内容へ

目次へ

 聖書​は​人​の​生き方​を​変える

常に銃を持ち歩いていました

常に銃を持ち歩いていました
  • 生ま​れ​た​年: 1958​年

  • 生ま​れ​た​国: イタリア

  • かつて​は: 過激​な​ギャング​の​一員​だっ​た

過去​の​歩み:

わたし​は,ローマ​市​の​郊外​で​生ま​れ​育ち​まし​た。そこ​は,貧しい​労働​者​たち​の​多い​地域​で,生活​は​楽​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。わたし​は,実​の​母​を​全く​知ら​ず,父​と​は​良い​関係​に​なく,近所​の​不良​グループ​と​付き合う​よう​に​なっ​て​ゆき​まし​た。

そして,10​歳​に​なる​頃​に​は​すでに,盗み​を​働く​よう​に​なり,12​歳​の​時,初めて​家出​し​まし​た。父​は​一度ならず,警察​署​まで​出向い​て​わたし​を​連れ帰ら​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。わたし​は​人​と​絶え​ず​言い争い​まし​た。暴力​的​で,世​の​中​全体​に​怒り​を​抱い​て​い​た​の​です。14​歳​で​家​を​出​て,もう​二​度​と​戻り​ませ​ん​でし​た。麻薬​に​手​を​出す​よう​に​なり,路上​生活​を​始め​まし​た。寝る​所​が​なかっ​た​の​で,よく​車​を​こじ開け​て,明け方​まで​そこで​眠っ​た​後,体​を​洗う​ため​に​水飲み場​を​探し​まし​た。

わたし​は​盗み​が​うまく​なり,ひったくり​から,夜中​に​アパート​や​住宅​に​忍び込む​泥棒​まで,何​で​も​し​まし​た。それで,悪い​評判​が​立ち,間​も​なく​悪名​高い​ギャング​に​加わる​よう​誘わ​れ​まし​た。その​一員​と​なっ​て,銀行​強盗​と​いう“大​仕事”を​任さ​れ​た​こと​も​あり​ます。攻撃​的​な​性格​だっ​た​の​で,すぐ​ギャング​の​中​で​重んじ​られる​よう​に​なり​まし​た。常​に​銃​を​持ち歩き,寝る​時​に​は​枕​の​下​に​忍ば​せる​ほど​でし​た。いつも​暴力​を​振るい,麻薬​を​使い,盗み​を​働き,口汚く​ののしり,不​道徳​を​行ない​まし​た。絶え​ず​警察​に​追わ​れ,逮捕​さ​れ​た​こと​も​何​度​か​あり,刑務​所​に​入っ​たり​出​たり​する​こと​が​幾​年​も​続き​まし​た。

聖書​に​よっ​て​どの​よう​に​生き方​が​変わっ​た​か:

出所​し​た​ある​時,叔母​を​訪問​する​こと​に​し​まし​た。わたし​は​知ら​なかっ​た​の​です​が,叔母​と​その​子ども​たち​二​人​は​エホバ​の​証人​に​なっ​て​い​まし​た。わたし​は,証人​たち​の​集会に​出席​する​よう​誘わ​れ​た​の​で,好奇​心​から​一緒​に​行っ​て​みる​こと​に​し​まし​た。そして,王国​会館​に​到着​し​た​時,わたし​は​皆​の​勧め​を​拒ん​で​ドア​の​近く​に​座り​まし​た。出入り​する​人​たち​に​目​を​光らせる​ため​です。もちろん,銃​を​持っ​て​い​まし​た。

 その​集会​で​人生​が​一転​し​まし​た。別​世界​に​いる​よう​に​思え​た​の​を​覚え​て​い​ます。多く​の​人​から,温かく​て​友好​的​な​笑顔​で​歓迎​さ​れ​た​の​です。証人​たち​の​まなざし​から,その​親切​心​や​正直​さ​が​見て取れ​た​の​を,今​で​も​はっきり​思い出せ​ます。確か​に,自分​の​い​た​世界​から​は​懸け離れ​て​い​まし​た。

