内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 40​章

許しについて教える

許しについて教える

ルカ 7:36‐50

  • 罪人​と​し​て​知ら​れる​女性​が​イエス​の​足​に​香油​を​注ぐ

  • 借金​を​抱え​て​い​た​人​が​許さ​れる​例え

イエス​の​教え​や​行い​に​対する​反応​は,人​の​心​の​状態​に​よっ​て​異なり​ます。その​こと​は,ガリラヤ​の​ある​家​で​起き​た​こと​から​よく​分かり​ます。シモン​と​いう​パリサイ​派​の​人​が​イエス​を​食事​に​招い​た​時​の​こと​です。シモン​は​たくさん​の​奇跡​を​行う​人​に​実際​に​会っ​て​み​たい​と​思っ​た​の​か​も​しれ​ませ​ん。イエス​は,徴税​人​や​罪人​たち​と​の​食事​に​応じ​た​時​と​同じく,今回​の​招待​も​人々​を​教える​機会​と​見なし​た​よう​です。

しかし​イエス​は,普通,客​に​示さ​れる​よう​な​温かい​歓迎​を​受け​ませ​ん。パレスチナ​の​ほこり​っぽい​道​を​歩く​と,サンダル​を​履い​た​足​は​火照り,汚れ​ます。ですから,客​を​もてなす​ため​に​足​を​冷たい​水​で​洗う​習慣​が​あり​まし​た。しかし,イエス​は​足​を​洗っ​て​もらえ​ませ​ん。一般​的​に​行わ​れる​歓迎​の​口づけ​も​あり​ませ​ん。親切​な​もてなし​と​し​て​客​の​頭​に​油​を​注ぐ​こと​も​あり​ませ​ん​でし​た。本当​に​歓迎​さ​れ​て​いる​の​でしょ​う​か。

皆​が​食卓​に​着い​て​横​に​なり​ます。すると​食事​中​に,招待​さ​れ​て​い​ない​女性​が​静か​に​部屋​へ​入っ​て​き​ます。それ​は,「罪人​と​し​て​知ら​れる​女性」でし​た。(ルカ 7:37)不​完全​な​人間​は​全て​罪人​です​が,この​女性​は​不​道徳​な​生活​を​し​て​いる​よう​で,娼婦​と​思わ​れ​ます。イエス​の​教え​や,「荷​を​負っ​て​いる​人​は​皆,私​の​所​に​来​なさい。そうすれば,爽やか​に​し​て​あげ​ましょ​う」と​いう​イエス​の​勧め​を​聞い​て​い​た​の​か​も​しれ​ませ​ん。(マタイ 11:28,29)女性​は​イエス​の​教え​と​行い​に​心​を​動かさ​れ,イエス​を​捜し​て​い​た​の​です。

その​女性​は​食卓​に​着い​て​いる​イエス​の​後ろ​に​行き,足元​に​ひざまずき​ます。目​から​涙​が​あふれ,イエス​の​足​を​ぬらし​ます。女性​は​それ​を​髪​の​毛​で​拭き取り,イエス​の​足​に​優しく​口づけ​し,持っ​て​き​た​香油​を​足​に​注ぎ​ます。シモン​は​不機嫌​な​顔​で​それ​を​眺め,「この​人​が​本当​に​預言​者​なら,自分​に​触っ​て​いる​の​が​誰​で​どんな​女​か​知っ​て​いる​はず​だ。この​女​は​罪人​だ」と​思い​ます。(ルカ 7:39

イエス​は​シモン​の​心​を​読み,「シモン,あなた​に​言う​こと​が​あり​ます」と​切り出し​ます。シモン​は,「先生,何​でしょ​う​か」と​答え​ます。それ​で​イエス​は​こう​続け​ます。「2​人​の​人​が​ある​人​から​お金​を​借り​て​い​まし​た。1​人​は​500​デナリ,もう​1​人​は​50​デナリ​でし​た。2​人​が​返済​でき​ない​の​で,貸し​た​人​は​2​人​を​寛大​に​許し​て​やり​まし​た。では,どちら​の​人​が​彼​を​より​愛する​でしょ​う​か」。シモン​は​ぶっきらぼう​に,「多く​許し​て​もらっ​た​方​だ​と​思い​ます」と​答え​ます。(ルカ 7:40‐43

イエス​は​同意​し​ます。そして​女性​に​目​を​向け​つつ,シモン​に​話し​ます。「この​女性​が​見え​ます​か。私​が​家​に​入っ​て​も,あなた​は​足​を​洗う​水​を​くれ​ませ​ん​でし​た。しかし,この​女性​は​涙​で​私​の​足​を​ぬらし,髪​の​毛​で​拭い​て​くれ​まし​た。あなた​は​私​に​口づけ​し​ませ​ん​でし​た​が,この​女性​は,私​が​入っ​て​き​た​時​から​私​の​足​に​優しく​口づけ​し​て​やめ​ませ​ん​でし​た。あなた​は​私​の​頭​に​油​を​注ぎ​ませ​ん​でし​た​が,この​女性​は​私​の​足​に​香油​を​注い​で​くれ​まし​た」。イエス​は,その​女性​が​不​道徳​な​生活​を​心​から​悔い改め​て​いる​こと​を​理解​し​まし​た。それ​で​こう​言い​ます。「彼女​の​罪​は​多い​と​は​いえ​許さ​れ​て​い​ます。彼女​は​多く​愛し​た​から​です。ところが,わずか​しか​許さ​れ​て​い​ない​人​は,わずか​しか​愛し​ませ​ん」。(ルカ 7:44‐47

イエス​は​不​道徳​を​軽く​見​て​いる​の​で​は​あり​ませ​ん。むしろ​イエス​は,重大​な​罪​を​後悔​し​て​助け​を​求め​て​いる​人​に​深い​思いやり​を​示し​た​の​です。この​女性​が​イエス​から​次​の​言葉​を​掛け​られ​た​時,どんな​に​ほっ​と​し​た​か​想像​でき​ます​か。「あなた​の​罪​は​許さ​れ​て​い​ます。……あなた​が​救わ​れ​た​の​は​信仰​が​あっ​た​から​です。安心​し​て​行き​なさい」。(ルカ 7:48,50