内容へ

目次へ

聖書​に​つい​て​の​話し合い

神の王国はいつ支配を始めましたか(その1)

神の王国はいつ支配を始めましたか(その1)

以下​は,エホバ​の​証人​が​近所​の​人​と​行なう​話し合い​の​典型​的​な​例​です。エホバ​の​証人​の​ロイ​が,ジャン​と​いう​男性​の​家​を​訪ね​た​と​し​ましょ​う。

理解​を「尋ね求め​つづける」

ロイ: こう​し​て​定期​的​に​聖書​の​話し合い​が​でき​て,うれしい​です。 * 前回,ジャン​さん​は,エホバ​の​証人​が​神​の​王国​は​1914​年​に​支配​を​始め​た​と​信じ​て​いる​の​は​なぜか,と​いう​質問​を​され​まし​た​ね。

ジャン: ええ,エホバ​の​証人​の​ある​出版​物​に,神​の​王国​は​1914​年​に​支配​を​始め​た,と​書か​れ​て​い​た​の​で,不思議​に​思っ​た​ん​です。皆さん​の​信条​は​すべて​聖書​に​基づい​て​いる​ん​です​よ​ね?

ロイ: はい,そう​です​よ。

ジャン: でも,わたし​は​以前​に​聖書​を​全部​読み通し​た​ん​です​が,1914​年​に​言及​し​て​いる​箇所​は​なかっ​た​よう​に​思っ​た​の​で,“1914”を​オンライン​の​聖書​で​検索​し​て​み​まし​た。やはり​見つかり​ませ​ん​でし​た。

ロイ: ジャン​さん​に​は​感心​し​ます。聖書​全巻​を​お読み​に​なっ​た​の​ですから,神​の​言葉​を​本当​に​愛し​て​おら​れる​ん​だ​と​思い​ます。

ジャン: ええ。聖書​に​勝る​本​は​あり​ませ​ん​から。

ロイ: 同感​です。それ​に,ジャン​さん​は​疑問​の​答え​を​聖書​から​見つけ​よう​と​され​まし​た​ね。まさに​聖書​の​勧め​どおり,理解​を「尋ね求め​つづける」努力​を​され​た​の​です。 * 素晴らしい​と​思い​ます。

ジャン: ありがとう​ござい​ます。これ​から​も​努力​し​て​いき​たい​です。実​は​その​あと,もう​少し​調べ​て​い​たら,今​勉強​し​て​いる​この​本​に​1914​年​に​つい​て​の​説明​が​見つかっ​た​ん​です。王​の​見​た​夢​の​こと​で,大きな​木​が​切り倒さ​れ​た​あと​成長​し​た,と​いっ​た​こと​が​書い​て​あり​まし​た。

ロイ: ああ,ダニエル 4​章​に​記録​さ​れ​て​いる​預言​です​ね。バビロン​の​王​ネブカドネザル​が​見​た​夢​の​こと​でしょ​う。

ジャン: そう,それ​です。その​預言​を​何​度​も​読み返し​た​ん​です​が,正直​な​ところ,それ​と​神​の​王国​や​1914​年​と​の​関連​が​よく​分かり​ませ​ん。

ロイ: それ​は​無理​も​ない​こと​です。預言​者​ダニエル​で​さえ,自分​が​霊感​の​もと​に​書い​た​その​預言​の​意味​を​十分​に​は​理解​でき​なかっ​た​ん​です​から。

ジャン: えっ,本当​です​か。

ロイ: はい,ダニエル​は,この12​章​8​節で,「さて​わたし​は,自分​で​聞い​た​が,理解​する​こと​が​でき​なかっ​た」と​言っ​て​い​ます。

ジャン: そう​か,わたし​だけ​じゃ​ない​ん​です​ね。少し​安心​し​まし​た。

ロイ: 実​の​ところ,ダニエル​が​理解​でき​なかっ​た​の​は,ダニエル​書​に​記さ​れ​た​預言​の​意味​を​人間​が​完全​に​識別​できる​よう​に​なる,神​の​定め​の​時​が​まだ​来​て​い​なかっ​た​から​なん​です。でも,現代​の​わたしたち​は,その​預言​を​十分​理解​でき​ます。

