内容へ

目次へ

 その​信仰​に​倣う | ノア

彼は「ほかの七人と共に安全に」守られた

彼は「ほかの七人と共に安全に」守られた

ノア​と​その​家族​は,雨​が​滝​の​よう​に​降っ​て​来る​と,身​を​寄せ合い​まし​た。想像​し​て​み​て​ください,箱船​の​中​の​薄暗がり​で​ランプ​の​光​が​揺らめき,それぞれ​の​顔​が​ぼんやり​と​見え​ます。雨​が​激しく​屋根​を​打ち,側面​に​も​吹き付ける​音​に,みな​驚い​て​目​を​丸く​し​て​い​ます。ものすごい​音​が​し​て​い​た​に​違いあり​ませ​ん。

ノア​は,自分​の​忠実​な​妻​と,たくましい​息子​3​人,および​それぞれ​の​妻​から​成る,愛する​家族​一人一人​の​顔​を​見​て,心​から​感謝​し​たい​と​思っ​た​に​違いあり​ませ​ん。暗たん​と​し​た​時​でし​た​が,自分​の​最愛​の​家族​が​全員,無事​で,共​に​い​た​の​です。きっと​ノア​は,家族​を​代表​し​て,騒音​の​中​で​も​皆​に​聞こえる​よう​大きな​声​で​感謝​の​祈り​を​ささげ​た​こと​でしょ​う。

ノア​は,際立っ​た​信仰​の​持ち主​でし​た。その​信仰​の​ゆえに,神​エホバ​は​ノア​と​その​家族​を​保護​する​こと​に​され​た​の​です。(ヘブライ 11:7)では,雨​が​降り​始め​た​時,信仰​を​抱く​必要​は​なくなっ​た​でしょ​う​か。そう​で​は​あり​ませ​ん。試練​と​なる​日々​が​待ち受け​て​おり,引き続き​信仰​が​必要​でし​た。それ​と​同じ​こと​が,騒然​と​し​た​現代​の​わたしたち​に​つい​て​も​言え​ます。ですから,ノア​の​信仰​から​どんな​こと​が​学べる​か,見​て​み​ましょ​う。

「四十​日​四十​夜」

外​で​は,豪雨​が「四十​日​四十​夜」続き​まし​た。(創世記 7:4,11,12)水かさ​が​どんどん​増し​て​ゆき​まし​た。そう​し​た​状況​の​中​で​ノア​は,神​エホバ​が​義人​を​保護​する​と​同時​に​悪人​を​処罰​さ​れる​の​を​見​まし​た。

その​大​洪水​に​よっ​て,天使​たち​の​間​で​生じ​て​い​た​反逆​は​阻止​さ​れ​まし​た。それ​まで​は,サタン​の​利己​的​な​態度​に​影響​さ​れ​た​多く​の​天使​が,天​に​おける「ある​べき​居所」を​捨て​て​人間​の​女性​と​一緒​に​暮らし,ネフィリム​と​呼ば​れる​混血​の​子孫​を​生み出し​て​い​た​の​です。(ユダ 6。創世記 6:4)サタン​は,反逆​の​そう​し​た​進展​を​見​て,ほくそ笑ん​だ​に​違いあり​ませ​ん。その​反逆​に​よっ​て,地上​に​おける​エホバ​の​創造​の​極み​で​ある​人間​が​一層​堕落​し​た​から​です。

しかし,洪水​に​よる​水かさ​が​増す​と,反逆​し​た​天使​たち​は,物質​の​体​を​解い​て​霊​の​領域​に​戻ら​ざる​を​得​ず,再び​肉体​を​まとう​こと​は​もう​でき​なく​なり​まし​た。妻​や​子孫​を​後​に​残し,洪水​で​人間​社会​もろとも​溺死​する​に​任せ​まし​た。

