内容へ

目次へ

 ライフ​・​ストーリー

ハイロの目 神に仕える手段

ハイロの目 神に仕える手段

体​で,目​以外​の​部分​が​全く​動か​せ​ない​自分​を​想像​し​て​み​て​ください。兄​の​ハイロ​は​その​よう​な​苦しい​状況​に​あり​ます​が,充実​し​た​生活​を​楽しん​で​い​ます。兄​が​有意義​な​人生​を​送っ​て​いる​理由​を​説明​する​前​に,まず​兄​の​生い立ち​に​つい​て​お話し​し​ます。

ハイロ​は,脳性​麻痺​の​一​種​で​ある​痙性​四肢​麻痺​を​持っ​て​生ま​れ​まし​た。 * その​ため,体​の​ほとんど​の​部分​を​自分​の​意志​で​動かす​こと​が​でき​ませ​ん。また,脳​が​はっきり​と​し​た​信号​を​筋肉​に​送れ​ない​の​で,手足​が​勝手​に​ねじれ​たり​し​ます。時​に​は,急​に​体​が​動い​て,自分​を​傷つける​こと​さえ​あり​ます。近く​に​いる​人​も,注意​し​て​い​ない​と​けが​を​する​場合​が​あり​ます。それ​で​残念​な​こと​です​が,そう​し​た​事故​を​避ける​ため​に,多く​の​場合,腕​や​足​を​車いす​に​縛り付け​て​おか​なけれ​ば​なり​ませ​ん。

つらい​思い​を​し​て​大人​に​なる

ハイロ​は​とても​つらい​思い​を​し​ながら​成長​し​まし​た。生後​3​か​月​の​ころ​から,てんかん​を​起こし​て​失神​する​よう​に​なり​まし​た。そんな​時​に​は,母​は​ハイロ​が​死ん​で​しまっ​た​と​思い,抱きかかえ​て​病院​に​駆け込ん​だ​もの​です。

筋肉​が​収縮​を​繰り返す​の​で,ハイロ​の​骨​は​変形​する​よう​に​なり​まし​た。16​歳​の​時​に​は,骨盤​が​ずれ​た​ため,大腿​部,臀部,骨盤​の​大​手術​を​受け​なけれ​ば​なら​なく​なり​まし​た。回復​する​まで​の​間,ハイロ​が​毎晩​痛み​の​ため​に​泣い​て​い​た​こと​を,わたし​は​今​で​も​覚え​て​い​ます。

ハイロ​は​重度​の​障害​を​抱え​て​いる​の​で,食事​を​する​こと​や​着替える​こと,横​に​なる​こと​など,日常​生活​の​すべて​に​おい​て​他​の​人​に​依存​し​て​い​ます。ふつう​は​父​と​母​が​そう​し​た​仕事​を​し​て​い​ます。ハイロ​は​引き続き​人​の​助け​を​必要​と​し​て​い​ます​が,両親​は​いつも​ハイロ​に,あなた​の​命​は​人​だけ​で​なく​神​に​も​依存​し​て​いる,と​話し​て​い​ます。

意思​疎通​の​道​が​開ける

エホバ​の​証人​で​ある​両親​は,ハイロ​が​赤ちゃん​の​時​から​聖書​の​物語​を​読み聞かせ​て​い​まし​た。そして,人​は​神​と​の​関係​に​よっ​て​人生​を​もっと​有意義​な​もの​に​できる,と​いう​こと​を​決して​忘れ​ませ​ん​でし​た。体​こそ​弱く​て​いつも​けいれん​を​起こし​て​いる​ハイロ​も,将来​に​対する​明るく​確か​な​希望​を​持てる​はず​です。と​は​いえ,この​子​は​聖書​の​知識​を​理解​できる​の​だろ​う​か,と​両親​は​よく​考え​まし​た。

ハイロ​が​子ども​だっ​た​ころ,父​が​ハイロ​に​こう​頼ん​だ​こと​が​あり​ます。「ハイロ,お父さん​に​何​か​話​し​て​くれ​ない​か。お父さん​を​本当​に​愛し​て​いる​なら,そう​し​て​くれる​よ​ね」。一言​で​も​いい​から​話​し​て,と​父​から​言わ​れ​て,ハイロ​の​目​に​涙​が​あふれ​まし​た。自分​の​思い​を​言葉​で​伝え​よう​と​し​た​もの​の,うめき声​しか​出せ​ませ​ん​でし​た。父​は​ハイロ​を​泣か​せ​て​悪かっ​た​と​思い​まし​た​が,その​反応​から​ハイロ​ が​父​の​言葉​を​理解​し​て​いる​こと​は​明らか​でし​た。問題​は,話せ​ない​こと​だっ​た​の​です。

