内容へ

目次へ

 特集​記事 | 神​は​戦争​を​どう​見​て​いる​か

戦争に対する神の見方 1世紀において

戦争に対する神の見方 1世紀において

1​世紀​の​ユダヤ​人​たち​は​ずっ​と​虐げ​られ​て​い​まし​た。彼ら​も​父祖​たち​の​よう​に,神​に​何​度​も​救出​を​祈り​求め​た​に​違いあり​ませ​ん。この​たび​は​ローマ​帝国​の​圧制​的​な​くびき​から​の​救出​です。そんな​時​に​イエス​の​こと​に​つい​て​聞き​ます。イエス​は​約束​の​メシア​な​の​でしょ​う​か。無理​も​ない​こと​です​が,多く​の​ユダヤ​人​は,「この​人​が[ローマ​の​圧制​から]イスラエル​を​救出​する​よう​に​定め​られ​た​方​だ​と​希望​を​かけ」まし​た。(ルカ 24:21)しかし,救出​は​もたらさ​れ​ませ​ん​でし​た。それどころか,西暦​70​年​に​ローマ​軍​が​エルサレム​と​その​神殿​を​滅ぼし​て​しまい​ます。

一体,どう​いう​こと​でしょ​う​か。神​は​なぜ​古代​の​時​の​よう​に,ユダヤ​人​の​ため​に​戦わ​なかっ​た​の​でしょ​う​か。また​なぜ​ユダヤ​人​に,抑圧​から​自由​に​なる​ため​に​戦う​こと​を​許さ​なかっ​た​の​でしょ​う​か。戦争​に​対する​神​の​見方​は​変わっ​た​の​です​か。いいえ,その​よう​な​こと​は​あり​ませ​ん。神​の​見方​で​は​なく,ユダヤ​人​の​ほう​が​大きく​変わっ​て​しまっ​た​の​です。彼ら​はメシアで​ある​神​の​子​イエス​を​退け​た​ため,国民​と​し​て,神​と​の​特別​な​関係​を​失っ​て​しまい​まし​た。―使徒 2:36。マタイ 23:37,38

ユダヤ​国民​と​約束​の​地​は,もはや​神​の​保護​の​もと​に​あり​ませ​ん​でし​た。また​ユダヤ​人​は​戦い​の​際,自分​たち​が​神​から​の​是認​と​後ろ盾​を​得​て​いる​と​正当​に​主張​する​こと​も​でき​なく​なり​まし​た。イエス​の​予告​どおり,神​の​恵み​を​得​て​いる​ゆえに​与え​られる​数々​の​祝福​は,生来​の​イスラエル​国民​で​は​なく​新しい​国民​に,後​に​聖書​で「神​の​イスラエル」と​し​て​言及​さ​れる​霊的​な​国民​に​注が​れる​よう​に​なっ​て​い​た​の​です。(ガラテア 6:16。マタイ 21:43)そして​油そそが​れ​た​クリスチャン​から​成る​会衆​が,この​霊的​な​国民​で​ある​神​の​イスラエル​です。1​世紀​に​彼ら​は,「あなた方​は……今​は​神​の​民​で​ある」と​告げ​られ​た​から​です。―ペテロ​第​一 2:9,10

神​は,「神​の​民」と​なっ​た​1​世紀​の​クリスチャン​を​ローマ​の​圧制​から​解放​する​ため​に​戦わ​れ​た​でしょ​う​か。あるいは​クリスチャン​に,圧制​者​に​敵対​し​て​戦う​権限​を​与え​た​でしょ​う​か。いいえ,そう​は​され​ませ​ん​でし​た。前​の​記事​で​示さ​れ​た​よう​に,神​が​戦い​を​命じる​場合​は,いつ​戦う​か​を​自ら​決定​さ​れる​から​です。神​は​1​世紀​の​クリスチャン​の​ため​に​戦っ​たり,クリスチャン​に​世​の​戦争​に​関与​する​権限​を​与え​たり​され​ませ​ん​でし​た。ですから,1​世紀​が,悪​や​虐げ​に​対し​て​戦い​を​行なう,神​の​ご予定​の​時​で​なかっ​た​こと​は​明らか​です。

それ​で​1​世紀​の​クリスチャン​たち​も,古代​の​神​の​僕​たち​の​よう​に,悪​や​虐げ​を​終わらせる​神​の​ご予定​の​時​を​待つ​必要​が​あり​まし​た。その​間,敵対​者​に​対し​て​戦う​権限​は​神​から​与え​られ​て​い​ませ​ん​でし​た。イエス​・​キリスト​は,その​点​を​はっきり​教え​て​い​ます。例えば,弟子​たち​に​戦う​よう​命じ​たり​は​せ​ず,「あなた方​の​敵​を​愛し​つづけ,あなた方​を​迫害​し​て​いる​者​たち​の​ため​に​祈り​つづけ​なさい」と​述べ​まし​た。(マタイ 5:44)また,1​世紀​に​エルサレム​が​ローマ​軍​に​攻撃​さ​れる​こと​を​予告​し​た​際​に​も,エルサレム​に​とどまっ​て​戦い​なさい​と​は​言わ​ず,逃げ​なさい​と​述べ​まし​た。そして​弟子​たち​は​そう​し​まし​た。―ルカ 21:20,21

さらに,使徒​パウロ​は​霊感​の​もと​に,「自分​で​復しゅう​を​し​て​は​なり​ませ​ん。……こう​書い​て​ある​から​です。『復しゅう​は​わたし​の​もの,わたし​が​返報​する,と​エホバ​は​言わ​ れる』」と​書い​て​い​ます。(ローマ 12:19)パウロ​は​神​が​何​世紀​も​前​に​語ら​れ​た​言葉​を​引用​し​て​い​まし​た。その​言葉​は​レビ​記 19​章​18​節​および​申命記 32​章​35​節​に​記さ​れ​て​い​ます。前​の​記事​に​あっ​た​よう​に,神​は​古代​に​おい​て​ご自分​の​民​が​敵​と​戦う​際​に​民​を​助ける​こと​に​より,敵​に​報復​し​まし​た。それ​で​パウロ​の​言葉​から,戦争​に​対する​神​の​見方​は​変わっ​て​い​ない​こと​が​分かり​ます。1​世紀​に​おい​て​も​神​は​戦争​を,ご自分​の​僕​たち​の​ため​に​戦っ​て​悪​と​虐げ​を​終わらせる,正当​な​手段​と​みなし​て​おら​れ​まし​た。と​は​いえ,古代​に​おける​と​同じ​よう​に,いつ​戦う​か​だれ​が​戦う​か​に​関し​て​は,自ら​決定​さ​れ​まし​た。

ですから,神​が​1​世紀​の​クリスチャン​に​戦う​権限​を​与え​て​い​なかっ​た​こと​は​明らか​です。では,今日​は​どう​です​か。神​は​ある​人々​に​戦争​を​行なう​権限​を​与え​て​おら​れる​でしょ​う​か。それとも,神​が​ご自分​の​僕​たち​の​ため​に​介入​し​て​戦う​時​な​の​でしょ​う​か。神​は​今日​の​戦争​を​どう​見​て​おら​れ​ます​か。答え​は,この​特集​の​最後​の​記事​の​中​で​示さ​れ​て​い​ます。