内容へ

目次へ

 特集​記事

あなたのために神がしてくださったこと

あなたのために神がしてくださったこと

「神​は,その​独り子​を​お与え​に​なっ​た​ほど​に,世​を​愛さ​れ​た。独り子​を​信じる​者​が​一​人​も​滅び​ない​で,永遠​の​命​を​得る​ため​で​ある」。―ヨハネ 3:16,「新​共同​訳」,日本​聖書​協会。

この​言葉​は,聖書​全巻​の​中​で​も​よく​知ら​れ,広く​引用​さ​れ​て​いる​聖句​の​一つ​です。「神​と​人類​と​の​関係​や​救い​の​手立て​を​これ​ほど​見事​に​要約​し​て​いる」聖句​は​ほか​に​ない,と​言わ​れ​て​き​まし​た。その​ため,ある​国々​で​は,この​聖句​が,あるいは​単​に“ヨハネ 3:16”と​いう​標示​が,イベント​会場​や​車​の​ステッカー​に​見​られ​たり,落書き​さ​れ​たり​する​こと​も​珍しく​あり​ませ​ん。

この​聖句​を​掲げる​人​たち​は​恐らく,『自分​たち​は​神​に​愛さ​れ​て​いる​の​で​永遠​の​救い​に​あずかれる』と​確信​し​て​いる​の​でしょ​う。あなた​は​いかが​です​か。神​の​愛​と​聞い​て​どんな​こと​を​考え​ます​か。神​は​あなた​に​対する​愛​の​表われ​と​し​て​何​を​され​た​と​思い​ます​か。

「神​は……世​を​愛さ​れ​た」

物質​宇宙​や​自然​界​や​人間​そのもの​を​造っ​た​の​は​神​で​ある​と​言う​人​は,世界​じゅう​に​大勢​い​ます。生物​の​体​が​非常​に​複雑​で,うまく​でき​て​いる​ため,それ​が​存在​する​よう​に​なっ​た​の​は​何らか​の​偉大​な​理知​の​働き​が​あっ​た​から​に​違いない,と​考える​の​です。日々,命​と​いう​贈り物​を​神​に​感謝​し​て​いる​人​も​少なく​あり​ませ​ん。それら​の​人​は,生き​て​ゆく​の​に​必要​な​物​すべて ― 例えば,空気​や​水​や​食物,自然​界​に​見​られる​種々​の​循環​など ― も​神​が​備え​て​くださっ​た​から​こそ,生き続け,生活​を​楽しめる,と​いう​こと​も​認め​て​い​ます。

それら​の​もの​すべて​を​神​に​感謝​する​の​は​良い​こと​です。神​は​まさしく,わたしたち​人間​を​造っ​た​方,命​を​保た​せ​て​くださっ​て​いる​方​だ​から​です。(詩編 104:10‐28; 145:15,16。使徒 4:24)わたしたち​は,生き​て​ゆける​よう​神​が​どれ​ほど​の​こと​を​行なっ​て​くださっ​て​いる​か​を​考える​だけ​で​も,神​の​愛​を​認識​でき​ます。使徒​パウロ​は​その​こと​ を,「[神​は]すべて​の​人​に​命​と​息​と​すべて​の​物​を​与え​て​おら​れる……。わたしたち​は​神​に​よっ​て​命​を​持ち,動き,存在​し​て​いる」と​述べ​て​い​ます。―使徒 17:25,28

しかし,神​の​愛​は,わたしたち​人間​の​身体​的​な​面​に​対する​気遣い​に​だけ​表われ​て​いる​の​で​は​あり​ませ​ん。人間​に​神​を​知り​たい​と​いう​欲求​を​付与​し,それ​を​満たせる​よう​に​する​こと​に​よっ​て,人間​に​高い​立場​と​尊厳​を​与え​て​くださっ​て​も​いる​の​です。(マタイ 5:3)その​よう​な​わけ​で,従順​な​人​に​は,神​の​家族​の​一員​つまり​神​の「子供」と​なる​見込み​が​あり​ます。―ローマ 8:19‐21

ヨハネ 3​章​16​節​で​さらに​述べ​られ​て​いる​とおり,神​は,ご自分​の​独り子​イエス​を​地上​に​遣わし​て,イエス​の​神​また​父​で​ある​方​に​つい​て​教え​させ,人類​の​ため​に​死ぬ​よう​に​させる​こと​に​よっ​て,わたしたち​に​対する​愛​を​示さ​れ​まし​た。しかし,なぜ​イエス​が​人類​の​ため​に​死ぬ​必要​が​あっ​た​の​か,また​イエス​の​死​が​どうして​わたしたち​に​対する​神​の​愛​の​表明​と​言える​の​か​が​よく​分から​ない,と​言う​人​も​少なく​ない​でしょ​う。では,イエス​の​死​の​理由​と​その​価値​に​つい​て,聖書​が​どう​説明​し​て​いる​か​を​見​て​み​ましょ​う。

