内容へ

目次へ

 ライフ​・​ストーリー

弱くても強められています

弱くても強められています

車椅子​に​座っ​て​いる​体重​29​㌔​の​弱​そう​な​わたし​を,強い​と​思う​人​は​い​ない​でしょ​う。しかし​わたし​は,体力​が​なくなっ​て​き​て​も,内面​的​な​強さ​を​得​て​前進​し​て​い​ます。では,わたし​が​弱い​ながら​も​どの​よう​に​強め​られ​て​生活​し​て​き​た​か,ご説明​し​ましょ​う。

4​歳​の​時

子ども​の​頃​を​振り返る​と,両親​と​一緒​に​住ん​で​い​た,フランス​南部​の​田舎​の​家​で​の​幸福​な​日々​が​よみがえり​ます。父​が​ぶらんこ​を​作っ​て​くれ,わたし​は​庭​を​走り回る​の​が​大好き​でし​た。1966​年,エホバ​の​証人​が​我​が​家​を​訪れ​て​父​と​会話​し,話し合い​は​長​時間​に​及び​まし​た。そして,わずか​7​か月​後,父​は​エホバ​の​証人​に​なる​こと​を​決意​し​まし​た。母​も​すぐ​に​父​の​歩み​に​従い,両親​は​わたし​を​温かい​家庭​環境​の​中​で​育て​て​くれ​まし​た。

わたし​が​問題​を​抱え​始め​た​の​は,両親​と​共​に​その​故国​で​ある​スペイン​に​戻っ​て​間​も​なく​の​こと​です。わたし​は,手​と​足首​に,刺す​よう​な​痛み​を​感じる​よう​に​なり,親​に​連れ​られ​て​2​年​間​いろいろ​な​医師​を​訪ね​た​後,ある​有名​な​リウマチ​専門​医​に​診​て​もらい​まし​た。ところが,その​医師​から​重々しく「もう​手遅れ​です」と​言わ​れ,母​は​泣き崩れ​まし​た。その​冷たい​灰色​の​部屋​じゅう​に,「慢性​的​自己​免疫​疾患」,「若年​性​多発​性​関節​炎」 * と​いっ​た​聞き慣れ​ない​病名​が​こだま​し​まし​た。わたし​は,10​歳​だっ​た​の​で​ほとんど​理解​でき​ませ​ん​でし​た​が,良く​ない​知らせ​で​ある​こと​は​分かり​まし​た。

その​医師​は,小児​専門​の​療養​所​で​治療​を​受ける​よう​勧め​まし​た。わたし​は​そこ​に​到着​し,飾り気​の​ない​その​建物​を​見​て,困惑​し​まし​た。そこ​の​規律​は​厳しい​もの​で,修道​女​たち​が​わたし​の​髪​の​毛​を​切り,地味​な​制服​を​着​させ​まし​た。わたし​は​泣き​ながら,『ここ​で​の​生活​に​耐え​られる​だろ​う​か』と​思い​まし​た。

エホバ​が​現実​の​存在​と​なる

わたし​は,両親​から​エホバ​に​仕える​よう​教え​られ​て​い​た​の​で,療養​所​で​の​カトリック​の​儀式​に​参加​する​こと​を​拒み​まし​た。しかし,修道​女​たち​は,わたし​が​なぜ​それ​を​拒む​の​か,理解​でき​ませ​ん​でし​た。わたし​は​エホバ​に,『わたし​を​見捨て​ない​で​ください』と​懇願​し​まし​た。すると​すぐ,エホバ​が​わたし​の​体​に​腕​を​回し​て​守っ​て​くださっ​た​か​の​よう​に​思え​まし​た。愛情​深い​父親​から​温かく,しっかり​抱き締め​られ​た​よう​な​感じ​でし​た。

両親​は,土曜​日​に​わたし​と​の​短​時間​の​面会​を​許さ​れ​て​ い​て,わたし​が​信仰​を​強く​保つ​ため​に​読める​よう​聖書​の​出版​物​を​持っ​て​来​て​くれ​まし​た。子ども​たち​は​通常,自分​の​本​を​持つ​こと​が​でき​ませ​ん​でし​た​が,修道​女​たち​は​わたし​が​自分​の​聖書​と​共​に​出版​物​を​手元​に​置い​て​おく​こと​を​許し​て​くれ​まし​た。それで,毎日​読む​こと​が​でき​まし​た。また,ほか​の​女​の​子​たち​に,だれ​も​病気​に​なる​こと​の​ない​楽園​と​なる​地上​で​永遠​に​生きる​と​いう​希望​に​つい​て​話​し​まし​た。(啓示 21:3,4)時​に​は​寂しく​て​悲しく​なっ​たり​も​し​まし​た​が,エホバ​に​対する​信仰​と​信頼​が​強まっ​て​いる​こと​に​喜び​を​感じ​まし​た。

