内容へ

目次へ

 聖書​に​つい​て​の​話し合い

イエスの死を記念するのはなぜですか

イエスの死を記念するのはなぜですか

以下​は,エホバ​の​証人​が​近所​の​人​と​行なう​話し合い​の​例​です。エホバ​の​証人​の​メーガン​が,シャーリー​と​いう​女性​の​家​を​訪ね​た​と​し​ましょ​う。

「わたし​の​記念​と​し​て​これ​を​行ない​つづけ​なさい」

メーガン: シャーリー​さん,こんにちは。先週​は,イエス​・​キリスト​の​死​の​記念​式​で​お会い​で​き​て​うれしかっ​た​です。 * 出席​なさっ​て,いかが​でし​た​か。

シャーリー: 出席​でき​て​良かっ​た​です。でも​正直​な​ところ,聞い​て​い​て​分から​ない​こと​も​あり​まし​た。クリスマス​の​時​に​イエス​の​誕生​を​祝っ​たり,イースター​の​時​に​イエス​の​復活​を​祝っ​たり​し​ます​よ​ね。でも,イエス​の​死​を​記念​する​なんて,聞い​た​こと​が​あり​ませ​ん​でし​た。

メーガン: おっしゃる​とおり,クリスマス​や​イースター​は​世界​中​で​行なわ​れ​て​い​ます​ね。でも​エホバ​の​証人​は,イエス​の​死​を​記念​する​の​は​大切​な​こと​だ​と​思っ​て​いる​ん​です。もし​数​分​お時間​を​いただける​なら,その​理由​を​お伝え​し​たい​の​です​が。

シャーリー: 少し​ならい​い​です​よ。

メーガン: 実​は,エホバ​の​証人​が​イエス​の​死​を​記念​する​の​は,イエス​が​弟子​たち​に​そう​する​よう​お命じ​に​なっ​た​から​なん​です。イエス​の​亡くなる​前​の​晩​の​出来事​です​が,イエス​が​忠実​な​弟子​たち​と​共​に​し​た​特別​な​食事​に​つい​て​聞い​た​こと​が​おあり​です​か。

シャーリー: “最後​の​晩さん”の​こと​です​か。

メーガン: その​とおり​です。“主​の​晩さん”と​も​呼ば​れ​て​い​ます。その​食事​の​際,イエス​は​弟子​たち​に​明確​な​指示​を​与え​まし​た。もし​よろしけれ​ば,この​ルカ 22​章​19​節​に​ある​イエス​の​言葉​を​読ん​で​いただけ​ない​でしょ​う​か。

シャーリー: いい​です​よ。「また,イエス​は​パン​を​取り,感謝​を​ささげ​て​それ​を​割き,それ​を​彼ら​に​与え​て,こう​言わ​れ​た。『これ​は,あなた方​の​ため​に​与え​られる​わたし​の​体​を​表わし​て​い​ます。わたし​の​記念​と​し​て​これ​を​行ない​つづけ​なさい』」。

メーガン: ありがとう​ござい​ます。この​節​の​最後​で​イエス​は,「わたし​の​記念​と​し​て​これ​を​行ない​つづけ​なさい」と​命じ​て​い​ます​ね。そして,自分​を​思い起こす​よう​命じる​直前​に,自分​の​どんな​こと​を​思い起こす​べき​か​も​明らか​に​され​まし​た。自分​の​命​が​弟子​たち​の​ため​に​与え​られる​と​述べ​た​の​です。マタイ 20​章​28​節​に​記さ​れ​て​いる​よう​に,イエス​は​同じ​こと​を,似​た​言葉遣い​で​こう​述べ​て​い​ます。「人​の​子[は],仕え​て​もらう​ため​で​は​なく,むしろ​仕え,自分​の​魂​を,多く​の​人​と​引き換える​贖い​と​し​て​与える​ため​に​来​た」。簡単​に​言え​ば,だから​こそ​エホバ​の​証人​は​毎年,イエス​の​亡くなっ​た​日​に​集い,イエス​の​ささげ​た​贖い​の​犠牲​を​思い起こす​の​です。イエス​の​死​は,従順​な​人々​すべて​に​とっ​て​命​を​意味​し​ます。

