内容へ

目次へ

神を見いだすことは本当に可能ですか

神を見いだすことは本当に可能ですか

「神​は​人知​の​及ば​ない​方​で​ある」。―アレクサンドリア​の​フィロン,西暦​1​世紀​の​哲学​者。

「神​は,わたしたち​ひとりひとり​から​遠く​離れ​て​おら​れる​わけ​で​は​あり​ませ​ん」。―タルソス​の​サウロ,西暦​1​世紀​に​アテネ​の​哲学​者​たち​に​語っ​た​言葉。

あなた​は​上​の​言葉​の​どちら​に​共感​し​ます​か。使徒​パウロ​と​し​て​も​知ら​れる​タルソス​の​サウロ​の​言葉​に​慰め​を​得​て​魅力​を​感じる​人​は​少なく​あり​ませ​ん。(使徒 17:26,27)聖書​に​は,同じ​よう​な​保証​の​言葉​が​ほか​に​も​あり​ます。例えば,イエス​の​祈り​の​中​に​は,ご自分​の​追随​者​が​神​を​知っ​て​祝福​を​得る​こと​は​可能​で​ある,と​いう​温かい​保証​の​言葉​が​含ま​れ​て​い​ます。―ヨハネ 17:3

と​は​いえ,フィロン​など​の​哲学​者​たち​は​違う​見方​を​し​て​い​まし​た。神​は​人知​の​及ば​ない​方​な​の​で,神​を​知る​こと​は​到底​でき​ない​と​言っ​て​い​た​の​です。では,どちら​が​真実​でしょ​う​か。

人間​に​は​神​に​つい​て​理解​する​の​が​難しい​事柄​も​ある,と​聖書​は​率直​に​認め​て​い​ます。例えば,神​が​存在​し​て​いる​長さ​や,神​の​卓越​し​た​知性​と​知恵​の​深さ​は,計算​し​たり​測定​し​たり​できる​もの​で​は​あり​ませ​ん。人間​の​理解​を​はるか​に​超え​て​いる​の​です。だから​と​いっ​て,神​を​知る​こと​が​でき​ない​わけ​で​は​あり​ませ​ん。むしろ,そう​し​た​事柄​を​深く​考える​なら,「神​に​近づ」く​こと​が​でき​ます。(ヤコブ 4:8)では​まず,神​に​つい​て​完全​に​は​理解​でき​ない​事柄​を​幾つ​か​考慮​し,それ​から,神​に​つい​て​はっきり​理解​できる​点​を​取り上げ​ましょ​う。

 神​に​つい​て​完全​に​は​理解​でき​ない​事柄

神​は​永遠​に​存在​し​て​いる: 聖書​は​神​が「定め​の​ない​時​から​定め​の​ない​時​に​至る​まで」存在​し​て​いる​と​教え​て​い​ます。(詩編 90:2)つまり,神​に​は​初め​も​終わり​も​ない​の​です。「数​に​おい​て​その​年​は​探り​得​ない​ほど​で​ある」と​いう​聖書​の​言葉​どおり​です。―ヨブ 36:26

わたしたち​に​どう​関係​する​か: 神​は,ご自分​を​本当​に​知る​よう​に​なる​人​に​永遠​の​命​を​与える​と​約束​し​て​くださっ​て​い​ます。(ヨハネ 17:3)神​ご自身​が​永遠​に​存在​する​方​で​なけれ​ば,その​約束​は​信頼​する​こと​など​でき​ませ​ん。「とこしえ​の​王」で​ある​神​だけ​が​その​約束​を​実現​できる​の​です。―テモテ​第​一 1:17

神​の​思考: 聖書​は,神​の​考え​が​人間​の​考え​より​も​はるか​に​高い​の​で,神​の「理解​は​探り出す​こと​が​でき​ない」と​教え​て​い​ます。(イザヤ 40:28; 55:9)適切​に​も​聖書​は​こう​問いかけ​て​い​ます。「だれ​が​主​の​思い​を​理解​し​て,彼​を​教える​よう​に​なっ​た​だろ​う​か」。―コリント​第​一 2:16,「英語​標準​訳」。