半年​たっ​て​ようやく,医師​たち​は​わたし​を​家​に​帰ら​せ​て​くれ​まし​た。病状​が​和らい​だ​わけ​で​は​あり​ませ​ん​が,わたし​は​両親​の​もと​に​戻る​こと​が​でき​て,うれしく​思い​まし​た。関節​の​変形​は​ひどく​なり,痛み​も​強く​なっ​て,非常​に​弱い​体​で​13​歳​を​迎え​まし​た。それでも,14​歳​の​時​に,天​の​父​に​最善​を​尽くし​て​仕え​よう​と​決意​し,バプテスマ​を​受け​まし​た。しかし,時​に​は​失意​落胆​し​て,「どうして​こんな​目​に​遭わ​なけれ​ば​なら​ない​の​です​か。わたし​を​癒やし​て​ください。こんな​に​苦しん​で​いる​の​を​見​て​おら​れ​ない​の​です​か」と​祈る​こと​も​あり​まし​た。

わたし​に​とっ​て​若い​その​頃​は,とても​つらい​時期​でし​た。良く​は​なら​ない​こと​を​受け入れ​なけれ​ば​なり​ませ​ん​でし​た。何​か​に​つけ​て​自分​を,とても​健康​で​快活​な​友人​たち​と​比べ​て​しまい,自分​が​劣っ​て​いる​よう​に​思え​て,内向​的​に​なり​まし​た。でも,家族​や​友人​たち​は​わたし​を​支え​て​くれ​まし​た。アリシア​の​こと​は​懐かしく​思い​ます。わたし​より​20​歳​年上​です​が,親友​に​なり​まし​た。アリシア​は,病気​が​癒やさ​れる​時​の​こと​を​思う​よう,また​自分​の​問題​を​くよくよ​考える​の​で​は​なく​他​の​人​に​関心​を​払う​よう​助け​て​くれ​まし​た。

人生​を​有意義​な​もの​に​する

18​歳​に​なっ​て​病気​が​また​悪化​し,クリスチャン​の​集会​に​出席​する​だけ​で​も​疲れ果て​て​しまい​まし​た。それでも,家​で​の“余暇”すべて​を​活用​し​て​聖書​を​注意深く​研究​し​まし​た。ヨブ​記​や​詩編​を​読ん​で,エホバ​神​は​現在​わたしたち​を​身体​的​な​面​で​は​なく​主​に​霊的​な​面​で​世話​し​て​くださっ​て​いる,と​いう​こと​が​理解​でき​まし​た。また,頻繁​に​祈っ​た​の​で,神​から​の「普通​を​超え​た​その​力」,また「一切​の​考え​に​勝る​神​の​平和」を​得る​こと​が​でき​まし​た。―コリント​第​二 4:7。フィリピ 4:6,7

そして​22​歳​の​時​から,車椅子​で​の​生活​を​せ​ざる​を​得​なく​なり​まし​た。わたし​は,人々​が​わたし​個人​に​で​は​なく,病弱​な​女性​の​車椅子​しか​目​に​留め​ない​の​で​は​ない​か,と​不安​でし​た。しかし,車椅子​の​おかげ​で​幾らか​自立​で​き,“のろい”が​祝福​と​なり​まし​た。イサベル​と​いう​友人​から,ある​月​の​伝道​活動​に​一緒​に​60​時間​費やす​と​いう​個人​的​な​目標​を​定め​て​は​どうか,と​勧め​られ​た​の​です。

最初​そんな​こと​は​とても​でき​ない​と​思い​まし​た​が,エホバ​に​助け​を​求め,家族​や​友人​たち​から​支え​られ​て,やっ​て​み​まし​た。その​1​か月​は​瞬く間​に​過ぎ,自分​が​不安​や​気まずさ​を​克服​し​た​こと​に​気づき​まし​た。とても​楽しかっ​た​の​で,1996​年​に​わたし​は,正規​開拓​者​に​なる​こと​を​決心​し​まし​た。宣教​奉仕​に​毎月​90​時間​を​費やす​の​です。それ​は​最善​の​決定​でし​た。かつて​なく​神​を​身近​に​感じる​よう​に​なり,身体​的​に​も​強く​なり​まし​た。宣教​奉仕​に​携わる​こと​に​より,自分​の​信仰​を​多く​の​人​に​語り,幾​人​か​の​人​を​神​の​友​と​なる​よう​助ける​こと​も​でき​まし​た。