エホバ​は,ほぼ​7​世紀​前​の​エノク​の​時代​から​人類​に,邪悪​で​不​敬虔​な​人々​を​滅ぼす​こと​を​警告​し​て​おら​れ​まし​た。(創世記 5:24。ユダ 14,15)それ​以降,人々​が​ますます​悪く​なっ​て,地​は​損なわ​れ,暴虐​で​満ちる​よう​に​なっ​て​い​た​の​です。そして,とうとう​滅び​が​臨み​まし​た。そう​し​た​刑​の​執行​を,ノア​と​その​家族​は​喜ん​だ​でしょ​う​か。

その​よう​な​こと​は​あり​ませ​ん。彼ら​の​憐れみ深い​神​も,喜ん​だり​は​され​ませ​ん​でし​た。(エゼキエル 33:11)エホバ​は,できる​だけ​多く​の​人​を​救う​ため​に​手​を​尽くし,エノク​を​用い​て​警告​させ,ノア​に​は​箱船​を​建造​する​よう​お命じ​に​なっ​て​い​まし​た。ノア​と​家族​は​その​大​仕事​に​取りかかり,人々​の​目​に​さらさ​れ​ながら​何十​年​間​も​骨折っ​て​働き​まし​た。それ​だけ​で​なく,ノア​は​エホバ​に​導か​れ​て「義​の​伝道​者」と​し​て​も​行動​し​まし​た。(ペテロ​第​二 2:5)それ​以前​の​エノク​と​同じ​よう​に,世​に​臨も​う​と​し​て​いる​裁き​に​つい​て​人々​に​警告​し​た​の​です。人々​は​どんな​反応​を​示し​た​でしょ​う​か。そう​し​た​出来事​を​天​から​見​て​い​た​イエス​は,後​に​ノア​の​時代​の​人々​の​こと​を,「洪水​が​来​て​彼ら​すべて​を​流し去る​ まで​注意​し​ませ​ん​でし​た」と​述べ​て​い​ます。―マタイ 24:39

想像​し​て​み​て​ください。ノア​と​その​家族​は,エホバ​が​箱船​の​戸​を​閉じ​られ​た​あと,最初​の​40​日​間​を​どの​よう​に​過ごし​た​でしょ​う​か。来る​日​も​来る​日​も​滝​の​よう​な​雨​が​箱船​に​降り注ぐ​中,家族​8​人​は,互い​の​世話​を​し,部屋​の​手入れ​を​し,囲い​の​中​の​動物​たち​に​必要​な​物​を​あてがう​など,日課​と​も​言える​務め​を​果たして​ゆく​よう​に​なっ​た​こと​でしょ​う。しかし,ある​日,突然​その​巨大​な​構築​物​全体​が​ぐらっ​と​揺れ​ます。箱船​が​動い​て​いる​の​です。かさ​を​増す​水​に​大きく​揺ら​れ​ながら,どんどん​押し上げ​られ​て​ゆき,『それ​は​地​より​高い​ところ​に​浮かび』まし​た。(創世記 7:17)全能​の​神​エホバ​の,実​に​驚く​べき​力​の​表われ​です。

ノア​は​感謝​し​て​い​た​に​違いあり​ませ​ん。それ​は,箱船​に​入ら​なかっ​た​人々​が​滅び去っ​た​時​に,自分​と​家族​が​安全​に​守ら​れ​た​から​で​あり,また​人々​に​警告​する​ため​エホバ​の​憐れみ​に​より​用い​て​いただけ​た​から​で​も​あり​ます。かつて​骨折っ​て​働い​て​い​た​時​に​は,報わ​れ​ない​よう​に​思え​た​か​も​しれ​ませ​ん。人々​は​全く​こたえ応じ​ませ​ん​でし​た。考え​て​も​み​て​ください,大​洪水​が​生じる​以前​ノア​に​は​兄弟​や​姉妹,甥​や​姪​が​い​た​こと​でしょ​う。しかし,自分​の​家族​以外​の​だれ​も​聞き従わ​なかっ​た​の​です。(創世記 5:30)今や​箱船​の​中​で​安全​に​守ら​れ​た​八つ​の​魂​は,過去​を​振り返り,悔い​の​ない​穏やか​な​気持ち​で​い​た​に​違いあり​ませ​ん。長い​年月​に​わたっ​て​人々​に,生き残る​機会​を​差し伸べ​た​から​です。