その​後,証人​たち​に​聖書​を​教え​て​もらう​よう​に​なり​まし​た。学べ​ば​学ぶ​ほど,自分​の​生き方​を​すっかり​変え​なけれ​ば​なら​ない​こと​が​よく​分かり​まし​た。わたし​は,箴言 13​章​20​節​の,「賢い​者​たち​と​共​に​歩ん​で​いる​者​は​賢く​なり,愚鈍​な​者​たち​と​交渉​を​持つ​者​は​苦しい​目​に​遭う」と​いう​言葉​を​心​に​留め,ギャング​から​抜け出す​必要​が​ある​こと​を​悟り​まし​た。そう​する​の​は​容易​な​こと​で​は​あり​ませ​ん​でし​た​が,エホバ​の​助け​に​より,抜け出す​こと​が​でき​まし​た。

生ま​れ​て​初めて​自分​の​行動​を​制御​する​よう​に​なり​まし​た

わたし​は​身体​面​で​も​自分​を​清め​まし​た。やっと​の​こと​で​たばこ​と​麻薬​を​断ち,長かっ​た​髪​を​短く​し,ピアス​を​外し,悪い​言葉遣い​を​やめ​た​の​です。また,生ま​れ​て​初めて​自分​の​行動​を​制御​する​よう​に​なり​まし​た。

読書​や​勉強​は​苦手​だっ​た​の​で,聖書​の​勉強​に​打ち込む​の​は​とても​大変​でし​た。でも,努力​する​うち​に,エホバ​を​愛する​よう​に​なり,自分​の​内​で​何​か​が​変わり​始め​まし​た。良心​が​働き​始め​た​の​です。しばしば​自分​に​つい​て​消極​的​に​なり,『あれ​ほど​多く​の​悪い​こと​を​し​た​の​だから​エホバ​に​許し​て​は​もらえ​ない​の​で​は​ない​か』と​思い​まし​た。そういう​時​に​は,重大​な​罪​を​犯し​た​ダビデ​王​で​さえ​エホバ​に​許し​て​もらえ​た​と​いう​記述​から,大いに​慰め​られ​まし​た。―サムエル​第​二 11:1–12:13

わたし​に​は,戸別​伝道​で​自分​の​信仰​に​つい​て​他​の​人​に​話す​の​も,容易​な​こと​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。(マタイ 28:19,20)かつて​自分​が​負傷​さ​せ​た​人​や​ひどい​目​に​遭わ​せ​た​人​に​会う​の​が​怖かっ​た​の​です。しかし,そう​し​た​恐れ​も,徐々​に​克服​する​こと​が​でき​まし​た。そして,惜しみなく​許し​て​くださる​素晴らしい​天​の​父​に​つい​て​知る​よう​他​の​人​を​助ける​こと​に​真​の​満足​を​味わえる​よう​に​なり​まし​た。

どんな​益​を​受け​た​か:

わたし​は,エホバ​に​つい​て​学ん​で,救わ​れ​まし​た。以前​の​仲間​の​ほとんど​は​死ん​だ​か​刑務​所​に​いる​か​の​どちら​か​です​が,わたし​に​は​本当​の​満足​感​と,待ち望める​将来​が​あり​ます。わたし​は,謙遜​や​従順​を​学び,激しい​気性​を​制御​できる​よう​に​なり​まし​た。その​結果,周り​の​人​たち​と​の​関係​も​改善​さ​れ,今​で​は​結婚​し​て,美しい​妻​カルメン​と​幸せ​に​暮らし​て​い​ます。わたしたち​は​二​人​と​も,聖書​に​つい​て​学ぶ​よう​他​の​人​たち​を​助ける​こと​に​大きな​喜び​を​感じ​て​い​ます。

今​は,まじめ​な​仕事​に​就い​て​おり,やはり​銀行​に​行く​こと​も​あり​ます。もちろん​強盗​で​は​なく,清掃​の​仕事​で​行く​の​です。