内容へ

目次へ

 特集​記事 | なぜ? 悪い​こと​も​し​て​い​ない​の​に

悪いことなどしていないのに ― なぜ?

悪いことなどしていないのに ― なぜ?

エホバ​ *は​万物​の​創造​者​で​あり​全能​の​神​な​の​で,不幸​も​含め​世界​じゅう​で​起きる​どんな​事​も​神​に​責任​が​ある,と​思っ​て​しまう​人​は​少なく​あり​ませ​ん。しかし,真​の​神​エホバ​に​つい​て​聖書​の​述べ​て​いる​事柄​を​考え​て​み​て​ください。

  • 「エホバ​は​その​すべて​の​道​に​おい​て​義​に​かなっ​て​おら​れ(る)」。―詩編 145:17

  • 「[神​の]すべて​の​道​は​公正​で​ある。忠実​の​神,不正​な​ところ​は​少し​も​ない。義​で​あり,廉直​で​あら​れる」。―申命記 32:4

  • 「エホバ​は​優しい​愛情​に​富ま​れ,憐れみ深い​方​な​の​です」。―ヤコブ 5:11

不幸​な​出来事​は,神​が​引き起こし​て​いる​の​で​は​あり​ませ​ん。また,神​が​だれ​か​を​駆り立て​て​悪事​を​行なわ​せる​など​と​いう​こと​も​あり​ませ​ん。聖書​に​こう​述べ​られ​て​い​ます。「試練​に​遭う​とき,だれ​も,『わたし​は​神​から​試練​を​受け​て​いる』と​言っ​て​は​なり​ませ​ん」。なぜなら,「悪い​事柄​で​神​が​試練​に​遭う​と​いう​こと​は​ありえ​ませ​ん​し,その​よう​に​し​て​ご自身​が​だれ​か​に​試練​を​与える​こと​も​ない​から​です」。(ヤコブ 1:13)そう​です,神​は​だれ​を​も,悪い​事​を​する​よう​駆り立て​て​試し​たり​は​され​ませ​ん。不幸​な​事​を​引き起こす​こと​も,だれ​か​を​促し​て​悪事​を​行なわ​せる​こと​も​され​ない​の​です。では,不幸​な​出来事​の​責任​は​だれ​に,原因​は​何​に​ある​の​でしょ​う​か。

たまたま​その​時​そこ​に​い​た

聖書​に​は,人​に​苦難​が​臨む​理由​の​一つ​と​し​て,「時​と​予見​し​え​ない​出来事​と​は​彼ら​すべて​に​臨む」と​述べ​られ​て​い​ます。(伝道​の​書 9:11)予期​し​ない​出来事​や​事故​が​起き​た​時,人​が​その​影響​を​受ける​か​どう​か​は,その​人​が​その​時​そこ​に​いる​か​どう​か​に​よっ​て​大きく​左右​さ​れ​ます。ほぼ​2,000​年​前​に​イエス​・​キリスト​は,ある​塔​が​倒れ​て​18​人​が​死ん​だ​と​いう​災難​に​言及​し​まし​た。(ルカ 13:1‐5)それら​の​人​は,生き方​が​悪かっ​た​の​で​犠牲​者​に​なっ​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん。塔​が​倒れ​た​時​に​その​下​に​い​た,と​いう​だけ​の​こと​です。近年​の​事例​で​は,2010​年​1​月​に​ハイチ​で​破壊​的​な​地震​が​起き​まし​た。ハイチ​政府​に​よる​と,30万​人​以上​が​死亡​し​まし​た。皆,どんな​人​で​あっ​た​か​に​は​関係​なく​命​を​落とし​た​の​です。また,病気​で​倒れる​場合​も​あり,そういう​こと​は​いつ​で​も,だれ​に​で​も​ある​こと​です。