エホバ​は,ノア​の​時代​も​今​も,変わっ​て​おら​れ​ませ​ん。(マラキ 3:6)イエス​・​キリスト​の​説明​に​よれ​ば,今​の​時代​は「ノア​の​日」に​よく​似​て​い​ます。(マタイ 24:37)苦難​に​満ちる​際立っ​た​時代​で​あり,腐敗​し​た​世界​的​な​事物​の​体制​の​滅び​と​共​に​過ぎ去る​こと​に​なっ​て​い​ます。今日,神​の​民​も​警告​の​音信​を,聞く​人​すべて​に​伝え​て​い​ます。あなた​は​その​音信​に​こたえ応じ​ます​か。もし​すでに,命​を​救う​その​音信​の​真理​を​受け入れ​て​おら​れる​なら,あなた​も​それ​を​他​の​人​たち​に​伝える​こと​が​でき​ます​か。ノア​と​その​家族​は,わたしたち​すべて​の​倣う​べき​模範​を​残し​た​の​です。

『無事​に​水​を​切り抜け​た』

うねる​波間​を​漂う​箱船​の​中​に​は,太い​梁​の​きしむ​音​が​響き渡っ​て​い​た​こと​でしょ​う。ノア​は,波​の​大きさ​や​箱船​の​ 構造​の​安全​性​を​心配​し​た​でしょ​う​か。いいえ。今日​の​懐疑​主義​者​たち​は​その​よう​な​懸念​を​抱く​か​も​しれ​ませ​ん​が,ノア​は​そう​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。「信仰​に​よっ​て,ノア​は……箱船​を​建造​し​まし​た」と​聖書​に​記さ​れ​て​い​ます。(ヘブライ 11:7)何​に​対する​信仰​でしょ​う​か。エホバ​は,大​洪水​の​際​に​ノア​および​彼​と​共​に​いる​者​たち​すべて​を​無事​に​切り抜け​させる,と​いう​契約​つまり​正式​な​約定​を​立て​て​おら​れ​まし​た。(創世記 6:18,19)この​宇宙​と​地球​および​そこ​に​生きる​もの​すべて​を​造っ​た​方​なら,その​箱船​を​損なわ​れ​ない​よう​に​保た​せる​こと​も​できる​の​で​は​ない​でしょ​う​か。もちろん​です。ですから​ノア​は,エホバ​が​約束​を​守っ​て​くださる,と​信じる​こと​が​でき​た​の​です。そして,まさしく​ノア​と​その​家族​は「無事​に​水​を​切り抜け​まし​た」。―ペテロ​第​一 3:20

40​日​40​夜​が​過ぎ​て,ついに​雨​が​やみ​まし​た。それ​は​今​の​暦​で​言え​ば,西暦​前​2370​年​の​12​月​中​の​こと​です。しかし,箱船​の​中​に​い​た​家族​に​とっ​て​危険​と​も​言える​この​状態​は,まだ​終わっ​て​い​ませ​ん​でし​た。水​が​山々​の​頂​まで​も​すっかり​覆っ​て​大海原​と​なり,多く​の​生き物​を​載せ​た​この​船​だけ​が​水面​を​漂っ​て​い​まし​た。(創世記 7:19,20)ノア​は,すべて​の​動物​に​餌​を​与え,清潔​な​状態​を,そして​健康​を​保た​せる​こと​が​できる​よう,比較​的​きつい​仕事​は​息子​の​セム,ハム,ヤペテ​と​分担​し​て​行なっ​た​こと​でしょ​う。言う​まで​も​なく,神​は​それら​野生​動物​すべて​を,箱船​に​入っ​て​行く​ほど​御し​やすく​させ​た​の​ですから,大​洪水​の​期間​中​も​同じ​よう​に​おとなしく​させる​こと​が​でき​まし​た。 *

