内容へ

目次へ

 聖書​は​人​の​生き方​を​変える

3つの質問がわたしの人生を変えました

3つの質問がわたしの人生を変えました
  • 生ま​れ​た​年: 1949​年

  • 生ま​れ​た​国: 米国

  • かつて​は: 生きる​意味​を​探し​て​い​た

過去​の​歩み:

わたし​は,米国​ニューヨーク​州​の​アンクラム​と​いう​小さな​町​で​育ち​まし​た。町​の​主​な​産業​は​酪農​でし​た。なにしろ,人間​より​も​牛​の​ほう​が​多かっ​た​の​です。

うち​の​家族​は,町​に​1​つ​しか​ない​教会​に​通っ​て​い​まし​た。毎週​日曜​日​の​朝​に​なる​と,祖父​が​靴​を​磨い​て​くれ​た​の​で,それ​を​履き,祖母​から​もらっ​た​小さな​白い​聖書​を​持っ​て,日曜​学校​に​向かっ​た​もの​です。弟​と​妹​と​わたし​は,勤勉​に​働く​こと,隣人​を​敬い助ける​こと,神​の​恵み​に​感謝​する​こと​を​教え​られ​まし​た。

やがて​わたし​は​親元​を​離れ,学校​の​教師​に​なり​まし​た。神​や​人生​に​つい​て,知り​たい​こと​が​たくさん​あり​まし​た。生徒​の​中​に​は,才能​に​恵ま​れ​た​子​も​いれ​ば,それ​ほど​で​なく​て​も​一生​懸命​がんばる​子​も​い​まし​た。身体​能力​の​高い​子​も​いれ​ば,障害​を​抱え​て​いる​子​も​い​まし​た。わたし​は​不​公平​だ​と​思い​まし​た。時折,障害​の​ある​生徒​の​親​たち​が「うち​の​子​が​こう​な​の​は​神​の​せい​だ」など​と​言う​の​を​聞き,なぜ​神​は​一部​の​赤ちゃん​が​障害​を​抱え​て​生ま​れ​て​くる​の​を​許し​て​いる​の​だろ​う,と​思い​まし​た。どう​考え​て​も,赤ちゃん​は​何​も​悪い​こと​を​し​て​い​ない​から​です。

また,「一生​の​間​に​は​何​か​有意義​な​こと​が​できる​の​だろ​う​か」と​も​思い​まし​た。人生​は​あっと​いう​間​に​過ぎ去る​よう​に​思え​まし​た。良い​家族​に​囲ま​れ​て​育ち,良い​学校​に​行き,大好き​な​仕事​を​し​て​い​まし​た​が,その​後​の​人生​を​思う​と,むなしい​気持ち​に​なり​まし​た。いくら​がんばっ​て​み​て​も,結婚​し,素敵​な​家​を​手​に​入れ,子ども​を​生み,定年​まで​働き,やがて​は​老人​ホーム​に​入る,と​いっ​た​ところ​です。人生​は​それ​で​終わり​な​の​だろ​う​か,と​思い​まし​た。

聖書​に​よっ​て​どの​よう​に​生き方​が​変わっ​た​か:

ある​夏,数​人​の​教師​仲間​で​ヨーロッパ​旅行​に​行き,ウェストミンスター​寺院,ノートルダム​寺院,バチカン,その他​の​キリスト​教会​を​回り​まし​た。行っ​た​先々​で,自分​の​抱い​て​い​た​疑問​を​ぶつけ​て​み​まし​た。ニューヨーク​州​スロースバーグ​に​戻っ​た​後​も,幾つ​も​の​教会​を​訪ね​まし​た。しかし,満足​の​ゆく​答え​を​与え​て​くれる​人​は​だれ​も​い​ませ​ん​でし​た。