災害​が​生じる​時,なぜ​神​は​善良​な​人​を​守ら​ない​の​だろ​う​か

しかし,『神​なら,その​よう​な​災難​が​起き​て​人​が​死ぬ​と​いう​事態​を​防げる​の​で​は​ない​か。善良​な​人​を​災難​に​遭わ​ない​よう​保護​できる​の​で​は​ない​か』と​考える​人​も​いる​でしょ​う。神​が​その​よう​に​事態​に​介入​する​に​は,不幸​な​出来事​を​事前​に​知っ​て​いる​必要​が​あり​ます。神​に​は​将来​を​予知​する​能力​が​確か​に​あり​ます​が,わたしたち​は​次​の​点​を​考慮​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。すなわち,神​は​その​よう​な​事​を​予知​する​ため​に​ご自分​の​力​を​いつ​で​も​すべて​行使​さ​れる​の​か,と​いう​点​です。―イザヤ 42:9

聖書​に​は,「神​は​天​に​おら​れ,すべて​その​喜び​と​する​こと​ を​行なわ​れ​た」と​あり​ます。(詩編 115:3)エホバ​は,行なう​必要​が​ある​と​判断​し​た​事柄​を​行なう​の​で​あり,何​で​も​行なわ​れる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。これ​は,何​を​予見​する​か​に​も​当てはまり​ます。例えば,古代​都市​の​ソドム​と​ゴモラ​に​悪​が​蔓延​し​た​後​に,神​は​族長​アブラハム​に,「わたし​は,それ​に​つい​て​わたし​に​達し​た​叫び​の​とおり​に​彼ら​が​行動​し​て​いる​の​か​どう​か​を​見る​ため​に​下っ​て​行こ​う​と​決め​て​いる。もし​そう​で​ない​の​なら,それ​も​知る​こと​が​でき​よう」と​お告げ​に​なり​まし​た。(創世記 18:20,21)そう​です,エホバ​は​しばらく​の​間​それら​の​都市​の​悪​の​程度​を​知ら​ない​で​いる​こと​に​され​まし​た。何​から​何​まで​予知​し​たり​は​し​ない,と​思い定める​こと​も​おでき​に​なる​の​です。(創世記 22:12)だから​と​いっ​て,完全​で​ない​わけ​でも​弱い​わけ​で​も​あり​ませ​ん。「その​み業​は​完全」な​の​で,将来​を​予知​する​能力​と​ご自分​の​目的​と​の​平衡​を​保た​れ​ます。人間​に​無理やり​特定​の​道​を​歩ま​せ​たり​も​され​ませ​ん。 *申命記 32:4)では,どんな​結論​に​なる​でしょ​う​か。端的​に​言え​ば,神​の​予知​能力​の​行使​は​選択​的​で​任意​の​もの​で​ある,と​いう​こと​です。

犯罪​が​犯さ​れる​時,なぜ​神​は​善良​な​人​を​保護​し​ない​の​だろ​う​か

責任​は​人間​に​ある​の​か

悪​の​責任​の​一部​は​人間​に​あり​ます。害​と​なる​行動​に​至る​過程​に​つい​て​聖書​が​どう​述べ​て​いる​か​に​注目​し​て​ください。「おのおの​自分​の​欲望​に​引き出さ​れ​て​誘わ​れる​こと​に​より​試練​を​受ける​の​です。次い​で​欲望​は,はらん​だ​とき​に,罪​を​産み​ます。そして​罪​は,遂げ​られ​た​とき​に,死​を​生み出す​の​です」。(ヤコブ 1:14,15)つまり,人​は,ふさわしく​ない​欲望​の​まま​に​行動​する,あるいは​間違っ​た​渇望​に​屈する​なら,悪い​結果​を​身​に​招く​こと​に​なる​の​です。(ローマ 7:21‐23)歴史​が​示す​とおり,人間​は,身​の​毛​も​よだつ​よう​な​悪事​を​犯し,ひどい​苦難​を​引き起こし​て​き​まし​た。それ​だけ​で​なく,邪悪​な​人​たち​が​他​の​人々​を​堕落​さ​せる​こと​に​より,悪​が​蔓延​する​場合​も​あり​ます。―箴言 1:10‐16