ジャン: どうして​そう​言える​ん​です​か。

ロイ: 先​ほど​の​聖句​の​続き​で​ある,ダニエル 12​章​9​節​に​注目​し​て​ください。ここ​に​は,「これら​の​言葉​は​終わり​の​時​まで​秘め​られ,封印​し​て​おか​れる」と​書か​れ​て​い​ます。ですから,これら​の​預言​は,はるか​後代​の「終わり​の​時」に​なっ​て​初めて​理解​さ​れる​こと​に​なっ​て​い​まし​た。近い​うち​に​詳しく​学び​ます​が,すべて​の​証拠​から​し​て,わたしたち​は​今​まさに​その​時代​に​生き​て​いる​ん​です。 *

ジャン: じゃあ,その​預言​を​説明​し​て​いただけ​ませ​ん​か。

ロイ: いい​です​よ。一緒​に​考え​て​み​ましょ​う。

ネブカドネザル​の​見​た​夢

ロイ: まず,わたし​が​ネブカドネザル​王​の​見​た​夢​を​要約​し​ます​ね。

ジャン: はい。

ロイ: ネブカドネザル​は,夢​の​中​で,天​に​達する​ほど​の​巨大​な​木​を​見​まし​た。そして,神​が​使い​を​通し​て​命令​する,『この​木​を​切り倒せ。しかし,根株​は​地​に​残し​て​おけ』と​いう​声​を​聞き​まし​た。その​木​は「七つ​の​時」を​経​た​後​に​再び​成長​する​こと​に​なっ​て​い​まし​た。 * この​預言​は​当初,ネブカドネザル​王​自身​に​当てはまり​まし​た。ネブカドネザル​は,天​に​達する​その​巨木​に​も​似​た,顕著​な​王​でし​た​が,切り倒さ​れ​て「七つ​の​時」を​経​た​の​です。実際​に​何​が​起き​た​か,覚え​て​い​ます​か。

ジャン: いやー,思い出せ​ませ​ん。

ロイ: 聖書​に​よれ​ば,ネブカドネザル​は,7​年​間,正気​を​失っ​て​い​て,王​と​し​て​支配​する​こと​が​でき​なかっ​た​ん​です。しかし,七つ​の​時​が​終わる​と,正気​を​取り戻し,再び​支配​を​始め​まし​た。 *

ジャン: なるほど,そこ​まで​は​分かり​まし​た。でも,神​の​王国​や​1914​年​と​どんな​関係​が​ある​ん​です​か。

ロイ: 簡単​に​言う​と,この​預言​に​は​2​回​の​成就​が​あり​ます。1​回​目​は​ネブカドネザル​王​の​支配​が​中断​し​た​時​で,2​回​目​は​神​の​支配​の​中断​と​関連​が​あり​ます。それで,神​の​王国​に​関連​が​ある​の​は​この​2​回​目​の​成就​の​ほう​です。

ジャン: どうして,その​預言​に​は​神​の​王国​に​関連​し​た​2​回​目​の​成就​が​ある,と​分かる​ん​です​か。

ロイ: 何​より​も​まず,その​預言​そのもの​に​ヒント​が​あり​ます。ダニエル 4​章​17​節​に​よれ​ば,この​預言​は,「至高​者​が​人間​の​王国​の​支配​者​で​あり,ご自分​の​望む​者​に​それ​を​与え……る​と​いう​こと​を,生ける​者​が​知る​ため」の​もの​でし​た。ここ​の,「人間​の​王国」と​いう​表現​に​気づか​れ​まし​た​か。

ジャン: ええ,「至高​者​が​人間​の​王国​の​支配​者​で​あり」と​書い​て​あり​ます。

ロイ: そう​です​ね。「至高​者」と​は​だれ​の​こと​だ​と​思わ​れ​ます​か。

ジャン: 神​の​こと​でしょ​う​か。

ロイ: その​とおり​です。ですから,この​預言​は,単に​ネブカドネザル​に​だけ​で​なく,「人間​の​王国」つまり​人間​に​対する​神​の​支配​に​も​関連​が​ある,と​いう​こと​が​分かる​ん​です。その​こと​は,前後​の​文脈​から​も​理解​でき​ます。

