内容へ

目次へ

 特集​記事

終わりは近い?

終わりは近い?

神​は,人間​が​人間​を​支配​し​て​自ら​の​将来​を​脅かす​まま​に​される​の​でしょ​う​か。いいえ,そう​は​され​ませ​ん。これ​まで​考え​て​き​た​よう​に,神​は​事態​に​介入​し,長く​続い​た​窮状​と​抑圧​に​終わり​を​もたらさ​れ​ます。人間​と​地球​を​創造​さ​れ​た​神​は,ご自分​が​行動​を​起こす​時​が​近づい​て​いる​こと​を​あなた​に​知らせ​たい​と​思っ​て​おら​れ​ます。では,その​重要​な​知識​を​どの​よう​に​啓示​な​さる​でしょ​う​か。

例え​で​考え​て​み​ましょ​う。車​で​旅行​する​時​に​は,事前​に​インターネット​や​地図​や​ガイドブック​など​を​調べ​ます。そして​旅行​中​に,調べ​た​の​と​同じ​表示​や​目印​を​見かける​と,目的​地​が​近い​と​確信​でき​ます。同様​に,神​が​与え​て​くださっ​た​聖書​に​は,特筆​す​べき​世界​規模​の​動向​が​載せ​られ​て​い​ます。そう​し​た​目印​と​なる​出来事​が​起き​て​いる​の​を​見る​と,現在​が​終わり​に​至る​時期​で​ある​と​確信​できる​の​です。

聖書​の​説明​に​よる​と,世界​の​歴史​は,終わり​と​いう​最高潮​に​至る,他​に​類​を​見​ない​重大​な​局面​に​差しかかっ​て​い​ます。その​時​に​は,人類​史​上​類例​の​ない​出来事​や​状況​が​世界​規模​で​同時​多発​的​に​発生​する​こと​に​なっ​て​い​まし​た。神​の​言葉 聖書​に​記さ​れ​て​いる​そう​し​た​特色​を​幾つ​か​調べ​て​み​ましょ​う。

1. 世界​的​な​大​混乱 マタイ 24​章​の​預言​に​は,地上​で​生じる​様々​な​事柄​が​列挙​さ​れ​て​おり,それら​は​1​つ​の​複合​的​な​しるし​を​構成​し​ます。その​しるし​は「事物​の​体制​の​終結」の​時​に​表われ,それ​に​続い​て,「終わり​が​来る」こと​に​なっ​て​い​まし​た。(314​節)それら​に​は,大きな​戦争,食糧​不足,各地​で​次々​に​生じる​地震,不法​の​増加,愛​の​欠如,人々​を​誤っ​た​方向​に​導こ​う​と​する​宗教​指導​者​たち​の​画策​など​が​含ま​れ​ます。(6‐26​節)もちろん,そう​し​た​こと​は​それ​まで​に​も,ある​程度,生じ​て​き​まし​た。しかし,終わり​が​近づく​と,その​すべて​が​1​つ​の​困難​な​時代​に​起きる​こと​に​なっ​て​い​まし​た。加え​て,以下​の​3​つ​の​事柄​も​終わり​が​迫っ​て​いる​こと​を​知らせる​警報​と​なり​ます。

2. 人々​の​精神​態度 聖書​に​よる​と,「終わり​の​日」,つまり​終わり​に​至る​期間​に​は,人々​の​精神​態度​が​著しく​悪く​なる​こと​に​なっ​て​い​まし​た。こう​述べ​られ​て​い​ます。「人々​は​自分​を​愛する​者,金​を​愛する​者,うぬぼれる​者,ごう慢​な​者,冒とく​する​者,親​に​不​従順​な​者,感謝​し​ない​者,忠節​で​ない​者,自然​の​情愛​を​持た​ない​者,容易​に​合意​し​ない​者,中傷​する​者,自制​心​の​ない​者,粗暴​な​者,善良​さ​を​愛さ​ない​者,裏切る​者,片意地​な​者,誇り​の​ため​に​思い上がる​者,神​を​愛する​より​快楽​を​愛する​者……と​なる​から​です」。(テモテ​第​二 3:1‐5)確か​に,人​が​人​を​見下す​こと​は​今​に​始まっ​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん​が,「終わり​の​日」に​は,そう​し​た​態度​が​あまりに​も​極端​に​なり,「対処​し​にくい​危機​の​時代」と​呼ば​れる​に​ふさわしい​状態​に​なり​ます。人々​の​精神​態度​が​ますます​悪く​なっ​て​いる​こと​に​お気づき​です​か。

