内容へ

目次へ

 特集​記事 | 科学​は​聖書​を​超え​た​か

科学には限界がある

科学には限界がある

近年,いわゆる​新​無神​論​者​の​見解​に​関する​本​が​多数​出回っ​て​い​ます。こう​し​た​出版​物​は​多く​の​人​の​注意​を​引き,少なから​ぬ​議論​や​論争​を​引き起こし​て​き​まし​た。この​点​に​関し​て,神経​科​学​者​の​デービッド​・​イーグルマン​は​こう​書い​て​い​ます。「そういう​本​を​読ん​で,科学​者​は​何​で​も​知っ​て​いる​と​の​印象​を​抱く​人​が​いる。……しかし,立派​な​科学​者​は​常​に​偏見​を​持た​ず,その​仕事​に​は​予想​外​の​新しい​発見​が​ある」。

昔​から,有能​な​科学​者​たち​が,自然​に​関する​難解​な​疑問​の​答え​を​探究​する​中​で,驚く​べき​大​発見​を​し​て​き​た​こと​は​確か​です。と​は​いえ,その​過程​で​重大​な​ミス​を​犯し​た​人​たち​も​い​ます。アイザック​・​ニュートン​は,有数​の​偉大​な​科学​者​で​あり,引力​が​惑星,恒星,銀河​を​結びつけ​て​1​つ​の​宇宙​に​し​て​いる​こと​を​明らか​に​し​まし​た。また​微分​積分​学,つまり​コンピューター​の​設計​や​宇宙​旅行​や​原子​物理​学​で​使わ​れる​数学​の​一​分野​を​切り開き​まし​た。しかし,ニュートン​は​錬金​術,すなわち​占星​術​や​魔術​を​用い​て​鉛​など​の​金属​を​金​に​変え​よう​と​する​疑似​科学​も​探究​し​まし​た。

ニュートン​より​1500​年​余り​昔​に,ギリシャ​の​天文​学​者​プトレマイオス​は,肉眼​に​よる​観測​だけ​で​天空​を​探査​し,夜空​に​おける​惑星​の​動き​を​調べ​まし​た。また​地図​製作​者​と​し​て​も​熟達​し​て​い​まし​た。しかし,地球​は​すべて​の​物​の​中心​に​ある​と​信じ​て​い​まし​た。天体​物理​学​者​カール​・​セーガン​は​プトレマイオス​に​つい​て​こう​書い​て​い​ます。「プトレマイオス​の​天動​説​は,1500​年​に​わたっ​て​人々​の​考え​を​支配​し​た。この​こと​から,知力​の​優れ​た​人​で​も​完全​な​間違い​を​犯す​場合​が​ある,と​いう​こと​が​分かる」。

現代​の​科学​者​たち​も,研究​に​おい​て​同様​の​問題​に​直面​し​ます。宇宙​の​謎​が​完璧​に​解明​さ​れる​日​は​来る​の​でしょ​う​か。科学​の​進歩​や​人類​へ​の​貢献​を​認める​の​は​正しい​こと​です​が,その​限界​を​覚え​て​おく​こと​も​必要​です。物理​学​者​ポール​・​デーヴィス​は​こう​述べ​て​い​ます。「あらゆる​事柄​に​対する​完全​かつ​自己​矛盾​の​ない​説明​と​なる,それ​自体​で​完結​し​て​いる​理論​体系​の​探究​は,必ず​失敗​に​終わる」。この​言葉​は,否定​し​よう​の​ない​真実​を​述べ​て​い​ます。つまり,人間​が​自然​界​を​完全​に​理解​する​の​は​不可能​で​ある,と​いう​こと​です。ですから,現存​する​すべて​の​もの​は​科学​に​よっ​て​説明​できる,と​の​主張​が​なさ​れる​と​し​て​も,それ​を​そのまま​受け入れ​ない​よう​に​する​の​は​賢明​な​こと​です。

聖書​は​確か​に,科学​に​は​でき​ない​仕方​で​わたしたち​の​必要​を​満たす

聖書​は​自然​の​驚異​に​つい​て​こう​述べ​て​い​ます。「見よ,これら​は​神​の​道​の​外縁。何​と​かすか​な​ささやき​事​が​神​に​つい​て​聞かさ​れ​た​の​だろ​う」。(ヨブ 26:14)人間​の​知覚​や​理解​を​超える​事柄​は​無限​に​存在​し​ます。確か​に,ほぼ​2000​年​前​に​書か​れ​た​使徒​パウロ​の​次​の​言葉​は,今​で​も​真実​です。「ああ,神​の​富​と​知恵​と​知識​の​深さ​よ。その​裁き​は​何​と​探り​がたく,その​道​は​何​と​たどり​がたい​もの​な​の​でしょ​う」。―ローマ 11:33