内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 63​章

信仰を妨げるものと罪について教える

信仰を妨げるものと罪について教える

マタイ 18:6‐20 マルコ 9:38‐50 ルカ 9:49,50

  • 信仰​を​妨げる​もの

  • 兄弟​が​罪​を​犯し​た​時

イエス​は​弟子​たち​が​持つ​べき​態度​に​つい​て​子供​を​実例​と​し​て​教え​まし​た。弟子​たち​は「[イエス]の​名​の​ため​に​この​よう​な​幼い​子供……を​受け入れ」,「[イエス]を​も​受け入れ」なけれ​ば​なり​ませ​ん。(マタイ 18:5)何​の​立場​も​持っ​て​い​ない​子供​の​よう​な​謙遜​さ​が​必要​な​の​です。

使徒​たち​は​誰​が​一番​偉い​か​議論​し​た​ばかり​だっ​た​の​で,イエス​の​言葉​は​良い​助言​と​なっ​た​でしょ​う。ここ​で​使徒​ヨハネ​が,最近​起き​た​出来事​に​話題​を​振り​ます。「ある​人​が​あなた​の​名​を​使っ​て​邪悪​な​天使​を​追い出し​て​い​た​の​で,私たち​は​やめ​させ​よう​と​し​まし​た。私たち​と​一緒​に​あなた​に​従っ​て​い​ない​から​です」。(ルカ 9:49

ヨハネ​は,人​を​癒やし​邪悪​な​天使​を​追い出す​権威​を​与え​られ​て​いる​の​は​自分​たち​だけ​なのに,なぜ​その​男性​が​邪悪​な​天使​を​追い出せる​の​か,と​思っ​た​の​でしょ​う。ヨハネ​は,自分​たち​に​同行​し​て​い​ない​その​人​が​奇跡​を​行う​の​は​おかしい,と​考え​た​よう​です。

しかし,イエス​の​次​の​言葉​を​聞い​て​ヨハネ​は​驚い​た​でしょ​う。「やめ​させ​よう​と​し​て​は​なり​ませ​ん。私​の​名​に​よっ​て​強力​な​行い​を​し​ながら,すぐ​私​を​悪く​言える​人​は​い​ない​から​です。私たち​に​反対​し​て​い​ない​人​は​私たち​に​味方​し​て​いる​の​です。はっきり​言い​ます​が,あなたたち​が​キリスト​の​弟子​だ​と​いう​理由​で​1​杯​の​飲み水​を​与え​て​くれる​人​は,必ず​報い​を​得​ます」。(マルコ 9:39‐41

この​当時,イエス​の​味方​に​なる​ため​に​キリスト​と​一緒​に​行動​する​必要​は​あり​ませ​ん​でし​た。クリスチャン​会衆​は​まだ​設立​さ​れ​て​い​ませ​ん。ですから,イエス​と​旅​を​し​ない​と​し​て​も,反対​者​で​ある​と​か​偽り​の​宗教​を​推進​し​て​いる​と​いう​こと​に​は​なり​ませ​ん。この​男性​が​イエス​の​名​に​信仰​を​持っ​て​い​た​こと​は​明らか​です。それ​で​イエス​は,その​人​は​報い​を​得る​と​言っ​た​の​です。

しかし,使徒​たち​が​その​男性​の​信仰​を​妨げる​の​は​重大​な​こと​です。イエス​は​言い​ます。「信仰​を​持つ​その​よう​な​目立た​ない​人​1​人​の​信仰​を​妨げる​人​は,ロバ​が​回す​ひき臼​の​石​を​首​に​掛け​られ​て​海​に​投げ込ま​れる​方​が​まし​です」。(マルコ 9:42)続け​て​イエス​は,手​や​足​や​目​など​貴重​な​もの​で​も,信仰​を​妨げ​て​いる​なら,捨て去る​べき​だ​と​教え​ます。自分​に​とっ​て​大切​な​もの​に​しがみつい​て​ゲヘナ(ヒンノム​の​谷)に​行く​より​は,それら​を​捨て​て​でも​神​の​王国​に​入る​方​が​良い​の​です。ヒンノム​の​谷​は​エルサレム​の​近く​に​あり,そこ​で​は​ごみ​が​燃やさ​れ​て​い​まし​た。ですから​使徒​たち​は,ゲヘナ​が​永遠​の​滅び​を​表し​て​いる​と​理解​でき​た​でしょ​う。