3. 破壊​さ​れ​て​いる​地球 聖書​に​よる​と,神​は「地​を​破滅​さ​せ​て​いる​者​たち​を​破滅​に​至ら​せ」ます。(啓示 11:18)人々​は​どの​よう​に​地​を​破滅​さ​せ​て​いる​の​でしょ​う​か。ノア​の​時代​に​つい​て​も​こう​言わ​れ​て​い​ます。「地​は​まこと​の​神​の​前​に​損なわ​れ,地​は​暴虐​で​満ちる​よう​に​なっ​た。それで,神​が​地​を​ご覧​に​なる​と,見よ,それ​は​損なわ​れ​て​い​た」。その​ため,神​は​当時​の​腐敗​し​た​社会​に​つい​て,「わたし​は​彼ら​を……滅び​に​至ら​せる」と​言わ​れ​まし​た。(創世記 6:11‐13)地​が​暴虐​で​満ち​つつ​ある​こと​を​示す​証拠​が​ますます​増え​て​いる​こと​に​お気づき​です​か。それ​に​加え​て,人間​は​歴史​上​類例​の​ない​段階​に​まで​達し​て​い​ます。現在​で​は,文字通り​地​を​滅ぼし,地上​の​人間​を​絶滅​さ​せる​能力​を​持っ​て​い​ます。そう​できる​兵器​を​有し​て​いる​の​です。さらに,地​は​別​の​方法​で​も​破壊​さ​れ​て​い​ます。人間​の​誤っ​た​管理​の​せい​で,空気,動植物​の​生態​系,海洋​と​いっ​た,地上​の​生命​を​維持​する​システム​が​着実​に​破壊​さ​れ​て​い​ます。

 考え​て​も​み​て​ください。ほんの​100​年​前​に​は,人類​は​自ら​を​絶滅​さ​せる​力​など​持っ​て​い​ませ​ん​でし​た。しかし​現在​で​は,高​性能​の​兵器​を​備蓄​する​こと​や​環境​を​破壊​する​こと​に​より,その​力​を​使い​始め​て​い​ます。人間​は​科学​技術​の​急速​な​進歩​に​つい​て​ゆけ​ず,それら​の​影響​を​理解​し​たり​制御​し​たり​でき​ない​よう​です。と​は​いえ,地球​の​将来​を​決め​たり​制御​し​たり​する​の​は,人間​で​は​あり​ませ​ん。地上​の​生命​すべて​が​根絶​さ​れる​前​に,神​は​事態​に​介入​し,地​を​破滅​さ​せ​て​いる​者​たち​を​破滅​に​至ら​せ​ます。そう​約束​し​て​くださっ​て​いる​の​です。

4. 地球​規模​の​伝道​活動 終わり​の​しるし​の​もう​1​つ​の​面​は,前代未聞​の​活動​が​行なわ​れる​こと​です。こう​予告​さ​れ​て​い​ます。「王国​の​この​良い​たより​は,あらゆる​国民​に​対する​証し​の​ため​に,人​の​住む​全地​で​宣べ伝え​られる​でしょ​う。それ​から​終わり​が​来る​の​です」。(マタイ 24:14)この​伝道​活動​は,過去​何​世紀​も​の​間​に​行なわ​れ​た​布教​活動​の​ほとんど​と​は​大きく​異​なる​もの​と​なり​ます。終わり​の​日​の​期間​中​に​は,「王国​の​この​良い​たより」と​いう​特別​な​メッセージ​が​強調​さ​れ​ます。この​メッセージ​を​前面​に​押し出し​て​いる​宗教​団体​を​ご存じ​です​か。その​よう​な​メッセージ​を​伝え​て​いる​よう​に​見える​人々​が​いる​と​し​て​も,限ら​れ​た​地域​で​そう​し​て​いる​でしょ​う​か。それとも,この​良い​たより​を「あらゆる​国民​に​対する​証し​の​ため​に,人​の​住む​全地」で​広め​て​いる​でしょ​う​か。