ジャン: どう​いう​意味​です​か。

ダニエル​書​の​主要​な​テーマ

ロイ: 聖書​の​ダニエル​書​は,主要​な​テーマ​を​繰り返し​取り上げ​て​い​ます。神​の​子​イエス​の​支配​する,神​の​王国​が​設立​さ​れる,と​いう​テーマ​です。一例​と​し​て,先​ほど​開い​た​章​から​2​章​戻っ​て,ダニエル 2​章​44​節​を​読ん​で​いただけ​ます​か。

ジャン: いい​です​よ。「それら​の​王​たち​の​日​に,天​の​神​は​決して​滅びる​こと​の​ない​ひとつ​の​王国​を​立て​られ​ます。そして,その​王国​は​ほか​の​どんな​民​に​も​渡さ​れる​こと​は​あり​ませ​ん。それ​は​これら​の​すべて​の​王国​を​打ち砕い​て​終わらせ,それ​自体​は​定め​の​ない​時​に​至る​まで​続き​ます」。

ロイ: ありがとう​ござい​ます。どう​でしょ​う,この​聖句​が​言っ​て​いる​の​は​神​の​王国​の​こと​で​は​ない​でしょ​う​か。

ジャン: うーん,よく​分かり​ませ​ん。

ロイ: では,ここ​に​注目​し​て​ください。この​王国​は「定め​の​ない​時​に​至る​まで​続き​ます」と​あり​ます​ね。この​表現​は,神​の​王国​に​は​当てはまっ​て​も,人間​の​政府​に​は​当てはまら​ない​の​で​は​ない​でしょ​う​か。

ジャン: 確か​に,そう​です​ね。

ロイ: ダニエル​書​に​は​ほか​に​も,神​の​王国​に​つい​て​の​預言​が​あり​ます。ダニエル 7​章​13,14​節​に​記さ​れ​て​いる​預言​を​見​て​み​ましょ​う。将来​の​支配​者​に​関し​て,こう​述べ​られ​て​い​ます。「その​者​に​は,支配​権​と​尊厳​と​王国​と​が​与え​られ​た。もろもろ​の​民,国たみ,もろもろ​の​言語​の​者​が​皆​これ​に​仕える​ため​で​あっ​た。その​支配​権​は,過ぎ行く​こと​の​ない,定め​なく​続く​支配​権,その​王国​は​滅び​に​至る​こと​の​ない​もの​で​ある」。この​預言​に​も,あの​同じ​語句​が​出​て​い​ませ​ん​か。

ジャン: 王国​です​ね。

ロイ: その​とおり​です。それ​も,ただ​の​王国​で​は​あり​ませ​ん。この​王国​は「もろもろ​の​民,国たみ,もろもろ​の​言語​の​者」に​権威​を​行使​し​ます。言い換えれ​ば,この​王国​は​世界​的​な​支配​権​を​行使​する,と​いう​こと​です。

ジャン: 今​まで​気づき​ませ​ん​でし​た​が,確か​に,そう​書い​て​あり​ます​ね。

ロイ: また,「その​支配​権​は,過ぎ行く​こと​の​ない,定め​なく​続く​支配​権,その​王国​は​滅び​に​至る​こと​の​ない​もの​で​ある」と​も​預言​さ​れ​て​い​ます。これ​は,先​ほど​の​ダニエル 2​章​44​節​の​預言​と​よく​似​て​いる​と​思わ​れ​ませ​ん​か。

ジャン: ああ,似​て​い​ます​ね。

ロイ: ここ​まで​一緒​に​考え​た​内容​を,ちょっと​振り返っ​て​み​ましょ​う。ダニエル 4​章​の​預言​が​与え​られ​た​の​は,「至高​者​が​人間​の​王国​の​支配​者」で​ある​こと​を​人々​が​知る​ため​でし​た。その​目的​から,この​預言​に​は​ネブカドネザル​に​関係​し​た​成就​だけ​で​なく,より​大​規模​な​成就​が​ある,と​いう​こと​を​推察​でき​ます。しかも,ダニエル​書​全体​に,神​の​子​イエス​が​支配​する,神​の​王国​の​設立​に​つい​て​の​預言​が,幾つ​も​あり​ます。こう​し​て​考え​て​みる​と,ダニエル 4​章​の​預言​も​神​の​王国​と​関係​し​て​いる,と​いう​結論​に​至る​の​で​は​ない​でしょ​う​か。