ノア​は​出来事​を​丹念​に​記録​し​た​よう​です。その​記録​に​は,雨​が​いつ​降り​始め​て,いつ​まで​続い​た​か​が​記さ​れ​て​おり,地​に​水​が​150​日​間​みなぎっ​た​こと​も​明記​さ​れ​て​い​ます。ついに,水​が​引き​始め​まし​た。そして,記念​す​べき​こと​に,ある​日,箱船​は​静か​に​地面​に​下り​て「アララト​の​山」に​とどまり​まし​た。その​山​は​現代​の​トルコ​に​あり​ます。西暦​前​2369​年​4​月​の​こと​でし​た。それ​から​73​日​後​の​6​月​に,山々​の​頂​が​見える​よう​に​なり,さらに​3​か月​後​の​9​月,ノア​は​箱船​の​覆い,つまり​屋根​の​一部​を​取りのける​こと​に​し​まし​た。重​労働​だっ​た​と​思わ​れ​ます​が,その​後​は​日光​浴​が​でき,新鮮​な​空気​を​胸​一杯​に​吸える​よう​に​なり​まし​た。それ​以前​に​ノア​は,外​の​環境​が​安全​で​居住​に​適し​て​いる​か​どう​か​を​調べる​こと​も​始め​て​い​まし​た。1​羽​の​渡りがらす​を​放っ​た​の​です。その​鳥​は,しばらく​行っ​たり​来​たり​し​て,その​間​に​何​度​か​箱船​の​屋根​に​留まっ​た​もの​と​思わ​れ​ます。その​後,ノア​は​1​羽​の​はと​を​放ち​まし​た。はと​は​ノア​の​もと​に​戻っ​て​来​て​い​まし​た​が,やがて​ねぐら​に​できる​所​を​見つけ​まし​た。―創世記 7:24–8:13

ノア​は,最も​暗たん​と​し​た​時代​に​あっ​て​も,家族​の​崇拝​に​率先​し​た​に​違いない

ノア​の​日課​は,霊的​な​事柄​に​重き​を​置く​もの​で​あっ​た​に​違いあり​ませ​ん。定期​的​に​家族​みんな​で​共​に​祈っ​たり,保護​し​て​くださっ​た​天​の​父​に​つい​て​語り合っ​たり​し​た​こと​でしょ​う。ノア​は,重要​な​決定​を​する​時​は​いつ​で​も​エホバ​に​頼り​まし​た。箱船​の​中​で​1​年​余り​たっ​て​地​が「すっかり​乾い​て」いる​の​を​見​た​時​で​さえ,戸​を​開け​て​家族​を​箱船​から​連れ出し​たり​は​し​ませ​ん​でし​た。(創世記 8:14)エホバ​の​言葉​を​待った​の​です。

今日,家族​の​頭​は,その​忠実​な​人​から​非常​に​多く​の​こと​を​学べ​ます。ノア​は​物事​を​きちんと​行なう,勤勉​で,辛抱強い​人​で,自分​の​顧みる​べき​家族​全員​を​よく​保護​し​まし​た。しかし​特に,エホバ​神​の​ご意志​を​何​より​も​第​一​に​考える​人​でし​た。わたしたち​は,それら​の​点​で​ノア​の​信仰​に​倣う​なら,自分​の​愛する​家族​全員​に​祝福​を​もたらす​こと​が​でき​ます。