「神​は,その​独り子​を​お与え​に​なっ​た」

全​人類​は​死す​べき​存在​で​あり,だれ​も​が​病気​に​かかり,老化​し,死ん​で​ゆき​ます。と​は​いえ,それ​は​神​が​最初​から​意図​さ​れ​た​こと​で​は​あり​ませ​ん。神​は​最初​の​人間​に,地上​の​楽園​で​永遠​に​生きる​見込み​を​お与え​に​なり​まし​た。しかし,それ​に​は​1​つ​だけ​条件​が​あり​まし​た。神​に​従順​で​なけれ​ば​なら​ない​の​です。不​従順​に​なれ​ば​死ぬ,と​神​は​お告げ​に​なり​まし​た。(創世記 2:17)にもかかわらず,最初​の​人間​は​神​の​権威​に​反逆​し​まし​た。そして,自分​自身​を​死す​べき​者​と​し​て​しまい,子孫​に​死​を​受け継が​せ​まし​た。使徒​パウロ​が​説明​し​て​いる​とおり,「一​人​の​人​を​通し​て​罪​が​世​に​入り,罪​を​通し​て​死​が​入り,こう​し​て​死​が,すべて​の​人​が​罪​を​おかし​た​が​ゆえに​すべて​の​人​に​広がっ​た」の​です。―ローマ 5:12

しかし,神​は「公正​を​愛さ​れる​方」です。(詩編 37:28)最初​の​人間​の​意識​的​な​違犯​を​無視​さ​れ​ませ​ん​でし​た​が,1​人​が​不​従順​に​なっ​た​ため​に​全​人類​が​苦しむ​よう,また​死ぬ​よう​に​され​た,と​いう​わけ​で​は​あり​ませ​ん。それどころか,「魂​に​は​魂」つまり​命​に​は​命​と​いう​法的​原則​を​適用​する​こと​に​より,公正​の​はかり​の​釣り合い​を​取り,従順​な​人​が​永遠​の​命​を​再び​得​られる​よう​に​され​まし​た。(出エジプト​記 21:23)問題​は,アダム​の​せい​で​失わ​れ​た​完全​な​人間​の​命​を,どう​すれ​ば​取り戻せる​か,と​いう​点​です。答え​は,だれ​か​が​アダム​と​同等​の​命 ― 完全​な​人間​と​し​て​の​命 ― を​なげうて​ば,つまり​犠牲​に​すれ​ば,取り戻せる​と​いう​こと​です。

イエス​は​進ん​で​地上​に​来​て,人類​を​罪​と​死​から​救う​ため​自分​の​命​を​与え​た

明らか​に,アダム​の​不​完全​な​子孫​の​だれ​も,その​よう​な​代価​を​払う​こと​は​でき​ませ​ん​でし​た。しかし,イエス​は​払え​まし​た。(詩編 49:6‐9)罪​を​受け継い​で​い​なかっ​た​の​で,罪​を​犯す​前​の​アダム​と​同じ​完全​な​人間​でし​た。それで,自分​の​命​を​なげうつ​こと​に​より,人類​を​罪​へ​の​隷属​状態​から​贖い​まし​た。その​よう​に​し​て,最初​の​人間​夫婦​の​子孫​に,アダム​と​エバ​が​かつて​得​て​い​た​の​と​同じ​完全​な​命​を​享受​する​機会​を​差し伸べ​まし​た。(ローマ 3:23,24;  6:23)わたしたち​に​は,その​よう​に​し​て​示さ​れ​た​大きな​愛​に​あずかる​ため​に,す​べき​こと​が​何​か​ある​でしょ​う​か。

「独り子​を​信じる​者」

もう​一度​ヨハネ 3​章​16​節​に​戻っ​て,「独り子​を​信じる​者​が​一​人​も​滅び​ない​で,永遠​の​命​を​得る」と​いう​言葉​に​注目​し​て​ください。ここ​から,その​贈り物​を​得る​に​は​条件​を​満たさ​なけれ​ば​なら​ない,と​いう​こと​が​分かり​ます。「永遠​の​命​を​得る」に​は,イエス​を​信じ,かつ​イエス​に​従う​必要​が​ある​の​です。

