内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

お子さんを教えましょう

 レッスン​5

サムエルは正しいことを行ない続けた

サムエルは正しいことを行ない続けた

サムエル​は,小さい​時​から​まくや​に​住ん​で​そこで​働き​まし​た。まくや​は,人びと​が​エホバ​を​すうはい​する​ため​に​行く​場所​でし​た。サムエル​が​どうして​まくや​に​住む​こと​に​なっ​た​か,知っ​て​い​ます​か。

サムエル​の​お母さん​は,ハンナ​と​いう​人​です。ハンナ​は​赤ちゃん​が​とても​ほしかっ​た​の​です​が,なかなか​でき​ませ​ん​でし​た。それ​で​エホバ​に,どうか​赤ちゃん​を​ください,と​いのり​まし​た。「もし​男​の​子​が​生ま​れ​た​なら,まくや​に​住ま​せ,そこで​働か​せ​ます」と​約束​し​まし​た。エホバ​は​ハンナ​の​いのり​を​かなえ,ハンナ​は​男​の​子​を​産み​まし​た。ハンナ​は​その​子​に​サムエル​と​いう​名前​を​付け​ます。そして​約束​どおり,サムエル​を​まくや​に​連れ​て​行き​まし​た。サムエル​は,そこで​神​へ​の​ほうし​を​する​よう​に​なり​まし​た。その​ころ,サムエル​は​3​さい​か​4​さい​だっ​た​でしょ​う。

エリ​は,まくや​で​ほうし​する​大​祭司​でし​た。エリ​の​二​人​の​息子​も​そこで​働い​て​い​まし​た。まくや​は,神​を​すうはい​する​ため​の​場所​でし​た​ね。まくや​で​働く​人​たち​は,良い​こと​を​し​て​い​なけれ​ば​なり​ませ​ん。でも,エリ​の​息子​たち​は​とても​悪い​こと​を​し​て​い​まし​た。サムエル​は​それ​を​見​て​い​まし​た。サムエル​も​エリ​の​息子​たち​の​よう​に​悪い​こと​を​し​まし​た​か。― いいえ,正しい​こと​を​行ない​続け​まし​た。お父さん​と​お母さん​に​教え​られ​た​とおり​に​し​た​の​です。

エリ​は,自分​の​息子​たち​が​悪い​こと​を​し​て​いる​の​を​知っ​て​い​まし​た。エリ​は​どう​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た​か。― 息子​たち​を​きびしく​しかっ​て,まくや​で​ほうし​する​の​を​やめ​させ​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。ところが,エリ​は​そう​し​ませ​ん​でし​た。エホバ​は​おこっ​て,エリ​と​エリ​の​息子​たち​に,ばつ​を​あたえる​こと​に​し​まし​た。

サムエル​は​エホバ​の​話さ​れ​た​こと​を​エリ​に​伝え​た

ある​夜,サムエル​が​ね​て​いる​と,「サムエル!」と​よぶ​声​が​聞こえ​まし​た。サムエル​は​エリ​の​ところ​に​走っ​て​行き​ます。でも​エリ​は,「わたし​は​よん​で​い​ない」と​言い​ます。同じ​こと​が,あと​2​回​起き​まし​た。3​回​目​の​時,エリ​は​サムエル​に​こう​言い​ます。 「もう​いちど​声​が​聞こえ​たら,『エホバ​よ,お話し​ください。わたし​は​聞い​て​おり​ます』と​答え​なさい」。サムエル​は​その​とおり​に​し​ます。すると,エホバ​は​サムエル​に​こう​言い​ます。「わたし​は​エリ​の​家族​に​ばつ​を​あたえ​ます。エリ​の​家族​は​悪い​こと​を​し​た​から​です。この​こと​を​エリ​に​話し​なさい」。サムエル​が​この​こと​を​エリ​に​話す​の​は,かんたん​だっ​た​と​思い​ます​か。― いいえ。サムエル​は​話す​の​を​おそれ​まし​た。でも,エホバ​から​言わ​れ​た​とおり​に​し​まし​た。そして,エホバ​の​お告げ​の​とおり​に​なり​まし​た。エリ​の​二​人​の​息子​は​死​に,エリ​も​死に​まし​た。

サムエル​は​わたしたち​の​良い​手本​です。周り​の​人​が​悪い​こと​を​し​て​い​て​も,正しい​こと​を​し​た​から​です。あなた​は​どう​です​か。サムエル​の​よう​に,正しい​こと​を​行ない​続け​ます​か。そう​する​なら,エホバ​も,お父さん​や​お母さん​も,喜ん​で​くださる​でしょ​う。

聖書​から​読み​ましょ​う