ジャン: なるほど,そう​です​ね。でも,1914​年​と​の​関連​は,まだ​よく​分かり​ませ​ん。

「七つ​の​時​を……過ぎ​させよ」

ロイ: では,もう​一度​ネブカドネザル​王​の​こと​を​考え​ましょ​う。ネブカドネザル​は,預言​に​出​て​くる​木​の​最初​の​成就​でし​た。その​支配​は,木​が​切り倒さ​れ​て​七つ​の​時​に​わたっ​て​放置​さ​れ​た​間,つまり​彼​が​正気​を​失っ​て​い​た​期間,中断​さ​せ​られ​まし​た。その​七つ​の​時​が​終わっ​た​の​は,彼​が​正気​を​取り戻し​て,再び​支配​を​始め​た​時​でし​た。預言​の​2​回​目​の​成就​に​おける​神​の​支配​も,一定​の​期間​中断​さ​せ​られ​ます。と​は​いえ,その​原因​は​神​の​落ち度​で​は​あり​ませ​ん。

ジャン: どう​いう​こと​です​か。

ロイ: 聖書​時代,エルサレム​で​支配​する​イスラエル​の​王​たち​は「エホバ​の​王座」に​座す,と​言わ​れ​て​い​まし​た。 * 神​の​代理​と​し​て​民​を​統治​し​た​の​です。ですから,そう​し​た​王​たち​の​支配​権​は,実​の​ところ​神​の​支配​権​の​表明​でし​た。しかし,当時​の​王​たち​の​大半​は​神​に​従わ​ず,臣民​の​大半​も​その​悪い​例​に​倣い​まし​た。そう​し​た​不​従順​ゆえ​に,西暦​前​607​年,神​は​イスラエル​が​バビロニア​人​に​征服​さ​れる​まま​に​され​まし​た。その​時​以降,エルサレム​に,エホバ​を​代理​する​王​は​存在​し​なく​なり​まし​た。そういう​意味​で​神​の​支配​が​中断​し​た​の​です。ここ​まで​は​理解​でき​まし​た​か。

ジャン: はい。

ロイ: それで,西暦​前​607​年​が,七つ​の​時​の,つまり​神​の​支配​の​中断​期間​の​始まり​でし​た。七つ​の​時​が​終わる​と,神​は​ご自分​を​代理​する​新しい​支配​者​と​し​て,この​度​は​天​に​いる​ある​者​を​任命​なさい​ます。先​ほど​読ん​だ,ダニエル​書​の​幾つ​か​の​預言​が​成就​する​の​は,その​時​です。気​に​なる​の​は,七つ​の​時​が​終わっ​た​の​は​いつ​な​の​か,と​いう​点​です。それ​が​分かれ​ば,神​の​王国​が​いつ​支配​を​始め​た​か​も​把握​でき​ます。

ジャン: あっ,分かり​まし​た。七つ​の​時​の​終わり​が​1914​年​と​いう​こと​です​ね?

ロイ: その​とおり​です。

ジャン: でも,どんな​根拠​で​そう​言える​ん​でしょ​う​か。

ロイ: イエス​は​地上​で​宣教​奉仕​を​し​て​い​た​時,七つ​の​時​が​当時​まだ​終わっ​て​い​ない​こと​を​示唆​し​まし​た。 * ですから,七つ​の​時​は​相当​長い​期間​で​ある​に​違いあり​ませ​ん。イエス​が​地​に​来る​数百​年​前​に​始まり,イエス​が​天​に​戻っ​た​後​の​ある​時​まで,ずっ​と​続い​た​から​です。それ​に,思い出し​て​ください,ダニエル​の​預言​の​意味​は「終わり​の​時」まで​理解​でき​ない​こと​に​なっ​て​い​まし​た。 * 興味深い​こと​に,1800​年代​後半​に,ある​誠実​な​聖書​研究​者​たち​が,こう​し​た​預言​を​注意深く​調べる​よう​に​なり,七つ​の​時​は​1914​年​に​終わる,と​いう​こと​を​識別​し​まし​た。1914​年​以降​の​世界​の​数々​の​大きな​出来事​は,その​年​こそ​神​の​王国​が​天​で​支配​を​開始​し​た​年​で​ある​こと​を​裏づけ​て​い​ます。この​世界​が​終わり​の​日​すなわち​終わり​の​時​に​入っ​た​の​も,1914​年​でし​た。こう​し​た​こと​は,いっぺん​に​は​理解​しきれ​ない​か​も​しれ​ませ​ん​ね。