「箱船​から​出​なさい」

ついに​エホバ​は,命令​を​出さ​れ​まし​た。ノア​に,「あなた​は,そして​あなた​の​妻,息子​たち,息子​たち​の​妻​も​共​に,箱船​から​出​なさい」と​お告げ​に​なっ​た​の​です。その​命令​に​従っ​て,ノア​の​家族​が​先​に​出,それ​に​続い​て​すべて​の​動物​が​出​まし​た。一斉​に​逃げ出し​て​大​混乱​に​なっ​た​でしょ​う​か。いいえ,その​よう​な​こと​は​あり​ませ​ん。記録​に​よれ​ば,動物​は「その​種族​に​したがって​箱船​から​出​た」の​です。(創世記 8:15‐19)外​に​出​た​ノア​と​その​家族​は,山​の​新鮮​な​空気​を​吸い,アララト​の​高地​を​見渡し​まし​た。清め​られ​た​地​が​眼前​に​広がっ​て​い​ます。反逆​し​た​天使​たち​や​ネフィリム​は​おら​ず,暴虐​も​なく,その​邪悪​な​社会​は​跡形​も​なく​消え去っ​た​の​です。 * 人類​は​再​出発​できる​よう​に​なり​まし​た。

 ノア​は​どう​す​べき​か​を​わきまえ​て​い​まし​た。まず​崇拝​を​行なっ​た​の​です。祭壇​を​築い​て,神​から​清い​と​みなさ​れ​た​動物 ―「七​匹​ずつ」箱船​に​入れ​られ​て​い​た​もの ― の​中​から​何​匹​か​を​エホバ​へ​の​焼燔​の​犠牲​と​し​て​ささげ​まし​た。(創世記 7:2; 8:20)その​崇拝​は​エホバ​に​喜ば​れ​た​でしょ​う​か。

うれしい​こと​に​聖書​に​は,その​答え​と​し​て,「エホバ​は​安らぎ​の​香り​を​かぎ​はじめ​られ​た」と​述べ​られ​て​い​ます。神​は,ご意志​を​行なお​う​と​決意​し​て​いる​地上​の​忠実​な​崇拝​者​の​家族​を​目​に​し​て,人類​が​世界​を​暴虐​で​満たし​て​い​た​時​の​心痛​を​忘れ,安らぎ​と​快さ​を​味わう​よう​に​なら​れ​た​の​です。と​は​いえ​彼ら​に,完全​で​ある​こと​を​期待​し​て​おら​れ​た​わけ​で​は​あり​ませ​ん。今​の​聖句​の​続き​に,「人​の​心​の​傾向​は​その​年若い​時​から​悪い」と​記さ​れ​て​い​ます。(創世記 8:21)エホバ​が​人類​に​対する​辛抱強さ​の​伴う​同情​心​を​その​後​どの​よう​に​表明​さ​れ​た​か,見​て​み​ましょ​う。

神​は​地面​に​対する​のろい​を​解か​れ​まし​た。かつて​アダム​と​エバ​が​反逆​し​た​後​に,神​は​その​のろい​の​ことば​を​述べ,農耕​を​非常​に​難しく​され​まし​た。ノア​の​父​レメク​は,息子​を ― 恐らく「休息」もしくは「慰め」と​いう​意味​の ― ノア​と​名づけ,息子​が​人類​を​その​のろい​から​の​休息​を​得る​時代​へ​と​導く​こと​を​予告​し​て​い​まし​た。ノア​は,これ​から​その​預言​が​成就​し​て​地​が​以前​より​も​農耕​し​やすく​なる,と​考え​て​目​を​輝か​せ​た​に​違いあり​ませ​ん。ノア​が​すぐ​に​農業​を​始め​た​の​も,もっとも​な​こと​です。―創世記 3:17,18; 5:28,29; 9:20