しかし,『どうして​従う​こと​が​関係​し​て​いる​の​だろ​う』と​思わ​れる​か​も​しれ​ませ​ん。イエス​は,「独り子​を​信じる​者」が​永遠​の​命​を​得る,と​言っ​た​の​で​は​ない​でしょ​う​か。確か​に,信じる​こと,つまり​信仰​は​不可欠​です。しかし,聖書​中​で​信仰​と​は​単に​信じる​だけ​の​こと​で​は​ない,と​いう​点​を​思い起こす​の​は​重要​な​こと​です。「バイン​の​旧新約​聖書​用語​解説​辞典」(英語)に​よれ​ば,ヨハネ​の​用い​た​原語​は「単に​信じる​こと​で​は​なく,信頼​を​寄せる​こと」を​意味​し​て​い​ます。神​の​恵み​を​得る​ため​に​は,頭​の​中​で​イエス​を​救い主​と​し​て​認める​以上​の​こと​が​必要​です。信じ​た​人​は,イエス​の​教え​を​実践​する​誠実​な​努力​も​し​なけれ​ば​なり​ませ​ん。もし​行動​が​伴わ​ない​なら,信仰​の​どんな​告白​も​空虚​な​もの​に​なり​ます。聖書​は,「業​の​ない​信仰(は)死ん​だ​もの」で​ある,と​述べ​て​い​ます。(ヤコブ 2:26)言い換えれ​ば,信じ​た​人​に​求め​られ​て​いる​の​は,イエス​に​対する​信仰​を​働か​せる,つまり​その​信仰​に​調和​し​た​生き方​を​する​こと​な​の​です。

パウロ​は​要点​を​こう​説明​し​て​い​ます。「キリスト​の​持た​れる​愛​が​わたしたち​に​迫る​の​です。わたしたち​は​この​よう​に​判断​し​て​いる​から​です。つまり,一​人​の​人[イエス]が​すべて​の​人​の​ため​に​死ん​だ,……そして,彼​が​すべて​の​人​の​ため​に​死ん​だ​の​は,生き​て​いる​者​たち​が​もはや​自分​の​ため​に​生き​ず,自分​たち​の​ため​に​死ん​で​よみがえらさ​れ​た​方​の​ため​に​生きる​ため​で​ある,と」。(コリント​第​二 5:14,15)イエス​の​払っ​た​犠牲​に​心​から​感謝​し​て​いる​なら,自分​の​生き方​を ― 自分​自身​の​ため​に​生きる​利己​的​な​もの​から,わたしたち​の​ため​に​死ん​で​くださっ​た​イエス​の​ため​に​生きる​もの​へ​と ― 改める​よう​動かさ​れる​はず​です。すなわち,自分​の​生活​の​中​で,いつも​イエス​の​教え​を​優先​し​て​実践​する​必要​が​ある​の​です。その​よう​な​変化​は​必ず,自分​の​価値​観​や​選択,する​こと​すべて​に​影響​し​ます。では,イエス​を​信じ,イエス​に​信仰​を​働か​せる​人​は,どんな​報い​を​受ける​の​でしょ​う​か。

「滅び​ない​で,永遠​の​命​を​得る」

ヨハネ 3​章​16​節​の​最後​の​部分​は,贖い​に​信仰​を​働かせ,神​の​規準​に​従っ​て​生きる​人​に​対する​神​の​約束​と​なっ​て​い​ます。神​が​意図​し​て​おら​れる​の​は,その​よう​な​忠実​な​人​が「滅び​ない​で,永遠​の​命​を​得る」こと​です。と​は​いえ,神​の​愛​に​あずかる​人​すべて​が​同じ​前途​の​見込み​を​与え​られる​わけ​で​は​あり​ませ​ん。

ある​特定​の​グループ​に​対し​て​イエス​は,天​で​の​永遠​の​命​を​約束​し​まし​た。忠実​な​弟子​たち​に​はっきり​と,彼ら​が​栄光​の​うち​に​ご自分​と​共​に​支配​できる​よう,彼ら​の​ため​に​場所​を​準備​し​に​行く,と​告げ​て​い​まし​た。(ヨハネ 14:2,3。フィリピ 3:20,21)天​で​の​命​に​復活​さ​せ​られる​人​たち​は,「神​および​キリスト​の​祭司​と​なり,千​年​の​あいだ​彼​と​共​に​王​と​し​て​支配​する」の​です。―啓示 20:6