程なく​し​て,両親​は​ハイロ​が​ときどき​目​を​素早く​動かす​こと​に​気づき​まし​た。考え​や​感情​を​伝え​よう​と​し​て​いる​か​に​見え​まし​た。ハイロ​は,自分​の​こと​を​いつも​分かっ​て​もらえる​わけ​で​は​ない​こと​を​もどかしく​思っ​て​い​まし​た。しかし,両親​が​ハイロ​の​目​の​合図​を​解読​し​て,必要​な​もの​を​与え​て​くれ​た​時​は,満足​げ​な​笑み​を​浮かべ​た​もの​です。それ​が​ハイロ​の​ありがとう​だっ​た​の​です。

言語​療法​士​の​勧め​で,もっと​意思​の​疎通​を​図る​ため​に,ハイロ​に“はい”か“いいえ”で​答え​られる​質問​を​する​時​は,両手​を​挙げる​こと​に​し​まし​た。右手​は“はい”で,左手​は“いいえ”を​表わし​ます。ハイロ​は​どちら​か​の​手​を​見る​こと​で,質問​に​対する​答え​を​示す​こと​が​でき​ます。

ハイロ​の​人生​に​おける​記念​す​べき​こと

エホバ​の​証人​は,年​に​3​回,大会​を​開き​ます。そこ​で​は,大勢​の​聴衆​に​対し​て​聖書​に​基づく​話​が​行なわ​れ​ます。ハイロ​は,バプテスマ​希望​者​に​対する​話​の​間​は​いつも​興奮​し​て​い​まし​た。ある​日,当時​16​歳​だっ​た​ハイロ​に​父​が​こう​尋ね​まし​た。「ハイロ,君​も​バプテスマ​を​受け​たい​かい?」 すると,ハイロ​は​すぐ​に​真剣​な​まなざし​で​父​の​右手​を​見​て,そう​し​たい​と​いう​気持ち​を​表わし​まし​た。父​が​さらに,「君​は​神​に​祈り​の​中​で,永遠​に​お仕え​し​ます​と​約束​し​た​の?」と​尋ねる​と,ハイロ​は​また​父​の​右手​を​じっ​と​見つめ​まし​た。ハイロ​が​すでに​エホバ​に​献身​し​て​い​た​こと​は​明らか​でし​た。

聖書​に​基づく​話し合い​が​何​度​か​行なわ​れ​た​後,ハイロ​が​クリスチャン​の​バプテスマ​の​意義​を​理解​し​て​いる​こと​も​明らか​に​なり​まし​た。そして,2004​年​に,ハイロ​は​それ​まで​で​最も​重要​な​質問​に​答え​まし​た。「神​の​ご意志​を​行なう​ため,神​に​献身​し​まし​た​か」と​いう​質問​です。その​質問​に​対し​て,ハイロ​は​目​を​上​に​向け​まし​た。それ​は,前もって​打ち合わせ​て​あっ​た“はい”を​意味​する​合図​でし​た。こう​し​て,ハイロ​は​17​歳​で​エホバ​の​証人​と​し​て​バプテスマ​を​受け​まし​た。

神​の​事柄​に​目​の​焦点​を​合わせる

2011​年,ハイロ​は​意思​を​伝達​する​ため​の​新しい​装置​を​使える​よう​に​なり​まし​た。それ​は,目​で​見る​だけ​で​操作​できる​コンピューター​です。この​装置​は​ハイロ​の​目​の​動き​を​とらえ,ハイロ​が​見る​だけ​で​ディスプレー​上​の​アイコン​を​起動​できる​よう​に​し​ます。アイコン​に​視線​を​向け​て​まばたき​する​か,じっ​と​見る​こと​で,コンピューター​の​マウス​を​クリック​する​の​と​同じ​こと​が​でき​ます。ディスプレー​に​は,ハイロ​が​意思​を​伝える​の​に​役立つ​マーク​が​表示​さ​れ​て​い​ます。 その​1​つ​に​視線​を​向け​て​まばたき​する​と,内蔵​さ​れ​た​ソフトウェア​が​文字​の​メッセージ​を​電子​音声​に​変換​する​の​です。