なぜ​贖い​が​必要​な​の​か

シャーリー: イエス​が​死ん​で​くださっ​た​の​で​わたしたち​は​生き​て​い​られる,と​聞い​た​こと​が​あり​ます​が,正直​言っ​て,一体​どうして​そう​なる​の​か,分から​ない​ん​です。

メーガン: そう​です​よ​ね。イエス​の​贖い​の​犠牲​っ​て,とても​深い​話​です​もの​ね。ですが,聖書​の​中​で​も​最高​に​素晴らしい​ 真理​な​ん​です​よ。ところで,お時間​の​ほう​は​大丈夫​です​か。

シャーリー: もう​数​分​なら​大丈夫​です。

メーガン: 良かっ​た。ちょうど​贖い​に​つい​て​の​記事​を​読ん​で​き​た​ところ​なん​です。できる​だけ​簡単​に​ご説明​し​て​み​ます​ね。

シャーリー: はい。

メーガン: この​贖い​を​理解​する​に​は,まず​アダム​と​エバ​が​エデン​の​園​で​罪​を​犯し​て​引き起こし​た​状況​を​把握​する​必要​が​あり​ます。どんな​こと​が​関係​し​て​い​た​か,ローマ 6​章​23​節​を​見​て​み​ましょ​う。良かっ​たら,この​節​を​読ん​で​いただけ​ませ​ん​か。

シャーリー: 分かり​まし​た。「罪​の​報い​は​死​です​が,神​の​賜物​は,わたしたち​の​主​キリスト​・​イエス​に​よる​永遠​の​命​だ​から​です」。

メーガン: ありがとう​ござい​ます。この​言葉​を​分析​し​て​み​ましょ​う。まず,最初​の​ところ​に「罪​の​報い​は​死」と​あり​ます​ね。これ​は,人類​史​の​初め​に​神​が​定め​られ​た​シンプル​な​ルール​です。罪​の​報い,つまり​罪​に​対する​罰​は​死​で​ある,と​いう​こと​です。もちろん​最初​は,だれ​も​罪​を​犯し​て​い​ませ​ん​でし​た。アダム​と​エバ​は​完全​な​者​と​し​て​創造​さ​れ​まし​た​し,その​子ども​たち​も​完全​な​者​と​し​て​生ま​れ​て​くる​こと​に​なっ​て​い​まし​た。ですから,だれ​も​死な​ない​はず​でし​た。アダム​と​エバ​に​も,すべて​の​子孫​に​も,幸福​の​うち​に​永遠​に​生きる​見込み​が​あり​まし​た。しかし,物事​は​その​よう​に​は​なり​ませ​ん​でし​た​ね。

シャーリー: そう​です​ね。アダム​と​エバ​は​禁じ​られ​て​い​た​木​の​実​を​食べ​た​ん​です​よ​ね。

メーガン: その​とおり​です。2​人​は​その​実​を​食べ​た​時,つまり​神​に​背く​こと​を​選ん​だ​時​に,罪​を​犯し​まし​た。実際​に​は,不​完全​に​なる​こと,罪人​に​なる​こと​を​選ん​だ​の​です。その​選択​は,アダム​と​エバ​だけ​で​なく,子孫​すべて​に​も​悲惨​な​結果​を​もたらす​こと​に​なり​まし​た。

シャーリー: どう​いう​こと​です​か。

メーガン: では,例え​で​考え​て​み​ましょ​う。パン​や​ケーキ​を​焼く​の​は​お好き​です​か。

シャーリー: ええ,大好き​です。

メーガン: では,きず​一つ​ない​新品​の​パン焼き​型​を​持っ​て​い​た​と​し​ましょ​う。それ​を​一度​も​使わ​ない​うち​に​床​に​落とし​て​しまい,大きな​へこみ​が​でき​て​しまい​ます。その​型​で​パン​を​焼く​と​どう​なる​でしょ​う​ね。どの​パン​に​も​へこみ​が​できる​の​で​は​ない​でしょ​う​か。

