内容へ

目次へ

中世のスペインで神の言葉を広める

中世のスペインで神の言葉を広める

「スペイン​に​赴く​際​に​は……あなた方​に​一目​会い,共​に​過ごし​て​まず​幾分​か​で​も​満足​を​得,その​後,途中​まで​あなた方​に​付き添っ​て​もらっ​て​そこ​に​行こ​う​と​希望​し​て​い​ます」。―ローマ 15:23,24

これ​は,西暦​56​年​頃,使徒​パウロ​が,ローマ​に​いる​仲間​の​クリスチャン​たち​に​宛て​て​書い​た​言葉​です。パウロ​が​実際​に​スペイン​まで​旅​を​し​た​か​どう​か,聖書​は​述べ​て​い​ませ​ん。いずれ​に​せよ,パウロ​や​他​の​クリスチャン​宣教​者​たち​の​努力​に​よっ​て,西暦​2​世紀​まで​に​は,神​の​言葉 聖書​から​の​良い​知らせ​が​スペイン​に​伝わっ​た​こと​は,確か​です。

間​も​なく,スペイン​に​クリスチャン​共同​体​が​発展​し​て​盛ん​に​活動​する​よう​に​なり​まし​た。それ​に​伴っ​て,スペイン​の​人々​は,聖書​を​ラテン​語​に​翻訳​し​て​もらう​必要​を​感じ​まし​た。それ​は,スペイン​が​2​世紀​まで​ローマ​の​支配​下​に​あり,広大​な​ローマ​帝国​全域​で​ラテン​語​が​共通​語​に​なっ​て​い​た​から​です。

ラテン​語​聖書​が​必要​を​満たす

スペイン​に​い​た​初期​の​クリスチャン​は​幾つ​か​の​ラテン​語​訳​を​作り​まし​た。それら​は​すべて​ウェトゥス​・​ラティナ​・​ヒスパナ​と​いう​呼び名​で​知ら​れ​まし​た。それら​ラテン​語​聖書​は,西暦​5​世紀​に​ヒエロニムス​が​有名​な​ラテン​語​ウルガタ​訳​を​完成​する​まで,多年​に​わたり​スペイン​で​流布​さ​れ​まし​た。

ヒエロニムス​が​その​訳​を​完成​さ​せ​た​場所​は​パレスチナ​の​ベツレヘム​でし​た​が,それ​は​記録​的​な​速さ​で​スペイン​に​伝わり​まし​た。裕福​な​聖書​研究​者​だっ​た​ルシニウス​が,ラテン​語​訳​を​ヒエロニムス​が​準備​し​て​いる​と​知り,できる​だけ​早く​その​新しい​訳​を​1​部​手​に​し​たい​と​思い,写字​生​を​6​人​ベツレヘム​へ​遣わし​て​訳文​の​写し​を​作ら​せ,スペイン​に​持ち帰ら​せ​た​の​です。続く​数​世紀​の​うち​に,ウルガタ​訳​は​次第​に,ウェトゥス​・​ラティナ​・​ヒスパナ​に​取って代わり​まし​た。そう​し​た​ラテン​語​訳​が​あっ​た​の​で,スペイン​の​人々​は​聖書​を​読ん​で​その​メッセージ​を​理解​する​こと​が​でき​まし​た。しかし,ローマ​帝国​が​終わり​を​迎える​と,別​の​言語​へ​の​翻訳​が​必要​に​なっ​て​き​まし​た。

石板​に​記さ​れ​た​聖書

5​世紀​に​は,西​ゴート​族​や​他​の​ゲルマン​諸族​が​スペイン​に​侵入​し​た​結果,イベリア​半島​で​新た​な​言語,ゴート​語​が​話​さ​れる​よう​に​なり​まし​た。それら​侵入​者​たち​は,アリウス​主義​と​し​て​知ら​れる​宗派​の​キリスト​教​を​信奉​し,三位一体​を​退け​て​い​まし​た。また,聖書​の​独自​の​翻訳,すなわち​ウルフィラス​の​ゴート​語​訳​聖書​を​携え​て​来​まし​た。この​聖書​は,西​ゴート​族​の​王​レカーレド​が​カトリック​教徒​と​なっ​て​アリウス​主義​を​捨てる​6​世紀​末​まで,スペイン​で​読ま​れ​て​い​まし​た。レカーレド​は,ウルフィラス​聖書​も​含め​アリウス​派​の​本​を​すべて​集め​さ​せ​て​葬り去り​まし​た。その​結果,ゴート​語​の​書物​は​みな​スペイン​から​姿​を​消し​まし​た。

