内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 21​章

ナザレの会堂で

ナザレの会堂で

ルカ 4:16‐31

  • イエス​は​イザヤ​の​巻物​を​読む

  • ナザレ​の​人​たち​が​イエス​を​殺そ​う​と​する

ナザレ​の​町​は​興奮​に​包ま​れ​て​い​ます。イエス​が​ヨハネ​に​よる​バプテスマ​を​受け​て​から​1​年​以上​が​たち​まし​た。それ​より​も​前,イエス​は​この​町​の​大工​でし​た。でも​今​は,強力​な​行い​を​する​こと​で​有名​です。地元​の​人​たち​は​イエス​が​何​か​し​て​くれる​の​で​は​ない​か​と​期待​し​て​い​ます。

イエス​が​習慣​通り​会堂​に​入る​と,人々​の​期待​は​高まり​ます。会堂​で​の​崇拝​で​は​祈り​と​モーセ​の​書​の​朗読​が​あり,「安息​日​ごと​に​会堂​で」行わ​れ​て​い​まし​た。(使徒 15:21)預言​書​の​一部​も​朗読​さ​れ​て​い​まし​た。イエス​は,朗読​の​ため​に​立ち上がっ​た​時,昔​から​知っ​て​いる​人​が​たくさん​いる​こと​に​気付い​た​か​も​しれ​ませ​ん。そして,預言​者​イザヤ​の​巻物​が​渡さ​れる​と,エホバ​の​聖霊​に​よっ​て​油​を​注が​れ​た​者​に​つい​て​述べ​て​いる​聖句​を​見つけ​ます。現在​の​イザヤ 61​章​1,2​節​です。

イエス​が​読ん​だ​その​部分​に​は,ある​人物​が,捕らわれ​て​いる​人​の​釈放,盲人​の​視力​の​回復,エホバ​に​受け入れ​られる​年​の​到来​に​つい​て​伝える,と​予告​さ​れ​て​い​ます。イエス​が​その​聖句​を​読ん​で​から​巻物​を​係​の​人​に​返し,椅子​に​座る​と,全て​の​人​の​目​が​イエス​に​向け​られ​ます。それ​から,イエス​は​話し​始め​ます。かなり​長い​話​だっ​た​よう​です。その​時​に,「皆さん​が​いま​聞い​た​この​聖句​は,今日​実現​し​て​い​ます」と​いう​重要​な​言葉​を​語り​まし​た。(ルカ 4:21

人々​は​イエス​の「口​から​出る​魅力​ある​言葉」に​大変​驚き,「これ​は​ヨセフ​の​子​で​は​ない​か」と​互い​に​言い​始め​ます。しかし​イエス​は,人々​が​強力​な​行い​を​見たがっ​て​いる​こと​に​気付き,こう​言い​ます。「きっと​皆さん​は,『医者​よ,自分​を​治せ』と​いう​言葉​を​私​に​当てはめ​て​こう​言う​でしょ​う。『私たち​は​カペルナウム​で​なさ​れ​た​事​を​聞い​た。それ​を​郷里​の​ここ​で​も​行え』」。(ルカ 4:22,23)昔​から​イエス​を​知っ​て​いる​人​たち​は,イエス​は​まず​地元​で​癒やし​を​行う​べき​だ,と​考え​て​いる​の​でしょ​う。イエス​から​軽く​見​られ​た​と​感じ​て​いる​の​か​も​しれ​ませ​ん。

それ​で​イエス​は,イスラエル​の​歴史​に​おける​幾つ​か​の​出来事​を​取り上げ​ます。エリヤ​の​時代,イスラエル​に​は​やもめ​が​大勢​い​まし​た​が,エリヤ​は​その​女性​たち​の​元​に​は​遣わさ​れ​ませ​ん​でし​た。むしろ,シドン​に​近い​町​ザレパテ​に​住む,イスラエル​人​で​は​ない​やもめ​の​所​に​遣わさ​れ,そこで​命​を​救う​奇跡​を​行い​まし​た。(列王​第​一 17:8‐16)また​エリシャ​の​時代,イスラエル​に​は​重い​皮膚​病​の​人​が​大勢​い​まし​た​が,エリシャ​が​癒やし​た​の​は​シリア​人​ナアマン​だけ​でし​た。(列王​第​二 5:1,8‐14

自分​たち​の​身勝手​さ​や​信仰​の​欠如​を​暴露​する​話​を​聞い​て,人々​は​どう​反応​する​でしょ​う​か。会堂​に​い​た​人​たち​は​怒っ​て​立ち上がり,イエス​を​町​の​外​へ​追い立て​ます。そして​イエス​を​崖​から​突き落とそ​う​と​し​ます。しかし​イエス​は​無事​に​人々​の​手​を​逃れ,ガリラヤ​湖​の​北西​の​沿岸​に​ある​町​カペルナウム​に​行き​ます。