エホバ​が​ずっ​と​支え​て​くださっ​て​いる

2001​年​の​夏,わたし​は​大きな​自動​車​事故​に​遭い,両足​を​骨折​し​まし​た。激しい​痛み​に​悩まさ​れ​ながら​病院​の​ベッド​に​横たわっ​て​い​た​時,無言​の​うち​に,「どうか​エホバ,見放さ​ない​で​ください」と​熱烈​な​祈り​を​ささげ​まし​た。ちょうど​その​時,近く​の​ベッド​に​い​た​女性​が,「エホバ​の​証人​の​方​です​か」と​聞い​て​き​まし​た。わたし​は,答える​力​も​なかっ​た​の​で,ただ​うなずき​まし​た。すると,その​人​は「あなたたち​の​こと​知っ​て​いる​わ。いつも​雑誌​を​読ん​で​いる​の​よ」と​言い​まし​た。わたし​は,それ​を​聞い​て,とても​強め​られ​まし​た。そんな​惨め​な​状態​に​あっ​て​も,エホバ​の​ため​に​証し​でき​た​の​です。なんと​いう​誉れ​でしょ​う。

幾らか​回復​し​た​わたし​は,もう​少し​証言​し​よう​と​決意​し​まし​た。母​が,両足​に​ギプス​を​はめ​た​わたし​を​車椅子​に​乗せ​て​病棟​を​回っ​て​くれ​まし​た。毎日,患者​を​数​人​訪ね,「具合​は​いかが​です​か」と​声​を​かけ​て,何らか​の​聖書​文書​を​ 手渡し​まし​た。その​よう​に​し​て​訪ね​て​回る​と​体力​を​消耗​し​ます​が,エホバ​は​必要​な​力​を​与え​て​ください​まし​た。

両親​と​共​に。2003​年

ここ​数​年,体​の​うずき​や​痛み​が​増し,しかも​父​が​亡くなっ​た​こと​に​よる​苦悩​が​加わり​まし​た。それでも,積極​的​な​見方​を​保つ​よう​努力​し​て​い​ます。できる​時​に​は​いつ​で​も,友人​や​親族​と​一緒​に​いる​よう​に​する​の​です。そう​する​こと​に​より,自分​の​抱え​て​いる​問題​に​つい​て​考え​ない​で​いら​れ​ます。独り​で​いる​時​に​は,本​を​読ん​だり,聖書​を​研究​し​たり,電話​で​他​の​人​に​伝道​し​たり​し​て​い​ます。

しばしば,目​を​閉じ​て,神​の​約束​し​て​くださっ​て​いる​新しい​世​の​様子​を​思い描き​ます

また,ちょっと​し​た​こと​に​喜び​を​得る​よう​に​も​し​て​い​ます。そよ風​や​花​の​香り​など​を​楽しむ​の​です。そして​感謝​し​ます。ユーモア​の​センス​も​大いに​助け​に​なり​ます。ある​日,伝道​に​出​て​い​た​時,友人​が​わたし​の​車椅子​を​押し​て​い​て,メモ​を​取る​ため​に​手​を​放し​た​途端,わたし​は​車椅子​ごと​坂道​を​下っ​て​行き,駐車​し​て​い​た​車​に​ぶつ​かっ​て​しまい​まし​た。2​人​と​も,ショック​を​受け​まし​た​が,重大​な​事故​に​は​なら​なかっ​た​の​で,大笑い​し​まし​た。

生活​の​中​で​わたし​に​は​でき​ない​こと​が​たくさん​あり​ます。わたし​は​それら​を​将来​かなう​夢​と​呼ん​で​い​ます。しばしば,目​を​閉じ​て,神​の​約束​し​て​くださっ​て​いる​新しい​世​の​様子​を​思い描き​ます。(ペテロ​第​二 3:13)自分​が​健康​で,行き​たい​所​へ​行き,生活​を​心ゆく​まで​楽しん​で​いる​様子​を​想像​する​の​です。それで,ダビデ​王​が​述べ​た,「エホバ​を​待ち望め。勇気​を​出し,あなた​の​心​を​強く​せよ」と​いう​言葉​を​心​に​留め​て​い​ます。(詩編 27:14)体​は​ますます​虚弱​に​なっ​て​き​まし​た​が,エホバ​が​わたし​を​強め​て​くださっ​て​い​ます。わたし​は​相変わらず,弱く​て​も​強め​られ​て​いる​の​です。

^ 6節 若年​性​多発​性​関節​炎​と​は,子ども​が​かかる​慢性​関節​炎​の​一​種​です。当人​の​体​の​免疫​系​が​健康​な​組織​を​攻撃​し​て​破壊​し,関節​に​痛み​や​腫れ​を​生じ​させ​ます。