内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 42​章

パリサイ派の人々に強く警告する

パリサイ派の人々に強く警告する

マタイ 12:33‐50 マルコ 3:31‐35 ルカ 8:19‐21

  • イエス​は「ヨナ​の​しるし」に​つい​て​話す

  • 弟子​たち​と​の​絆​は​家族​の​絆​より​も​強い

律法​学​者​と​パリサイ​派​の​人​たち​は,イエス​が​神​の​力​で​邪悪​な​天使​を​追い出す​と​いう​こと​を​認め​ませ​ん。その​ため,聖霊​を​冒瀆​する​危険​を​冒し​て​い​ます。イエス​は​こう​言い​ます。「木​を​立派​に​し​て​実​も​立派​に​する​か​木​を​腐らせ​て​実​も​腐らせる​か​の​どちら​か​に​し​なさい。木​は​その​実​に​よっ​て​知ら​れる​の​です」。(マタイ 12:33

イエス​は​邪悪​な​天使​を​追い出す​と​いう​立派​な​行い​を​し​た​の​に,サタン​に​仕え​て​いる​から​そう​できる​の​だ,と​考える​の​は​おかしな​話​です。イエス​が​山上​の​垂訓​で​教え​た​通り,実​が​立派​で​あれ​ば,木​は​腐っ​て​い​ませ​ん。パリサイ​派​の​人々​の​実​は​どの​よう​な​もの​です​か。イエス​に​根拠​の​ない​非難​を​浴びせ​て​いる​彼ら​は​腐っ​て​い​ます。イエス​は​彼ら​に​こう​話​し​ます。「マムシ​の​よう​な​者​たち,あなた方​は​邪悪​な​の​に,どうして​良い​事柄​を​語れる​でしょ​う​か。心​に​満ちあふれ​て​いる​もの​が​口​から​出​ます」。(マタイ 7:16,17; 12:34

言葉​に​は​心​の​状態​が​表れる​の​で,話す​事柄​は​裁き​の​根拠​に​なり​ます。イエス​は​こう​言い​ます。「あなた方​に​言い​ます​が,人​は,自分​が​語る​無益​な​言葉​全て​に​つい​て​裁き​の​日​に​責任​を​問わ​れる​こと​に​なり​ます。あなた​は,自分​の​言葉​に​よっ​て​正しい​と​認め​られ,自分​の​言葉​に​よっ​て​有罪​と​され​ます」。(マタイ 12:36,37

イエス​が​強力​な​行い​を​し​て​いる​の​に,律法​学​者​と​パリサイ​派​の​人​たち​は,「先生,あなた​から​の​しるし​を​見​たい​の​です​が」と​さらに​要求​し​ます。彼ら​は​イエス​の​奇跡​を​自分​で​は​見​て​い​ない​か​も​しれ​ませ​ん​が,イエス​の​強力​な​行い​を​見​た​人​は​たくさん​いる​ため,証拠​は​十分​な​はず​です。それで,イエス​は​ユダヤ​人​の​指導​者​たち​に​こう​言い​ます。「邪悪​な​姦淫​の​世代​は​しきり​に​しるし​を​求め​ます​が,預言​者​ヨナ​の​しるし​以外​に​しるし​が​与え​られる​こと​は​あり​ませ​ん」。(マタイ 12:38,39

イエス​は​その​言葉​の​意味​を​説明​し,こう​続け​ます。「ヨナ​が​巨大​な​魚​の​腹​の​中​に​3​日​3​晩​い​た​よう​に,人​の​子​も​地​の​中​に​3​日​3​晩​いる​の​です」。ヨナ​は​巨大​な​魚​に​飲み込ま​れ​た​後​に​生還​し​まし​た​が,それ​は​まるで​復活​の​よう​な​経験​でし​た。イエス​は​ここ​で,自分​が​死ん​で​3​日​目​に​復活​する​こと​を​予告​し​て​いる​の​です。しかし,後​に​イエス​の​予告​が​実現​し​た​時,ユダヤ​人​の​指導​者​たち​は「ヨナ​の​しるし」を​退け,悔い改め​て​変化​する​こと​を​拒み​ます。(マタイ 27:63‐66; 28:12‐15)一方,「ニネベ​の​人々」は​ヨナ​が​伝道​し​た​後,悔い改め​まし​た。それで,「ニネベ​の​人々」は​この​世代​を​断罪​する​と​言える​の​です。さらに​イエス​は,シェバ​の​女王​も​立派​な​手本​を​残し​て​いる​ の​で,この​世代​を​断罪​する​だろ​う​と​言い​ます。女王​は​ソロモン​の​知恵​を​聞き​たい​と​願い,実際​に​それ​を​聞く​と​深く​感動​し​まし​た。イエス​は,「ソロモン​を​上回る​者​が​ここ​に​い​ます」と​言い​ます。(マタイ 12:40‐42

イエス​は​この​世代​を,邪悪​な​天使​が​出​て​いっ​た​人​に​例え​ます。(マタイ 12:45)その​人​は​自分​を​良い​もの​で​満たさ​なかっ​た​の​で,出​て​いっ​た​天使​が​もっと​邪悪​な​天使​7​人​を​連れ​て​戻り,住み着き​ます。同様​に,イスラエル​国民​は​清め​られ,さまざま​な​改革​を​経験​し​て​き​まし​た。しかし,彼ら​は​神​の​預言​者​たち​を​退け,明らか​に​聖霊​を​受け​て​い​た​イエス​に​反対​する​まで​に​なり​ます。国民​の​状態​は​誕生​し​た​時​より​も​悪く​なっ​て​しまい​まし​た。

イエス​が​話​し​て​いる​間​に,イエス​の​母​と​兄弟​たち​が​到着​し​ます​が,たくさん​の​人​が​い​て​近づけ​ませ​ん。それ​で​イエス​の​そば​に​座っ​て​い​た​人​たち​が,「お母さん​と​兄弟​たち​が​外​に​い​て,会い​たがっ​て​い​ます」と​言い​ます。すると​イエス​は,弟子​たち​と​の​強い​絆​に​つい​て​話​し​ます。弟子​たち​の​方​に​手​を​差し出し,「私​の​母​また​兄弟​たち​と​は,神​の​言葉​を​聞い​て​行う​この​人​たち​の​こと​です」と​言っ​た​の​です。(ルカ 8:20,21)イエス​は,自分​と​親族​の​絆​が​どれ​ほど​貴重​で​あっ​て​も,弟子​たち​と​の​関係​は​それ​以上​に​貴重​で​ある​こと​を​明らか​に​し​まし​た。私たち​は​仲間​の​兄弟​姉妹​と​その​よう​な​親しい​絆​を​持てる​こと​を​本当​に​うれしく​思い​ます。他​の​人​たち​から​理解​さ​れ​なかっ​たり,私たち​が​行う​良い​活動​に​つい​て​非難​さ​れ​たり​する​時​に​は,特に​そう​です。