内容へ

目次へ

ごみの中から見つかった古代の宝物

ごみの中から見つかった古代の宝物

ごみ​の​山​と​聞く​と,恐らく​目​に​浮かぶ​の​は​廃棄​物​で,連想​する​の​は​不快​な​臭い​だけ​でしょ​う。そこ​に​価値​ある​何​か​を​見いだせる​と​は​まず​思い​ませ​ん。ましてや​極めて​貴重​な​宝物​を​見つける​こと​など,考え​も​し​ない​でしょ​う。

ところが,今​から​100​年​ほど​前​に,まさしく​ごみ捨て​場​で,宝​と​も​言える​物​が​発見​さ​れ​まし​た。文字どおり​の​財宝​で​は​あり​ませ​ん​が,非常​に​価値​の​高い​もの​です。それ​は​何​でし​た​か。その​発見​が​今日​の​わたしたち​に​とっ​て​重要​な​の​は​なぜ​でしょ​う​か。

思いがけない​発見

20​世紀​に​入る​少し​前,オックスフォード​大学​の​学​者​で​あっ​た​バーナード​・​P​・​グレンフェル​と​アーサー​・​S​・​ハント​が,エジプト​を​訪れ,ナイル​渓谷​の​近く​に​山積み​に​なっ​て​い​た​ごみ​の​中​から,幾つ​も​の​パピルス​断片​を​発見​し​まし​た。その​後,1920​年​に,二​人​で​共​に​収集​物​の​目録​を​作る​こと​に​忙しく​携わる​かたわら,グレンフェル​は,エジプト​で​すでに​掘り出さ​れ​て​い​た​断片​も​幾つ​か​入手​し​まし​た。それ​は,英国​マンチェスター​の​ジョン​・​ライランズ​図書​館​の​ため​でし​た。しかし,二​人​と​も,目録​作成​を​完了​し​ない​うち​に​亡くなり​まし​た。

その​仕事​を​完了​さ​せ​た​の​は,オックスフォード​大学​の​もう​一​人​の​学​者​コリン​・​H​・​ロバーツ​でし​た。この​人​は,多く​の​パピルス​断片​を​分類​し​て​い​た​時​に,縦​9​㌢​横​6​㌢​ほど​の​切れ端​に​目​を​留め​まし​た。驚い​た​こと​に,ギリシャ​語​の​その​手書き​さ​れ​た​文​に​は,馴染み深い​言葉​が​含ま​れ​て​い​まし​た。片面​に​は​聖書​の​ヨハネ 18​章​31‐33​節​が,その​裏面​に​は37,38​節が​記さ​れ​て​おり,切れ端​は​それら​の​聖句​の​一部​だっ​た​の​です。ロバーツ​は,それ​が​極めて​貴重​な​宝物​で​ある​こと​に​気づき​まし​た。

年代​を​見極める

パピルス​の​この​切れ端​は​非常​に​古い​もの​で​は​ない​か,と​ロバーツ​は​思い​まし​た。それで,いつごろ​の​もの​か​を​見極める​ため​に,その​手書き​文字​を,年代​の​分かっ​て​いる​他​の​古代​写本​と​比較​し​まし​た。古文書​学​と​呼ば​れ​て​いる​研究​分野​です。 * ロバーツ​は,この​手法​を​用い​て,おおよそ​の​年代​を​見定める​こと​が​でき​まし​た​が,それ​を​確認​し​たい​と​思い​まし​た。それで,その​断片​を​写真​に​撮っ​て,パピルス​学​者​3​人​に​送り,年代​の​特定​を​依頼​し​まし​た。専門​家​たち​は​どんな​結論​を​下し​た​でしょ​う​か。

それら​専門​の​学​者​たち​は,文字​の​書体​や​字画​など​を​研究​し​て,3​人​と​も,その​断片​上​の​文字​は​西暦​2​世紀​前半​に​書か​れ​た,と​いう​点​で​意見​の​一致​を​見​まし​た。2​世紀​前半​と​言え​ば,使徒​ヨハネ​の​死後​数十​年​しか​たっ​て​い​ない​ころ​です。しかし,写本​の​年代​を​古文書​学​に​よっ​て​特定​する​こと​は,必ずしも​絶対​確実​と​いう​わけ​で​は​あり​ませ​ん。学​者​たち​の​中​に​は,その​本文​は​西暦​2​世紀​中​に​記さ​れ​た​と​しか​言え​ない,と​考える​人​も​い​ます。それでも,パピルス​の​この​小さな​切れ端​は,これ​まで​に​発見​さ​れ​た​クリスチャン​・​ギリシャ​語​聖書​の​写本​断片​の​うち,現存​する​最古​の​もの​な​の​です。

ライランズ​断片​に​よっ​て​明らか​に​なっ​た​事柄

今日,聖書​を​愛読​する​人​たち​に​とっ​て,ヨハネ​の​福音​書​の​この​断片​が​非常​に​重要​な​の​は,なぜ​でしょ​う​か。理由​は,少なく​と​も​2​つ​あり​ます。第​1​に,この​断片​が​どんな​形態​の​書物​の​一部​で​あっ​た​か​が​分かり,初期​クリスチャン​が​聖書​を​重んじ​て​い​た​こと​が​洞察​できる​から​です。