石板​に​聖句​が​ラテン​語​の​方言​で​記さ​れ​て​いる。西暦​6​世紀

と​は​いえ,神​の​言葉​は,この​期間​中​も​引き続き​広まり​まし​た。スペイン​で​は,多く​の​人​が​ゴート​語​の​ほか​に​ラテン​語​の​一​方言​を​話し​て​い​まし​た。その​方言​が​後​に,イベリア​半島​で​話​さ​れる​幾つ​か​の​ロマンス​語​と​なっ​た​の​です。 * ラテン​ 語​の​その​方言​で​書か​れ​た​最古​の​文書​は,西​ゴート​語​石板​と​いう​呼び名​で​知ら​れ​て​い​ます。石​の​板​に​書か​れ​て​い​た​から​です。それら​は​6​世紀​ない​し​7​世紀​の​もの​で,その​一部​に​は「詩編」と​福音​書​から​抜き書き​し​た​聖句​が​含ま​れ​て​い​ます。ある​石板​に​は​詩編 16​編​全体​が​記さ​れ​て​い​ます。

粗末​な​石板​に​記さ​れ​た​聖句​が​存在​する​こと​は,当時,ごく​普通​の​人々​が​神​の​言葉​を​読ん​で​書き写し​て​い​た​こと​を​示す​もの​です。読み書き​を​学ぶ​学童​たち​の​練習​の​ため​に,教師​が​聖句​を​用い​て​い​た​もの​と​思わ​れ​ます。石板​は​書写​材料​と​し​て,中世​の​修道院​で​挿絵​入り​の​聖書​を​作る​ため​に​用い​られ​た​高価​な​羊皮​紙​と​比べれ​ば,安価​でし​た。

きらびやか​に​彩飾​さ​れ​た​レオン​聖書​の​細部。この​よう​な​聖書​は,貴重​で​あっ​た​と​は​いえ,人々​の​間​に​神​の​言葉​の​メッセージ​を​広める​点​で​は,ほとんど​役​に​立た​なかっ​た

スペイン​の​レオン​市​に​ある​サン​・​イシドロ​教会​に​は,値踏み​でき​ない​ほど​高価​な,挿絵​入り​聖書​が​1​冊​収蔵​さ​れ​て​い​ます。西暦​960​年​の​もの​で,1,028​ページ​から​成り,おおよそ​縦​47​㌢,横​34​㌢​で,重さ​が​18​㌔​あり​ます。中世​に​おける​非常​に​きらびやか​に​彩飾​さ​れ​た​もう​一つ​の​聖書​は,現在​バチカン​図書​館​に​ある,リポル​の​聖書​で,西暦​1020​年​の​もの​です。その​よう​な​芸術​品​を​生み出す​ため​に,1​人​の​修道​士​が,頭​文字​1​つ​を​創作​する​の​に​丸​1​日,また​表題​紙​を​準備​する​に​丸​1​週​間​費やし​た​か​も​しれ​ませ​ん。しかし,それら​の​聖書​は,貴重​で​あっ​た​と​は​いえ,人々​の​間​に​神​の​言葉​の​メッセージ​を​広める​点​で​は,ほとんど​役​に​立ち​ませ​ん​でし​た。

アラビア​語​の​聖書

8​世紀​に​なる​頃​に​は,イスラム​教徒​が​イベリア​半島​に​侵入​し​た​結果,スペイン​に​また​別​の​言語​が​根づき​始め​て​い​まし​た。イスラム​教徒​の​入植​地​で​は,ラテン​語​より​アラビア​ 語​の​ほう​が​優勢​に​なり,この​新しい​言語​の​聖書​が​必要​に​なり​まし​た。

スペイン​の​人々​は,西暦​5​世紀​から​8​世紀​まで​は​ラテン​語​と​アラビア​語​の​聖書​が​あっ​た​の​で,神​の​言葉​を​読む​こと​が​でき​た