わたしたち​に​どう​関係​する​か: 神​は,大勢​の​人​が​ささげる​祈り​を​同時​に​お聞き​に​なる​こと​が​でき​ます。(詩編 65:2)また,小さな​すずめ​に​さえ​目​を​留め,その​一​羽​が​地面​に​落ちる​こと​も​見過ごさ​れ​ませ​ん。ですから​神​は,考える​事柄​が​多すぎ​て,わたしたち​の​存在​に​気づか​ない​と​か​わたしたち​の​ささげる​祈り​が​耳​に​入ら​ない​と​いう​こと​は​決して​あり​ませ​ん。神​の​思考​に​限界​は​ない​の​です。しかも,わたしたち​は​神​に​とっ​て「たくさん​の​すずめ​より​価値​が​ある​の​です」。―マタイ 10:29,31

神​の​道: 聖書​は,人間​は「まこと​の​神​の​行なわ​れ​た​業​を……始め​から​終わり​まで​決して​見いだす​こと​が​でき​ない」と​教え​て​い​ます。(伝道​の​書 3:11)ですから,神​に​つい​て​すべて​を​知る​こと​は​不可能​です。神​の​道​の​背後​に​ある​知恵​は,「たどり​がたい​もの」な​の​です。(ローマ 11:33)と​は​いえ,神​は​ご自分​の​道​を,神​に​喜ば​れ​たい​と​願う​人々​に​進ん​で​明らか​に​し​て​ください​ます。―アモス 3:7

神​が​存在​し​て​いる​長さ​や,神​の​卓越​し​た​知性​と​知恵​の​深さ​は,計算​し​たり​測定​し​たり​できる​もの​で​は​あり​ませ​ん

わたしたち​に​どう​関係​する​か: 聖書​を​読ん​で​調べる​とき,神​と​神​の​道​に​つい​て​多く​の​事柄​を​学べ​ます。それ​が​尽きる​こと​は​あり​ませ​ん。わたしたち​は​永遠​に​わたっ​て,天​の​父​で​ある​神​に​つい​て​学び近づく​こと​が​でき​ます。

神​に​つい​て​分かる​こと

神​に​つい​て​の​特定​の​事柄​を​完全​に​理解​でき​ない​から​と​いっ​て,神​を​知る​こと​が​全く​でき​ない​と​いう​わけ​で​は​あり​ませ​ん。聖書​は​神​が​どんな​方​か​を​詳しく​説明​し​て​い​ます。幾つ​か​取り上げ​ましょ​う。

神​の​名前: 聖書​に​よる​と,神​に​は​名前​が​あり​ます。神​ご自身​が,「わたし​は​エホバ​で​ある。それ​が​わたし​の​名​で​ある」と​述べ​て​おら​れ​ます。聖書​の​中​で​神​の​名前​ *は​他​の​どんな​名前​より​も​多く​出​て​おり,その​数​は​およそ​7000​回​に​上り​ます。―イザヤ 42:8

わたしたち​に​どう​関係​する​か: イエス​は​模範​的​な​祈り​の​中​で,「天​に​おら​れる​わたしたち​の​父​よ,あなた​の​お名前​が​神聖​な​もの​と​され​ます​よう​に」と​述べ​まし​た。(マタイ 6:9)わたしたち​も​祈る​時,神​の​名前​を​用いる​こと​が​でき​ます。エホバ​は​ご自分​の​名前​に​ふさわしい​敬意​を​示す​人​すべて​を​喜ん​で​救っ​て​ください​ます。―ローマ 10:13

神​の​住まい: 聖書​は​2​つ​の​領域​が​存在​する​と​教え​て​い​ます。霊​の​体​を​持つ​霊者​たち​が​いる​霊​の​領域​と,地球​や​宇宙​を​含む​物質​の​領域​です。(ヨハネ 8:23。コリント​第​一 15:44)聖書​の​中​で「天」と​いう​言葉​は​多く​の​場合,霊​の​領域​を​指し​ます。創造​者​で​ある​神​の「住まわ​れる……場所」は,その「天」に​あり​ます。―列王​第​一 8:43