ある​日,12​歳​の​女子​生徒​が​やっ​て​来​て,わたし​に​3​つ​の​質問​を​し​まし​ た。最初​は,「先生​は​わたし​が​エホバ​の​証人​で​ある​こと​を​ご存じ​です​か」と​いう​質問​でし​た。それ​で​わたし​は,「ええ」と​答え​まし​た。2​番​目​は,「エホバ​の​証人​に​つい​て​もっと​知り​たい​と​思わ​れ​ませ​ん​か」と​いう​質問​でし​た。それ​で​また,「ええ」と​答え​まし​た。3​番​目​は,「先生​は​どこ​に​住ん​で​おら​れ​ます​か」と​いう​質問​でし​た。住所​を​教える​と,その​子​の​家​は​わたし​の​家​の​すぐ​近く​に​ある​こと​が​分かり​まし​た。この​3​つ​の​質問​が​わたし​の​人生​を​永久​に​変える​こと​に​なる​と​は,知る​よし​も​あり​ませ​ん​でし​た。

その​後​ま​も​なく,その​少女​は​自転​車​で​わたし​の​家​まで​来​て,聖書​を​教え​て​くれる​よう​に​なり​まし​た。わたし​は,多く​の​宗教​指導​者​たち​に​し​た​質問​を,その​少女​に​も​し​て​み​まし​た。すると,宗教​指導​者​たち​と​は​異​なり,明確​で​満足​の​ゆく​答え​を​わたし​の​聖書​から​示し​て​くれ​まし​た。その​答え​は,それ​まで​聞い​た​こと​が​ない​もの​でし​た。

わたし​は​聖書​から​学ん​だ​事柄​に​喜び​と​満足​を​覚え​まし​た。ヨハネ​第​一 5​章​19​節​を​読ん​で​感動​し​まし​た。そこ​に​は,「全​世界​が​邪悪​な​者​の​配下​に​ある」と​書か​れ​て​い​ます。周囲​の​悲しい​事柄​すべて​を​引き起こし​て​いる​の​は​神​で​は​なく​サタン​で​あり,しかも,神​は​間​も​なく​この​状況​を​正し​て​くださる,と​いう​の​です。わたし​は​この​こと​を​知っ​て​安心​し​まし​た。(啓示 21:3,4)はっきり​と​説明​し​て​もらう​なら,聖書​は​理解​できる,と​いう​こと​が​分かり​まし​た。わたし​に​聖書​を​教え​て​くれ​て​い​た​の​は,わずか​12​歳​の​エホバ​の​証人​でし​た​が,わたし​は,だれ​が​語ろ​う​と​真理​は​真理​だ​と​考え​まし​た。

と​は​言っ​て​も,エホバ​の​証人​が​その​教え​を​実践​し​て​いる​か​どう​か​知り​たい,と​思い​まし​た。例えば,その​少女​は,真​の​クリスチャン​は​辛抱​や​親切​と​いっ​た​特質​を​示す,と​力説​し​て​い​まし​た。(ガラテア 5:22,23)それ​で​わたし​は,その​子​自身​が​そう​いっ​た​特質​を​示す​か​どう​か​試す​こと​に​し​まし​た。ある​日,聖書​の​勉強​の​時間​に​わざと​遅れ​まし​た。「あの​子​は​わたし​を​待っ​て​い​て​くれる​だろ​う​か。待っ​て​いる​と​し​たら,遅れ​た​こと​を​怒る​だろ​う​か」と​思い​まし​た。車​を​私道​に​乗り入れる​と,少女​は​我​が​家​の​玄関​前​の​階段​で​待っ​て​い​まし​た。そして,車​に​駆け寄っ​て​来​て,こう​言っ​た​の​です。「家​に​帰っ​て​母​に,先生​が​無事​か​どう​か​確かめる​ため​に​病院​と​警察​に​電話​し​て​って​言お​う​と​思っ​て​い​た​ん​です。先生​は​今​まで​勉強​の​時間​に​遅れ​た​こと​なんて​1​度​も​なかっ​た​から。心配​し​て​たん​です​よ」。