シャーリー: そう​です​ね。

メーガン: 同じ​よう​に,神​に​背く​こと​を​選ん​だ​アダム​と​エバ​に​は,罪​と​不​完全​さ​に​よっ​て“へこみ”つまり​きず​が​でき​て​しまい​まし​た。そして,2​人​は​子ども​が​できる​前​に​罪人​に​なっ​た​の​で,その​子ども​たち​も​皆,同じ“へこみ”を​持っ​て​生ま​れる​こと​に​なり​まし​た。皆,罪​の​ある​状態​で​生ま​れ​て​くる​の​です。聖書​中​の「罪」と​いう​言葉​は,単に​間違っ​た​行為​だけ​で​なく,人​が​遺伝​的​に​受け継い​で​いる​状態​の​こと​も​指し​ます。こう​し​て,わたしたち​は​何​も​悪い​こと​を​し​なかっ​た​の​に,そして​アダム​と​エバ​が​罪​を​犯し​た​時​に​は​生ま​れ​て​も​い​なかっ​た​の​に,わたしたち​を​含め,2​人​の​子孫​すべて​が​不​完全​で​罪​ある​状態​で​生ま​れ​て​死ぬ​こと​に​なり​まし​た。ローマ 6​章​23​節​に​ある​よう​に,罪​に​対する​罰​は​死​だ​から​です。

シャーリー: そんな​の​不​公平​だ​わ。アダム​と​エバ​の​罪​な​の​に,どうして​全​人類​が​苦しま​ない​と​いけ​ない​ん​です​か。

メーガン: 確か​に,公平​じゃ​ない​です​よ​ね。でも,それ​で​終わっ​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん。完全​に​公平​な​方​で​ある​神​は,アダム​と​エバ​が​自ら​の​罪​ゆえに​死ぬ​よう​に​され​まし​た​が,子孫​で​ある​わたしたち​に​は​希望​を​残し​て​ください​まし​た。わたしたち​が​この​苦境​から​逃れる​道​を​備え​て​くださっ​た​の​です。そこで,イエス​に​よる​贖い​の​犠牲​が​関係​し​て​き​ます。もう​一度,ローマ 6​章​23​節​を​ご覧​ください。「罪​の​報い​は​死​です​が」と​いう​言葉​に​続い​て,こう​あり​ます。「神​の​賜物​は,わたしたち​の​主​キリスト​・​イエス​に​よる​永遠​の​命​だ​から​です」。ですから,わたしたち​が​罪​と​死​から​逃れる​道​を​開く​の​は,イエス​の​死​な​の​です。 *

 贖い ― 神​から​の​最も​素晴らしい​贈り物

メーガン: この​節​に​は​もう​一つ​注目​し​て​いただき​たい​点​が​ある​ん​です。

シャーリー: えっ,何​です​か。

メーガン: ここ​に,「神​の​賜物​は,わたしたち​の​主​キリスト​・​イエス​に​よる​永遠​の​命」と​あり​ます​ね。わたしたち​の​ため​に​苦しん​で​死​に,自分​の​命​を​差し出し​て​くださっ​た​の​は​イエス​な​の​に,この​節​で​贖い​が「神​の​賜物」,つまり​神​から​の​贈り物​と​呼ば​れ​て​いる​の​は​なぜ​でしょ​う​か。なぜ「イエス​の​賜物」と​し​ない​ん​でしょ​う​ね。 *

シャーリー: さあ,なぜ​でしょ​う​ね。

メーガン: アダム​と​エバ​を​創造​し​た​の​は​エホバ​神​です​し,2​人​が​エデン​の​園​で​背い​て​罪​を​犯し​た​の​も​神​に​対し​て​でし​た。神​は,ご自分​の​子ども​で​ある​最初​の​人間​夫婦​が​反逆​し​た​時,さぞかし​心​を​痛め​られ​た​こと​でしょ​う。しかし,すぐ​に​1​つ​の​解決​策​を​示さ​れ​まし​た。 * 霊者​の​1​人​が​地上​に​来​て,完全​な​人間​と​し​て​生活​し,最終​的​に​その​命​を​贖い​の​犠牲​と​し​て​差し出す,と​いう​目的​を​明らか​に​され​た​の​です。ですから,贖い​の​備え​全体​は​確か​に​神​から​の​贈り物​です。また​別​の​意味​で​も,贖い​は​神​から​の​贈り物​と​言え​ます。イエス​が​処刑​さ​れ​た​時,神​が​どの​よう​に​お感じ​に​なっ​た​か,考え​て​み​た​こと​が​おあり​です​か。