神​の​王国​は,何百​も​の​言語​を​用い​て​世界​中​で​ふれ告げ​られ​て​いる

ウェブサイト​www.jw.org​は,「王国​の​この​良い​たより」に​焦点​を​合わせ​て​おり,その​メッセージ​を​説明​する​コンテンツ​を​700​余り​の​言語​で​掲載​し​て​い​ます。そう​し​た​地球​的​な​規模​で​王国​の​良い​たより​を​強調​し​て​いる​団体​が​ほか​に​ある​でしょ​う​か。と​は​いえ,インターネット​が​使える​よう​に​なる​ずっ​と​前​から,エホバ​の​証人​は​神​の​王国​の​良い​たより​を​広め​て​いる​こと​で​有名​でし​た。1939​年​以来,毎号​の「ものみの塔」誌​の​表紙​に​は,「エホバ​の​王国​を​告げ知らせる」と​いう​言葉​が​掲げ​られ​て​い​ます。宗教​に​関する​ある​本​は,エホバ​の​証人​の​伝道​活動​は「熱心​さ​と​規模​に​おい​て​並ぶ​もの​が​ない​と​言える」と​コメント​し​て​い​ます。その​活動​が​強調​し​て​いる​の​は,神​の​王国の​働き​に​よっ​て,ま​も​なく「終わり​が​来る」と​いう​良い​たより​です。

歴史​上​の​重大​な​局面

この​記事​で​は,聖書​に​記さ​れ​て​いる,終わり​が​迫っ​て​いる​こと​の​目印​と​なる​特色​を​4​つ​取り上げ​まし​た​が,あなた​の​生涯​中,それら​が​はっきり​と​表われ​て​き​た​の​で​は​ない​でしょ​う​か。本誌​は​優​に​100​年​を​超える​期間,世界​の​出来事​に​関する​情報​を​提供​し​て​き​まし​た。終わり​が​近づい​て​いる​こと​を​読者​が​自分​で​確かめ​られる​よう​に​する​ため​ です。確か​に,懐疑​的​な​人々​は​異議​を​唱え,データ​や​統計​は​主観​的​な​もの​で​操作​できる,と​言い​ます。また,世界​各地​の​情報​が​ますます​多く​入っ​て​くる​よう​に​なっ​た​から,世界​の​状況​が​悪化​し​て​いる​よう​に​見える​だけ​だ​と​主張​し​ます。しかし,人類​史​に​おける​特異​な​期間​が​間​も​なく​終わろ​う​と​し​て​いる​こと​を​示す​証拠​は​ますます​増え​て​い​ます。

専門​家​の​中​に​は,この​地球​の​大きな​変化​の​時​が​近い,と​感じ​て​いる​人​たち​も​い​ます。例えば,2014​年,「原子​科学​者​会報」(英語)の​科学​安全​保障​委員​会​は,人類​の​存続​に​かかわる​重大​な​脅威​に​つい​て,国連​の​安全​保障​理事​会​に​警告​を​発し​まし​た。それら​の​科学​者​たち​は​こう​証言​し​て​い​ます。「我々​は​これら​の​脅威​を​注意深く​検討​し​た​結果,文明​の​存続​を​脅かす​よう​な​科学​技術​関係​の​大​惨事​が​起きる​リスク​は​引き続き​高い​と​の​結論​に​至っ​た」。人間​が​歴史​上​の​重大​な​局面​に​達し​て​いる​こと​を,多く​の​人​が​確信​する​よう​に​なっ​て​い​ます。本誌​の​発行​者​および​読者​の​多く​は,この​特異​な​期間​が​確か​に終わり​の​日で​あり,その​終わり​は​近い,と​固く​信じ​て​い​ます。しかし,将来​を​恐れる​必要​は​あり​ませ​ん。むしろ,喜ぶ​こと​が​でき​ます。どうして​です​か。なぜなら,あなた​も​終わり​を​生き残れる​から​です。