今日,聖書​を​愛読​する​人​たち​に​とっ​て,ヨハネ​の​福音​書​の​この​断片​が​非常​に​重要​な​の​は,なぜ​でしょ​う​か

 西暦​2​世紀,文字​の​書き記さ​れ​た​物​に​は,2​種類​の​形態​が​あり​まし​た。巻き物​と​冊子​本(コーデックス)です。巻き物​は,何​枚​も​の​パピルス​もしくは​皮紙(パーチメント)の​端​を​のり付け​する​か​縫う​か​し​て​つなぎ,長く​なっ​た​もの​を​巻き上げ​たり,必要​な​時​に​広げ​たり​し​て​使い​まし​た。大抵​の​場合,その​片面​に​だけ​文字​が​書き記さ​れ​まし​た。

しかし,ロバーツ​の​発見​し​た​小さな​断片​に​は,両面​に​手書き​の​文字​が​記さ​れ​て​い​まし​た。この​こと​は,それ​が​巻き物​で​は​なく​冊子​本​の​一部​で​あっ​た​可能​性​を​示唆​し​て​い​ます。冊子​本​は,数​枚​の​皮紙​もしくは​パピルス​を​綴じ​て​二つ折り​に​し,本​の​よう​な​形​に​し​て​使い​まし​た。

巻き物​と​比べ,冊子​本​に​は​どんな​利点​が​あっ​た​でしょ​う​か。当時​の​クリスチャン​は​福音​宣明​者​でし​た。(マタイ 24:14; 28:19,20)家々​や​市場​や​街路​など,人​の​いる​所​なら​どこ​で​で​も,聖書​の​教え​を​広め​まし​た。(使徒 5:42; 17:17; 20:20)ですから,携帯​し​やすい​聖書​が​あれ​ば,それ​を​使う​ほう​が,はるか​に​実際​的​でし​た。

また,聖書​の​写し​を​個人​用​や​会衆​用​と​し​て​作る​に​も,冊子​本​の​ほう​が​容易​でし​た。それで,福音​書​は,繰り返し​何​度​も​書き写さ​れ​まし​た。キリスト​教​が​急速​に​広まっ​た​要因​の​1​つ​は​そこ​に​あっ​た,と​思わ​れ​ます。

ライランズ​断片​の​表​と​裏

第​2​に,ライランズ​断片​が​今日​の​わたしたち​に​とっ​て​重要​で​ある​の​は,聖書​の​原文​が​どれ​ほど​正確​に​伝わっ​て​き​た​か,を​示し​て​いる​から​です。その​断片​に​は​ヨハネ​の​福音​書​の​数​節​しか​含ま​れ​て​い​ませ​ん​が,その​内容​は​今日​わたしたち​が​自分​の​聖書​から​読む​内容​と​ほぼ​一致​し​て​い​ます。ですから,ライランズ​断片​から​分かる​の​は,聖書​が​長い​間​に​写本​され​再​写本​さ​れ​た​に​も​かかわら​ず​変わっ​て​い​ない,と​いう​こと​です。

もちろん,ヨハネ​福音​書​の​ライランズ​断片​は,聖書​の​原文​が​正確​に​伝わっ​て​き​た​こと​の​確証​と​なる​写本​断片​の​1​つ​に​すぎ​ませ​ん。その​よう​な​断片​や​写本​は​無数​に​あり​ます。かつて​ウェルネル​・​ケラー​は,自著「歴史​と​し​て​の​聖書」(ドイツ​語)の​結論​の​部分​で,「これら​昔​の[写本]は,我々​が​今日​手​に​し​て​いる​聖書​の​本文​の​真正​さ​や​正確​さ​に​関する​疑問​すべて​に​対し,最も​説得​力​の​ある​答え​と​なっ​て​いる」と​述べ​まし​た。

言う​まで​も​なく,クリスチャン​は​考古​学​上​の​発見​に​基づい​て​信仰​を​持つ​わけ​で​は​あり​ませ​ん。「聖書​全体​は​神​の​霊感​を​受け​た​もの」で​ある,と​信じ​て​い​ます。(テモテ​第​二 3:16)それでも,励み​が​得​られ​ます。極めて​貴重​な​宝​と​言える​古代​の​遺物​が,聖書​の​中​で​昔​から​言わ​れ​て​き​た​言葉​の​正しさ​を​証し​し​て​いる​から​です。すなわち,「エホバ​の​ことば​は​永久​に​存続​する」の​です。―ペテロ​第​一 1:25

^ 8節 「ギリシャ​語​聖書​の​写本」(英語)と​いう​文献​に​よれ​ば,古文書​学​と​は「古代​の​書き物​を​研究​する​学問​の​こと」です。手書き​文字​の​書体​は,時代​と​共​に​変化​し​て​き​まし​た。そう​し​た​変化​が​見​られる​の​で,写本​が​どの​年代​の​もの​か​は,年代​の​確定​さ​れ​て​いる​他​の​文書​と​比較​する​こと​が​できれ​ば,明らか​に​なり​ます。