イエス​は​さらに​こう​警告​し​ます。「それら​目立た​ない​人​の​1​人​を​も​軽く​見​ない​よう​に​し​なさい。あなたたち​に​言い​ます​が,彼ら​の​天使​たち​は,天​に​いる​父​の​前​に​常​に​いる​の​です」。この「目立た​ない​人」たち​は​天​の​父​に​とっ​て​どれ​ほど​大切​な​の​でしょ​う​か。イエス​は​100​匹​の​羊​を​飼っ​て​いる​人​の​例え​を​話し​ます。100​匹​の​うち​の​ 1​匹​が​い​なく​なる​と,その​人​は​99​匹​を​残し​て​捜し​に​行き​ます。そして​見つける​と,99​匹​の​こと​以上​に​その​1​匹​の​こと​で​大喜び​し​ます。イエス​は,「それら​目立た​ない​人​が​1​人​で​も​滅びる​の​は,天​に​いる​私​の​父​の​望む​ところ​で​は​あり​ませ​ん」と​話し​ます。(マタイ 18:10,14

イエス​は​誰​が​一番​偉い​の​か​言い合っ​て​い​た​使徒​たち​の​こと​を​考え​て​い​た​よう​です。それで,こう​勧め​ます。「自分​の​内​に​塩​を​持ち​なさい。そして,互い​に​平和​を​保ち​なさい」。(マルコ 9:50)塩​が​あれ​ば​食べ物​は​食べ​やすく​なり​ます。塩​で​味付け​する​か​の​よう​に​言葉​を​選​ん​で​話す​なら,相手​は​受け入れ​やすく​なり,平和​を​保て​ます。言い合っ​て​しまう​と,そう​は​なり​ませ​ん。(コロサイ 4:6

イエス​は,深刻​な​問題​の​解決​方法​を​こう​教え​ます。「もし​あなた​の​兄弟​が​罪​を​犯し​た​なら,行っ​て,あなた​と​兄弟​だけ​の​間​で​罪​を​明らか​に​し​なさい。あなた​が​話す​こと​を​兄弟​が​聞く​なら,あなた​は​兄弟​を​助け​た​の​です」。相手​が​聞か​ない​なら​どう​し​ます​か。イエス​は,「1​人​か​2​人​を​連れ​て​いき​なさい。どんな​事​も​2​人​か​3​人​の​証言​に​よっ​て​確かめ​られる​ため​です」と​言い​ます。それ​で​解決​し​ない​場合​は,「会衆」に,つまり​長老​たち​に​話し,判断​を​委ねる​こと​が​でき​ます。それでも​罪​を​犯し​た​人​が​聞か​ない​なら​どう​し​ます​か。「その​兄弟​を,あなた​に​とっ​て,異国​人​や​徴税​人​の​よう​な​者​と​し​なさい」と​イエス​は​教え​ます。当時​の​ユダヤ​人​は​そう​し​た​人​たち​と​交友​を​持ち​ませ​ん​でし​た。(マタイ 18:15‐17

会衆​の​監督​たち​は​神​の​言葉​に​しっかり​と​従い​ます。もし​ある​人​の​罪​が​確認​さ​れ,矯正​が​必要​なら,その​裁き​は「天​で​すでに​縛ら​れ」た​もの​です。しかし,その​人​の​無罪​が​証明​さ​れる​なら,それ​は「天​で​すでに​解か​れ」た​もの​です。この​考え方​は​会衆​が​設立​さ​れ​た​後​に​大変​役立つ​でしょ​う。イエス​は​こう​し​た​重大​な​問題​を​扱う​時​の​こと​に​つい​て,「2​人​か​3​人​が​私​の​名​に​おい​て​集まっ​て​いる​所​に​は,私​も​いる」と​話し​ます。(マタイ 18:18‐20