聖書​の​理解​が​深まる​に​つれ​て,他​の​人​を​霊的​に​助け​たい​と​いう​ハイロ​の​願い​は​強まり​まし​た。週​ごと​の​家族​の​聖書​研究​の​時,ハイロ​は​よく,わたし​を​見​て​コンピューター​を​見る​と​いう​こと​を​繰り返し​ます。その​よう​に​し​て,自分​が​クリスチャン​会衆​の​集会​で​質問​と​答え​の​時間​に​注解​し​たい​こと​を​入力​する​よう,わたし​を​促す​の​です。

集会​で​は,ディスプレー​で​望み​の​アイコン​を​根気よく​探し,それ​を​クリック​し​て,電子​音声​で​の​注解​を​みんな​に​聞い​て​もらい​ます。この​よう​に​し​て​会衆​の​成員​を​励ます​時​は​いつも,満面​に​笑み​を​浮かべ​ます。ハイロ​の​年若い​友人​の​一​人​アレックス​は​こう​述べ​て​い​ます。「聖書​に​関する​ハイロ​の​コメント​に​は,いつも​胸​を​打た​れ​ます」。

ハイロ​は,目​で​操作​できる​コンピューター​で​電子​音声​を​出す​こと​に​より,集会​で​注解​し,自分​の​信条​を​他​の​人​に​伝え​て​いる

ハイロ​は​他​の​人​に​自分​の​信条​を​話す​ため​に​も​目​を​使っ​て​い​ます。その​方法​の​1​つ​は,動物​と​あらゆる​人種​の​人​が​平和​に​暮らす​楽園​を​描い​た​アイコン​を​目​で​クリック​する​こと​です。そう​する​と,次​の​よう​な​電子​音声​が​聞こえ​て​き​ます。「聖書​に​は,地上​は​やがて​パラダイス​に​なり,病気​も​死​も​なくなる​と​いう​希望​が​記さ​れ​て​い​ます。啓示 21​章​4​節」。それ​を​聞い​た​人​が​関心​を​示す​場合​は,別​の​アイコン​を​クリック​し​て,「わたし​と聖書​を​学び​ませ​ん​か」と​いう​音声​を​聞い​て​もらい​ます。驚い​た​こと​に,祖父​は​そう​する​こと​に​同意​し​まし​た。ハイロ​が,仲間​の​証人​に​手伝っ​て​もらい​ながら,ゆっくり​です​が,祖父​に​聖書​を​教え​て​いる​の​を​見る​と,感動​し​ます。そして​うれしい​こと​に,祖父​は​2014​年​8​月​に​マドリード​で​開催​さ​れ​た​地区​大会​で​バプテスマ​を​受け​まし​た。

学校​の​先生​たち​も,ハイロ​の​一途​な​信仰​に​気づい​て​い​ます。言語​療法​士​の​一​人​で​ある​ロザリオ​は​こう​打ち明け​た​こと​が​あり​ます。「もし​何​か​の​宗教​に​入る​の​なら,わたし​は​エホバ​の​証人​に​なり​ます​よ。ハイロ​が,たいへん​な​状況​の​中​で​も,その​信仰​の​おかげ​で​真​の​目的​を​持っ​て​人生​を​歩ん​で​いる​の​を​見​て​き​まし​た​から」。

「足​の​なえ​た​者​は​雄鹿​の​よう​に​登っ​て​行き,口​の​きけ​ない​者​の​舌​は​うれしさ​の​余り​叫び​を​上げる」と​いう​聖書​の​約束​を​読ん​で​聞か​せる​と,ハイロ​は​いつも​目​を​輝か​せ​ます。(イザヤ 35:6)時​に​は​落ち込む​こと​も​あり​ます​が,たいてい​は​元気​です。元気​で​いら​れる​の​は,ハイロ​の​生活​が​神​と​クリスチャン​の​友人​たち​を​中心​に​し​て​回っ​て​いる​から​に​ほか​なり​ませ​ん。ハイロ​の​明るい​態度​と​強い​信仰​を​見る​と,エホバ​に​仕える​なら,困難​を​伴う​人生​も​有意義​な​もの​に​なる,と​いう​こと​が​よく​分かり​ます。

^ 5節 脳性​麻痺(CP)は,脳​の​損傷​に​よっ​て​引き起こさ​れる​運動​障害​の​総称​です。てんかん​発作​を​起こし​たり,物​を​呑み込む​こと​や​言葉​を​発する​こと​が​困難​に​なっ​たり​する​こと​も​あり​ます。痙性​四肢​麻痺​は,最も​重い​脳性​麻痺​で,四肢​が​こわばり,首​を​支え​られ​なく​なる​場合​も​あり​ます。