中世​の​スペイン​に​は,聖書​の ― 特に​福音​書​の ― アラビア​語​訳​が​数多く​流布​し​て​い​た​に​違いあり​ませ​ん。8​世紀​に​は,セビリア​の​司教​フアン​が​聖書​全巻​を​アラビア​語​に​翻訳​し​た​よう​です。残念​な​こと​に,それら​アラビア​語​訳​は​ほとんど​残っ​て​い​ませ​ん。福音​書​の​10​世紀​半ば​の​アラビア​語​訳​の​一つ​が,スペイン,レオン​の​大​聖堂​に​保管​さ​れ​て​い​ます。

福音​書​の​アラビア​語​訳。西暦​10​世紀

スペイン​語​訳​が​現われる

中世​の​後期​に​なっ​て,カスティリャ​語​つまり​スペイン​語​が​イベリア​半島​の​人々​の​間​で​使わ​れ​始め,この​新しい​言語​が​神​の​言葉​を​広める​ため​の​重要​な​手段​と​なり​まし​た。 * 聖句​が​スペイン​語​に​翻訳​さ​れ​た​最​初期​の​例​は,13​世紀​の​初期​の「海​を​越え​て​来​た​証書」と​いう​本​に​登場​し​まし​た。この​本​に​は,イスラエル​へ​の​旅行​に​関する​記述​が​載せ​られ​て​おり,五書<ペンタチューク>その他​の​ヘブライ​語​聖書​から​の​引用​や,福音​書​と​書簡​の​言葉​が​含ま​れ​て​い​ます。

王​アルフォンソ​10​世​は​聖書​の​スペイン​語​へ​の​翻訳​を​支援​し​た

教会​当局​は​この​訳​を​喜び​ませ​ん​でし​た。1234​年,タラゴナ​教会​会議​は,現地​語​の​聖書​中​の​どの​書​も​すべて​地元​の​聖職​者​に​引き渡さ​れ​て​焼却​さ​れ​なけれ​ば​なら​ない,と​布告​し​まし​た。それでも,幸い,聖書​翻訳​が​途絶える​こと​は​あり​ませ​ん​でし​た。スペイン​語​の​散文​の​創始​者​と​みなさ​れ​て​いる,王​アルフォンソ​10​世(1252​年‐1284​年)は,聖書​の​新た​な​言語​へ​の​翻訳​を​望み,翻訳​を​支援​し​まし​た。その​時期​以降​の​スペイン​語​訳​に​は,いわゆる​アルフォンソ​以前​の​聖書​と,その​すぐ​後​に​現われ​た​アルフォンソ​聖書​が​含ま​れ​て​い​ます。アルフォンソ​聖書​は​当時​の​スペイン​語​へ​の​訳​と​し​て​は​最大​の​もの​でし​た。

13​世紀​の​アルフォンソ​以前​の​聖書(左)と​アルフォンソ​聖書(右)の​ページ

それら​の​聖書​は​いずれ​も,まだ​新しかっ​た​スペイン​語​の​確立​と​充実​に​寄与​し​まし​た。学​者​の​トマス​・​モンゴメリー​は,アルフォンソ​以前​の​聖書​に​関し​て,こう​述べ​て​い​ます。「この​聖書​の​訳者​は,正確​さ​の​点​で​も​言葉​の​優雅​さ​の​面​で​も,称賛​に​値する​翻訳​を​行なっ​た。……その​言葉遣い​は​簡明,明快​で,ラテン​語​に​通じ​て​い​ない​人々​の​ため​の​聖書​と​し​て​必要​に​こたえる​もの​と​なっ​て​いる」。

しかし,それら​初期​スペイン​語​聖書​は,原語​から​で​は​なく​ラテン​語​ウルガタ​訳​から​の​翻訳​でし​た。14​世紀​に​なっ​て​から,ユダヤ​人​の​学​者​たち​が​ヘブライ​語​聖書​を​直接​ヘブライ​語​から​スペイン​語​に​翻訳​し​た​聖書​を​幾つ​か​作り​まし​た。当時,スペイン​に​は​ヨーロッパ​最大​の​ユダヤ​人​社会​が​あり,ユダヤ​人​の​翻訳​者​たち​は​翻訳​作業​の​ため​に,良い​ヘブライ​語​写本​を​幾つ​も​参照​する​こと​が​でき​た​の​です。 *