シャーリー: いいえ,なかっ​た​です。

メーガン: お庭​に​おもちゃ​が​あり​ます​けど,お子さん​が​いらっしゃる​ん​です​ね。

シャーリー: ええ。男​の​子​と​女​の​子​の​2​人​な​ん​です。

メーガン: では,親​の​立場​から​ちょっと​考え​て​み​て​ください。イエス​の​天​の​父​で​ある​エホバ​神​は,イエス​が​亡くなっ​た​日​に​どう​お感じ​に​なっ​た​でしょ​う​ね。天​から,ご自分​の​愛する​息子​が​逮捕​さ​れ,あざけら​れ,握りこぶし​で​殴ら​れる​の​を​見​て​い​て,また木​の​杭​に​くぎづけ​に​され,苦しみ​に​もだえ​ながら​じわじわ​と​死ん​で​ゆく​の​を​見​て​い​て,一体​どう​思わ​れ​た​でしょ​う​ね。

シャーリー: すごく​つらい​思い​を​され​た​でしょ​う​ね。そんな​ふう​に​考え​た​こと​は​あり​ませ​ん​でし​た。

メーガン: もちろん,その​日​に​神​が​どう​お感じ​に​なっ​た​か,正確​な​こと​は​分かり​ませ​ん。でも,わたしたち​は,神​が​感情​を​持っ​て​おら​れる​こと​を​知っ​て​い​ます​し,その​すべて​が​起きる​の​を​許さ​れ​た​理由​も​知っ​て​い​ます。その​こと​が,有名​な​ヨハネ 3​章​16​節​で​見事​に​説明​さ​れ​て​いる​ん​です。この​聖句​も​読ん​で​いただけ​ませ​ん​か。

シャーリー: いい​です​よ。「神​は​世​を​深く​愛し​て​ご自分​の​独り子​を​与え,だれ​で​も​彼​に​信仰​を​働か​せる​者​が​滅ぼさ​れ​ない​で,永遠​の​命​を​持てる​よう​に​され​た​から​です」。

贖い​の​犠牲​は​愛​の​最大​の​表現

メーガン: ありがとう​ござい​ます。最初​の​ところ​を​もう​一度​ご覧​ください。「神​は​世​を​深く​愛​し​て」と​あり​ます​ね。かぎ​と​なっ​て​いる​の​は,愛​な​ん​です。この​愛​に​動かさ​れ,神​は​ご自分​の​子​を​地上​に​遣わし,わたしたち​の​ため​に​死ぬ​よう​に​し​て​ください​まし​た。ですから,贖い​の​犠牲​は​愛​の​最大​の​表現​です。これ​こそ,エホバ​の​証人​が​毎年,イエス​の​亡くなっ​た​日​に​集い,思い起こす​こと​な​ん​です。お分かり​いただけ​た​でしょ​う​か。

シャーリー: ええ,よく​分かり​まし​た。説明​し​て​くださり,ありがとう​ござい​まし​た。

これ​まで​聖書​に​関する​何​か​の​疑問​を​抱い​た​こと​が​おあり​です​か。あるいは,エホバ​の​証人​の​信じ​て​いる​事柄​や​宗教​的​な​活動​に​つい​て,何​か​疑問​に​思わ​れ​た​こと​が​あり​ます​か。そう​で​あれ​ば,エホバ​の​証人​に​尋ね​て​み​て​は​いかが​です​か。喜ん​で​その​点​に​つい​て​答え​て​くれる​でしょ​う。

^ 5節 エホバ​の​証人​は,年​に​1​度,イエス​の​亡くなっ​た​日​に​集い,イエス​の​犠牲​を​思い起こし​ます。

^ 32節 この​シリーズ​の​今後​の​記事​で,イエス​の​贖い​の​犠牲​が​どの​よう​に​罪​から​逃れる​道​を​備える​か,また​贖い​から​益​を​得る​ため​に​は​何​を​し​なけれ​ば​なら​ない​か​に​つい​て​取り上げ​ます。

^ 36節 聖書​に​よる​と,神​と​イエス​は​別個​の​存在​です。詳しく​は,エホバ​の​証人​の​発行​し​た「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」と​いう​本​の​第​4​章​を​ご覧​ください。

^ 38節 創世記 3:15​を​ご覧​ください。