内容へ

目次へ

 聖書​は​人​の​生き方​を​変える

聖書の明快で論理的な答えに感動しました

聖書の明快で論理的な答えに感動しました
  • 生ま​れ​た​年: 1948​年

  • 生ま​れ​た​国: ハンガリー

  • かつて​は: 人生​の​疑問​に​対する​答え​を​切​に​求め​て​い​た

過去​の​歩み:

わたし​は​ハンガリー​の​セーケシュフェヘールバール​で​生ま​れ​まし​た。そこ​は​1000​年​有余​の​歴史​を​誇る​都市​です​が,悲しい​こと​に,今​も​思い出さ​れる​の​は,第​二​次​世界​大戦​の​残し​た​醜い​爪痕​です。

幼い​ころ​は,祖父母​に​育て​られ​まし​た。祖父母,特に​祖母​エリザベト​の​こと​が​懐かしく​思い出さ​れ​ます。祖母​が​神​に​対する​強い​信仰​を​わたし​の​心​に​植え付け​て​くれ​た​の​で,わたし​は​3​歳​の​時​から,毎晩,祖母​と​一緒​に​いわゆる“主​の​祈り”を​唱え​て​い​まし​た。と​は​いえ,その​意味​を​理解​できる​よう​に​なっ​た​の​は,20​代​後半​の​こと​です。

祖父母​に​世話​し​て​もらっ​て​い​た​の​は,両親​が​昼​も​夜​も​働い​て​い​た​から​です。手ごろ​な​家​を​買う​お金​を​貯め​たい​と​思っ​て​い​た​の​です。しかし,第​2​土曜​日​に​は,家族​そろっ​て​食事​を​し​まし​た。わたし​は​その​時間​を​心待ち​に​し​て​い​まし​た。

1958​年,両親​の​夢​が​かな​い,3​人​で​住める​家​を​購入​でき​まし​た。ついに​両親​と​暮らせる​こと​に​なり,わたし​は​大喜び​し​まし​た。しかし,その​幸せ​は​6​か月​後​に​突然​終わり​を​迎え​まし​た。父​が​がん​で​亡くなっ​た​の​です。

わたし​は​途方​に​暮れ​まし​た。こう​祈っ​た​こと​を​覚え​て​い​ます。「神様,ぼく​は​あなた​に『パパ​を​助け​て​ください』と​お祈り​し​まし​た。ぼく​に​は​パパ​が​必要​な​ん​です。どうして​ぼく​の​祈り​を​聞い​て​くださら​なかっ​た​の​です​か」。父​が​どこ​に​いる​の​か,どうして​も​知り​たい​と​思い​まし​た。「天​に​行っ​た​の​だろ​う​か,それ​と​も​永遠​に​い​なく​なっ​た​の​だろ​う​か」と​考え​た​もの​です。父親​の​いる​子ども​たち​が​うらやましく​思え​まし​た。

それ​から​何​年​も​の​間,毎日​の​よう​に​墓地​に​通い​まし​た。父​の​墓​の​前​に​ひざ​まずき,「神様,どうか​教え​て​ください。パパ​は​どこ​に​いる​の​でしょ​う​か」と​祈っ​た​もの​です。「人生​の​意味​を​理解​できる​よう​助け​て​ください」と​も​祈り​まし​た。

 13​歳​の​時,ドイツ​語​を​学ぶ​こと​に​し​まし​た。膨大​な​ドイツ​文学​の​中​に​疑問​の​答え​が​ある​か​も​しれ​ない​と​思っ​た​から​です。1967​年​に​は,当時​東​ドイツ​の​都市​だっ​た​イェーナ​で​研究​に​取りかかり,ドイツ​の​哲学​者​の​本,それ​も​人間​の​存在​意義​に​関する​本​を​読みあさり​まし​た。興味深い​考え​も​見つけ​まし​た​が,どれ​一つ​と​し​て​満足​の​いく​もの​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。それで,答え​を​祈り​求め​続け​まし​た。

聖書​に​よっ​て​どの​よう​に​生き方​が​変わっ​た​か:

1970​年​に​は​ハンガリー​に​戻り,そこで​ローザ​と​出会い,結婚​し​まし​た。わたしたち​は​結婚​後​ほど​なく​し​て,当時,共産​主義​政権​下​に​あっ​た​ハンガリー​から​オーストリア​へ​脱出​し​まし​た。おじ​の​住む​オーストラリア​の​シドニー​に​移住​する​こと​を​目指し​て​い​た​の​です。