その​一例​と​し​て​際立っ​て​いる​の​は,15​世紀​に​完成​し​た​アルバ​聖書​です。スペイン​の​著名​な​貴族​ルイス​・​デ​・​グスマン​が​ユダヤ​教​学者​モイセス​・​アラヘル​に​委託​し​て,聖書​を​きっすい​の​スペイン​語​に​翻訳​さ​せ​た​の​です。グスマン​は,この​新しい​翻訳​を​要請​する​に​当たっ​て,理由​を​2​つ​挙げ,第​1​に「今日​の​ロマンス​語​聖書​に​は​間違い​が​多い」,第​2​に「我々​の​よう​な​凡人​に​は,意味​の​分かり​にくい​文​を​理解​する​の​に,ぜひとも​欄外​注​が​必要​だ」と​述べ​まし​た。その​ 要請​から,当時​の​人々​が​聖書​を​読ん​で​理解​する​こと​に​鋭い​関心​を​抱い​て​い​た​こと​や,スペイン​で​は​すでに​現地​語​の​聖書​が​かなり​流布​し​て​い​た​こと​が​分かり​ます。

中世​の​翻訳​者​や​写字​生​たち​の​おかげ​で,スペイン​の​教養​ある​人​たち​は,自分​の​言語​の​聖書​を​わりと​支障​なく​読む​こと​が​でき​まし​た。その​結果​に​関し​て​歴史​家​の​フアン​・​オルツ​・​ゴンザレス​は,「スペイン​の​人々​は​聖書​を,ルター​の​時代​以前​から​ドイツ​や​英国​の​人々​より​はるか​に​よく​知っ​て​い​た」と​述べ​て​い​ます。

「スペイン​の​人々​は​聖書​を,ルター​の​時代​以前​から​ドイツ​や​英国​の​人々​より​はるか​に​よく​知っ​て​い​た」。―歴史​家​フアン​・​オルツ​・​ゴンザレス

ところが,15​世紀​の​終わり​頃​に​は,スペイン​の​異端​審問​所​が,いかなる​現地​語​の​聖書​の​翻訳​も​所有​も​禁じ​まし​た。聖書​に​関し​て​スペイン​は​長い​夜​の​闇​に​包ま​れ,禁令​が​最終​的​に​解除​さ​れる​まで​に​3​世紀​が​経過​し​ます。その​困難​な​時代​に​も,少数​ながら​勇敢​な​翻訳​者​たち​が,新しい​スペイン​語​訳​を​作っ​て,ひそか​に​スペイン​に​持ち込み​まし​た。 *

中世​の​スペイン​に​おける,こう​し​た​聖書​の​歴史​から​明らか​な​よう​に,反対​者​たち​は,様々​な​方法​で​全能​の​神​の​言葉​を​封じ​よう​と​し​て​き​まし​た。それでも,そう​する​こと​は​でき​ませ​ん​でし​た。―詩編 83:1; 94:20

聖書​は,多く​の​学​者​の​精力​的​な​努力​に​よっ​て,中世​の​スペイン​に​根づい​て​広まり​まし​た。現代​の​翻訳​者​たち​も,聖書​を​ラテン​語,ゴート​語,アラビア​語,スペイン​語​に​翻訳​し​た​それら​開拓​者​たち​の​足跡​に​従っ​て​き​まし​た。その​結果,今日,スペイン​語​を​話す​幾百万​と​いう​人々​が,神​の​言葉​を​自分​の​心​に​響く​言語​で​読める​よう​に​なっ​て​いる​の​です。

^ 10節 これら​に​は,カスティリャ​語,カタロニア​語,ガリシア​語,ポルトガル​語​が​含ま​れ​ます。

^ 17節 今日,スペイン​語​を​母語​と​する​人​の​数​は,約​5億4,000万​人​に​上り​ます。

^ 20節 本誌​2011​年​12​月​1​日​号​の「神​の​名 ― アルフォンソ​・​デ​・​サモラ​は​本文​の​正確​さ​を​追求​し​た」と​いう​記事​を​ご覧​ください。

^ 23節 本誌​1996​年​6​月​1​日​号​の「スペイン​語​訳​聖書​の​ため​の​カッシオドーロ​・​デ​・​ライナ​の​闘い」と​いう​記事​を​ご覧​ください。