ノア​と​その​家族​は,箱船​から​出​て,清め​られ​た​地​に​降り立っ​た

同時​に​エホバ​は,ノア​の​子孫​すべて​に,生き​て​ゆく​うえ​で​の​指針​と​なる​幾つ​か​の​明確​で​簡潔​な​律法​を​お与え​に​なり​まし​た。その​中​に​は,殺人​と​血​の​誤用​と​を​禁ずる​命令​も​含ま​れ​て​い​ます。神​は​また,人類​に​対し​て​一つ​の​契約​を​立て​て,地上​の​全​生物​を​滅ぼす​大​洪水​を​二​度​と​生じ​させる​こと​は​し​ない,と​も​約束​さ​れ​まし​た。そして,その​信頼​性​を​示す​しるし​と​し​て,人類​に​初めて​の​壮麗​な​自然​現象​で​ある​虹​を​お見せ​に​なり​まし​た。今日​で​も​わたしたち​は,虹​を​見る​度​に,エホバ​の​愛情​深い​約束​を​思い起こし​て​慰め​を​得る​こと​が​でき​ます。―創世記 9:1‐17

ノア​の​物語​は,単なる​作り話​な​の​で​あれ​ば,その​虹​に​関する​記述​で​終わっ​て​い​て​も​よかっ​た​でしょ​う。しかし,ノア​は​実在​の​人物​で​あり,その​人生​は​決して​楽​な​もの​で​は​あり​ませ​ん​でし​た。長寿​が​普通​だっ​た​その​時代,忠実​な​ノア​は,さらに​350​年​耐え忍ば​なけれ​ば​なら​ず,その​間​に​多く​の​心痛​を​経験​し​まし​た。ある​時​など​は,酩酊​する​こと​に​より​重大​な​過ち​を​犯し,その​とが​は,孫​の​カナン​が​一層​重大​な​罪​を​犯す​こと​に​より​増大​し​まし​た。カナン​の​罪​に​よっ​て​カナン​の​家族​に​悲惨​な​結果​が​臨ん​だ​の​です。ノア​は​長生き​し​て,自分​の​子孫​が​ニムロデ​の​時代​に​偶像​礼拝​や​暴力​行為​など​の​罪​に​陥る​の​を​見​まし​た。と​は​いえ,明るい​面​も​あり,息子​の​セム​が​その​家族​の​倣う​べき​立派​な​信仰​の​模範​を​示す​の​も​見​まし​た。―創世記 9:21‐28; 10:8‐11; 11:1‐11

わたしたち​は,ノア​と​同じ​よう​に,信仰​の​道​に​おい​て​耐え忍ば​なけれ​ば​なり​ませ​ん。身近​に​いる​人​たち​が​まこと​の​神​を​無視​し​た​と​し​て​も,さらに​は​神​に​仕える​こと​を​やめ​た​と​し​て​も,ノア​の​よう​に​歩み​続ける​必要​が​あり​ます。エホバ​は​その​よう​な​忠実​な​忍耐​を​高く​評価​し​て​ください​ます。イエス​・​キリスト​が​述べ​た​とおり,「終わり​まで​耐え忍ん​だ​人​が​救わ​れる」の​です。―マタイ 24:13

^ 17節 ある​人​たち​は,神​が​それら​の​動物​を​冬眠​の​よう​な​非​活動​的​な​状態​に​させ​て​餌​の​必要​を​減らし​た​の​か​も​しれ​ない,と​述べ​て​い​ます。その​真偽​は​ともかく,神​が​ご自分​の​約束​どおり,箱船​に​入っ​た​すべて​の​もの​が​無事​に​生き残れる​よう​に​され​た​こと​は​確か​です。

^ 22節 地上​から​は​エデン​の​園​の​痕跡​も​なくなり​まし​た。大​洪水​で​消え去っ​た​と​考え​られ​ます。そう​で​あれ​ば,園​の​入口​を​守っ​て​い​た​ケルブ​たち​は,その​時,天​に​戻る​こと​が​でき,1,600​年​に​及ん​だ​その​任務​は​ついに​終わり​まし​た。―創世記 3:22‐24