見​て,「さあ,起き上がっ​て​担架​を​持ち,家​に​帰り​なさい」と​命じ​ます。すると,男性​は​すぐ​に​その​通り​に​し,担架​を​持っ​て​皆​の​前​を​歩い​て​出​て​いき​ます。人々​は​すっかり​驚き,神​を​たたえ​て,「こんな​こと​は​見​た​こと​が​ない」と​言い​ます。(マルコ 2:11,12

イエス​が​病気​と​罪​の​つながり​に​つい​て​話​し​た​こと,罪​の​許し​が​健康​の​回復​に​関係​の​ある​こと​に​注目​し​て​ください。聖書​は,人間​の​最初​の​親​アダム​が​罪​を​犯し​た​せい​で,罪​の​結果​で​ある​病気​と​死​が​私たち​に​遺伝​し​た,と​説明​し​て​い​ます。しかし​神​の​王国​の​支配​下​で​は,イエス​が,神​を​愛し​神​に​仕える​人​全て​の​罪​を​許し​ます。そして,病気​は​永遠​に​なくなる​の​です。(ローマ 5:12,18,19