人間​は,身​の​毛​も​よだつ​よう​な​悪事​を​犯し,ひどい​苦難​を​引き起こし​て​き​た

神​は,人​が​悪い​こと​を​し​ない​よう,介入​す​べき​でしょ​う​か。人間​が​どの​よう​な​者​と​し​て​造ら​れ​た​か,考え​て​み​て​ください。聖書​に​よれ​ば,神​は​人​を​ご自身​の​像​に,つまり​神​と​似​た​様​に​お造り​に​なり​まし​た。ですから​人間​は,神​の​様々​な​特質​を​反映​する​能力​を​持っ​て​い​ます。(創世記 1:26)また,自由​意志​を​授け​られ​て​いる​の​で,自ら​神​の​目​に​正しい​こと​を​行なっ​て,神​を​愛し,神​に​付き従う​こと​が​でき​ます。(申命記 30:19,20)神​は,人​を​強制​的​に​特定​の​道​に​歩ま​せる​と​し​たら,自由​意志​を​無効​に​し​て​いる​こと​に​なり​ます。その​場合,人間​は,プログラム​され​た​とおり​に​動く​機械​に​すぎ​ない​こと​に​なり​ます。あるいは,もし​運命​に​よっ​て,行なう​事​や​身​の​回り​に​起きる​事​すべて​が​定まっ​て​いる​と​し​たら,やはり​自由​意志​が​ない​こと​に​なり​ます。しかし,うれしい​こと​に,神​は​人​の​尊厳​を​認め​て,人​が​自分​の​ 道​を​自分​で​選ぶ​の​を​許し​て​くださっ​て​い​ます。と​は​いえ,人類​は​過ち​や​良く​ない​選択​に​よる​害​を​永久​に​被る​こと​に​なる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。

苦難​の​原因​は​業​に​ある​の​か

もし​ヒンズー​教​や​仏教​の​国​で​育っ​た​人​に​本誌​の​表紙​の​問い​を​投げかけ​て​みれ​ば,恐らく,「悪い​こと​を​し​て​い​なく​て​も​不幸​な​目​に​遭う​の​は,カルマ​の​法則(因果​応報)に​よる。前世​で​行なっ​た​こと​の​報い​な​の​だ」と​いう​答え​が​返っ​て​くる​でしょ​う。 *

カルマ​の​教義​に​関し​て​は,死​に​つい​て​の​聖書​の​教え​に​注目​する​と​よい​でしょ​う。創造​者​は,人類​発祥​の​エデン​の​園​で,最初​の​人間​アダム​に​こう​お告げ​に​なり​まし​た。「園​の​すべて​の​木​から,あなた​は​満ち足りる​まで​食べ​て​よ​い。しかし,善悪​の​知識​の​木​に​つい​て​は,あなた​は​それ​から​食べ​て​は​なら​ない。それ​から​食べる​日​に​あなた​は​必ず​死ぬ​から​で​ある」。(創世記 2:16,17)アダム​は,神​に​不​従順​に​なっ​て​罪​を​犯す​と​いう​こと​が​なかっ​た​なら,永久​に​生き​た​はず​です。死​は,神​の​命令​に​従わ​なかっ​た​こと​に​対する​罰​と​し​て​臨み​まし​た。その​後,子ども​たち​が​生ま​れ​て「死​が……すべて​の​人​に​広がっ​た」の​です。(ローマ 5:12)ですから,「罪​の​報い​は​死」と​言え​ます。(ローマ 6:23)聖書​に​は​また,「死ん​だ​者​は​自分​の​罪​から​放免​さ​れ​て​いる」と​も​説明​さ​れ​て​い​ます。(ローマ 6:7)つまり,人​は​死ん​だ​後​に​も​罪​に​対する“罰金”を​払い​続ける,と​いう​こと​は​ない​の​です。