しかし,その​よう​な​特権​は,キリスト​に​従う​人​全員​で​は​なく,限ら​れ​た​数​の​人​だけ​が​受け​ます。実際​イエス​は,「恐れる​こと​は​あり​ませ​ん,小さな​群れ​よ。あなた方​の​父​は,あなた方​に​王国​を​与える​こと​を​よし​と​され​た​から​です」と​言い​まし​た。(ルカ 12:32)その「小さな​群れ」が​どれ​ほど​の​人数​に​なる​の​か,啓示 14​章​1​節​と​4​節​に​こう​記さ​れ​て​い​ます。「わたし​が​見る​と,見よ,[復活​し​た​イエス​・​キリスト​で​ある]子羊​が[天​の]シオン​の​山​に​立っ​て​おり,彼​と​共​に,十四万四千​人​の​者​が,彼​の​名​と​彼​の​父​の​名​を​その​額​に​書か​れ​て​立っ​て​い​た。……これら​は,神​と​子羊​に​対する​初穂​と​し​て​人類​の​中​から​買い取ら​れ​た​の​で​あ(る)」。その​14万4,000​人​は,これ​まで​地上​に​生​を​受け​た​幾十億​と​いう​人々​に​比べれ​ば,確か​に「小さな​群れ」に​すぎ​ませ​ん。それら​の​人​は,王​と​し​て​描写​さ​れ​て​い​ます。そう​で​あれ​ば,だれ​を​支配​する​の​でしょ​う​か。

イエス​は,もう​一つ​の​グループ​を​成す,天​の​王国​の​恩恵​に​あずかる​忠実​な​人​たち​に​言及​し​まし​た。ヨハネ 10​章​16​節​に​記さ​れ​て​いる​とおり,こう​述べ​た​の​です。「わたし​に​は​ほか​の​羊​が​い​ます​が,それら​は​この​囲い​の​もの​で​は​あり​ませ​ん。それら​も​わたし​は​連れ​て​来​なけれ​ば​なら​ず,彼ら​は​わたし​の​声​を​聴き,一つ​の​群れ,一​人​の​羊飼い​と​なり​ます」。 それら​の「羊」は,地上​で​の​永遠​の​命​を​待ち望ん​で​い​ます。アダム​と​エバ​が​当初​持っ​て​い​た​の​と​同じ​見込み​です。その​人​たち​の​将来​の​見込み​が​地上​の​もの​で​ある​こと​は,どうして​分かる​でしょ​う​か。

聖書​に​は​随所​に,地上​に​実現​する​楽園​の​こと​が​述べ​られ​て​い​ます。ご自分​で​確かめ​たい​方​は,お手持ち​の​聖書​か​ウェブサイト​jw.org​から,詩編 37​編​9‐11​節,46​編​8,9​節,72​編​7,8,16​節,イザヤ 35​章​5,6​節,65​章​21‐23​節,マタイ 5​章​5​節,ヨハネ 5​章​28,29​節,啓示 21​章​4​節​を​お読み​ください。これら​の​聖句​は,戦争,飢きん,病気,死​など​が​なくなる​こと​を​予告​し​て​い​ます。また,善良​な​人々​が​それぞれ​自分​の​家​を​建て,自分​の​土地​を​耕作​し,平和​な​環境​の​中​で​子ども​を​育てる,と​いう​喜び​を​味わえる​時代​の​こと​を​述べ​て​い​ます。 * あなた​も,その​よう​な​見込み​に​心​を​引か​れる​の​で​は​あり​ませ​ん​か。その​よう​な​約束​が​間​も​なく​現実​と​なる,と​信じ​て​よ​い​十分​の​根拠​が​あり​ます。

神​は​多く​の​こと​を​し​て​こら​れ​た

神​が​あなた​の​ため,また​人類​全体​の​ため​に​し​て​こら​れ​た​こと​すべて​を​じっくり​考えれ​ば,神​が​すでに​非常​に​多く​の​こと​を​し​て​くださっ​た​と​いう​事実​が​はっきり​分かり​ます。わたしたち​は,命​や,知能,ある​程度​の​健康,生き​て​ゆく​の​に​必要​な​もの​を​与え​られ​て​い​ます。また,それ​より​はるか​に​大きな​祝福​と​なり​得る​の​は,ヨハネ 3​章​16​節​から​分かる​よう​に,神​の​贈り物​と​し​て​イエス​が​死ん​で​贖い​と​なっ​て​くださっ​た​こと​です。

病気,戦争,飢きん,あるいは​死​と​いっ​た​脅威​の​ない,平和​な​快適​な​環境​で​永遠​に​生きる​こと​は,限りない​幸福​と​祝福​に​つながり​ます。そう​し​た​祝福​が​あなた​の​もの​に​なる​か​どう​か​は,すべて​あなた​に​かかっ​て​い​ます。今​問わ​れる​の​は,実​の​ところ,あなた​は​神​の​ため​に​何​を​し​て​い​ます​か,と​いう​こと​な​の​です。

^ 24節 これら​の​預言​に​関し​て​詳しく​は,エホバ​の​証人​の​発行​し​た「聖書​は​実際​に​何​を​教え​て​い​ます​か」と​いう​本​の​第​3​章​を​ご覧​ください。