内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

お子さんを教えましょう

 レッスン13

テモテは人びとを助けたいと思った

テモテは人びとを助けたいと思った

テモテは,人びと喜ん助けるかもた。人びと助けるため,いろいろ場所て,わくわくするよう毎日すごしました。テモテついもっと知りたいですか。―

テモテは,お母さんおばあさんから,エホバつい教えもらっ

テモテルステラ育ちました。小さいから,おばあさんロイスお母さんユニケから,エホバつい教えもらいました。こう成長テモテは,人びとエホバつい知る助けたい,と思うようなりました。

テモテは,まだわかいころパウロから,「いっしょ伝道旅行行きましょう」とさそわました。テモテは,「はい,行きます!」と答えました。人びとぜひ助け行きたい,と思っからです。

 テモテパウロて,マケドニア地方テサロニケ向かいました。長いきょり歩き,船乗って,ようやく着きました。二そこで,エホバつい知るようたくさん助けました。ところが,あるたちとてもおこって,二いためつけようました。それで,パウロテモテテサロニケからなけれならず,ほか場所伝道行きました。

テモテは,楽しくて,わくわくするよう生活

あと,パウロテモテに,テサロニケ兄弟たち様子ほしい,と言いました。きけテサロニケもどるは,とても勇気いることでした。でも,テモテ兄弟たちこと心配だっで,行きました。テモテ帰っくると,パウロ良い知らせ伝えました。「テサロニケ兄弟たち元気で,がんばっます」と伝えです。

テモテパウロいっしょほうしました。パウロある時,このよう書きました。「わたしテモテつかわします。テモテは,皆さん助ける一番ふさわしいです」。テモテエホバ人びと愛しました。

あなたそうですか。ほかエホバつい知ることできるよう助けたいですか。― もしそうするなら,テモテように,とても楽しくて,わくわくするよう生活できます!