内容へ

目次へ

 特集​記事 | 神​は​戦争​を​どう​見​て​いる​か

戦争に対する神の見方 古代において

戦争に対する神の見方 古代において

ずっ​と​虐げ​られ​て​き​た​その​民​は,神​に​何​度​も​救出​を​祈り​求め​ます​が,何​の​答え​も​あり​ませ​ん。少なく​と​も​しばらく​の​間​は​そう​でし​た。その​民​と​は​古代​の​神​の​民​イスラエル​で,彼ら​を​虐げ​て​い​た​の​は​強国​エジプト​でし​た。(出エジプト​記 1:13,14)イスラエル​人​は​長年,神​が​エジプト​の​圧制​を​終わらせる​の​を​待ち望ん​で​い​まし​た。そして​ついに,神​が​行動​さ​れる​時​が​来​ます。(出エジプト​記 3:7‐10)聖書​に​よる​と,神​自ら​エジプト​人​と​戦わ​れ​まし​た。エジプト​に​一連​の​壊滅​的​な​災厄​を​臨ま​せ,王​と​その​軍勢​を​紅海​で​滅ぼし​ます。(詩編 136:15)エホバ​神​は,ご自分​の​民​の​ため​に「雄々しい​戦人」と​し​て​行動​さ​れ​まし​た。―出エジプト​記 15:3,4

神​自ら​エジプト​人​と​戦わ​れ​た​こと​から​する​と,神​は​すべて​の​戦争​に​反対​し​て​いる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。戦争​を​する​権限​を​ご自分​の​民​イスラエル​に​与え​た​こと​も​あり​ます。例えば,神​は​イスラエル​人​に​対し​て,甚だしい​まで​に​邪悪​だっ​た​カナン​人​と​の​戦い​を​命じ​まし​た。(申命記 9:5; 20:17,18)また,イスラエル​の​王​ダビデ​に,圧制​的​な​フィリスティア​人​と​戦う​よう​指示​し,必勝​戦術​を​授ける​こと​さえ​し​て​い​ます。―サムエル​第​二 5:17‐25

聖書​の​こう​し​た​記述​から​分かる​とおり,神​は,ある​種​の​悪​や​圧制​が​イスラエル​国民​を​脅かす​場合​に,民​の​保護​と​真​の​崇拝​の​存続​を​目的​と​し​た​戦い​を​よし​と​され​まし​た。と​は​いえ,神​が​命じ​た​戦い​に​つい​て​は,見過ごし​て​は​なら​ない​3​つ​の​重要​な​点​が​あり​ます。

  1. だれ​が​戦う​か​を​神​が​決定​し​た。神​は​イスラエル​人​に,「あなた方​は……戦う​に​は​およば​ない」と​告げ​た​こと​が​あり​ます。なぜ​でしょ​う​か。イスラエル​国民​の​ため​に​神​自ら​が​戦わ​れる​から​です。(歴代​第​二 20:17; 32:7,8)ほか​に​も​その​よう​な​事例​は​多く​あり,記事​の​冒頭​で​述べ​た​出来事​も​その​一例​です。神​は​また,古代​イスラエル​の​ご自分​の​民​に,約束​の​地​を​征服​し​防衛​する​ため​に​戦う​よう​命じ​た​こと​も​あり​ます。―申命記 7:1,2。ヨシュア 10:40

  2. いつ​戦う​か​を​神​が​決定​し​た。神​の​僕​たち​は,神​の​ご予定​の​時​まで,周囲​の​圧制​者​や​邪悪​な​人々​と​戦う​の​を​辛抱強く​待つ​必要​が​あり,その​時​まで​は​戦っ​て​は​なり​ませ​ん​でし​た。待た​ず​に​行動​し​た​場合,神​の​恵み​を​ 失い​まし​た。聖書​は,イスラエル​人​が​神​から​権限​を​与え​られ​て​い​ない​戦争​を​あえて​行なっ​た​時​に​は,たいてい​悲惨​な​結果​に​なっ​た​こと​を​示し​て​い​ます。 *