 わたしたち​に​どう​関係​する​か: わたしたち​は​神​を​もっと​はっきり​と​思い描く​こと​が​でき​ます。創造​者​は,あらゆる​場所​に,また​あらゆる​もの​の​中​に​いる​漠然​と​し​た​力​の​よう​な​もの​で​は​あり​ませ​ん。エホバ​は​現実​に​存在​する​場所​に​住ん​で​おら​れる​実在​する​方​です。それでも,「神​の​み前​に​明らか​で​ない​創造​物​は​一つ​も」あり​ませ​ん。―ヘブライ 4:13

神​の​性格: 聖書​に​よる​と,エホバ​は​魅力​的​な​特質​を​お持ち​です。「神​は​愛……です」。(ヨハネ​第​一 4:8)決して​偽る​こと​が​あり​ませ​ん。(テトス 1:2)公平​で,憐れみ深く,同情​心​に​富み,怒る​こと​に​遅い​方​です。(出エジプト​記 34:6。使徒 10:34)また,意外​に​思う​か​も​しれ​ませ​ん​が,創造​者​は​ご自分​を​敬う​人​と​親しい​友情​を​築き​たい​と​願っ​て​おら​れ​ます。―詩編 25:14

わたしたち​に​どう​関係​する​か: あなた​も​エホバ​神​の​友​に​なれ​ます。(ヤコブ 2:23)エホバ​の​ご性格​を​知る​と,聖書​の​記述​を​もっと​よく​理解​できる​よう​に​なる​でしょ​う。

「神​を​求める」

聖書​は​神​が​どんな​方​か​を​はっきり​と​説明​し​て​い​ます。神​は​理解​し​がたい​方​など​で​は​あり​ませ​ん。むしろ,神​は​ご自分​に​つい​て​知っ​て​ほしい​と​願っ​て​おら​れ​ます。神​の​言葉 聖書​は,「もし​あなた​が​神​を​求める​なら,ご自分​を​あなた​に​見いださ​れる​よう​に​される」と​保証​し​て​い​ます。(歴代​第​一 28:9)ぜひ​聖書​の​記述​を​読ん​で​黙想​し,神​に​つい​て​知っ​て​ください。そうすれば,「神​は​あなた方​に​近づい​て​ください​ます」。―ヤコブ 4:8

聖書​を​読ん​で​調べる​とき,神​と​神​の​道​に​つい​て​多く​の​事柄​を​学べる。それ​が​尽きる​こと​は​ない

でも,「神​に​つい​て​すべて​を​理解​でき​ない​の​に,神​の​友​に​なれる​の​だろ​う​か」と​思う​か​も​しれ​ませ​ん。例え​で​考え​て​み​ましょ​う。外科​医​で​ある​人​と​親友​に​なる​ため​に​は​医学​の​学位​が​必要​です​か。いいえ,全く​別​の​職業​の​人​で​も​親しい​友人​に​なれ​ます。大切​な​の​は,その​外科​医​の​性格​や​好き嫌い​を​知っ​て​いる​こと​です。同様​に,わたしたち​は​聖書​から​エホバ​が​どんな​方​な​の​か​を​知る​こと​が​でき,それ​を​知っ​て​いれ​ば​神​の​友​に​なれる​の​です。

聖書​は,創造​者​に​つい​て​漠然​と​し​た​説明​を​し​て​いる​の​で​は​なく,わたしたち​が​神​を​知る​の​に​必要​な​情報​を​提供​し​て​い​ます。エホバ​神​に​つい​て​もっと​知り​たい​と​思わ​れ​ませ​ん​か。エホバ​の​証人​は無料​の​聖書​レッスンを​お勧め​し​て​い​ます。お近く​の​エホバ​の​証人​と​連絡​を​お取り​に​なるか,エホバ​の​証人​の​ウェブサイト​jw.org​を​ご覧​ください。

^ 16節 幾つ​か​の​聖書​は,神​の​お名前​の​代わり​に「主」と​いう​称号​を​用い​て​い​ます。その​理由​に​つい​て​は,エホバ​の​証人​の​発行​し​た,「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」と​いう​本​の​195​ページ​を​ご覧​ください。www.jw.org​で​読む​こと​も​でき​ます。