今日,人間​の​苦難​に​は​カルマ​が​関係​し​て​いる,と​説明​する​人​の​数​は​幾百幾千万​に​も​上り​ます。それ​を​信じる​人​は​大抵,自分​自身​や​他​の​人​の​苦難​を,あまり​心​を​乱さ​れる​こと​なく​甘受​し​ます。しかし,そういう​思想​を​受け入れ​て​も,不幸​な​出来事​が​なくなる​と​いう​希望​は​持て​ませ​ん。差し伸べ​られ​て​いる​唯一​の​救い​は,『社会​に​受け入れ​られる​よう​に​振る舞い,特別​の​知識​を​得る​こと​に​より,輪廻​から​解放​さ​れる​こと​だ』と​信じ​られ​て​い​ます。そう​し​た​観念​は,聖書​の​教え​と​は​相いれ​ませ​ん。 *

主要​な​原因!

苦難​の​主要​な​原因​が「世​の​支配​者」悪魔​サタン​に​ある​こと​を​ご存じ​でし​た​か ― ヨハネ 14:30

しかし,悪​の​主要​な​原因​と​なっ​て​いる​の​は,人間​で​は​あり​ませ​ん。悪魔​サタン​です。この​霊者​は,元​は​神​の​忠実​な​天使​でし​た​が,「真理​の​内​に​堅く​立」たず,世​に​罪​を​持ち込み​まし​た。(ヨハネ 8:44)エデン​の​園​で​人間​を​唆し,神​に​反逆​さ​せ​た​の​です。(創世記 3:1‐5)イエス​・​キリスト​は​サタン​を「邪悪​な​者」また「世​の​支配​者」と​呼び​まし​た。(マタイ 6:13。ヨハネ 14:30)人類​は​一般​に,サタン​に​促さ​れ​て​エホバ​の​良い​道​を​無視​する​こと​に​より,サタン​に​従っ​て​い​ます。(ヨハネ​第​一 2:15,16ヨハネ​第​一 5​章​19​節​に​は,「全​世界​が​邪悪​な​者​の​配下​に​ある」と​記さ​れ​て​い​ます。ほか​に​も​霊者​たち​の​中​に​は,邪悪​に​なっ​て​サタン​に​加わっ​た​者​たち​が​い​ます。聖書​に​よれ​ば,サタン​と​悪霊​たち​は「人​の​住む​全地​を​惑わし」,「地」に「災い」を​引き起こし​て​い​ます。(啓示 12:9,12)ですから,悪​の​主要​な​原因​は悪魔​サタンに​ある​の​です。

以上​の​こと​から​明らか​に,不幸​な​出来事​は​神​に​起因​する​もの​で​は​あり​ませ​ん。神​は​人​を​苦しめ​たり​など​され​ませ​ん。それどころか,不幸​すべて​を​なくす​と​約束​し​て​おら​れ​ます。その​点​に​つい​て​は,次​の​記事​を​お読み​ください。

^ 3節 エホバ​と​は,聖書​中​に​啓示​さ​れ​て​いる,神​の​名​です。

^ 11節 悪​が​存続​する​の​を​神​が​許し​て​こら​れ​た​理由​に​つい​て​は,エホバ​の​証人​の​発行​し​た「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」と​いう​本​の​第​11​章​を​ご覧​ください。

^ 16節 カルマ​の​法則​と​呼ば​れる​もの​の​起源​に​つい​て​は,エホバ​の​証人​の​発行​し​た「人​は​死ぬ​と​どう​なり​ます​か」と​いう​冊子​の​8‐12​ページ​を​ご覧​ください。

^ 18節 死者​の​状態​や​亡くなっ​た​人​に​関する​希望​に​つい​て​聖書​が​何​と​教え​て​いる​か​は,「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」と​いう​本​の​第​6​章​と​第​7​章​を​ご覧​ください。