オーストリア​で​は,すぐ​に​仕事​が​見つかり​まし​た。ある​日,同僚​が,「君​の​疑問​の​答え​は​みな​聖書​の​中​に​ある」と​言っ​て,聖書​に​関する​本​を​何​冊​かくれ​まし​た。わたし​は​それら​の​本​を​貪る​よう​に​し​て​読み,もっと​知り​たい​と​思い​まし​た。それで,その​本​の​発行​者​で​ある​エホバ​の​証人​に​手紙​を​書き,もっと​多く​の​本​を​送っ​て​くれる​よう​頼み​まし​た。

初めて​の​結婚​記念​日​に,一​人​の​青年​が​訪ね​て​き​まし​た。オーストリア​の​エホバ​の​証人​で,頼ん​で​い​た​本​を​持っ​て​来​て​くれ​た​の​です。その​人​から​聖書​研究​を​勧め​られ,始める​こと​に​し​まし​た。ぜひとも​知り​たい​と​思っ​て​い​た​の​で,研究​を​週​に​2​回​行なっ​て​もらい,毎回​4​時間​に​も​及び​まし​た。

エホバ​の​証人​が​聖書​から​教え​て​くれる​こと​を​聞い​て,すごい​と​思い​まし​た。そして,神​の​お名前​が​エホバ​で​ある​こと​を​わたし​の​ハンガリー​語​の​聖書​から​示し​て​もらっ​た​時​は,本当​に​驚き​まし​た。27​年​も​教会​に​通っ​て​い​ながら,神​の​お名前​が​語ら​れる​の​を​聞い​た​こと​が​ただ​の​一度​も​なかっ​た​の​です。わたし​は,疑問​に​対する​聖書​の​明快​で​論理​的​な​答え​に​感動​し​まし​た。死ん​だ​人​は​無​意識​で​深く​眠っ​て​いる​よう​な​もの​だ,と​いう​こと​を​知り​まし​た。(伝道​の​書 9:5,10。ヨハネ 11:11‐15)また,聖書​の​約束​する​新しい​世​で​は「もはや​死​は​な(い)」,と​いう​こと​も​知り​まし​た。(啓示 21:3,4)今​わたし​は​父​と​再会​する​の​を​楽しみ​に​し​て​い​ます。その​新しい​世​で​は「復活​が​ある」から​です。―使徒 24:15

ローザ​も​喜ん​で​聖書​を​研究​する​よう​に​なり​まし​た。わたしたち​は​急速​に​進歩​し,わずか​2​か月​で​研究​用​の​本​を​学び​終え​まし​た。そして,エホバ​の​証人​の​王国​会館​で​の​集会​に​欠かさ​ず​出席​し​まし​た。証人​たち​の​愛​や​親切​や​一致​に​深く​心​を​動かさ​れ​まし​た。―ヨハネ 13:34,35

1976​年,わたしたち​夫婦​は​オーストラリア​へ​の​入国​を​許可​さ​れ,到着​する​と​すぐ​に​現地​の​エホバ​の​証人​を​探し出し​まし​た。証人​たち​の​おかげ​で,すぐ​に​打ち解け​た​気分​に​なれ​まし​た。そして​1978​年​に​は,わたしたち​も​エホバ​の​証人​と​なり​まし​た。

どんな​益​を​受け​た​か:

長年​悩まさ​れ​続け​た​疑問​の​答え​を​ついに​見つけ​まし​た。エホバ​神​に​つい​て​の​知識​を​深め,この​方​が​最高​の​父親​で​ある​こと​も​分かり​まし​た。(ヤコブ 4:8)そして,来たる​べき​新しい​世​で​実​の​父​と​再び​会える​と​いう​希望​は,わたし​に​とっ​て​かけがえ​の​ない​もの​です。―ヨハネ 5:28,29

1989​年,ローザ​と​わたし​は​ハンガリー​に​戻る​こと​に​し​まし​た。自分​たち​が​信じる​よう​に​なっ​た​事柄​を​友人​や​家族​に,また​そこで​出会う​人々​に​伝える​ため​です。それ​以来,非常​に​多く​の​人​に​聖書​を​教える​こと​が​でき,その​うち​70​人​余り​が​共​に​エホバ​に​お仕え​する​よう​に​なり​まし​た。愛する​母​も​です。

わたし​は​17​年​の​間,疑問​の​答え​を​求め​て​祈っ​て​い​まし​た。その​後,39​年​たち​まし​た​が,今​は​こう​祈れ​ます。「愛する​天​の​父​よ,子ども​の​ころ​の​祈り​を​聞い​て​くださり,感謝​し​て​い​ます」。