  3. 神​は​カナン​人​に​対する​戦い​を​行なっ​た​が,ラハブ​と​その​家族​など,一部​の​人々​の​命​を​救わ​れ​た

    神​は​人​の​死​を​喜ば​れ​ない。邪悪​な​人​の​死​も​例外​で​は​ない。エホバ​神​は​命​の​源​で,人間​を​造ら​れ​た​方​です。(詩編 36:9)ですから,神​は​人​が​死ぬ​の​を​見​たい​と​思っ​て​は​おら​れ​ませ​ん。しかし​残念​な​こと​に,他​の​人​を​虐げる​こと​や​殺す​こと​さえ​画策​する​邪悪​な​人々​も​い​ます。(詩編 37:12,14)神​は​過去​に,そう​し​た​悪​を​やめ​させる​ため,イスラエル​に​邪悪​な​人々​と​戦う​権限​を​与える​こと​が​あり​まし​た。しかし​神​は,イスラエル​を​虐げる​人々​に​対し,いつ​で​も,「怒る​こと​に​遅く」「憐れみ」深い​こと​を​示し​まし​た。(詩編 86:15)例えば,都市​を​攻める​際​に「和平​の​条件​を​も​告げ」る​よう​に​と​イスラエル​人​に​お命じ​に​なり​まし​た。都市​の​住民​に,行ない​を​改めて​戦い​を​回避​する​機会​を​与える​ため​です。(申命記 20:10‐13)神​は,「邪悪​な​者​の​死​で​は​なく,邪悪​な​者​が​その​道​から​立ち返っ​て,実際​に​生き​つづける​こと​を​喜ぶ」の​です。―エゼキエル 33:11,14‐16 *

これ​まで​取り上げ​て​き​た​事柄​から​分かる​とおり,神​は​古代​に​おい​て,戦い​を,様々​な​虐げ​や​悪​を​終わらせる​正当​な​手段​と​みなし​て​おら​れ​まし​た。そして,いつ​戦う​か​だれ​が​戦う​か​を​決め​た​の​は,人間​で​は​なく​神​でし​た。それにしても,神​は​残虐​な​戦い​を​積極​的​に​行なっ​た​の​でしょ​う​か。その​よう​な​こと​は​あり​ませ​ん。神​は​暴虐​を​憎ま​れる​から​です。(詩編 11:5)では,戦争​に​対する​神​の​見方​は,イエス​・​キリスト​が​宣教​を​開始​し​た​1​世紀​に​変わっ​た​の​でしょ​う​か。

^ 7節 次​の​よう​な​例​が​あり​ます。アマレク​人​と​カナン​人​と​の​戦い​に​関し​て,イスラエル​人​は,戦っ​て​は​なら​ない​と​神​から​命じ​られ​て​い​た​の​に​それ​を​無視​し​た​ため,敗北​を​喫し​まし​た。(民数記 14:41‐45)また​何百​年​も​後,忠実​な​ヨシヤ​王​は​神​の​認め​て​い​ない​戦い​に​臨み,この​軽率​な​行動​に​よっ​て​命​を​失い​まし​た。―歴代​第​二 35:20‐24

^ 8節 イスラエル​人​は​カナン​人​に​は​和平​の​条件​を​告げ​ませ​ん​でし​た。なぜ​でしょ​う​か。カナン​人​は,その​邪悪​な​歩み​を​正す​ため​に​400​年​の​期間​を​与え​られ​て​い​た​から​です。イスラエル​人​が​攻め​て​来​た​時,その​邪悪​さ​は,集団​と​し​て​矯正​不能​な​まで​に​なっ​て​い​まし​た。(創世記 15:13‐16)その​ため,カナン​人​は​完全​に​滅ぼし尽くさ​れ​まし​た。しかし,行ない​を​改め​た​個々​の​人​の​命​は​救わ​れ​まし​た。―ヨシュア 6:25; 9:3‐27