別​の​時​に​は,12​歳​の​子ども​に​は​答え​られ​ない​よう​な​難しい​質問​を​し​て​み​まし​た。単なる​思いつき​で​答える​か​どう​か,見​て​み​よう​と​思っ​た​の​です。すると,少女​は​真剣​な​顔​で​こう​言い​まし​た。「これ​は​難しい​質問​です​ね。メモ​し​て​おい​て​両親​に​聞い​て​き​ます」。そして,その​言葉​どおり,次​の​時​に​1​冊​の「ものみの塔」誌​を​持っ​て​き​まし​た。それ​に​は,わたし​の​質問​に​対する​答え​が​載っ​て​い​まし​た。まさに​このゆえに,わたし​は​エホバ​の​証人​に​引き寄せ​られ​まし​た。証人​たち​の​出版​物​に​は​わたし​の​質問​すべて​に​対する,聖書​に​基づく​答え​が​載っ​て​い​た​の​です。わたし​は​その​女子​生徒​から​引き続き​教え​て​もらい,1​年​後​に,バプテスマ​を​受け​て​エホバ​の​証人​と​なり​まし​た。 *

どんな​益​を​受け​た​か:

疑問​に​対する​満足​の​ゆく​答え​を​ついに​手​に​し​た​わたし​は,それ​を​どの​人​に​も​伝え​たい​と​思い​まし​た。(マタイ 12:35)家族​は​当初,わたし​の​新た​な​信仰​に​反対​し​まし​た。しかし,時​たつ​うち​に,態度​を​和らげ​まし​た。母​は​亡くなる​少し​前​に,聖書​を​学び​始め​まし​た。バプテスマ​を​受ける​まで​生き​て​い​られ​ませ​ん​でし​た​が,すでに​エホバ​に​仕える​決定​を​し​て​い​た​と​思い​ます。

わたし​は​1978​年​に,エホバ​の​証人​の​一​人​で​ある​イライアス​・​カザン​と​結婚​し​まし​た。1981​年​に​は,夫婦​で​米国​の​ベテル​家族​の​成員​と​なる​よう​招待​さ​れ​まし​た。 * 残念​な​こと​に,2​人​で​ベテル​奉仕​を​始め​て​わずか​4​年​後​に,イライアス​は​亡くなり​まし​た。わたし​は​一​人​残さ​れ​まし​た​が,ベテル​奉仕​を​続け​まし​た。この​奉仕​に​集中​する​こと​が​でき,慰め​も​得​られ​まし​た。

2006​年,わたし​は​仲間​の​ベテル​奉仕​者​で​ある​リチャード​・​エルドレッド​と​結婚​し,その​後​も​夫​と​共​にベテルで​奉仕​さ​せ​て​いただい​て​い​ます。今,わたし​は​心​から​こう​感じ​て​い​ます。神​に​つい​て​の​真理​を​知る​こと​に​よっ​て,探し求め​て​い​た​答え​だけ​で​なく,人生​の​真​の​目的​も​見いだす​こと​が​でき​た,と。この​すべて​は,一​人​の​少女​の​3​つ​の​質問​から​始まっ​た​の​です。

^ 16節 この​少女​と​少女​の​兄​たち​や​姉​たち​が​援助​し​た​結果,合計​5​人​の​先生​が​聖書​を​学ん​で​エホバ​を​崇拝​する​よう​に​なり​まし​た。

^ 18節 「ベテル」と​は,「神​の​家」を​意味​する​語​で,世界​各地​に​ある​エホバ​の​証人​の​支部​施設​の​名称​と​し​て​使わ​れ​て​い​ます。(創世記 28:17,19,脚注)ベテル​家族​の​成員​は,エホバ​の​証人​に​よる​教育​活動​を​支援​する​ため​の​様々​な​仕事​を​行ない​ます。