ジャン: ええ。すべて​を​しっかり​理解​する​ため​に,もう​一度​よく​調べ​て​み​ない​と​いけ​ませ​ん​ね。

ロイ: 心配​し​ない​で​ください。わたし​も,すべて​の​預言​と​成就​を​理解​する​の​に​時間​が​かかり​まし​た。いずれ​に​せよ,ジャン​さん​が​今日​の​話し合い​で,神​の​王国​に​つい​て​の​エホバ​の​証人​の​信条​が​確か​に​聖書​に​基づい​て​いる,と​実感​し​て​いただけ​た​なら,うれしい​です。

ジャン: もちろん​です。皆さん​が​聖書​を​信条​の​根拠​に​し​て​いる​こと​に,いつも​感銘​を​受け​て​い​ます。

ロイ: ジャン​さん​も,聖書​の​言葉​を​大切​に​し​て​いらっしゃい​ます。先​ほど​も​言い​まし​た​が,いっぺん​に​何​も​か​も​理解​する​こと​は​でき​ませ​ん。まだ​幾らか​疑問​が​残っ​て​いる​か​も​しれ​ませ​ん​ね。例えば,七つ​の​時​が​神​の​王国​に​関連​し​て​い​て​西暦​前​607​年​に​始まっ​た​の​は​分かる​けれども,1914​年​に​終わっ​た​と​言える​根拠​は​どこ​に​ある​の​だろ​う,と​思わ​れる​か​も​しれ​ませ​ん。 *

ジャン: はい,それ​が​気​に​なり​ます。

ロイ: 聖書​そのもの​から​七つ​の​時​の​明確​な​長さ​を​識別​する​こと​が​でき​ます​の​で,次回​その​点​を​調べ​て​みる​の​は​いかが​です​か。 *

ジャン: いい​です​ね。

これ​まで​聖書​に​関する​何​か​の​疑問​を​抱い​た​こと​が​おあり​です​か。あるいは,エホバ​の​証人​の​信じ​て​いる​事柄​や​宗教​的​な​活動​に​つい​て,何​か​疑問​に​思わ​れ​た​こと​が​あり​ます​か。そう​で​あれ​ば,この​次​に​エホバ​の​証人​と​会う​時​に​尋ね​て​み​て​は​いかが​です​か。喜ん​で​その​点​に​つい​て​答え​て​くれる​でしょ​う。

^ 5節 エホバ​の​証人​は​聖書​の​内容​を​近所​の​人​と,多く​の​場合,無料​の​聖書​レッスン​と​いう​方法​で​体系​的​に​話し合い​ます。

^ 63節 イエス​は,終わり​の​日​に​関連​し​た​預言​の​中​で,「[神​の​支配​権​を​象徴​し​て​い​た]エルサレム​は,諸​国民​の​定め​られ​た​時​が​満ちる​まで,諸​国民​に​踏みにじら​れる」と​言い​まし​た。(ルカ 21:24)ですから,神​の​支配​の​中断​期間​は,イエス​が​地上​に​い​た​時代​に​も​まだ​続い​て​い​て,終わり​の​日​まで​満了​し​ない​こと​に​なっ​て​い​まし​た。

^ 67節 エホバ​の​証人​の​発行​し​た「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」と​いう​本​の​付録「1914​年 ― 聖書​預言​に​おける​重要​な​年」を​ご覧​ください。

^ 69節 この​シリーズ​の​次​の​記事​で​は,七つ​の​時​の​長さ​に​光​を​当て​て​いる​聖書​の​言葉​を​幾つ​か​取り上げ​ます。