内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

イエス 道,真理,命

 セクション​3

ガリラヤでの大規模な伝道活動

「イエス​は​伝道​を​開始​し​て,『……天​の​王国​は​近づい​た​から​です』と​言い​始め​た」。マタイ 4:17

ガリラヤでの大規模な伝道活動

このセクションの内容

20章

カナでの2度目の奇跡

イエスは,約25キロ離れた所にいる若者を癒やしました。

21章

ナザレの会堂で

ナザレの人たちがイエスを殺そうとしたのは,イエスがどんなことを言ったからですか。

22章

4人の漁師が人を集める漁師になる

イエスは4人の弟子に,違う種類の漁を行うよう勧めます。

23章

カペルナウムで大勢の人を癒やす

邪悪な天使はイエスによって追い出された時,イエスが神の子であることを話してはならないと命じられます。それはなぜでしょうか。

24章

ガリラヤ中で伝道する

人々はイエスに癒やしてもらおうとやって来ます。しかしイエスは,伝道にはより大きな目的があると説明します。

25章

思いやりに動かされて重い皮膚病の人を癒やす

イエスは短くも力強い言葉で,癒やす人への心からの気遣いを表現しました。

26章

「あなたの罪は許されています」

イエスは罪と病気のつながりについて何と言いましたか。

27章

マタイが加わる

イエスが罪人として知られる人たちと一緒に食事を楽しむのはなぜでしょうか。

28章

イエスの弟子たちが断食をしない理由

イエスは,ぶどう酒を入れる革袋の例えを使って質問に答えます。

29章

安息日に良いことを行えるか

38年も病気だったその人を癒やしたことで,ユダヤ人がイエスを迫害するのはなぜでしょうか。

30章

イエスは神の子

ユダヤ人たちは,イエスが自分を神と同等の存在としていると考えます。しかしイエスは,神が自分より上であることを説明します。

31章

安息日に穀物をむしる

イエスが自分のことを「安息日の主」と呼んだのはなぜですか。

32章

安息日に関する正しい見方

サドカイ派とパリサイ派は対立していますが,ある目的のために団結します。

33章

イザヤの預言を実現する

イエスが癒やした人に,誰に癒やしてもらったか,どのように癒やされたかを話さないよう命じたのはなぜでしょうか。

34章

12使徒を選ぶ

使徒と弟子の違いは何ですか。

35章

有名な山上の垂訓

イエスの講話の要点をまとめています。

36章

百人隊長の立派な信仰

イエスはこの士官のどんな点にとても驚きましたか。

37章

やもめの息子を復活させる

この奇跡を見た人たちは,その出来事の重要性を認識します。

38章

ヨハネはイエスに質問する

バプテストのヨハネがイエスに,メシアかどうか質問したのはなぜでしたか。信仰が弱くなっていたのでしょうか。

39章

鈍感な世代は悲惨

裁きの日には,イエスの活動の本拠地があったカペルナウムよりソドムの方が耐えやすい,とイエスは話します。

40章

許しについて教える

イエスは,娼婦と思われる女性に罪が許されていると語った時,神の律法を破ってもよいと言っていたのでしょうか。

41章

奇跡は誰の力によるものか

イエスの弟たちは,イエスの頭がおかしくなってしまったと考えています。

42章

パリサイ派の人々に強く警告する

「預言者ヨナのしるし」とは何ですか。

43章

王国に関する例え

イエスは8つの例えを使って,天の王国に関するさまざまな面について説明します。

44章

海の嵐を静める

イエスが風と波を静めたことから,王国の支配下での生活について大切なことが分かります。

45章

大勢の邪悪な天使を追い出す

大勢の邪悪な天使が1人の人に取りつくことはありますか。

46章

イエスの外衣に触って癒やされる

イエスの持つ力と思いやりがよく分かる,心温まる出来事が起きます。

47章

少女が復活する

死んだ少女はただ眠っているだけだとイエスが言った時,人々はイエスをばかにして笑います。しかし,人々はどんなことを知りませんでしたか。

48章

奇跡を行うが,ナザレで退けられる

イエスが見事に教え,奇跡を行ったにもかかわらず,ナザレの人々がイエスを退けたのはなぜでしょうか。

49章

ガリラヤで伝道し,使徒たちを訓練する

「天の王国は近づいた」とはどういう意味ですか。

50章

迫害されても伝道を続けるための準備

死を恐れるべきでないのに,迫害に遭った時に逃げるようイエスが使徒たちに命じたのはなぜですか。

51章

誕生パーティーの裏で行われた殺人

サロメの踊りを見たヘロデは大変喜び,欲しいものは何でも与えようと約束します。サロメは何を求めたでしょうか。

52章

少しのパンと魚で非常に大勢の人に食事をさせる

イエスのこの奇跡はあまりにも素晴らしかったので,4福音書全てに記録されています。

53章

風と海をコントロールする支配者

イエスが水の上を歩き,暴風を静めた時,使徒たちはどんな教訓を学んだでしょうか。

54章

イエスは「命のパン」

大きな努力を払って自分の元に来た人々をイエスが非難したのはなぜでしょうか。

55章

大勢の人がイエスの言葉に衝撃を受ける

イエスが衝撃的な事柄を教えたため,多くの弟子たちはイエスを見捨ててしまいます。

56章

人を本当に汚すものとは何か

口に入るものと,口から出るもののどちらが人を汚しますか。

57章

女の子と耳が聞こえない人を癒やす

イエスがフェニキア人のことを小犬と表現した時に,女性が腹を立てなかったのはなぜですか。

58章

パンを増やし,パン種について警告する

弟子たちはイエスが言っているパン種の意味をやっと理解します。

59章

人の子とは誰のことか

王国の鍵とは何ですか。それらの鍵は誰が,どのように使いますか。

60章

栄光のうちにキリストの姿が変わる

イエスの姿はどのように変わりましたか。この幻にはどんな意味がありましたか。

61章

邪悪な天使に取りつかれた男の子を癒やす

イエスは,癒やしが行えなかったのは信仰が少なかったからであると説明します。誰の信仰でしょうか。男の子ですか。父親ですか。それとも弟子たちでしょうか。

62章

謙遜さについての大切な教え

大人も幼い子供から大切なことを学べます。

63章

信仰を妨げるものと罪について教える

仲間のクリスチャンとの間で深刻な問題が生じた時に,どんな3つのステップを踏めるでしょうか。

64章

許すことの大切さ

イエスは思いやりのない奴隷の例えを使って,人を進んで許そうとする態度を神が大切に思っていることを教えます。

65章

エルサレムへの旅の途中で教える

イエスは3人の人と交わした短い会話の中で,自分の弟子になることを妨げかねない態度について教えます。